●与野党にとらわれず、市政をチェックし、政策提言する会派をめざして
   ●特権的な議会を変える
●幹事長会議は議事録を取る。傍聴可能にする
●一部事務組合や議会運営委員会、対外協議会等理事及び委員、市長付属機関等委員などの報酬はゼロにする。議員及び市長の報酬額を公開します。
● 正副議長選挙での所信表明は開会中に行う。議長は第1会派から、副議長は第2会派からという申し合わせは廃止す。
●  一般質問では、資料を理事者と議員全員に配布することができるようにする。
● 傍聴届け及び傍聴券の交付制度を廃止します。
●  休日議会、夜間議会、出前議会、子ども、若者議会などを積極的に開催します。
●  無作為抽出した市民への議会に関するアンケート調査をします。
●  議場、全員協議会室、第1及び第2委員会室、応接室を市民が使えるようにします。
●タブレット 端末機を議員に貸与する


ホームページの感想をお寄せください ana15698@niftty.com

 
   http://greens.gr.jp/
  緑の党6つの原
 エコロジーの知識・社会的公正・参加民主主義・非暴力・持続可能性・多様性の尊重
   
緑の党の共同代表

    電磁波測定器、放射線測定器を貸出します。


橋本ひさお プロフィール  

1967年、チェ・ゲバラ追悼集会で初めてデモに参加。政治に目覚める,17歳。
3年生の時に文部科学省の政治活動禁止の通達が出されたことから、全額集会を呼びかけ、議長を務めた。
学生運動で大学を追われ、大企業では現場で油にまみれた。
 日の出のごみの最終処分場建設反対運動では現場責任者で、ブルドーザーに飛び乗った 。
重度障害者の介護専従で「どんなに重い障害があってもだれもが当たり前にこの町で暮 らす社会」をめざした。
 2001年、緑の党世界大会(オーストラリア)に参加し衝撃を受ける。
節目節目で素敵な友人に出会った。こうした経験のすべてが議員活動を支えている。
 議員になり、脱原発、環境問題や障害者問題。精神障害者の社会参加。都市計画道路や 大規模開発、二つの駅前のタワーマンション計画の中止。市民参加の在り方などを中心に活動してい る。
 ごみ・環境ビジョン21、市民自治をめざす三多摩議員ネットワーク、緑の党グリーン ズジャパンなどの結成に参加。
緑の党の共同代表として、全国の仲間と活動している。

        
1951  世田谷区下馬生まれ。男5人兄弟の末っ子。
3丁目の夕日の時代で、みんなが貧しく、味噌を借りたり、しょうゆを借りたり。鼻たれ小僧ばかりだった。

■ 都立世田谷工業高校付属中学
大きな船をつくりたいと思い、図面を引いた。でも、どんな船をつくるのには大学へ行かなくちゃと思い、地元の中学に転校した。

■世田谷区立池尻中学校

日教組が強い学校で、先生と校長が対立。自習ばかりだったので、みんなと共謀して体育館で全校集会をおこなった。

■都立武蔵高校
サッカー漬けの毎日。三多摩大会で準優勝。泥まみれでゴールを死守文科省の政治活動禁止に抗議して全校集会を呼びかける。
初めてデモに参加したのは1967年、チェ・ゲバラの追悼集会。このころから政治への関心が高まった。17歳。

■1971 早稲田大学教育学部中退 
教師を目指すも…学生運動に恋に明け暮れる。絶望と希望の狭間で揺れた挫折の青春。中退。
川口大三郎君虐殺糾弾闘争で、大学に行けなくなった。

■ 警視総監公舎爆破未遂事件、6人の被告の救援活動にかかわる。
1983年、全員無罪が確定。

■ IHI・田無工場
椎野悦郎に誘われ、石川島田無工場に経歴詐称して入社。田無反戦で活動。
ジェットエンジンの特殊検査、暗幕の中で油にまみれた。片道7kmをジョギングで通勤。
※椎野悦郎 筑豊炭鉱出身の労働者。1950年宮本顕治に代わって党統制委員会議長に就任。GHQによる党中央委員の公職追放(レッドパージ)後、徳田らが地下に潜行、中華人民共和国に渡って「北京機関」を組織すると、国  内の党責任者として党臨時中央指導部議長に就任、非公然活動を指導。1958年、規律違反と腐敗行為を理由に党を除名された。


