橋本久雄の雨のち晴れ  
ニュースの配布ボランティア、大募集!  
 
あなたのご近所にニュースを100部程度配っていただけませんか

トップに戻る



5月の雨のち晴れ
19日(金)晴れ 超忙しかった。楽しかった
昨日は忙しかった。一橋学園駅での朝の街宣、午前は焼却処理施設の視察。お昼は小平駅で小平市議12人が参加するピースアクション。午後は市民自治をまざす三多摩議員ネットの定例会。国会前にはいけなかった。
 こんな話をした。
森友学園や加計学園のことはひどいですね。安倍さんは直接指示しなかったかもしれませんが、官僚が今はやりの忖度をして便宜を図ったことは明らかです。安倍さん、いいかげんにしろよです。
 共謀罪ですが、今日の法務委員会で強行採決され、23日にも可決と言われています。
 そもそも共謀罪がどういうものかよくわかりませんよね。パレルモ条約という国際条約があり、共謀罪を成立させないとこの条約を批准できないと言っています。また20年のオリンピックができないとも言います。オリンピックを招致するとき安倍さんは東京は世界で一番安全な都市だといいました。これはウソだったということでしょうか。...
 そのもそもこの条約はマフィヤなどの国際犯罪組織を取り締まるもので、テロのことは書かれていません。
 しかも日本には約70の予備罪があり、重大な犯罪を取り締まることは可能です。
 しかし、この法律がなくても日本も世界も十分に監視社会です。
2003年イラク戦争に反対する運動が各地におきました。小平市でもイラク戦争に反対する実行委員会ができました。
 こうした動きを自衛隊の情報保全隊という特殊部隊が監視していたことが明らかになりました。
 私が一橋学園駅前で何月何日何時頃、仲間〇〇人とビラを配っていたという記録が残っています。生活者ネットの議員も監視の対象になりました。
 最近ではドイツのメルケル首相の携帯電話がアメリカ政府によって盗聴されていたことが分かり、メルケルさんは激怒してアメリカ政府に抗議しました。
 日本の高官も盗聴の対象でしたが、日本政府は抗議しませんでした。こうした行為が合法的に行われることになります。
 みなさんは「自分には関係ない」と思っているかもしれませんが、そうでもありません。
 自分の家の前に高層マンションができることが分かり、周辺の住民が話し合って反対する会をつくり、のぼりを立て 抗議行動をすれば、これも監視の対象になり、場合によっては逮捕されるなんていうことも起こります。
 自由にモノが言えない、お上の言うことに従えという社会をつくってはいけません。
 ささやかでも声を上げ続けます。
これで大体5分。
通りすがりの方が、「久しぶりにいい話しを聞かせてもらった」と声をかけてくれた。



      
 

11日(木)晴れ やっぱり築地再整備だ!
築地市場の見学会に参加。
東卸組合理事の三浦 進さんに案内していただき、お話をうかがった。 
 中央卸売市場は都内に11ヶ所ある。その内、水産関係の市場があるのは3ヶ所。築地市場が中心。
 16年前に豊洲への移転計画が持ち上がって以降、改修工事は一切行われていない。老朽化している。
 鮮魚関係は市場を通さずに漁業関係者から直接購入する業者が増えていること。今後の人口減少でさらに取扱量は減少するものと思われる。...
 したがって、この場所で稼働させながら改修することが現実的だ。東京駅の改修工事など事例はたくさんある。
 年間4万5千人の来場者がある。
肉屋も魚屋も米屋もなくなって、スーパーばかりになっていく。金儲けばかりで中抜きをしてはダメだ。こうしたお店が存続できる流通を守りたい。
 消費者のニーズに応えて、正月とか祭日も営業しろという声がある。しかし、24時間営業とか、休みなしの営業とかを本当に消費者が望んでいるのか。当たり前に働き、当たり前に休む、そんな築地市場でありたい。
 なんか哲学というか文化というか、労働者の気概を感じた。 
 エレベーターで「やすませろ」という落書きが目に留まった。
 

 

5月3日(水) よく集まったな~ 憲法集会
久しぶりの憲法集会
参加者5万5千人 。 こういう時にしか会わない方とも出会えた。
それぞれの自治体で一斉に集会とデモをやって何カ所かに集まるっていうのはどうだいと軽口を叩きながらデモに出発した。

 

4月の雨のち晴れ
4月27日(木)晴 橋本さんって共産党なの?
 久しぶりに自民党支持の隣のおばさんと世間話に話が弾んだ。
市長選挙の話になり、「共産党は現職を応援したんですってね」と言われた。そう、みなさん知らないんですね。
 「現職を応援しているのは民進党、共産党、社民党、生活者ネットなんですよ。小林市長の後援会は変化と進歩を求める会って言うんだけど、世間はともかく、小平市では今のままでいいという人が現職を応援しているんですよ」、「ふう~んそうなんだ」
「それはそうと、橋本さんは共産党だと思っている人が結構いるわよ。友だちがそう言うから、橋本さんは緑の党という政党なんだよと言っといたわ」
 18年も議員をやっていても共産党と思っている人がいるということは私の活動がまだまだ不十分だということなんだろうか。...
 次の会報には「私は共産党ではありません。緑の党です」って書こうか。
 今まで、議場での私の席は議長席に向かって左翼、共産党のとなりだった。左翼が市長与党の席になっている。
 しかし、「市長提案に一番反対している私がこの席にいるのは不自然だ。自民党のとなりの右翼席にしろ」と言ってきた。
 今回念願かなって左翼席から右翼席の一番前になった。
これからもドンキホーテのごとく巨大与党に挑み続ける。

4月19日(水)晴 元気よくピースアクション
 今日は小平市議有志による小平駅でのピースアクション。汗ばむ中でのアピールにいつも以上にビラの受け取りが良かった。私はアメリカの副大統領ペンス氏が安倍首相との会談で述べた「平和は力によってのみ達成される」という言葉を引き合いに「武力にとっては決して平和を実現できない。を当のアメリカが一番よく知っているはずだ。そのことは歴史が証明している。小平市には軍事施設がたくさんあった。今もある。一橋学園駅前の陸上自衛隊小平駐屯地からゴランPKOに自衛隊員が派兵された。。萩山にある武蔵病院は戦争で精神を病んだ兵士を収容する施設だった。サレジオ学園隣の施設は電波研究所。鈴木町には広大な練兵所。一橋大学も津田塾大学も軍事施設だったなど。こうした歴史を紐解きながら、このまちから平和のうねりを作り出していこう」と呼びかけた。
 

4月17日 気持ちいい~
久しぶりに時間ができたので御岳山から大岳山へのハイキングを計画。午後から雨模様なので中止して、玉川上水を午前中西に行けるところまで行くことにした。やはり気持ちいい。途中足湯で一休み。金比羅神社に寄って武蔵砂川まで約9km、1万3千歩3時間の小散歩だった。武蔵砂川駅近くの保育室は木造の建物でかなりいい感じ。次は御岳山へのハイキングに行こう。
  

  

4月6日 選挙だからといって、いい加減なことを言われては困る
 小平市長選挙は4月9日が投票日。共産、民進、社民、生活者ネット推薦の現職の小林正則さんと自民党推薦の松岡篤さん。そして私が応援する水口かずえが激しい選挙戦を戦っている。
4期目をめざす、現職の市長さんのマニフェストには1期目、2期目、3期目とマニフェストに書かれている公約がたくさんある。これって結局実施しなかったものだ。
① プレイパークにプレイリーダの配置や小屋の設置
② 35人学級の実現...
③ みどりの公募債
他にも議会答弁では実施しないと言っていたものもある。
有権者はこういう事情は分からない。本当に困る
ゼロからのスタートだったが現職の背中が見えてきた。
詳しくは水口かずえで検索ください

4月10日 残念
たくさんの方に注目していただいた小平市長選挙ですが残念な結果に終わりました。
過去3回の市長選挙は自民党の候補と非自民党の候補の一騎打ちで、非自民の現職の小林さんが勝ってきました。公明党は態度を表明せず、よくわかりません。
私は一期目の選挙では小林さんを応援し、マニフェストも中心でつくりました。
その後、市長の市民に向き合う姿勢に絶望し、その後は厳しく市長を批判しつづけています。現在、市長に批判的な議員は私と自民党です。巨大な与党体制になりました。国政とは真逆です。
ある方からタウンミーティングで、「緑を大切に、玉川上水を傷つけないで欲しいと言ったら、緑を語るなら地べたに家を建ててからにしろ!」と言われたと聞きました。いみじくも今の小林市政を象徴しています。...
組織選挙に対し、草の根の市民選挙を展開しました。
既成政党ではない選択肢を示すことで今まで投票に行かなかった方が投票に行くと考えました。
結果から見ると二人の候補者の基礎票の一部が水口に流れ、新しい人たちの票はほとんどありませんでした。投票率も下がりました。
もちろん希望も見えてきました。全く選挙に関わったことのない多くの市民がたくさん集まりました。選挙公報やニュースは他の候補が一部をパクるほど素晴らしかったですし、素人選挙の素晴らしさを十分に発揮できたと思います。
 今後、この財産をどう広げていくのか、2年後の市議選をどうするのかなど、希望につながる大きな宿題が残りました。

● 今回の結果 投票率 34.64%
有権者数:152,519人
投票者数: 52,834人
小林正則(無所属、民進党・共産党・生活者ネット・社民党推薦): 28,308票
松岡あつし(無所属、自民推薦) 15,536票
水口かずえ(無所属) 8,281票

● 前回の結果 投票率 37.28%
有権者数:145,256人
投票者数: 54,153人
小林 正則(無所属) 33,106票
永田 政弘 (無所属・自民) 19,108票
小方 蔵人(無所属) 837票
ふるかわ とおる(無所属) 475票
  


4月6日 選挙だからといって、いい加減なことを言われては困る
 小平市長選挙は4月9日が投票日。共産、民進、社民、生活者ネット推薦の現職の小林正則さんと自民党推薦の松岡篤さん。そして私が応援する水口かずえが激しい選挙戦を戦っている。
4期目をめざす、現職の市長さんのマニフェストには1期目、2期目、3期目とマニフェストに書かれている公約がたくさんある。これって結局実施しなかったものだ。
① プレイパークにプレイリーダの配置や小屋の設置
② 35人学級の実現...
③ みどりの公募債
他にも議会答弁では実施しないと言っていたものもある。
有権者はこういう事情は分からない。本当に困る
ゼロからのスタートだったが現職の背中が見えてきた。
詳しくは水口かずえで検索ください

