緑の党こだいら
      与野党にとらわれず、市政をチェックし、政策提言する会派をめざして

51 世田谷区下馬生まれ(男5人兄弟の末っ子)
  区立駒繋小学校、
  都立世田谷工業高校付属中学(エンジニアを目指す)
  区立池尻中学、都立武蔵高校(サッカー漬けの毎日)
71 早大教育学部(教師をめざすも挫折、中退)
  IHI・田無工場(ジェットエンジンの特殊検査)
87 共同購入会「いきいき広場」(無農薬野菜などの配達)
95 練馬区介護人派遣センター(在宅障害者の介護)
99 小平市議会議員に初当選
00 731部隊調査で、中国ハルピン周辺を調査
01 緑の党などの世界大会に参加(オーストラリア)
05 アジア・太平洋、みどりの京都会議開催
06 みどり三多摩結成
08 日本に緑の党を!「みどりの未来」結成
09 STOP温暖化IONGエコ・ウォーク
  「NO東京オリンピック」を呼びかけ
12 緑の党結成

14 集団的自衛権No! 自治体議員立憲ネットワー結成

厚生委員会
都市基盤整備特別委員会

NPO法人、移動サービス・バイコアセルフ
誰もがともに小平ネット 介護スタッフ
小平・環境の会 会員
小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会 会員
ごみ・環境ビジョン21 運営委員
市民自治をめざす、三多摩議員ネットワーク 会員
緑の党 共同代表
武蔵病院、強制隔離入院施設を考える会 幹事

自治体議員立憲ネットワーク 東京世話人
ヘルパー2級
緑の党、共同代表
プロフィール追加

電磁波測定器、放射線測定器を貸出します。

  
議場で                                           山本太郎参議院議員と                                      ポスター


市内駅伝                            街宣で移動中、満開の桜の下で、水道道路                                花小金井南口

  
          中野駅                                           花小金井駅                                             プレーパック     

    

ペシャワール会の仲村哲さんと                                練馬区介護人派遣センターで                               世田谷区長の保坂展人さんと


10小青少対で焼き芋づくり                    玉川上水をジョギング                               菅直人衆議院議員と

 
足湯で一息                                多摩市長の阿部裕行さんと



 緑の党の共同代表


  緑の党
6つの原則
    エコロジーの知識・社会的公正・参加民主主義・非暴力・持続可能性・多様性の尊重








小平市議会議員の橋本ひさおです。
わたくし橋本ひさおは議員になる前は一人暮らしで24時間の介護が必要な障害者の介護の仕事をしていました。ですから、私の目標はどんなに重い障害があってもこの町で暮らせる小平をつくることです。そうしたまちを創るために議員になりました。少しづつそんな町になってきましたが、まだまだです。
 小平市はみなさんから頂く税金の使い方を間違えています。
小中学校の体育館にクーラーを設置してほしいと言っても、お金がないから設置しないと言います。空き家が1万戸あります。1万戸ってすごいですよね。その1%でいいから活用して地域の中に居場所やシェアハウスをつくれないかと言っても、つくらないと言います。市長は選挙の時に小学校区ごとに居場所をつくると公約に掲げました。しかし、私が質問したら、市としては居場所はつくらないと答えました。公約違反ですね。
 市内には単身の高齢者が8500人。ご夫婦とも高齢の世帯が8000世帯います。こうした方たちが安心して暮らせる町かというとクエッションです。障害のある子どもが40歳、50歳になり、ご両親は70、80歳になり、私たちが死んだらこの子はどうなるんだろうかと心配だという声をいただきます。こうしたところに税金を使ってほしいんです。
 小平市には子ども施策がありません。立川市では子ども未来センターをつくり、その中に「あるまんがパーク」には年間10万人の子どもたちが来場し、コミックを楽しんでいます。小平市の図書館にはコミックは置いていません。
国分寺市ではプレーパークをつくり、1000万円の予算で4万人の子どもが泥んこ遊びや木登りを楽しんでいます。
 こういうところに税金を使ってほしいんです。
しかし小平市は小川駅と小平駅前に100mのマンションを含む再開発事業にたくさんの税金を使おうとしています。市は具体的な数字を言いません。私が調べました。総事業費は630億円。税金が350億円投入されます。小平市の一般会計予算は660億円です。100mのマンションは33階建てです。市内には14階以上の建物はありません。だからいいんじゃないですか。緑が多く、暮らしやすい町になんじゃないですか。人口が減少し税収も大きく減る中で、50数年前につくった計画を変えることなく、行うなんて能無しが行うことです。
 小平市の人口は19万人が14万人に。みなさんのような働いている方は12万人が8万人に、税収も3分の2程度に縮小します。このような開発優先のまちづくりは止めなければいけません。この計画に反対しているのは私だけです。情けない。
 小平市議会は今の市長になって14年間、市長が提案した議案を否決したことがありません。与党の議員が多いからです。与党の議員は何でも賛成、反対したことがありません。チェック機能が働いていません。これでは議会は単なる追認機関で、あってもなくても同じです。与党は共産、立憲、社民、生活者ネットです。どの政党なのかは大した問題ではありません。いいことは良い、だめなものはダメと言える議員を増やしましょう。
 市民のみなさんに信頼される議会を取り戻しましょう。

