●与野党にとらわれず、市政をチェックし、政策提言する会派をめざして
   ●特権的な議会を変える
●幹事長会議は議事録を取る。傍聴可能にする
●一部事務組合や議会運営委員会、対外協議会等理事及び委員、市長付属機関等委員などの報酬はゼロにする。議員及び市長の報酬額を公開します。
● 正副議長選挙での所信表明は開会中に行う。議長は第1会派から、副議長は第2会派からという申し合わせは廃止す。
●  一般質問では、資料を理事者と議員全員に配布することができるようにする。
● 傍聴届け及び傍聴券の交付制度を廃止します。
●  休日議会、夜間議会、出前議会、子ども、若者議会などを積極的に開催します。
●  無作為抽出した市民への議会に関するアンケート調査をします。
●  議場、全員協議会室、第1及び第2委員会室、応接室を市民が使えるようにします。
●タブレット 端末機を議員に貸与する


ホームページの感想をお寄せください ana15698@niftty.com

 
   http://greens.gr.jp/
  緑の党6つの原
 エコロジーの知識・社会的公正・参加民主主義・非暴力・持続可能性・多様性の尊重
   
緑の党の共同代表

    電磁波測定器、放射線測定器を貸出します。


橋本ひさお プロフィール  

1967年、チェ・ゲバラ追悼集会で初めてデモに参加。政治に目覚める,17歳。
3年生の時に文部科学省の政治活動禁止の通達が出されたことから、全額集会を呼びかけ、議長を務めた。
学生運動で大学を追われ、大企業では現場で油にまみれた。
 日の出のごみの最終処分場建設反対運動では現場責任者で、ブルドーザーに飛び乗った 。
重度障害者の介護専従で「どんなに重い障害があってもだれもが当たり前にこの町で暮 らす社会」をめざした。
 2001年、緑の党世界大会(オーストラリア)に参加し衝撃を受ける。
節目節目で素敵な友人に出会った。こうした経験のすべてが議員活動を支えている。
 議員になり、脱原発、環境問題や障害者問題。精神障害者の社会参加。都市計画道路や 大規模開発、二つの駅前のタワーマンション計画の中止。市民参加の在り方などを中心に活動してい る。
 ごみ・環境ビジョン21、市民自治をめざす三多摩議員ネットワーク、緑の党グリーン ズジャパンなどの結成に参加。
緑の党の共同代表として、全国の仲間と活動している。

        
1951  世田谷区下馬生まれ。男5人兄弟の末っ子。
3丁目の夕日の時代で、みんなが貧しく、味噌を借りたり、しょうゆを借りたり。鼻たれ小僧ばかりだった。

■ 都立世田谷工業高校付属中学
大きな船をつくりたいと思い、図面を引いた。でも、どんな船をつくるのには大学へ行かなくちゃと思い、地元の中学に転校した。

■世田谷区立池尻中学校

日教組が強い学校で、先生と校長が対立。自習ばかりだったので、みんなと共謀して体育館で全校集会をおこなった。

■都立武蔵高校
サッカー漬けの毎日。三多摩大会で準優勝。泥まみれでゴールを死守文科省の政治活動禁止に抗議して全校集会を呼びかける。
めてデモに参加したのは1967年、チェ・ゲバラの追悼集会。このころから政治への関心が高まった。17歳。

■1971 早稲田大学教育学部中退 
教師を目指すも…学生運動に恋に明け暮れる。絶望と希望の狭間で揺れた挫折の青春。中退。

川口大三郎君虐殺糾弾闘争で、大学に行けなくなった。


■ 警視総監公舎爆破未遂事件、6人の被告の救援活動にかかわる。
1983年、全員無罪が確定。

■ IHI・田無工場
椎野悦郎に誘われ、石川島田無工場に経歴詐称して入社。田無反戦で活動。
ジェットエンジンの特殊検査、暗幕の中で油にまみれた。片道7kmをジョギングで通勤。
※椎野悦郎 筑豊炭鉱出身の労働者。1950年宮本顕治に代わって党統制委員会議長に就任。GHQによる党中央委員の公職追放(レッドパージ)後、徳田らが地下に潜行、中華人民共和国に渡って「北京機関」を組織すると、国  内の党責任者として党臨時中央指導部議長に就任、非公然活動を指導。1958年、規律違反と腐敗行為を理由に党を除名された。