4月1日 さあ~市長選挙だ
 明日、2日から小平市長選挙が始まる。今回私たちは水口かずえを擁立して挑戦する。まるで象にアリが闘いを挑むようなことは止めろとか、野党共闘を壊す気か、票が割れて自民党の市長になったらどうするのかなど、様々に言われてきた。しかし、今そういう事を言う人はいない。水口かずえや選対のがんばりで急速に支持が広がっているからだ。選対の9割が女性で素人集団だからこそ、やれることがたくさんある。毎日笑いが絶えない。
 水口かずえは4年前、東京で初めての都市計画道路を巡る住民投票を呼びかけた共同代表だ。成立要件のない投票条例が成立しながら、直後の市長選挙で当選した今の市長が50%の成立要件を含む条例改正が通ったことから住民投票は不成立に終わった。投票率は35%。その時の市長選挙の投票率は37%だった。
この時の「市民の声は市政に反映されていない。市長に都合のいい市政になっている」という思いが水口かずえの原点だ。
 過去の市長選挙は自民党と非自民党の候補者の争いで、自民党の市長が続いていた。つまらなかった。2007年、市長を変えようと、今でいう野党共闘で新しい市長が...誕生した。私もこの時は現職の選対の中心で闘った。その時の確認団体のポスターには「4期16年は長すぎる」と書いた。
 しかし、「私は前の市長と変わりませんよ」と公言する市長の下、形ばかりの市民参加や新しいことは何もしないスタンスで、まちは元気をなくし、ますます停滞してきた。
 APF通信社の記者でミャンマーで亡くなった長井健司さんが児童課に盗聴器が仕掛けられていることを発見した時、原因究明をほとんどしなかったことや、取り巻きをイエスマンばかりで固めるなど、到底支持することができなくなった。今は議員で一番市長を厳しく批判する立場になった。
 ルネこだいらという市民ホールの代表理事は元議長の高橋三男さん、報酬は約300万円。この方は現職の小林市長の後援会の代表でもある。「市長の取り巻きをイエスマンで固め高額の報酬を支給することに問題はないのか。これは利益相反ですよ」と言っても与党のみなさんは何も言わない。
 小平市議会は完全に思考停止に陥っている。与党議員の皆さんは与党であることを理由に市長に異議を唱えることは絶対にしない。だから市長提出議案が否決されることはまずない。
 小平駅と小川駅に100mのマンションを含む再開発計画や30m級の都道3・3・3号線計画など相変わらず開発優先のまちづくりを続けている。再開発はいいとしても100mマンションいらない。
私たちは「歩いて暮らせる小平」、「大事なことは市民と決める」などを中心に有権者にアピールする。
さあ心して、勝ちにいこう。
 
2月の雨のち晴れ
2月28日(火)晴れ 市長さん、市民にちゃんと説明しなくちゃ 他薦自粛宣言

3月議会の初日、不信任決議案を提出した。残念ながら秘訣だった。
小林市長は3期12年で辞めると言って行った多選自粛宣言を反古にし、議会に何も言わずに4期目に立候補する。ところが民進、共産、生活者ネット、社民、無所属のみなさんは「前の自民党市長より良くなったのだから」と不信任決議に反対し、否決になった。
 しかしこれって議会の役割を放棄したことにならないか!
生活者ネットは「私たちはローテーションで3期12年で交代する」と言い。「多選自粛宣言を破るのはよくないが、市長が変わって市政は良くなった。その市長がやり残したことがあると言っているのだから、もう1期やることに問題はない」というような発言をした。驚いた。

 今日から小平市議会が始まった。小平市議会はちょっと複雑で小林市長は元民主党の都議。応援している政党は民進、共産、社民、ネット、無所属の皆さん。国政での野党共闘。私と自民党が批判的な立場を貫いている。...
 安保法制、原発、沖縄などの意見書もよく上げる。
ところが市政に関わることになると一気に小林市長の言いなり。絶対に批判的なことを言わない。多数の力で押し切るさまは国会での安倍首相にも似ている。
 今日はさすがに落ち込んだ、こんな人たちと同じ場にいることが耐えられない。
 それでも「政治分野への男女共同参画を推進するための法整備を求める意見書」が賛成多数で通ったのは幸いだった。

 市長選挙は現職と自民党の一騎打ちが続き、投票率は下がる一方だった。今回私たちは水口かずえと共に市長選挙にチャレンジする。勝ち目はないとか野党共闘を壊すのかと、いろいろ言われながら本人のがんばりで知名度も上がってきた。
 8万枚のニュースを約80人のボランティアの協力で20日間余りで撒ききった。
 小平市長選挙に注目してください。
推薦人もすごい。どっちが野党共闘かわからない。

足立隆子さん(NPO法人こだいら自由遊びの会理事長)
上原公子さん(元国立市長)
卯月盛夫さん(早稲田大学教授)
宇都宮健児さん(元日本弁護士連合会会長)
小泉武栄さん (東京学芸大学名誉教授)
佐藤純子さん(特定非営利活動法人 日本プレイセンター
協会理事長)
庄司徳治さん(小平市玉川上水を守る会代表)
関野吉晴さん(武蔵野美術大学教授・探検家・医師)
武田真一郎さん(成蹊大学法科大学院教授)
三宅弘さん(小平市住民投票用紙情報公開裁判弁護団・弁護士)
山田真さん(小児科医)
吉岡淳さん(カフェスロー代表)


2月19日(日)晴れ  小平駅での月一ピースアクション

日は恒例の小平駅での月一ピースアクション。写真は逆光でイマイチなのは残念。
南スーダンPKOや共謀罪などみなさんそれぞれの良さを存分に発揮したアピールはなかなか。
ここのところ、週3日の朝街宣で疲れ気味。1日は一橋学園駅での私の街宣。後の2日間は市長選挙の水口かずえさんの街宣。だんだん様になってきた。ニュースも8万枚、約80人のボランティアで完配できそう。頑張らなくってゃ!


7日(火)晴れ そろりそろりと市長選挙が動き出した。 鷹の橋で朝の街宣

 昨日も朝は寒かった。小平市の鷹の台駅近くの玉川上水にかかる鷹の橋で水口かずえのアピールを行った。
上水ではコサギが気持ちよさそうに泳いでいる。寒くないのかなあ~?
4月9日投・開票の市長選挙についてのアピールだった。
 ここは幅員36メートルの都市計画道路の建設をめぐって住民投票が行われた場所でもあり、ニュースの受け取りは非常に良かった。「頑張ってね」と声をかけられると寒さも吹き飛ぶ。
水口かずえさんはきゃしゃで控えめだが、どうしてどうして笑顔で迫力のある訴えにはビックリ。これからどんどん良くなる。
 3期で辞めると言って4期目をめざす現職でもなく、自民党の候補でもなく政治経験はなくても市民目線でまちを変える水口さんに頑張って欲しい。
 お二人共、プチ田舎と言いながら、2つの駅前に100mのマンションをつくったり、巨大な都市計画道路の見直しをしない開発優先のまちをつくるという。
 私たちはそんなまちづくりとは対極にある「歩いて暮らせる小平」を実現する。
  


5日(日)晴れ 1分40秒も短縮、気持ちいい!市内駅伝で 夜は新年会

 恒例の市内駅伝。議員3人と市民1人の4人で1人3.1km走った。
昨年は18分50秒だったのが今回は17分10秒となんと1分40秒も短縮。びっくりです。まだまだやれるかな。でも順位はお尻から3番目。厳しい。

夕方からは議会報告&新年会。予想に反してたくさんの方の参加で事務所を大賑わい。
市長選挙やなんだかんだと夜の耽るのも忘れて盛り上がった。


1日(水)晴れ さすが、勉強になる。緑の党、森ゆうこ国会報告会

参議院会館で緑の党主催の森ゆうこ自由党議員の国会報告会を行った。1人区の新潟選挙区で第激戦を勝ち抜いたご本のお話は目からウロコが満載。勉強になった。

1月の雨のち晴れ
31日(火)晴れ 歴史の重みを感じる 東京生活者ネットの新年会で
昨日はだった。緑の党もお招きを頂き、都本部から私と漢人明子が参加した。
 生活者ネットは世界の緑の党も参考にして結成されたとのこと。緑の党と政策は近い。
多彩な参加者で改めてネットが切り開いてきた歴史を感じた。
小平の歴代のネットの議員の方も参加していて、さながら同窓会のようだった。
 小平で最初にネットから当選した石川紀さんとは久しぶり。...
ほぼ20年前、紀さんと共産党の木村さんとは子供が同級で同じクラスだった。一つのクラスから保護者3人が議員というのもすごい。
 印象に残った発言は杉並区長の田中良さん。小池都知事のあとで、「小池都知事が言う都市間競争に勝ち抜くというのはどうだろうか。東京だけが一人勝ち。東京に若者が集まり、地方は疲弊している。地方との共存を東京が先頭になって実現すべきだ」。全くそのとおり。
 築地市場の豊洲の移転については都民投票で決めたらどうかと、話しが盛り上がった。
「大事なことは市民が決める」がネットのメインスローガンなのだから大胆に都民投票を提案したら受けるんだけれどなあ~。
 

 

23~24日 おじさん頑張る? 市民自治をめざす三多摩議員ネット合宿
場所は高尾の森わくわくビレッジ。
テーマは「これからの廃棄物処理行政と焼却場の運転管理の現状」環境ジャーナリストの青木泰さん。 長期包括契約の事例はまだ少ないがこれから広がりそう。かなり問題あり。
もう一つは「社会教育の現場で考え続けたこと」元国立公民館長の荒井敏行さん。議員ネットで作成したデータ「公民館、公民館相当の公の施設等調査」も交えて充実した議論になった。 
休憩時にはグランドにある巨大なアスレチックに万年青年のふたりがちょっとだけ挑戦。
もう一人は立川市議の大沢ゆたかさん。...
各自治体の課題などの情報交換は一般質問などに繋げたりと役に立つ。

     