今日は選挙本番を想定した街宣を行った。選挙では車を使わない。自転車にのぼりを立てて走り回る。自転車の安定性や高さのチェックなどをした。
 津田団地をスタートして、一橋学園駅、小平団地、小平駅、花小金井駅の南と北。それぞれ30分話して移動。5時間かかった。
 途中から小金井市議だった漢人明子さんが合流。素敵な応援をいただいた。
 もう歳なんだから、車にしたらと言われるがここまで来たら初志貫徹。たくさんの方に声をかけていただいた。
 水道道路は桜が満開。いろいろ言うが、やっぱり小平は素敵な町だ。でも毎年東京ドーム一個分の緑がなくなっている。それだけ農地が減った。都市農業を守ろう。
明日は西地域を回る予定。

議論する議会を取り戻したい。
 小平市議会は今の市長になって14年間、一度も市長提出議案を否決したことがない。正確には一回だけあったが。与党議員が多いからだ。与党議員は一度も反対したことがない。与党は共産党、立憲民主党、社民党、生活者ネット。共産党はわざわざ、ニュースに与党であると書いている。
 1800余りの地方議会でこうした議会が半分以上になる。こうして議会は首長の追認機関になってしまった。あってもなくても同じだ。こうしたことが市民の政治への不信、議会への信頼を奪っている。
 共産党、社民党、生活者ネットと私は消費税の2%アップに反対している。今年度の予算ではアップを前提とした予算が組まれている。プレミアム商品券、4億円など。したがって、消費税のアップに反対している政党は予算にも反対するものと思っていたら、私以外の共産党、社民党、生活者ネットは賛成した。与党だからだ。
 一般会計に反対の討論で「消費税のアップに反対しながら、予算に賛成するのは理解できない。市民への説明責任がある」と言ったが何の反応もなかった。
 こうした対応がますます、市民の政治への不信を大きくする。
今回の小平市議選では与党の過半数割れを実現したい。このことは実現できる状況になってきた。議論する議会を取り戻したい。

3月27日
議会の最終日、今期最後の議会だった。
来年度の一般会計について私は反対した。反対は私と隣の同僚議員の2人。
反対の理由は消費税の2%アップを前提とした事業が組みこまれていること。
 小川駅と小平駅に100mのマンションを含む再開発事業を行うこと。予算にも事業費が計上された。私のざっくりとした試算では総事業費は631億円。そのうち税金が350億円使われる。小平市の年間予算は660億円。この事業について、反対は私だけ。
 これほど大規模な事業であるにもかかわらず、市議選に立候補を予定している方は誰もこのことを取り上げていない。
 私はこのことを中心に街宣をしてきたこともあって、2つの予定地の地権者の方から連絡をいただいたり、直接お話をすることが出きた。
 みんなで一般質問の動画を見たとのこと。うれしかった。
小川駅ではマンションの坪単価が240万円に跳ね上がり、地権者でも床の購入をためらっているとのこと。もう疲れたという言葉が胸に突き刺さった。
そもそも駅前は賑やかでなければいけないのか
 鷹の台駅の近くでとくし丸を見かけた。とくし丸とは移動販売車のこと。
これからは駅前に買い物に行くことも大変な高齢者の方が増える。 
 地域に居場所をつくり、そこにとくし丸が販売に来るという時代が来る。
市長は先の選挙で小学校区ごとに居場所をつくると言いながら、私の質問に「居場所はつくらない」と答弁した。この嘘つき。
小平市は税金の使い方を間違えている。
小中学校の体育館に冷暖房設備を付けてほしいという声は大きい。しかし市はお金がないから付けないという。
 市内には1万戸の空き家がある。その1%でいいから地域に居場所をつくる。
シェアハウスをつくり、若者に安い家賃で住まいを提供する。
 立川市では子ども未来センターをつくり、その中にある、まんがパークには年間10万人の子どもやお父さん,、お母さんがコミックを楽しんでいる。国分寺市ではプレーパークをつくり年間1千万円の予算で4万人の子どもが泥んこ遊びなどを楽しんでいる。
 障害のある子どもが50歳代になり、ご両親も80歳代になり、「自分たちが死んだらこの子はどうなるんだろうか」と心配だと言う。市はこうした実態を把握していない。
 こうしたところに私たちの税金をまず使ってほしい。
しかし、小平市は莫大な税金を投入して、駅前の再開発を行おうとしている。
市民グループ、「わたしたちのまちのつくり方」が再開発や都市計画道路などについてアンケートを行っている。参考にどうぞ。http://watashimachi.main.jp/