■1987 無農薬野菜などの共同購入会「いきいき広場」
1t車に野菜や米を積んで、配達に走り回った。

■ 1995 市議選に挑戦。落選

■日の出、ごみの最終処分場建設に反対する運動に参加。
現場責任者として激しく闘った。

■ごみ・環境ビジョン21 設立
ドイツ環境保護連盟(BUNT)のエアハルト・シュルツさんをお招きして、三多摩発 アクションフォーラム「21世紀のごみを考える」を小金井公会堂絵で開催。
その後、「ごみ問題を物の生産から廃棄までを視野において考え、活動する  グループをつくろうと、ごみかんを結成。


■練馬区介護人派遣センター    
  
在宅の重度障害者の介護専従。花畑小学校の金井康治さんや木村英子参議院議員も参加していた要求者組合で都知事交渉。練馬区との交渉など。
私が主に介護した脳性麻痺の荒木義昭さんは無免許運転で車を乗り回し、裁判に。
全共闘運動とも重なり、大きな社会運動になった。          裁判には負けたがその後、障害があっても運転免許がとれるようになった。

■1998 市民派議員などの「虹と緑の500 人リスト運動」設立
地域から政治を変えようと全国の仲間と連携した。   

 ■ 市民自治をめざす三多摩議員ネットワーク」の設立
三多摩の市民派議員と連携して、共通の課題に取り組む。
  
消費者庁長官の福島浩彦さんと

■2000 731 部隊調査で、中国ハルピン周辺を視察。 
人体実験が行なわれた丘に立ち、涙があふれた。

■2001 緑の党などの世界大会に参加(キャンベラ)
過度の経済成長に依存しない、緑の政治をめざす世界の仲間の活躍に感動する。

各国からそれぞれの状況が報告されました。

■アフガン、イラク戦争に反対に反対する集会。武蔵野公会堂
   
ペシャワール会の中村 哲さんと

■立川から米国大使館まで「 Long Longピース・ウォーク」を主催
■2005 アジア・太平洋、みどりの京都会議開催
■2006 みどり三多摩結成
■2008 日本に緑の党を!「みどりの未来」結成
■2009 &温暖化 long エコ・ウォーク
■NO東京オリンピック」を呼びかけ

立川駅でNOオリンピック、シール投票

■2012緑の党グリーンズジャパン結成
■2014集団的自衛権No! 自治体議員立憲ネットワー結成 

総務委員会 議会運営委員会 都市計画審議会 
小平・環境の会

小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会 
ごみ・環境ビジョン21

市民自治をめざす、三多摩議員ネットワーク
武蔵病院、強制隔離入院施設を考える会 

自治体議員立憲ネットワーク、東京世話人
 ストップ気候危機!自治体議員による気候非常事態・共同宣言の会 

ヘルパー2級

リンク
雨のち晴れ
雨のち晴れ2
市議会
 
ニュース
一般質問


8月18日
昨日は花小金井駅北内で九州豪雨災害義捐募金を行った。メンバーは一人会派の会の4人。伊藤央、中江みわ、安竹洋平、橋本久雄。一橋学園、小平駅に続き、3回目。雨が多く、日程の確保が大変だった。

 毎回素敵な出会いがある。そんなささやかな感動が現地の人たちを力づけるのだと思う。
 小学生のサッカー少年が「おばあちゃんが九州に住んでいるんです」と言って、募金をしてくれた。

8月10日
先日、小平市内にある朝鮮大学校の先生から電話をいただいた。
 市内のコロナ感染者が増えているが、どういう状況なのか。
 9月から学校の再開を検討しているが、学生寮などでクラスターが発生しないか心配で決断ができない。        

  学生全員にPCR検査を無償で実施てもらえないか、というものだった。
朝大は文科省が定める大学ではなく、各種学校の扱いを受けている。そのため学校授業料の無償化など政府の支援から除外されてきた。
 小平市も以前は市内の地図に学校を記載せず、繰り返し抗議して今は地図に載るようになった。しかし、市内の6つの大学で構成する、「小平市大学連携協議会 こだいらブルーベリーリーグ」への参加は認められていない。
 全寮制で500人の学生と100人の先生がいる。

 23区は区ごとに保健所があることから詳しい感染状況が公開されているが、多摩地域は八王子市と町田市を除く自治体は単独の保健所がないことから公開されていない。公開を求めているが一向に改善されない。

 学校の再開は最重要な課題だと思う。朝大を含め7つの大学がある小平市はこうしたことへのサポートは全く行ってこなかった。私もあまり考えなかった。

 500人へのPCR検査は1000万円程度で済む。さらに6つの大学の学生数はわからないが、仮に5000人だとしても1億円程度だ。小平市単独でできない額ではない。

 先日の第4次補正予算では健康センターエレベーター改修(56,937千円)と本庁舎エレベーター改修(121,522千円)が決定した。こんなバカげたことに使わなければ、小平市独自でも検査は可能だ。