19日(木) 19日はピースアクションの日です。

小平市議12人で毎月19日に小平駅でピースアクションを行っている。定数28のうちの12人だ
 24条や25条の話をした。ニュースの受け取りもいい。盛り上がった。

11月の雨のち晴れ
14日(金)晴れ 自分たちの街の電気を考える「自分たちの街の電気を考える」
自分たちの街の電気を考える「自分たちの街の電気を考える」、電力自治体調査 東京都 調査発表・報告会を行った。
 主催:緑の党グリーンズジャパン社会運動部/東京都本部
 協力:FOE JAPAN 
私も自治体の取り組みについて紹介した。...
 4月から電力契約の自由化が始まり、一般家庭でも電力会社を選ぶことができるようになった。
そこで都内の自治体を対象に電力入札の導入状況や制度設計、今後の見通しなどを聞いた。
 以前から一定規模以上の事業所は自由に電力会社を選ぶことができた。ただし高圧電力の事業所のみ。都内の多くの自治体では原発事故後、東電以外からの電力購入に切り替えた。
 実は立川市議の大沢さんが早くからこの問題を取り上げ、原発事故前に立川市は東電以外から電力の購入を始めた。原発由来の電気を使いたくないという私たちの思いとコストが安くなるという行政の利害が一致したことで実現した。 
よくよく調べてみると多くの省庁が東電以外から電力を購入していた。
 こうした動きの中で自治体の取組みについてアンケート調査をおこなった。50自治体中47自治体から回答があった。94%。
電力入札の導入は89%。導入時期は原発事故のあった。翌年の2012年に集中している。
 また、環境配慮型の入札制度を導入するにあたって障害者雇用や女性の雇用割合とともに太陽光発電の設備を選考項目に入れる自治体が増えてきてきた。小平市の場合、今年太陽光発電設備を設置している事業者の落札があった。3件。
 今後の検討要素として、地産地消やコスト削減とともに脱原発を上げた自治体があった。武蔵野市。すごいですね。
 また、二酸化炭素の削減は大きな目標だが、政策上は再生エネルギーと原発の区別がない。原子力電源の利用促進は環境配慮と言えるのか。見直しが必要だ。
 最後に電源構成等の情報開示の義務化を求める意見書が都内の4つの自治体で上がっている。武蔵野市、小金井市、多摩市、小平市。自民党や公明党も賛成する可能性があるので多くの自治体で取り組んでほしい。
 詳しくは以下で。問い合わせは緑の党へお願いします。
当日資料保管
https://drive.google.com/…/0B7FL9LUMsMz6aXQwaE9kOTRPc…/view…
1014電力自由化自治体調査 東京都発表報告資料
https://drive.google.com/…/0B7FL9LUMsMz6T2FqcHlRenI3c…/view…
グラフで見る調査結果
https://drive.google.com/…/0B7FL9LUMsMz6TEdxYWs4ektUe…/view…
パワ
https://drive.google.com/…/0B7FL9LUMsMz6Ni1UTzk2U3M5V…/view…
FoEの資料

11~13日 もっとちゃんと議論しようよ 2015年度一般会計決算委員会
 予算、決算の審査は全議員が2組に分かれて、一般会計と特別会計の審査を行う。一般は3日間、特別は1日。
一人会派になってから予算も決算も一般会計には入れなくなった。今回、政和会にいた伊藤議員が一人会派になったことから、二人で相談して、彼が特別、私が一般をやることになった。
 多くの質問をしたが、答弁がひどい。質問の趣旨に対応した答えが返ってこない。
答弁漏れを連発した。質が下がったのだろうか。
総括質問で、この年の小平市独自の新規事業は何かと市長に質問しても「認可保育園を増やした」などとんちんかんな答弁。
さすがに答弁が質問お趣旨と違うと中断させたら、今度は何も答えなかった。
何よりをどんなまちをつくりたいのか皆目わからない。
ドッと疲れの出た三日間だった。 


9月の雨のち晴れ
9月22日(木)雨 雨でデモは中止。それでも1万人。さよなら原発 さよなら戦争集会
9.22 さよなら原発 さよなら戦争 大集会の報告です。会場:代々木公園あいにくの雨でデモは中止になりましたが、9500人の参加で盛り上がりました。終了する頃には日もさして、楽しみにしていたデモができなかったのは残念でした。それでも持っていったチラシ500枚は全て配りました。緑関係の参加者は確認できたのが30人あまりでした。
  

15日(水) 曇り時々晴れ サッカーしたい? 味の素スタジアムで観戦
 久しぶりにサッカーを観戦。地元のFC東京と湘南ベルマーレ。FC東京が3:0で快勝。
私は平山相太が好きだった。国見高校からエースとして期待されたがパッとしなかったなあ~。今はどうしているんだろう。


6月の雨のち晴れ
15日(水) 参議院東京選挙区は乱戦気味です。三宅洋平氏が立候補
 三宅洋平さんの東京選挙区からの立候補については残念というかびっくりしました。田中康夫さんが大阪維新から出るのも驚きですね。
 私は佐藤かおりさんを応援していますが、お互いにがんばりましょうと言っておきます。
 昨年の10月から無所属・市民派の候補者を擁立するための相談会を行ってきました。様々な方の名前が挙がりました。その中で三宅洋平さんに立候補の打診をし、ご本人も相談会に参加して前向きに検討すると述べました。
 しかし、結論にいたらず3月、相談会を休止することにしました。その後佐藤かおりさんから立候補したい旨の表明がありました。
 一方で宇都宮けんじさんを擁立しようという動きがありましたが、ご本人から立候補しない旨の表明があったことを受けて相談会を再開し、佐藤さんを応援することを確認しました。...
 一方、緑の党は昨年から三宅洋平さんを擁立するための取り組みを進めてきました。ご本人も緑の党の総会に参加し、立候補に向けた決意を語りました。
 「一寸先は闇」という言葉がありますが、さすがに今回のようなことは初めてです。
東京での市民派選挙の歴史は菅直人さんの市民グループが市川房枝さんを担いで選挙を行った1970年代にさかのぼります。
 その後、1992年の内田雅敏さんのPKO選挙を経て中村敦夫、川田龍平、山本太郎と続きます。
東京選挙区はいつも混沌としていますが、今回はとびきりですね。
 詳しい経過については「佐藤かおりさんの立候補に関する私たちの見解」
http://satokaori.jp/kenkai
をご覧ください。
 

13日(月)晴 さあ選挙本番。佐藤かおりキックオフ集会
 文京シビックホールで佐藤かおりさんのキックオフ集会だった。
宇都宮健児さんや井筒高雄さん、三浦まり(上智大学教授)さんなどの話も良かった。何よりもご本人の話は感動的だった。
いよいよ本番に向けて動き出す。

 

                             井筒高雄さん

  
        三浦まりさん                   宇都宮健児さん

5月の雨のち晴れ
15日(日)酷暑 あついあつい、街宣も大変だ。東京から与野党逆転! 佐藤かおりさんと合同街宣
 昨日は参議院東京選挙区から国政にチャレンジする佐藤かおり選対と緑の党の合同街宣を秋葉原駅で行いました。
 緑の党は今回は独自候補を出さず、政策で一致できる方を応援しています。東京選挙区では佐藤かおりさんを応援します。
 佐藤さんは派遣社員として働き、セクハラ被害に遭い、労災の適用を求めて12年間闘い、全面勝訴を勝ち取りました。
 この中から社会の偏見や差別の中で、声を上げることもできない当事者に寄り添い、とりわけ、多くの女性とネットワークをつくり、その先頭で闘ってきました。...
 そうした当事者の声を政治に反映させようと国政へのチャレンジを決意しました。
 初めての街宣とのことでしたが、力強いアピールにびっくり。
東京選挙区は定数が1増えて6です。与党の議席を2に追い込み、東京から与野党逆転を実現しましょう。

  

12日(木)酷暑 あついあつい、街宣も大変だ。大河原さんと一緒に
民進党から比例区で立候補を予定している大河原雅子さんと緑の党との合同街宣を行った。中野駅、荻窪駅、吉祥寺駅、武蔵境駅の4駅での街宣。
もう暑くて大変。しかし、反応もよく楽しい一日だった。

 
         中野駅                 武蔵境駅


4月の雨のち晴れ
24日(日)雨のち曇り 初参加の方が来てくれた。緑の党三多摩交流会、町田街宣
 昨日の午後は緑の党三多摩交流会の月一街宣で町田駅まで遠征した。
吉祥寺のように人が多くて受け取りは悪い。
最初に熊本大地震の義援金を集める新潟県人会などとバッティングし、最後は公明党の義援金集めにバッティング。
 私も地震の話から入り、川内原発のこと、今も福島原発事故で約17万人の方が避難生活をしていること。オスプレイのこと。アベノミクスは私たちの暮らしをよくしなかった。子どもの育ちに寄り添う政治、OECDのGDP比教育費は5.6%なのに日本はわずかに3.8%、9兆円も少ない。OECD並に引き上げて、大学まで無償化にしようなどなど、実にいろいろな話をした。
 こういうことをしたのは初めてという会員の方が参加した。いろいろな出会いがある。
公明党の関係者に「川内原発は止めようよ」と言ったら、バツが悪そうだった。

 

24日(日)雨のち曇り 小平でも子ども食堂 中央公民館
 昨日の午前中は中央公民館での子供食堂に参加。ワーカーズコープが三多摩の各自治体で巡回して行っている取り組みの一環で行った。このワーカーズコープはポップコーンという放課後等デイサービスも行っている。
 事前に相談されたこともあり、心配だったが会場はいっぱいだった。教育委員会にも相談し、周辺の学校にチラシを巻くことができた。
 午後は相談会と結核検診。低額宿泊所を運営しているSSSにも声掛けをしたので、来てもらえたかな。
他のグループも子ども食堂を始めた。
課題は当事者につながるのか、継続的な取り組みになるのか、など。でも楽しかった。
  

20日(水)晴れ 目からウロコ 議員ネット例会
 議員ネットの定例会で新潟市議の中山均さんから安保法制と市民生活や自治体行政との関わりについてレポートをしてもらった。
以前、国民保護計画が法定受託事務として、自治体に押し付けら時、きちっと中身の精査をせず計画自体に反対する運動が起きた。
 法定受託事務は自治体として拒否できない。ならば、中身を熟知して、少しでも自治体にプラスになる計画にしていく取り組みも必要ではないかという視点からの報告だった。
 今回の安保法制もそうした視点から、中身の検証が必要だという提起だった。目からウロコですね。

15日(金)はれ 19区で共同候補を擁立しよう   第1回オープンミーティング
 熊本地震、心配です。
昨日、衆議院東京第19区で共同候補を擁立するオープンミーティングをしました。170人の参加でした。
小林節さんのお話で盛り上がりましたが、各政党からの発言もなかなかでした。
私は司会でした。みなさん話すのが商売なので、発言時間を守ってもらうのが大変でした。
 民進党と生活の党と山本太郎と仲間たちが候補者を立てる。既にお二人のポスターが貼られています。共産党は保留。...
他党を激しく批判する発言もあり、ちょっとなあ?とも思いましたが、それぞれ本音が出て良かったと思います。
 19区は前回の選挙では自民の松本洋平(当選)+次世代の山田宏
の合計得票率は52.7%。民主の末松義規+共産の小泉民未嗣の合計得票率は47.3%。
 前回と状況が違うので単純には比較できませんが激戦です。
政党だけに任せず、私たち市民が動いて盛り上げないと。
 これからの調整はそう簡単ではありません。できるだけオープンに共同候補を擁立したいですね

  