2月25日
今日は3月議会初日だった。
 市民から出された請願「請願第15号 沖縄県の辺野古新基地建設問題を、国民全体の問題として、公平、公正にさまざまな選択肢を検討することを求める意見書の提出について」が賛成多数で採択された。反対は自民、公明、会派ムサシ。各会派の賛成討論からは沖縄への熱い思いが伝わってきた。私の討論は最後なので反対討論の内容を取り込んだ賛成討論をすることができた。
 小平市議会ではすでに、「沖縄県民の意思を受けとめ、辺野古新基地建設の中止を求める意見書」、「米軍人・軍属等への綱紀粛正、事故、犯罪の防止を求める意見書」、「日米地位協定の見直しを含めた協議を行うことを求める意見書 」を可決している。地位協定は全会一致だった。
 私は原稿なし。ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんがハンスト中の元山仁士郎さんにインタビューした時の元山さんの「沖縄のことは沖縄の人たちで決めたい」という言葉を紹介した。
 少しだけ、沖縄の思いに向き合うことができたと思う。

                      緑の党こだいら 会報NO.14(通巻94号)をお届けします
                                                      2019.3.10 緑の党こだいら 橋本久雄 

 春めいた陽気になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。会報をお届けします。お読みいただければうれしいです。
春は卒業や入学など子どもたちが一回りも二回りも大きくなって羽ばたく季節です。誰もが尊重され輝ける町であってほしいと強く思う季節でもあります。そんなまちを創るために、もうひと頑張りします。

●  税金は市民の暮らしと福祉に使う
 市長は税金の使い方を間違えています。3月議会で公明党の議員がいい質問をしました。小・中学校に冷暖房設備を設置することについてです。今まで市長は設置するのに一校で1億円かかるから、設置しないと言ってきました。そこでこの議員はいろいろ調査し、リースだと2500万円。さらに半額、都の補助があるので設置は可能ではないかと迫りました。それでも市長は財源がないから設置しないと答弁しました。
 一方で事業費の半分以上を税金で賄う駅前に100mのマンションを含む再開発事業を行います。戸数は小川西駅220戸。小平駅700戸です。国分寺駅北口のタワーマンションは600戸なのでそれよりも大きなツインタワーが小平駅北口に建つことになります。
 こんな時代遅れのバカげた再開発に税金を使うのではなく、将来に不安を感じている人たちの暮らしをサポートすることに税金は使ってもらいたいですね。
 駅前はにぎわっていなければならないのでしょうか。昨年、鷹の台周辺でとくし丸という移動販売車に出くわしました。高齢の単身者は8500人、高齢のご夫婦も8000世帯。駅前に買い物に行くことすら困難なお年寄りが増えます。
 だから、1万戸ある空き家の一部を活用して居場所をつくる。そこに定期的に移動販売車が訪れる。こんな提案をしてきました。
こうしたことに税金は使ってほしいですね