■1987 無農薬野菜などの共同購入会「いきいき広場」
1t車に野菜や米を積んで、配達に走り回った。

■ 1995 市議選に挑戦。落選

■日の出、ごみの最終処分場建設に反対する運動に参加。
現場責任者として激しく闘った

■ごみ・環境ビジョン21 設立
ドイツ環境保護連盟(BUNT)のエアハルト・シュルツさんをお招きして、三多摩発 アクションフォーラム「21世紀のごみを考える」を小金井公会堂絵で開催。
その後、「ごみ問題を物の生産から廃棄までを視野において考え、活動する  グループをつくろうと、ごみかんを結成。


■練馬区介護人派遣センター    
  
在宅の重度障害者の介護専従。花畑小学校の金井康治さんや木村英子参議院議員も参加していた要求者組合で都知事交渉。練馬区との交渉など。
私が主に介護した脳性麻痺の荒木義昭さんは無免許運転で車を乗り回し、裁判に。
全共闘運動とも重なり、大きな社会運動になった。          裁判には負けたがその後、障害があっても運転免許がとれるようになった。

■1998 市民派議員などの「虹と緑の500 人リスト運動」設立

地域から政治を変えようと全国の仲間と連携した。   

 ■ 市民自治をめざす三多摩議員ネットワーク」の設立
三多摩の市民派議員と連携して、共通の課題に取り組む。
  
消費者庁長官の福島浩彦さんと

■2000 731 部隊調査で、中国ハルピン周辺を視察。 
人体実験が行なわれた丘に立ち、涙があふれた。

■2001 緑の党などの世界大会に参加(キャンベラ)
過度の経済成長に依存しない、緑の政治をめざす世界の仲間の活躍に感動する。

各国からそれぞれの状況が報告されました。

■アフガン、イラク戦争に反対に反対する集会。武蔵野公会堂
   
ペシャワール会の中村 哲さんと

■立川から米国大使館まで「 Long Longピース・ウォーク」を主催
■2005 アジア・太平洋、みどりの京都会議開催
■2006 みどり三多摩結成
■2008 日本に緑の党を!「みどりの未来」結成
■2009 &温暖化 long エコ・ウォーク
■NO東京オリンピック」を呼びかけ

立川駅でNOオリンピック、シール投票

■2012緑の党グリーンズジャパン結成
■2014集団的自衛権No! 自治体議員立憲ネットワー結成 

総務委員会 議会運営委員会 都市計画審議会 
小平・環境の会
小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会 
ごみ・環境ビジョン21
市民自治をめざす、三多摩議員ネットワーク
武蔵病院、強制隔離入院施設を考える会 
自治体議員立憲ネットワーク、東京世話人
 ストップ気候危機!自治体議員による気候非常事態・共同宣言の会 

ヘルパー2級

リンク

雨のち晴れ

雨のち晴れ2

市議会
 

ニュース














3月議会 一般質問
  26日、午後6時ごろから


雨のち晴れ



3月29日


3月27日




3月11日


2月18日


2月16日


橋本ひさおのメールニュース










11日、トップなどを変更

緑の党こだいら
橋本ひさお事務所

 小平市学園西町1-22-15 サントピア並木101   
(西武多摩湖線 一橋学園駅南口徒歩5分、一橋大学大学正門前通り)
 
&Fax042-348-1127 携帯電話 090-1849-9305
 郵貯銀行口座番号  緑の党こだいら