9日(土)晴れ 今ほど暴力と腐敗が世界を覆っている時代はない
 戦争法廃止!9条守れ!小平総がかり行動実行委員会呼びかけの市民パレードに参加。福祉会館前から小平駅まで、約1時間。
 参加者は200人弱。私関係の参加者は少なかった。よく共産党の人が多くて参加しにくいという方がいる。だったら、そう思う方が参加すれば雰囲気も変わるのだが。
やっぱり地元で声を上げることが基本だと思う。
 私は「今ほど暴力と腐敗が世界を覆っている時代はない」と発言。
 民進党と生活の党と山本太郎と仲間たちの元衆議院議員からの発言もあった。すでにお二人のポスターが市内に貼り出されている。共産党も候補者を検討中と聞く。...
 15日には19区で共同候補を擁立するオープンミーティングを行う。民進党、共産党、社民党、生活の党と山本太郎となかまたち、東京生活者ネット、新社会党、緑の党が発言する。
 共同候補の擁立、そう簡単には行きそうもない。市民も参加した丁寧な議論が必要だ。

 

3月の雨のち晴れ
22日(土)晴れ そよ風に吹かれて!玉川上水を陽がな散歩
 この一週間風邪気味で、また明日の3月議会最終日に予算と国保の3本の反対討論を書かなければならず、パソコンとにらめっこが続いた。
 そこで今日は気分転換に玉川上水から足湯まで往復10kmを歩くことにした。
中央公園の古井戸は歴史を感じさせる。何の看板もない。井戸の会が使えるように整備を提案しているが、市はやる気なし。観光スポットになるのになあ?
 たかの台から創価学園まで緑道照明(フットライト)が設置された。付けるんだったら、少し先の白梅学園までつけろよ。ちょっと露骨すぎないかい。
 終点の足湯はとなりの焼却施設の排熱利用。癒される。本を持ってくれば良かった。...
 その隣のカゼカフェでコーヒーを頂く。友人のSさんには会えたが、Kさんには会えなかった。心地よい風がふいて素敵なところです。
 そして、オープンガーデンとそば処。武蔵野うどんもある。時間がないので、楽しみは次回に。
 看板もなく木登りもできない。これでプレーパークと言えるのか。小平市はいろいろつくるが中身がないものが多い。
 朝鮮大学校のこぶしの花は見事。こぶしは朝鮮民主主義人民共和国の国花、大山蓮華に似ている。
 最後はオープンギャラリーでOさんとNさんと話に花を咲かせて、3時間16000歩。知らない人も知ってる人も色々と話し込んだ楽しい小ハイキングは終わった。

  

  


5日(土)晴れ 毎回後ろ向きの答弁にはがっかりする 一般質問で
 今日は楽しい一日だった。午前は小金井で、第67回みんなで平和を考える集い。67回というのがすごい。テーマは「日本政治の右傾化と市民社会の新たな連帯の形」。中村晃一さんのお話し。
 なにしろおもしろい。私たちの運動が世界とつながっていることを強く感じた。
 午後は小平で女(ひと)と男(ひと)の市民活動、男性議員との懇談会に参加。テーマは「若い世代にとって魅力あるまちづくりとは?」なかなかむずかしい。多摩地域は2025年には空き家率が21%になる。空家を活用して、小学校区ごとに居場所をつくろうと提案。
 最後はこだ健体操のお嬢さんたちとハイポーズ。
  

18日(土)晴れ 卒業おめでとう。4中卒業式で
 昨日は4中の卒業式だった。またゲルニカに会えた。会場の体育館の後ろに大きな模写が飾られている。かなり前の卒業生の作品だ。
 ルネ小平で行われた今年の中学生の意見発表では5人のうち3人が戦争と平和に関わる意見発表をした。
卒業式でも選挙権のことや平和のことなどが話された。若い人もこの社会のことを真剣に考えているのだと思う。
 今年は対面式で、今までで一番感動的だった。
廊下にYKDという横断幕が有り、説明してもらったが忘れた。4中生はよくできる、だったかな?

  

5日(土)晴れ 毎回後ろ向きの答弁にはがっかりする 一般質問で
1日から一般質問だった。私は4日の午前中に4問質問した。4問はさすがに多すぎた。
詳しくはニュース等で報告しますが、毎回だが答弁にはがっかり。できないことばかり言う。どうしたらできるのか、という立場に立たなければ新しいことはできない。
 なんでこんなに後ろ向きなんだろう。

2月の雨のち晴れ
19日(金)晴 小平市議、ピースアクション
今日は小平駅で小平市議、ピースアクションだった。70代だろうかお母さんが「ちょっと上から目線なのよね」と声をかけてきた。近くの公営住宅で一人暮らしだという。家賃は6万円。年金135万円で暮らしている。6月までに出て行くように言われて、困っているとのことだった。年間63万円、月52500円で暮らしていることになる。生保基準より低い。「住むところが決まればなんとかなるんだけど。公明党と共産党の方には相談した」とのこと。「私の報酬は」と言いかけてやめた。後日、詳しく話しを聞くことにした。
 こうした話をよく聞く。安保法制だけでなく、市民の暮らしはますます厳しくなっている。
 小平市の1人あたり給与収入額は2009年515万円が2014年には490万円とこの5年間に25万円減った。それでも都市部は高いですが。
 安倍自民党は安保法制にとどまらず、私たちの暮らしそのものを破壊しようとしている、そんな話をした。
 写真は左から橋本(緑の党)、吉本(民主党)竹井(無書属)、吉瀬(共産党)、中江(社民党)、細谷、佐藤(共に共産党)、平野、佐藤(共に生活者ネット)

8日(月)晴 参議院東京選挙区はどうなる。三宅洋平さんを囲んで第4回相談会
 参議院選挙東京選挙区の相談会があった。4回目。準備会を含めると7回目になる。市民が主体になった選挙をめざす集まり。
都知事選で割れた市民運動を修復する狙いもある。
昨日は名前があがるひとりとして、三宅洋平さんが参加した。
なかなか決断ができないので行き詰まってはいる。真面目な人だ。
この相談会がどうなるかは未定だが、東京からうねりを作りだすことは重要だと思う。



7日(日)晴れ きつかった。タイムが落ちた。市内駅伝で
 恒例の市内駅伝。1人3.1kmを4人で繋ぐ。チーム議員は2チームをエントリー。今回はシロクマさんで走った。昨年はプーさんだった。みんなは記録を伸ばしたのに私は昨年よりも1分も遅れた。がっくり。
また来年に向けてがんばろう。

 
1月の雨のち晴れ
1月24日(日)晴れ 小平の近未来を考える 藻谷浩介講演会
 里山市資本主義で一躍時の人になった方のお話は興味ぶかかった。具体的なデータに基づく説明は説得力がある。
小平のまちづくりにも参考になった。
ご本人は相当忙しいのか、小平のことを知らないようで残念だった。
これは、主催者が事前にお知らせすべきことでもある。

23日(土)晴 毎回楽しみにしています。いたわりの会、新年会
いたわりの会の新年会はアットホームで毎回楽しみにしている。美味しいお弁当と歌など、お酒も頂き、気持ちのいい会でした。

1月11日(月・祭)晴 小平市議、ピースアクション 成人式街宣
今日は成人式でした。会場のルネこだいらのある小平駅で議員有志による凱旋をしました。共産党、民主党、緑の党、社民党、無所属の議員12人と都議、元衆議院議員と賑やかにアピールをしました。格闘ののぼりが揃うと壮観です。

1月10日(日)晴 緑の党、高円寺駅街宣
緑の党の本部がある高円寺で街宣。今年もよろしくい

1月10日(日)晴 荒木さん、お疲れ様でした
1月10日は荒木義昭さんの告別式だった。私にとっては人生の師匠みたいな方だった。この人と出会わなかったら、議員になれなかったかもしれない。
 当日、話してほしいというので引き受けたが、友人3人の1人として弔辞を読むことになった。
 重度の身体障害者で練馬区介護人派遣センターの代表として、日本の障害者運動の先頭に立ち続けた。
 私は95年市議選に落選してからの4年間、このセンターで働き、地域で共に生きることの意味を学んだ。
 1970年代ごろから府中療育センター闘争や都庁前でのハンストなど、当事者中心の運動が広がった。...
 障害者は家族の介護か施設で暮らすのが当たり前の時代に「障害があっても地域で自立して暮らす」ことをめざしたこうした闘いを経て、今では地域で暮らすことが当たり前になった。
 荒木さんは若い頃自動二輪の免許を取り、車の免許も取ろうとしたが、障害があることを理由に試験すら受けられなかった。
それでも7回ネズミ捕りに捕まっても無免許で車を運転し続け、約65000キロも走った。
 結局、告訴され、裁判には敗けたがその後、障害があっても免許の取得が可能になった。
荒木さんにはただ一言「お疲れ様」と言いたい。
 4月から障害者差別解消法が施行する。小平市では障害を理由に学童クラブへの入所人数が制限されているなど、課題はたくさんある。
 こうした課題に一つ一つ向き合いながら、「どんなに重い障害があってもこのまちで暮らす」、そんな地域をつくりたい。
写真は左から荒木さん、愛車に乗って。真ん中、アフガニスタン支援チャリティーマラソンに車椅子で参加。前列左端が荒木さん、右端が橋本。左の写真は石神井公園で花見。橋本45歳。



1月8日(金)晴 今年はどんな年にする 朝のアピールで
今日が今年最初の朝のアピール。一橋学園駅で7:00~8:00まで行った。
 私と同世代のおじいちゃんと1年生だろうか、可愛い男の子とホーム越しに毎回話しをする。国分寺にある早稲田実業、初等部に通っている。
私も早稲田大学だったんだよと言って話が弾んだ。ラクビーの宿沢選手のことをおじいちゃんは知っていた。宿沢選手とは同世代で早稲田の黄金時代を築いた。惜しむらくは若くしてなくなった。
 今年は本当に大変な年になる。自民党の新しいポスターには経済で勝負すると書いてある。新3本の矢で


12月の雨のち晴れ
12日(土)晴 顔と名前が一致しない 早稲田の仲間と
昨日は71年前後に早稲田大学に入学した中国研究会、映画研究会、伝習館問題研究会の仲間で忘年会。私は伝問研。
 前期高齢者の仲間入りをする年齢で、名前と顔が一致しない。
当時、全共闘運動が終わり、キャンパスは静まり返っていた。
 ところが早稲田では72年11月8日、文学部自治会室で川口大三郎くんが某セクトにリンチを受け死亡、遺体は東大病院前に捨てられた。その後、全学で1万人規模の集会が連日行われた。
 沢山の仲間が亡くなった。...
この闘いは某セクトへの糾弾にとどもらず、自治~自治会再建の取組でもあった。
 結局、某セクトの個人テロで多くの仲間が大学を追われた。
私も退学し、石川島播磨田無工場で労働運動に関わったりした。
 この闘いを再評価する取り組みも始まった。私にとっては原点とも言える闘いだった。
 既に40年が経過、改めて我々の世代がもう一度声を上げようと確認し合った。