.
● 3月議会3つ質問しました
1.障害のある人の社会参加や雇用はどこまで進んだか
 障害者の雇用条件に身体障害者に限る、電話での応対ができることなどの条件を付けていることは障害者差別解消法に反している。聴覚障害者は電話対応が困難です。全く問題ないという答弁でした。
 知的や精神の人はどうするのか。「一般募集で応募すればよい」という認識にびっくり。なぜ障害者雇用なのかの理念をわかっていません。
通勤や通学にも介助者を付けることについてはゼロ回答。
 精神障害者への移動支援が極端に少ないのはガイドヘルパーが不足しているからとのこと。だったら処遇改善などの対策が必要です。
 また、身体障害者手帳と愛の手帳の両方を持っている人を優先する傾向があることも指摘しました。

2.障害者の親亡き後の暮らしは大丈夫か
 障害のある子どもが50歳を過ぎ。ご両親が80歳を超える家族など、親亡き後の子どもの生活を心配する声に答えるサポート体制がない。そもそも実態を把握していないので、具体的なサポートができません。世田谷区や立川市は把握しています。

3.小川駅と小平駅前の再開発事業は見直せ
 小平市をどんな町にしていくのかに関わる問題です。全市的な議論がありません。事業費の半分以上が国・都・市の補助金や負担金です。
適正な支出である。まったく問題ない。市民参加で進めているとのことでした。反対は私だけです。計画が具体化したのはおおよそ30年前です。いったん決めた計画は変えないということでしょうか。5年前に行われた都市計画道路をめぐる住民投票の時と構造は全く一緒です。●  市長の言いなりの議会を変える与党議員が半数を超え、この14年間市長提出議案が否決されたことは一度もありません。市政をチェックするという議員の役割が果たされていません。選挙公報に推薦人:小林正則と書いてあればその候補者は当選すれば与党になります。こうした議会を変えます。●  もう一度議会へ市議選は4月14日告示、21日投票で行われます今回も車は使いません。「もう年なんだから、車を使ったら」という優しいアドバイスもいただきましたが、私には自転車しか似合いません。定数28に31人程度が立候補の予定です。現職が9人引退します。欠員も含め、10議席が新人になります。少数激戦です。前回は最下位だったので油断できません。投票率は下がり続けています。私が生まれたころは75%でしたが前回は44%です。関心を持っていただけるような政治を取り戻したいと思うばかりです。当落は選挙本番前に決まると言われています。今が頑張りどころです。のぼりをたてて走り回っているので、見かけたら声をかけてください。● 関心がありましたらご連絡ください。選挙に向けて、以下のような仕事があります。▲ 本番までにやらなければならないこと・公選はがき2000枚に宛名を書く・NO.14を3万枚配布する▲  本番中にやること・14日告示日、午前中にポスターを貼る。1ブロック8枚程度・チラシ4000枚に証紙(切手)をはる・候補者と一緒に自転車で街宣。事務所で留守番や来客の対応など






3月議会、一般質問 2月26日、午後4時半ごろから 

【1】小川駅西口と小平駅北口の再開発事業は見直せ                                                 

小川駅の再開発では事業費、約183億円。別に地下自転車駐車場、自由通路などの整備も行います。公費が約140億円投入されます。総額約230億円になります。小平駅前の再開発計画は開発面積が小川駅のほぼ2倍になることから、私の試算では事業費はおおよそ倍になります。

この二つの再開発事業費は関連施設整備を含めるとおおよそ631億円です。が約350億円投入されます。参考に市の来年度の一般会計予算は約660億円です。

マンションは建物の延命と資産価値の維持を目的に、十数年ごとに修繕を行います。外壁を再塗装し、防水を見直し、エレベーターや給排水管をチェックする。この費用がタワーマンションの場合は巨額に達し、実施できない管理組合の出現が懸念されます。大規模修繕に伴う追加費用の要請を嫌がり、所有者が退去、住民減少に伴って修繕費が捻出できなくなる。今は若い夫婦や小中学校の子どもが住んでいても、子どもは成人すれば独立。少子高齢社会の進展に伴い、30年、40年後には高齢者夫婦だけが住むタワーマンションが誕生するなどの懸念が言われています。

人口減少とそれに伴う、税収減の中で公共施設の延べ床面積を2割削減する。小学校を5校、中学校を1校、公立保育園を4園削減する計画が進行中です。こうした中で、何故このような大規模な再開発事業は見直さないのか、理解に苦しみます。身の丈に合ったまちづくりに切り替えましょう。
1. 公費が約350億円も投入されることに問題はないか。
2. これらの再開発事業は市長の言う、プチ田舎にふさわしくないのではないか。
3. 小川駅再開発事業により小川駅の乗降客はどの程度増えると市は予測しているのか。
4. 中宿商店街にも人の流れができるとのことだが、その根拠は
5. 小川駅の再開発事業に伴い、立川駅までのバス路線を誘致するとのことだが実現の可能性について、市の見解は
6. 小川駅の再開発事業に伴い、個人商店は何店舗程度マンション内で営業すると想定しているのか
7. 小川駅西口と小平駅北口の再開発事業を見直す考えはあるか。