 PCR検査にとどまらず、学生へのサポートの取り組みを広げたいと思う。

 


8月6日 小平市議会はやばくないか。
 
市長が元民主党の都議だったこともあり、与党は立憲、共産、生活者ネット。さらに公明党もほぼ与党なので、この15年間で市長提出議案が否決されたことがない。一回だけあったかも。与党だからと言って何でも賛成しなければならない決まりはない。

 3日、第4号補正予算の審査が行われた。
審査は総務委員会に付託され、9時から17時までかかり、その後本会議場で賛成多数で議案は可決された。
 私は総務委員なので、ほぼ1時間質疑をした。

 予算額は16億円。内訳は国庫支出金&都支出金:14.3億円。市負担金:1.7億円

 コロナ危機に対応する予算のなので、生活支援、商店や中小企業への支援などの事業が計上されたが、コロナに無関係の想定外の事業がたくさん含まれていた。

 新しい生活様式に対応した予算編成であるとの説明があったが、以下の事業はコロナには全く無関係だ。
①証明書コンビニ交付に向けたシステム構築(33,871千円)
②ルネこだいら(市民会館)のホール入り口の自動ドア化(9,052千円)
③地域センターのトイレ手洗い自動水洗化(7,008千円)
④元気村おがわ東トイレ手洗い自動水洗化(1,960千円)
⑤ルネこだいら空調設備改修(48,756千円)
⑥小平元気村おがわ東空調設備改修(2,374千円)
⑦健康センターエレベーター改修(56,937千円)
⑧本庁舎エレベーター改修(121,522千円)
⑨「ルネこだいら」ホームページリニューアル(4,798千円)
合計:286,278千円

 こうした事業は当初予算で行うものだ。
さらに歳出款別比較では民生費:13%、商工費:1.2%と少なすぎる。

 私が所属する一人会派の会と政和会(自民党)と相談し、これらの事業を削除し、財政調整基金などからの繰り入れ額を増やし、市内限定の地域振興券を発行する、組み替え動議を出した。
 こうしたことを政和会(自民党)と相談しなければならないのが情けない。

 この組み替え動議に賛成したのは一人会派の会と政和会の9人だけだった。
 動議に反対の理由は「エレベータの改修などは不用の事業とまでは言えない」というものだった。
 不用の事業と言っているわけではない。今実施するのが不要だと言っているのだ。
 結局、原案は賛成多数で可決した。

 ある議員が「いろいろ問題はあるが、この動議が通ると私が特にやってほしい事業の実施が遅れることになるので反対する」という発言をした。
 そんなことはない。市は直ちに議案を作り直し、再度議会で審査、可決することになるからだ。
 木を見て、森を見ない発想ですね。

 7月30日の議会運営員会では以下のことを提案した。
1.予算などは案の段階からホームページなどで公開せよ。
 市民は予算の内容を知るすべがない。議会報が発行されるのはかなり先で、詳しい内容は書かれていない。東京都も周辺の市も公開している。
 答弁は検討する、だった。やらないということだ。

2.各会派が出した提案などは40回以上になる。内容を公表して、回答せよ。周辺の市は公表している。
 他の委員会から賛同する発言はなかった。

3.幹事長会議と議会運営委員会の委員の任期は2年。
 今回、立憲の幹事長と同じく議運の委員が辞任するとの報告があった。
 途中で辞めるのだから理由を言うべきではないかと言っても言わない。
 結局、任期途中で委員が交代する場合、交代の理由を言わなければならない規定はないということで終わった。
 他の委員は誰も発言しなかった。
 
ホントに疲れる。テンションの落ち具合と怒りの間を揺れ動いいる。


7月20日 九州豪雨災害 義捐募金 一橋学園北口
 
今日夕方、一橋学園駅北口で一人会派の会の4人で九州豪雨災害、義捐募金をおこないました。たくさんの方が募金をしてくれました。中学生や高校生もたくさんしてくれました。予想していた以上に集まりびっくり。ほっこりとした気持ちになりました。
 左から伊藤 央、橋本ひさお、安竹洋平、中江美和。


会報NO.20(通巻100号)をお届けします。   7月20日
         

今年も暑い夏になりそうです。みなさんいかがお過ごしでしょうか。
● コロナとの共存はなかなか大変ですね。第2波の様相になってきました。
 小平市はすでに中央体育館も、屋外の2ヶ所のプールも中止にしてしまいました。お隣の東村山市はちゃんと開いています。担当者に言ってもらちがあきません。がっかりしてしまいます。