6~11日 坂井えつ子さん、おめでとう   小金井市議補選
13日投票で市議補選が行われた。市長選挙に現職2人が立候補するために辞職したために、2枠を6人で争うものだった。
 2年半前の本選ではわずか60票差で落選。悔しかっただろうな。
今回は一回りも二回りも大きくなったのが話からもよくわかる。
見事2位で当選、おめでとう。



5日(土)晴 焼き芋は美味しかった。 10小青少対祭りで
 恒例の青少対祭り。200人近い子供たちで大賑わい。私はお父さんたちとひたすら焼き芋つくり。30cm穴を掘り、で石を並べた上に薪を燃やして熾火をつくる。その上にさつまいもを並べ、落ち葉を上から優しくかけて蒸し焼きにする。手が込んでる分、美味しい芋になる。
 例年は子供達とお父さんが10個の穴を掘って、みんなでつくっていたが、近所に家が立ち並んだのでので煙ご近所に行ってもまずいということで、大人だけで大きな穴を作り、150本の芋を焼いた。ちょっと寂しい。
 楽しい一日だった。



10月の雨のち晴れ
10月24日(土)晴 アンニャ・ライトともにSTOP!地球温暖化
 
国立でオーストラリア緑の党で環境活動家のアンニャ・ライトさんをゲストにアットホームなイベントが行われた。
STOP!地球温暖化の全国ツアーの一環だった。素敵な歌とビールで乾杯

17日(土)曇り 「従軍慰安婦」問題の解決なしにアジアの人たちと信頼関係を作ることはできない
アジアの中で平和を考える連続学習会PART2
 朝鮮半島の隣人と私たちが一緒にできることはをテーマに2回目の学習会だった。
講師は梁澄子さん
映画「俺の心は負けてない」宋神道(ソン・シンド)さんの記録は怒りや悲しみ、そうした思いを突き抜けた宋さんの笑いに圧倒された。
戦後70年、喉に刺さったこの刺を抜かない限り、前に進めない

 

16日(金)晴 決算委員会が終わった さて、一般会計はどうするか  政和会が反対
 13日から16日の4日間、2014年度の決算が行われた。私は国保や介護保険などの特別会計で一般会計の審査人参加できない。控え室で聞いていた。「今後人口が減少し、保育園が余る時が来る。その時にどうするのか」という総括質問に市長は「公立保育園で調整する」と答えた。つまり公立保育園を減らすということだ。これ以外にも問題だと思う答弁が結構あった。
 賛否をどうするか思案中。議事録を読んで決めようと思っている。

11日(土) 精神科の戦後70年 学習会
 武蔵病院問題を考える会の第16回目の学習会。今回は会の呼びかけ人で精神科医の岡田靖雄のお話をうかがった。戦前の自宅監置から戦後は病院の隔離収容へ。多くの国では公立病院が精神医療をになってきたが、日本では公立病院を減らし、市立病院が医療をになってきたことが、利潤優先・入院の長期化をもたらしたのではないかなど考えさせられた。アサココなどにも紹介され多数の参加があった。

1日(木)曇り時々雨 ひどすぎないか! 住民投票用紙を廃棄処分
 住民投票の投票用紙の開示を求める裁判ですが、昨日上告棄却・上告不受理の決定通知書が市に来ました。敗訴が確定したということです。
 市はその日のうちに投票用紙を廃棄処分してしまいました。普通は庁議などを開いて決定をします。また、決定したことを議会にも報告してから処理をします。
 手続きとしては問題ありませんが、余りにも無茶ですね。ちょっと異常です。林の件もそうですが、市長は住民投票に関しては相当ナーバスになっているということです。市民参加とか情報公開がますます形骸化しています。

9月の雨のち晴れ
30日(水)晴 討論を4本書くのは大変。9月議会最終日で
 私はマイナンバーに関わる議案3本に反対、ネットは2本に反対。共産党はすべて賛成。
共産党の賛成の理由はマイナンバーには反対だが、自治体は拒むことができない(法定受託事務)から賛成するというものです。野党の時にはこうした議案には反対していました。いけませんね。政治不信のもとです。たしかに悩ましいところではありますが。

 どんぐり林の請願には賛成。ネットと共産党も賛成。賛成少数で否決。他の会派の反対の理由も市の対応もひどいものでした。都は市から申請があれば工事に影響が出ない範囲で貸すと言っているのですから、申請しない理由はないと思うのですが。

29日(火)晴 地域で自主的にまちづくり関わる方がたくさんいる 学園西町地域連絡会で
 第10回目の地域連絡会だった。今年から誰でも傍聴できるようになった。自治会や民生委員などいいろいろな団体の代表が約30人に参加して、わいわいがやがや意見交換が行われた。こんなに地域の中で頑張っている方がいれば、小平も捨てたもんじゃない、と思った。
 ただ議論をまとめるのは大変だ。
空家を活用して地域の居場所を作れないかとか、いろいろな活動を広げていったほうがいいなど、参考になる意見が多かった。
 終わったとに空家のことについて意見交換。その方の友人の方も交えて「やっぱり拠点がないとね」で意見が一致。その方は一橋学園駅での金曜朝のアピールを聞いていて、「毎回いい話で勉強になりますよ」と言われた。励みになる。
 10回もやっていて、職員が仕切るのはどうなのか。具体的な作業は職員にお願いして、運営は地域の方が行う。もうそろそろ、新しいステージにいけなかなどと思った。

29日(火)晴 4つの商店がなくなるのは寂しい  鷹の台での街宣で
 定期的に市内3箇所で朝のアピールをしている。一橋学園駅では毎週金曜日、鷹の台駅と新小平駅は隔週火曜日。
 今朝は鷹の台駅だった。あすが9月議会の最終日なので、マイナンバーや、住民投票の対象になった道路計画内にあるどんぐり林に設置された柵の撤去を求める請願などの話をした。
 ちょうど話をしている向かい側に小さな花屋さんがある。そこのお母さんが出てきて、「明日で店を閉めるのよ。明日4軒が店じまいなの。みなさん花を買う余裕がなくなったんだね。オリンピックなんてやめたらいいんだよ。安倍なんてだめだ」とまくし立てた。近くの肉屋さんも冷蔵庫か冷凍庫が壊れて再開のめどが立っていないようだ。
 本当にちっちゃな駅前商店街で一気に4店もやめると聞いてびっくりした。
 また、「小平市議会議員の報酬は約1千万円なんです。」と言ったら別の人から、「そんなにもらってんの」と話し込んだ。...
 地元の商店街が元気にならないと街も元気にならない。 
このところ国政の話ばかりしていた。
 地域にねざした地方議員として、こうした人たちと向き合える議員でありたいと改めて思った。

17日(木)曇り 小平市民の利益にかなう選択をすべきだ 環境建設委員会で
中央公園東側の林内の柵の撤去を市が都にに働きかけることを求める請願は不採択
 どんぐり林の請願は環境建設委員会での審査の結果、反対多数で否決 賛成2 橋本(緑の党こだいら) 日向(小平生活者ネット) 反対3 滝口(フォーラム小平:民主党+社民党の会派) 永田(政和会:自民党系) 山岸(市議会公明党) 採決に加わらない委員長は木村(共産党小平市議団)
 東京都は小平市が使用の申請があれば検討する。断る理由はないとまでいい、林のことをよく知っている小平市に管理して欲しいという感じだった。
 「この事業を大変重要な事業なので、市が一体的な管理をすると道路工事に支障をきたす。従って都に要請はしない」というものでした。反対の3人の議員の意見は①「管理が都に移った音は重要なことだ。市が口出しをすべきではない」、②「反対運動につながりかねない。はわしに人が入ると環境を悪くする」、③「半分残っているのだからそこでもいろいろな企画はできる」というものでした。
 管理者の都が貸すことも考えると言っているのに市が対応しないのは問題です。
結局、どちらが市民の利益にかなうのかということです。

10日(木)晴 中高生の居場所はつくらないって、ちょっとひどすぎないか。一般質問で
以下4問の質問をした。
①市内店舗改修等補助事業は申請条件を緩和すべき 
②各種帳票などで不必要な性別欄は削除を 
③マイナンバー制度について、課題も明らかにすべきです
 
 このことに関わる補正予算と2つの条例改正に反対します。
④中・高生の居場所づくりの取り組みを積極的に進めるべき

① 商工会か商店会に加入してることが申請の条件となっているため、申請できない商店が多数ある。しかし、その実態も把握していない。こんなことで差別化を図ることは商業の発展にプラスにならない。しかし、見直す考えはないという回答。
② 不必要な性別の記載ややめるべき、というもの。全庁的な見直しをしたことはないが、個人情報保護の立場から各課で見直しをしてきた、とのこと。しかし、実際には全く見直しをしてこなかったことが判明。今後見直しをするとのこと。注意深く監視が必要。
③ この制度は国の制度で、自治体は実施せざるを得ない。だから尚更、良い面悪い面を明らかにし、丁寧な説明が必要だ。しかし、市民へのアナウンスもホームページだけ。十分とは言えない。
 反対している政党は共産党、社民党、生活の山本太郎と仲間たち。生活者ネットは多摩地域では各市の議員は反対をしています。
 小平市議会では共産党は賛成。生活者ネットは態度を表明していません。
このことに関わる議案が3本あります。補正予算、個人情報保護条例の改正。手数料条例の改正です。
私はこの全てに反対します。場合によって私だけが反対かもしれません。
④市長の「今後は居場所作りは行わない。す団事業を充実させる」という答弁には驚きました。
青少年センターではこの10年間、青少年の利用割合は10%にも満たないものです。
どうしたら改善是切るかという議論をせず、センターを廃止し、他の事業を充実させることで居場所作りを進めるとのことでした。ここまであからさまに言われると、返す言葉もなくなります。
 以上詳しくはニュース等でで報告します。