 

【2】障害のある人の社会参加や雇用はどこまで進んだか                                        

精神障害者への移動支援が使われていない。社会参加というなら、通勤・通学にも移動支援を使えるようにしてほしい。市の障害者雇用が身体
障害のみを対象にしているとの相談をうけ、この質問をします。

1. 障害者の採用について
・市職員の障害者の採用試験要項には一般事務(身体障がい者対象)と書かれているが、障害種別を限定することに問題はないか
・受験資格の中で活字印刷文の出題に対応できる方、口述による面接に対応できる方と書かれているが問題はないか。
・通勤や職務時に介助者を必要とする障害者は採用の対象になるか。

・市長は以前、私の質問に「市民サービスの提供者として、窓口や電話等で市民の皆様と直接応対し、一定の判断をしながら一\\業務を行うことが求められる」という答弁をしたが、この認識に変わりはないか。

2.精神障害者への移動支援について
・精神障害者への移動支援の直近の年間申請件数と年間利用件数は。
・精神障害者への移動支援の実績がほとんどないが、どのような課題があるか。
3. 通勤、通学での移動支援について
・国レベルでは移動支援の対象にしていないが、社会参加という観点から検討する必要はないか。市独自で検討できないか。
4. その他、障害者の社会参加について
・通常学校に通う肢体不自由児への介助員の配置を5日間にしない理由はなにか。
・介助員の配置について、障害種別をなぜ撤廃しないのか
・介助員の配置について、障害種別を撤廃すると対象者はどの程度増えるか市は把握しているのか
【3】障害者の親亡き後の暮らしは大丈夫か                                      
 保護者の方が高齢になり、親亡き後の障害のある子どもの先々が心配だという声をよく聞きます。
老少介護とか親亡き後問題と言うそうです。
立川市議会で第5期障害福祉計画策定に当たり、知的障害者の生活状況について、「40歳以上の知的障害者で75歳以上の家族と同居している人は76人。単身者は77人という報告がありました。
第五期小平市障害福祉計画策定のための実態調査結果報告書には年齢についての設問で身体障害者の無回答者を除く回答者612人の内、65歳から74歳が134人。75歳以上が約50%で308人です。
一方、障害児者の施設入所者は112名。40代が一番多く39名、70代以上は6名です。ループホーム入所者は196人と伺っています。
介護保険が優先なのでこの世代は介護保険施設に入所していると思われます。
こうした数字だけでは親亡き後の障害者の暮らしが見えてきません。調査が必要です。
1.40歳以上の障害者で75歳以上の家族と同居している人は何人か。
2. 40歳以上の障害者で単身者は何人か把握しているか。
3.親亡き後の障害者の生活の実態市の見解を伺う
4.親亡き後の障害者に対して市ではどのようなサポートをしているか。
5.地域生活支援拠点の役割は6.当初の予定よりも地域支援拠点の整備が遅れていると思うが、その理由は。


 緑の党こだいら 会報NO.13(通巻93)をお届けします
2019.1.5 緑の党こだいら 橋本久雄

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。みなさんお元気でしょうか。
寒い日が続きます。体調にお気を付けください。今年もいつも通り、飛び回ろうと思っています。会報をお届けします。
お読みいただければうれしいです。


もう一度議会へ!
市議会議員選挙は4月21日、投開票で行われます。今回は少数激戦のようです。
前回は最下位だったので油断できません。丁寧に課題を明らかにし、問題提起して行きたいと思っています。 
相変わらず、一橋学園、鷹の台、新小平の3駅で毎週朝のアピールをしています。寒い日はろれつが回らなくなってしまいます。
すでに約20年経ちましたが。政治への不信が広がっているように思います。当然ですね。本当にひどい状況です。
小平市議会は国政ほどひどくはありませんが、与党のみなさんにはいいことは良い、だめなことはダメだと言ってほしいですね。
投票率は下がり続けています。関心を持っていただけるような政治を取り戻したいと思うばかりです。