● コロナをめぐって、おおくの知事が発言しだしました。いいことですが、私たちは混乱してしまいます。
 おそらく誰もこれだという方策を持っていないのでしよう。そもそも安倍さんが全く出てこないのは自信がないんでしょうね。一番わかっていないのは安倍さんかもしれませんね。無責任です。

● コロナは弱毒性と言われています。それでも1000人の方がなくなりました。一方でインフルエンザで亡くなる方は年間3000人です。予防接種をしてもです。
 何が違うのか。コロナはメカニズムがよくわかりません。弱毒性と言われながら突然変異して重症化する。だから怖いんです。やることは一つ、PCR検査数を増やすことですが、政府は初期の段階で増やしませんでした。今もさほど増えていません。
 相当長くコロナとの共存はさけられません。

● 小平市もじわじわと感染者が増えてきました。4小で給食調理員の方が感染しました。15小の教員も感染しました。 
 その前は私立認可保育園の保育士が感染しました。くわしくは市のホームページをご覧ください。
正しく恐れて、コロナとの共存を考えましょう。

● 7/31~8/2、中央公民館で「平和と未来のひろば・小平」が行われます。お寄りください。

● 暇を見つけてはジョギングに励んでいます。週2,3回でしょうか。
 朝の街宣も週3日再開です。月曜:鷹の台駅。火曜:新小平駅、金曜:一橋学園駅です。
 みなさん温かく迎えていただけるのがありがたいです。

● アベノマスクなど不要なマスクの寄付をお願いしたところ、200枚余り集まりました。手作りのステキなマスクもありました。何枚かいただきました。ホームレスなどの支援を行っている立川の「さんきゅうハウス」に寄付しました。

● 議会報告会を行います。3密を避けるため、参加希望の方は事前にご連絡ください。

※ 19日、緑の党都本部で、月一定例街宣。暑かった。原宿駅神宮橋と大塚駅。じっと聞いていた若者がニュースを取りに来てくれた。女性グループの街宣とバッティング。交流を温めた。





7月14日

雨の日の街宣はつらいね。
 昨日は鷹の台、今日は新小平駅で街宣だった。今日は雨が途中から降りだした。
通りかかった友人に写真を撮ってもらった。「橋本さん、歳なんだから、無理しないでね」と言われた。トホホホ、その通り。

 以下の話をした。九州の豪雨災害のこと。4~5分。
森林伐採や環境破壊、化石燃料の大量放出などが温暖化をもたらし、海面の温度上昇が集中豪雨をもたらしました。
 今回の豪雨では濁流が堤防や護岸を越えて住宅を襲いました。国土強靭化計画によって、海岸に巨大な防潮堤を造ったり、河川を巨大なコンクリートで固めても、それを超える大きな災害が繰り返されるようになりました。
 昨年は小平市でも台風と豪雨の時に避難所を開設しました。100人余りの方が避難しました。こうしたことが繰り返し起こります。
コロナ危機もこうした環境破壊によっておきました。
私たちは環境危機とコロナ危機という2つの危機に同時に向き合う、困難な社会に生きています。
 人間は自然をコントロールできるという傲慢さを手放し、自然と共生する暮らしに転換することが必要です。経済成長やGDPを豊かさの基準にしない社会です。地産地消、地域循環型の社会です。

 定額給付金は総額198億円。6月末で8割の方に届きました。残りの2割の内1割の方は申請をしていません。お年寄りの方で書き方がわからないという方もいます。私も何人かの方の申請書の作成のお手伝いをしました。
 申請していない方はわかるので、児童・民生委員の方などにも協力してもらい、申請漏れのないような取り組みをしてほしいですね。

 今までに国や都から20億円の補助金が来ました。さらに市の負担は9000万円。独自の事業はゼロです。
 「財源がないから独自の事業はしない。国や都の言う通りにすればいい」という市長の答弁にはほぼ全議員ががっかりしました。

 議会では会派ごとに政策提言や要望書を出しています。
40回を超えます。しかし、市は回答しない。公開もしません。
 他市では感染症対策本部の会議内容も会派の提言もすべてホームページで公開しています。
 これで、市民参加や市民との協働と言われても困ります。

 8月3日の臨時議会では国からの10億円の使い道を検討することになります。どうせろくなものに使うことになるので、組み替え動議などを出すことも考えています。
 ご意見をお寄せください。


20日、トップなどを変更


緑の党こだいら
橋本ひさお事務所

 小平市学園西町1-22-15 サントピア並木101   
(西武多摩湖線 一橋学園駅南口徒歩5分、一橋大学大学正門前通り)
 
&Fax042-348-1127 携帯電話 090-1849-9305
 郵貯銀行口座番号  緑の党こだいら