5日(土)晴 会場がいっぱいになった。アジアから平和を考える PART 1  安保法案はいらない! 砂川判決の真実を語る!
 50人の会場が満杯になった。テーマは「砂川闘争の真実を語る」。島田清作さんのお話しと映画「流血の記録 砂川」の上映。さらに、戦争をさせない1000人委員会の内田雅敏さんにも参加していただいた。
 内田さんは1992年のPKO選挙(参議院)の時に東京選挙区から立候補し、すごい市民選挙だったが結果を出せなかった。
 島田さんの説明と映画がセットだと状況がよくわかる。
米軍の駐留を違憲とした一審の伊達判決を覆し、合憲であるとしたのが砂川判決。そもそも自衛隊が誕生したのは1954年で、米軍と一緒に海外に出ていけるような軍事力はなく、集団的自衛権は話題にも登らなかった。...
 この映画以外に劇場用の映画が作られ、そちらのほうを見た人との方が多い。学校の先生が生徒に見にいけと言ったとのこと。
 この闘争は基地拡張反対にとどまらず、跡地の利用をめぐって全国で初めて住民投票の実施を求める直接請求が行われた。有権者9万人のうちわずか1週間で15000筆集めたが、議会で否決された。
 小平市も住民投票が行われたが、民主主義のなんたるかを知らない市長によって、成立要件を越えることができなかった。
 会場との質疑ではいろいろは意見が出た。
「闘いの場面ばかりで、町ぐるみの闘いという姿が見えてこない。プロパガンダにすぎていないか」、「60年前の出来事だが、この闘いは色々な形で今も続いていると感じた。」、「今の運動は激しさが足りない」、「この時は赤とんぼが唄われている。今はみんなで唄う歌がない。なんか歌が欲しいね」などなど。
 最後に内田さんがこんなことを言った。「憲法前文には『われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し』と書かれている。諸国ではなく諸国民だ。つまり国と国との関係を越えて、人と人との信頼関係が大切だと言っている。このことを大切にしたい。」
 全く同感。この企画の目的を言い当てている。感謝。
 

4日(金)晴 こんな学校もあるんだ  映画「みんなの学校」を見て
 小金井市で、この映画を見て感動した。いわゆる発達障害のある子を積極的に受け入れている関西の学校のドキュメンタリー。様々な障害のある子を積極的に受け入れながら、障害のあるなしにかかわらず、みんなが一緒に育ち合っていく姿は感動的。
 以前関西の学校を視察した時にも、くらすにサポートする副担任のような方がいて、東京では考えられないと思った。小平でも上映会をしたい。


月の雨のち晴れ
29日(土)小雨 日本に民主主義はあるのか? 砂川判決から考える 
 市民自治をめざす三多摩議員ネットワーク主催「安保法案を廃案に!『砂川判決』から見る民主主義」を武蔵野公会堂で行った。
 亀井文夫監督1956年製作『流血の記録 砂川』上映と元立川市議の島田清作さんの講演。
米軍立川基地のフェンスを踏み倒して基地に入り逮捕された砂川事件の当事者である。
 米軍が日本に駐留していることは憲法違反であるという理由で59年3月一審では無罪。伊達判決という。
ところがこのままでは翌年の安保条約を締結することができなくなることから、最高裁長官とマッカーサー大使(あのマッカーサーの甥)が高裁を飛び越して最高裁で有罪判決を出すという密約を結ぶ。
 結局その年の暮れに最高裁で有罪判決が出された。
争われたのは米軍が日本に駐留することが憲法に違反しているかどうかだった。集団的自衛権には一言も触れていない。
この経過をアメリカ本国に伝えていた記録がアメリカの公文書館でつい最近発見された。
 そこで被告の方が再審請求を出したが決定が下りない。仮に再審が決定されると今回の安保法案に重大な影響が出るからだ。
 これで日本は法事国家と言えるのか。日本に民主主義はあるのか。これじゃアメリカの植民地じゃないか。

   ネットのみなさん

21日(金)曇り時々雨 ドイツの環境政策など、楽しいお話でした。田口理穂さんを囲んで
 私が理事をつとめる「ごみ・環境ビジョン21」の会報「ごみっとsun」に毎回ドイツのごみ事情を連載している理穂さんが帰国しているので、囲む会を行った。
 日本の緑の党はどうですかと逆に聞かれて、「苦戦しています」と答えるのがやっとだった。

 右から3人目が理穂さん

17日(月)小雨 議員ネット、街宣 小雨の中で大変でした。見知らぬ方がチラシまきを手伝ってくれた
 29日の議員ネットの集会の宣伝も兼ねて、国分寺と立川駅で宣伝をしました。小雨の中でしたが、見知らぬ若者が手伝ってくれて、賑やかな街宣でした。
立川駅北口で、左から大沢・立川市議、山本・武蔵野市議、辻・あきる野市民重松・国立市議、片山小金井市議

8日(土)晴れ またまた街宣 
 今回は緑の党三多摩交流会での街宣&ニュースの配布。調布駅と府中駅フォーリス前。
フォーリス前では勉強になりましたとイベントの店員さんに言われて恐縮。
 反応は良くなっている。
 調布駅で

2日(日)晴れ 議員ネット、3回目の街宣&ニュース配布 暑い
 市民自治をめざす三多摩議員ネットで吉祥寺駅と三鷹駅で街宣&ニュースの配布。吉祥寺はいつも受け取りが悪い。近騎亜はその割には受け取りはよかった。
さすがに暑さには参る

 
三鷹駅で、左から漢人(前小金井市議)、片山(小金井)、森(西東京)、山本、内山(武蔵野)、大塚(東村山)野村(三鷹)

7月の雨のち晴れ
11日(土)晴 3つもイベントがあると疲れる?
 午前中は安保法制に反対する小平パレード。市役所をスタートして一橋学園駅を通って小平駅で解散。参加者は200人ぐらいか。地元がいい。
 昼は新町地域センターで市民と議会の意見交換会。参加者は30人くらいか。結構厳しい意見も飛び出し、司会進行役としては嬉しい悲鳴だった。
 夜は三鷹で緑の党三多摩交流会の例会、来年の参議院選挙に向けた取り組みについて意見交換。シビアな議論も飛び出し、頭が痛い。

 

7~8日雨 檜原村で合宿、疲れたけど楽しかった  三多摩議員ネット
 檜原村で市民自治をめざす三多摩議員ネット夏合宿@
18人が参加。

私も小平の住民投票などを報告。充実した二日間だった。

7/8(水)11:00 武蔵五日市駅集合
    12:00頃 丸山宅到着 昼食 
    13:30〜15:30 マイナンバー制度(講師:原田富弘 やぶれっ!住基ネット市民行動)
    16:00〜18:00 各議会報告/生活困窮者自立支援事業調査(報告:大沢)
      婚外子差別是正について勉強会、教育委員会制度、教科書採択ルール調査(提案:片山)
    19:00〜夕食 交流会 湯久保宿の紹介 東京ひのはら地域協議会の報告(報告:丸山)

7/9(木)10:00〜11:00 小平住民投票&大阪住民投票(報告:橋本)、砂川闘争、砂川判決について(島田清作元立川市議)
     11:10〜12:10 国会情勢検討(安保法制分析) 
           今後の行動(国会が延びたので再度街頭宣伝などするかどうか)
    12:30〜13:30 昼食
    13:30〜檜原村フィールドワーク


5月の雨のち晴れ
5月13日(水)曇り 選挙後初めての凱旋  たかの台駅
昨日から選挙の報告も兼ねた会はニュースの配布を始めた。虹とひかりでの配布はこれが最後。次回からは緑の党小平ニュースになる。受け取りはイマイチか
 

5月1日(金)晴れ 選挙は何回やっても大変だ
 今日は一橋学園駅での通常の朝のアピールを行った。駅のホームから「おめでとうございます」なんて言われると、目がうるうるしてします。
それにしても同僚の村松まさみがいないのが悔しい。
 小平市議会は2人から会派なので、私は無会派になる。
様々な制限がある。会派控え室が与えられない。議員応接室を間借りすることになり、机が一つのみ、ロッカーも本棚もない。パソコンも持ち込めない。議会に行っても、「緑の党こだいら」という表示がない。議会運営委員会と幹事長会議にはオブザーバー参加。常任委員会と特別委員会以外の委員会には参加できない。これって議員活動を不当に制約している。しかし、どなたも同調してくれない。
 16年間の議員生活で無会派だったのは最初の1年間とネットとの会派を解消した後の2年間だけだ。ネットとの会派解消の理由は、ペットボトルと容器包装プラスチックを資源化する、3市共同資源化施設建設計画をめぐって賛否が分かれたことがきっかけだった。「周辺住民の理解を得て計画を進める」と言いながら、小林小平市長は「理解は得られていないが必要な施設だから建設する」言っ...て強引に計画を進めるやり方に賛成することができなかったからだ。
 さて、今回の選挙でよかったことの一つは住民投票に中心で関わった丹治ひこ太さんが立候補したことだろう。
 選挙に関わったことのない素人集団でありながら次点に入ったことは画期的だ。もっとも、丹治さんがもう少し多く票をとっていたら、私が落選していたのでそれも痛し痒しではある。
 小平では市民運動に関わっている方が選挙に関わるということは今までに一度もなかった。
 今回、そうした垣根を見事に飛び越えて、市民と政治のあり方を具体的に示したのだと思う。
 何回も選挙をしている私には素人集団であるがゆえの可能性を感じることができた。今後どのような活動を考えているのか興味津々だ。

4月27日日(月)曇り 厳しい結果になった。 流石に落ち込んでいる 小平市議選
 小平市議選ですが、橋本当選。村松落選という厳しい結果になりました。
前回橋本、村松の得票数の合計は3825票、今回は住民投票関係の候補者との3人の合計が4035票。市民派の票がほとんど増えていません。
トップは自民党でヘイトスピーチ系の若者です。
市長の推薦を受けた民主党、共産党が票を伸ばし、同じく推薦を受けたネットや推薦を受けない私達は票を伸ばせませんでした。。
ネットは3人のうち1人は市長の推薦を受けませんでした。こんなこともあるんですね。...
国政と同様、自治体でも右傾化しているということでしょうか。
さすがに落ち込んでいます。


4月の雨のち晴れ
5日(日)曇り時々雨 気合が入った! 山本太郎さんと花小金井駅頭街宣
昨日に続き、山本太郎さんと花小金井北口で街宣。相変わらずの太郎さんの気合の入ったアピールに煽られて私も大盛り上がり、雨の中来てくれた方に感謝でした。

4日(土)晴れ さすがに5駅はきつかった。 緑の党都本部、三多摩街宣
 都本部呼び掛けで緑の党の公認や推薦を受けている候補者の応援で5駅を回った。スタートは10:30、花小金井駅北口。村松まさみと橋本久雄が中心。その後、調布駅(小野寺 透)、国立駅(重松朋宏)、八王子駅(陣内康子)、河辺駅(ひだ紀子)。
 まちの雰囲気も訴える内容も違い、楽しい一日になった。でも疲れた