自己責任の社会から共生の社会へ!
誰でも政治に関心がなくても、自分の暮らしには関心があるはずです。介護保険や保育料等々、暮らしに直結することを市長が提案し、
市議会が決めます。
世界的にも日本は政治に関心が低い国です。国政選挙でのOECD諸国の投票率(2016年)を比較するとベルギー、スウェーデン、デンマークなどは85%前後、ドイツ、フランス、イギリスは70%前後。アメリカは低く50%(2018、中間選挙)。日本も50%(2017、衆議院選挙)です。
この違いは福祉政策の違いと重なります。国民負担率(年収に占める税金や社会保障費、年金などの割合)で見るとさらにはっきりします。アメリカ:30%、日本:40%、ドイツ:50%、スウェーデン:60%、一番高いのがフランスの70%です。
フランスでは収入の3割しか手元に残らないことになります。びっくりですね。
日本やアメリカは自己責任の国です。老後は自分で何とかしろ。だから必死で予貯金をします。おかげで国民全体の家計資産は1800兆円を超えました。
一方で国の借金は安倍政権になって100兆円増え、1087兆円です。国民一人当たり859万円になります。
ヨーロッパでは国民が政治に積極的に参加します。今回のフランスでの激しいデモもその一つの形です。こうして国民は高福祉高負担の社会を
選択しました。だから国民の政治参加が当たり前になっています。
日本はそういう過程がありません。市民が民主主義を勝ち取った経験がないからです。
自己責任の社会から共生の社会へ!、これが私のテーマです。

人口減少、税収減の中で持続可能な小平を
どうつくっていくのか小平市の生産年齢人口(15歳から64歳)は12万人です。しかし将来、8万人にまで減少します。税収は大きく減少します。高齢者福祉予算は当分増え続けます。
だから公的なサービスを補完する支え合いのまちづくりが必要です。そうした視点から12月議会では地域の居場所について質問しました。答弁の余りのひどさに声を荒げてしまいました。市議会の動画で見ることができます。
私たちはどのような社会を選択するのか、次の世代、さらに次の世代に何を手渡すのか、考えなければ大変なことになります。

辺野古に基地はいらない
沖縄、辺野古への土砂投入には怒りを覚えます。これは「地域のことは地域が決める」という
自治の原点が踏みにじられていることです。小平市議会ではすでに私が提案して2015年に「沖縄県民の意思を受けとめ
、辺野古新基地建設の中止を求める意見書」を賛成多数で可決しています。
今回、辺野古問題を考える小平市民の会が「沖縄県の辺野古新基地建設問題を、国民全体の問題として、公平、公正にさまざまな選択肢を検討することを求める意見書の提出について」を請願しました。署名用紙は私のところにあります。
関心のある方はご連絡ください。

 ●不用品コーナーはにぎやかです 
事務所前の不用品コーナーは盛況です。使わなくなったものを黙って置いていく方。そして黙っ
て持っていく方。目に見えない赤い糸でつながっているようです。これも一つのコミュニティーですね。
議員は寄付行為が禁止されています。寄付行為に引っ掛けられてもつまらないので、管理は同居しているABC企画委員会が行っています。
AはAtomic(核)、BはBiologikal(生物)、CはChemikal(科学)の略です。ABC委員会は戦中、満州で生物兵器の開発を行っていた731部隊にかかわる活動をしています。
おもちゃとかぬいぐるみなどは人気です。不用品があればお持ち寄り下さい。

議会報告&新年会を行います
議会が終わるごとに報告会を行っています。選挙前最後の報告会です。ご参加ください。
いつ   : 2月16日(土)16:00~ どこで : 橋本ひさお事務所
なにを : 12月議会報告 3月議会に向けて 市議選について


NO.13


 





NO.12




NO.11




NO.10




NO.9




 橋本久雄の一般質問 過去一覧


インフォメーション

トップに戻る

10日、トップなどを変更
 あなたは 人目の訪問者です。  メールアイコン ホームページの感想をお寄せください 

緑の党こだいら
橋本ひさお事務所

 小平市学園西町1-22-15 サントピア並木101   
(西武多摩湖線 一橋学園駅南口徒歩5分、一橋大学大学正門前通り)
 
&Fax042-348-1127 携帯電話 090-1849-9305
 郵貯銀行口座番号  緑の党こだいら