3月の雨のち晴れ
28日(土)晴れ もう少しゆうったりとした暮らしを取り戻したい  トークイベントで
 私と村松まさみ呼びかけのトークイベントだった。始まるまでは何人来てくれるか不安だったが、たくさんの方の参加と予想外の方に会えた楽しい時間だった。
 メインゲストは高坂勝さん。ダウンシフターズとか必要なだけ稼ぐ、減速して生きる暮らしを提唱している。
 30歳まではモーレツサラリーマンで高収入だった。しかし、稼いだお金を遣う時間もなく、ちょっとおかしいと思い立って、会社を辞め、各地を放浪の後、池袋で小さなオーガニックバー「たまには月でも眺めましょ」を営んでいる。
 必要なだけ稼ぐ、決して儲けないをモットーに週休3日で週末は千葉県で若者たちと空家を借り、農業をしている。
 前回の参議院選挙の時、緑の党の街宣で高坂さんと各地を回った。私は「経済が成長したことで私たちは本当に幸せになったのでしょうか。もっとゆったりと、たまには家族みんなでお茶を飲んでくつろげるような暮らしを取り戻したいですね。」と呼びかけた。...
 この時のことを高坂さんは覚えていて、そんな話もしてくれた。私はすっかり忘れていたのに。
 小平市政は多くの課題があるにしても、他市に比べて遅れているわけでもなく、優秀な職員もたくさんいる。議会も議会基本条例を作り、高い評価を受けている。ちょっと言いすぎたかな。評価すべきところはちゃんと評価し、問題を提起していきたい。
 議員は議会が職場だ。でも議会の場だけで地域を変えることはできない。地域での様々な取り組みや市民と連携した取り組みができた時、まちは少しづつ変わっていくのだと思う。
 今回の市議選は予想以上に激戦だ。力のある新人議員が多い。現職だからといって安心していられない。
 「8月15日は靖国神社に参拝に行こう」というようなヘイトスピーチ系の若い候補者はだけは、なんとかしたいのだが、結構厳しい。
 ローマクラブが「成長の限界」を発表してから50年が過ぎた。もう一つの社会を楽しくつくり出していきたい。
  

27日(金)晴れ 立候補予定者の公開討論会 やっぱり緊張する
 政治知りたい確かめたい主催の公開討論会が行われた。昼と夜の2回開催で、私は夜の部に参加。候補者が集まって有権者に聞いてもらうことはいいことだ。一人街頭演説のような話をしていたのには笑った。


11日(水)晴れ 福島を忘れない  全国スタンディング
 一橋学園駅噴水前で、歌ったり、アピールしたりと全国スタンディングを行いました。福島を忘れない、思いをつないでいきましょう。

3日(月)晴れ 何もやる気のない市政では誰が市長をやっても同じだ 代表質問で
 代表質問が行われた。持ち時間は30分+5分×議員数。我が虹とひかりは40分。テーマは「人口減少・少子高齢化社会に向き合う自治体の取り組みについて 」。
 およそ的外れの答弁と危機感のなさにがっくり。ただただ、国や都の言う通りにやるだけでは誰が市長をやっても同じだ。

1日(日)雨 選挙前、最後の三多摩交流会 国立
 三多摩交流会は多摩地域の緑の党の会員・サポーターの交流会として昨年10月にスタート。今回が3回目。
あいにくの雨の中11人が参加。国立駅南口で街頭宣伝を予定していたが、こちらは雨のため取りやめ。
多摩地域では緑の党が公認・推薦・支持する立候補者は12人いる。全員の当選のためにどのような取り組みができるのかなど話あった。

2月の雨のち晴れ
2月25日(晴れ) 風邪でフラフラ。。質問はキレがあったな~、自画自賛でも
 2月24日から3月議会が始まった。今週は一般質問。来週は2015年度の予算審査。これが終わると皆さん、選挙に走り出す。
 この日は昨日からの風邪でフラフラ。
中町テラスに防犯カメラに設置は誰がどのイベントに参加したかまで判ってしまう、人権侵害とも言える設置の仕方をしていて、大問題。地域連絡会も3年たっても一箇所でしか実現されていないなど、問題ばかり。
厳しく批判し、終わった。
 皆さんに移してもいけないので、さっさと早退。ひたすら眠った。

2月7~8日 いわあ~楽しかった。熱気のこもった緑の党爽快でした
第4回の総会が2日間にわたって都内で行われた。来年の参議院選挙や今春、統一地方選挙など、盛り上がった。
1日目はおわたあと三多摩の仲間と二次会。体調が悪くなり、先に失礼したが、家に着くまでホームで2度も嘔吐。最悪でした。


   左から片山薫小金井市議、酒村なを

2月1日(土) アップアップ、やっと完走。議員チームで市内駅伝
恒例の市内駅伝。議員チームの第1走者。28日にお腹を壊して、最悪のコンディション。なんとか完走できましたが、終始最後尾。タイムも前回より1分あまり遅れた17分35秒だった。
 前回はシロクマ。今回はプーさんの帽子をかぶった。沿道の声援は凄かった。


  

12月の雨のち晴れ
8日(木)晴れ 選挙は大変 地域から政治を変える 西東京、大友かく子応援
今週、西東京市議選が行われている。20日の衆議院選挙の投票日が初日。
日、月、水と応援に入った。この時期の選挙は本当に大変だ。寒い上に有権者の関心もなかなか上がらないからだ。
大友さんはネットで2期つとめ、今回は無所属での立候補。組織もなくどうなることか心配したが、支持者の集まりもよく盛り上がってきた。ぜひ当選して欲しい。



12日(金) 日本にも参与連帯を 選挙に思う
昨日、18区菅直人さんの応援に参加した。
三鷹駅北口での夜の街宣と屋内集会。
チラシの受け取りはあまり良いとは言えない。
本当に厳しいというのが実感だった。
ポスターには急遽「生活者ネット推薦、緑の党支持」のステッカーが貼られた。...
この日は三上市長と河合弁護士が応援に来たこともあり、原発関連の話ばかり、チラシも原発オンリー。
原発は菅さんにとってトラウマなんでしょうね。 本当に厳しい。
落とすわけにはいかない。可能な方は是非お手伝いに来てください。

 緑の党の東京の会員を中心に社会運動などに関わっている方たちに呼びかけ、東京比例から統一候補を出せないかという検討の会を2回持った。
残念だがうまくいかなかった。
 1992年、PKO協力法に反対する人たちが内田雅俊さん(戦争させない1000人委員会事務局長、弁護士、小平市在住)を参議院東京選挙区に擁立したことがあった。
 文字通りの市民選挙だった。たくさんの市民が動いた。結果は出なかったが市民が政治に参加する大事な取り組みだった。
 これ以降、市民が政治に関わる機会はどんどん減ってきていると思う。

 韓国では1994年に結成された参与連帯が社会運動などに関わる様々な人々を集め、政治参加を広げている。ソウル市長を誕生させたのも参与連帯の役割が大きかった。

 別に緑の党でなくてもいい。日本にも参与連帯のような運動を作れないだろうか。
参与連帯は、その活動方向として「市民参加、市民連帯、市民監視、市民代案」を掲げている。

  

8日(月)晴れ 選挙は厳しい 23区、くちぶち万里候補応援
緑の党が推薦している民主党のくしぶちさんの応援に行った。たまたま町田駅での街宣があるので、ビラまきのお手伝い。
 蓮舫参議院議員の応援演説は迫力があり聴かせる。
緑の党は民主党を支持しているわけではないが、政党の枠を超えて政策が近い候補者を応援している。


6日(土)晴れ 選挙に行こう

 もうすぐお正月ですね。その前に選挙です。自民党が300議席を上回るとか、民主党は東京では1議席どまりなどの報道を聞くと暗澹たる思いになってしまいます。

 投票率が下がれば下がるほど自公に有利になります。私もそうですが、相手を批判することで自分が正しいと主張する政治手法が有権者に受け入れられないのだと思います。自分たちは何をしたいのかどんな社会を作りたいのか、これがありません。リアリティーで自公に負けているのだと思います。

 私は選挙区では末松さんを応援しています。あまり積極的ではありませんが。
緑の党や立憲ネットワークの関係で23区の櫛渕万里さんや菅直人さんの選挙にも少し関わっています。

 議会ですが、一般質問も終わり、残すは最終日だけになりました。反対したい議案もありましたが、すべて賛成しました。青少年センターを廃止するとか、全体として新しいことはしない、消極的な対応がますます目立ちます。

 決算には反対しました。

 今回のニュース「虹とひかり」の配布がやっと終わりました。カラーということもあり、評判がよく嬉しいです。

 今は来春の市議選に向けた準備に追われています。次のニュースやポスター、公選はがきをなどを12月中につくります。初めて事前ポスターも作ります。

めげても仕方ありません。出来ることを淡々とこなしていきます。


2日(火)晴れ 都合の悪いことは言わないのか  中学校教諭、売春で逮捕
小平市は多摩地域の他の自治体に比べてプレスリリースが多い。全て市にとって良い情報ばかり。都合の悪い情報は公表しない。
 先週の28日は議会中だったが、市内の公立中学校の先生が児童買春の疑いで逮捕されたことを警察が公表するという連絡が市に入ったことから、教育委員会は簡単なペーパーで会派ごとに説明を行った。
警察が公表しなければこのタイミングで議員に知らせることはなかった。
 緊急質問をしたいと議長に申し入れたが、結局幹事長会議での説明に終わった。
翌日の多摩版各紙で報道されたが、市はこのことをHPなどで公表していない。...
同じ学校で3回、同様の事件が起きたことになる。根は深い。
 以前、児童課に盗聴器が仕掛けられていたことがあった、さすがに隠しきれなくなったのか、数ヶ月経って、「絶対に公表するな」と念押しして、議員にだけ報告した。
 私は「こうした重要なことを市民に知らせないのはおかしい。公表する」と言ってマスコミに公表した。
 ある新聞社が「橋本議員からこんな情報が届いたが」と市に問合せをしたことから大騒ぎになった。一部議員からは結構なバッシングを受け、処分云々までになった。ところが自民党の議長の「問題なし」という一言で静かになった。
 この問題に関わる私の一般質問には盗聴器を発見したAPF通信社が取材に入った。ちなみに発見したのはミャンマーでなくなったAPF通信者の長井健司さん。
 都合の悪いことは市民に知らせないという体質は市長が変わっても変わらない。
 都合のいいことも悪いことも市民に知らせ、市民と一緒に考えるのが情報公開であり市民参加だ。
 何よりもこうした問題に議員は敏感でなければならないのだが。

写真は29日の朝日新聞朝刊


1日(月)晴れ 選挙は厳しい 18区、菅直人候補を激励  立憲ネットワーク
自治体議員立憲ネットワークは集団的自衛権の行使容認に反対する候補者を推薦している。その一人である民主党の菅直人さんの三鷹事務所に激分を届けた。前参議院議員の大河原雅子さんも同席。
緑の党も支持している。
 換算にはどうしても当選して欲しい。




11月のち晴れ
11月21日(火)晴 やっと終わった。ニュースの8つの駅での配布終了
ニュースの配布に合わせて駅での配布も行っている。一橋学園、小平駅、花小金井駅、新小平駅、鷹の台駅の5駅で8箇所。
様々な方から声をかけていただき励みになる。

 
11日、一橋学園駅北口

11月2日(日)晴れ  マッコリが美味しい  朝大の学園祭で
午前中は急ぎの仕事を片付け、午後は朝鮮大学校の学園祭を覗いた。
 小平では朝大の先生や在日の方とタリ(架け橋)の会を作り、学習会や様々なイベントを行ってきた。今はいろいろあって休会中。
 先日の議員対象の高校無償化の学習会にはほぼ議員の半分が参加した。
以前は学園祭も地域には呼びかけをしなかったが、今は地域のつながりもでき、すごい賑わいだ。
 以前、在特会が押しかけて来たこともあったが、今回は無し。...
七輪で食べる焼肉は最高。おかげでマッコリを一本空けて仕事に有らない。構内には立派な博物館があり、貴重
なものが展示されている。
久しぶりの再会もあり、楽しい一日だった。
 何よりも高句麗時代の甲冑で美女とのショットが最高。

  


10月の雨のち晴れ
31日(金)晴れ  市民の方の鋭い突っ込みにタジタジ    政治・知りたい、確め隊、議員との懇談会
 午前、午後、夜間の3回に分けて懇談会が行なわれた。私は昼の部で「まちづくり、防災」グループに参加した。みなさんよく勉強していて、「橋本さん、防災井戸が何箇所あるか知っていますか」と聞かれ、「たしか100はなかったと思うんだが」、はっきり言えずに言葉に詰まった。81箇所のこと。防災計画や公民館、都市計画道路など、ハイレベルの話し合いだった。
 みんなで政策提言するチームを作ろうと、盛り上がった。

21日(火)曇り  新宿で街宣  自治体議員立憲ネット
 新宿のアルタ前で東京の議員会員を中心に街宣を行った。約20人の議員がそれぞれアピール。盛り上がった。
 

18日(土)晴れ 普通の生活が一番  映画「普通の生活」から
 駅で私の話を聞いている方から声がかかり、映画「普通の生活」の上映会を中央公民館で行った。
 福島の人々の日々の生活を淡々と写し取った映画。監督の吉田泰三さんがまたいい。
年に2回ぐらい、映画会をやりたいなあ~

14~17日  決算委員会は疲れる   言葉が軽すぎないか
 2013年度の決算を一般会計3日間、特別会計(国保、後期高齢者、介護保険、下水道)1日間で行う。議員はどちらかの委員会に参加する。
 私は今回は一般会計。質疑は原則3回まで。時間は無制限。議会事務局は毎回議員一人ひとりの発言時間をカウントとしていて、「前回は橋本議員が一番長かったですから」と暗に短くして欲しいという。
 でも、しっかり審査するのが議員の仕事なので「了解」と言った。またまた今回も私が一番長かった。
市は様々な制度を作ったが、有効に生かされていない。答弁は相変わらず、検討するとか検するばかり。
検討するなら、この年はどのような検討をしたのか、どのような課題が見えてきたのか、言わなければならないが、何も言わない。
 人は熟議の中で自らの考えを変えることがある。しかし、考えは変えずに言うことを変えれば、ダブルスタンダード、二枚舌になってします。市長の発言は二枚舌そのもの。言葉が軽すぎる。

4日(土) トップがこれじゃねえ~ 日本に男女差別はない

小平市には男女共同参画推進条例と男女共同参画推進センター条例がある。5年前にできた。
 条例にはこう書かれている。「しかしながら、性別による固定的な役割分担等の意識及びそれに基づく社会の慣行は、依然として存在しており、男女が自らの意思によって社会のあらゆる分野に対等な立場で参画することができる社会を実現するためには、なお一層の努力が必要である。」

 9月議会で公明党議員の「男女共同参画社会の推進について」という質問に答えて、小林市長はこう答えた。...
 「私は制度や仕組みの上で、日本の中において女性が差別されているとは思っていません。
私の女房はちょっと古いのかもしれませんけども、日本の女性の美的な意識、良妻賢母みたいな、そういう意識が非常に強い人でありまして、どちらかというと料理とか子育てみたいなものは女性がやるべきみたいなところを非常に強く意識として持っている人で、それが日本の中で定着しているような気がするんですね。だからそういうところを変えていかないと。どちらかというと、男女平等というのは男性に向けて言われているところがありますけれども、私は、男女平等というのは一番大きいところは、むしろ女性自身が意識改革をしていくところの方が大きいのではないかと、正直なところ思っています。」

 びっくりした。そして頭を抱えてしまった。一方で、さもありなんとも思った。日頃、この発言につながる発言をしているからだ。
「市役所では男女差別はありません。最も男女平等の職場です。男性も女性も給与に差はありません。実力主義の職場です。」などなど。
 市の正規職員は男女比はほぼ半々。しかし、私から見ても優秀だと思う女性職員が管理職になる一歩手前で親の介護などを理由に退職するケースが結構ある。
 昨年度、男性で育休を取得できる職員が18人いたが、取得者はゼロ。誰が対象者なのか担当部局の次世代育成部長は把握していなかった。
 この10年間で取得者は1人だったと思う。
男女共同参画推進センターには職員がいない。

 男女平等指数ランキングは136カ国中、昨年度105位。その前の年が101位だから悪くなっている。
 男女の賃金格差は女性は男性の70%。パートなど加えると50%。
差が少ない国はデンマーク89%。ドイツ82%。アメリカ81%。
同一価値労働同一賃金が制度化しているからだ。ヨーロッパでは1労働日と次の労働日の間を11時間以上開けなければならないというルールがあるという。
国会議員で女性の割合は8.1%127位。自治体議員では11.6%。ちなみに小平市議会は8人で約30%。
 男性と女性の一日の家事や育児時間は男62分、女299分。ちなみにデンマークは男186分、女243分。

 小林市長の発言は小平市男女平等推進条例に反している。国会議員であれば即辞職になりかねない。
 でも選挙は強いんです。
さてどうするか。


4日(土) スキー教室を楽しみだ! チェアスキーでゲレンデを滑走
 友人の中1の娘さんは障害があり車椅子を使っている。それでも頑張って普通学級に通っている。
 教育委員会は視覚障がい・聴覚障がい・知的障がい・肢体不自由の児童生徒は無条件に特別支援学校が相当と判定する。どこの自治体も同じだと思う。
それでも、ご両親とご本人は友達と同じ学校に行きたいと普通学級を選択した。 
 小平市には介助員制度が有り、週3日公費で生活介助を行う介助員がつく。これも当事者が請願を出し、私たち議員も後押しして3日まで拡大できた。残りの2日は保護者かボランティアが介助に入らなければならない。
 こうして普通学級に通っている障害のある児童・生徒は数人いる。以前はたくさんいた。...
 この子のご両親から「冬のスキー教室でスキーをさせたい」と相談を受けた。チェアスキーだ。マンツーマンでインストラクターが必要になる。
 教育委員会は「生活介助員は付けるが、チェアスキーのインストラクターはつけられない。付けるのであれば自費でお願いしたい」、という対応だった。自費だとイントラクター代1日3万円×3日と交通費、宿泊費を負担することになる。 
 「教育委員会が全額負担するのが当然ではないか」という気持ちをグッとこらえた。ある程度の自己負担はやむを得ないと、粘り強く話し合いを続けた。
 介助員はボランティアで対応し、インストラクターは指導員ということで公費で負担する(全額ではない)ということでまとまった。
 保護者の負担が発生するという問題は残ったが、やむを得ない。教育委員会の対応も悪くなかった。
 こうした事例があるかといろいろ調べたが見つからなかった。
 私が若かった頃は障害児を普通学校に入れるという運動が全国で活発に行われた。当時は今のように施設整備や制度がなく、親御さんがボランティアを探し、大変だった。
 今は特別支援学校やさまざまな支援制度など環境整備が大きく進んだ。そのことで逆に普通学級に通う子どもたちが減ったのではないか思う。どうだろか。考えてしまう。
 元気にチェアスキーをしている写真が届くのを楽しみにしている。


9月の雨のちのち晴れ
9月23日(火)晴れ しかっりと声を上げた  さようなら原発全国大集会in亀戸公園
久しぶりに脱原発集会に参加。1万6千人が集まった。緑の党としてのアピールを行った。 懐かしい人にもたくさん会えて楽しかった。亀戸駅前で街宣も行った。

9月5日(金)晴れ 不当判決 住民投票用紙の開示を求める
 既にテレビなどで報道されましたが表題の裁判は敗訴でした。
中央公園の東側の大きな林(どんぐり林)を潰し、小平市部分だけで全長1.4km。220世帯が立ち退き、250億円の税金が使われる幅36mの道路計画について、計画を見直すべきか、見直さなくてもいいかのどちらかに〇を付ける住民投票でした。
こうした大きな計画については住民の意見を聞いて欲しい、投票の結果を東京都に伝えてほしいというのがこの住民投票の目的でした。

ところが投票日直前に行われた市長選挙で再選された小林正則市長は「投票率が50%に満たなかったら民意が反映されたとは言えないので不成立とする。

東京都には結果を伝えない」という条例改正を提案、通ってしまいました。
結果は投票率35%、51010票でした。ちなみに市長選挙は37%。小林市長の絶対得票率は23%でした。

条例には不成立の場合は開票しないとも開票するとも書かれていません。こうした場合は市民の利益にかなう選択が行われます。それは開票することです。
知ることは民主主義の基本です。自治は一人ひとりの市民から始まります。こうしたことが今ほどないがしろにされている時はありません。

弁護士さんは全くの手弁当でこの裁判を支えてくれました。結果がどうあれ、このまちに暮らし続ける私たちはこのまちから市民に開かれた政治や社会を実現していきます。
控訴します。これからも注目ください。

 来週から9月議会であることは既にお知らせしました。
9日の初日には特定秘密保護法の廃止を求める意見書提出について(橋本)、憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認に反対する政府への意見書の提出について(橋本)、
エネルギー基本計画の見直しを求める意見書提出について(村松)の討論を行います。
私の一般質問は11日午後3時頃からです。(1時間早まりました)お時間のある方は傍聴に来てください。
愛車



8月の雨のち晴れ
8月21日(木)晴れ やっと終わった? 5つの駅、8箇所でニュースの配布
 議会ごとに発行する会派ニュースの配布を一橋学園駅、小平駅、花小金井駅の北口と南口で行っている。今回はさらに新小平駅都鷹の台駅でも行った。
 7月20日にスタート。お盆休みは休んで、毎週2箇所。さらに定例の金曜日の一橋学園液でのアピール。さすがに疲れた。
場所によって人の雰囲気も違い面白かった。

一橋学園駅で

8月10日(日)晴れ どんなに重い障害があっても地域で当たり前にくらせる社会をつくる
 一昨日友人から、9日のETV特集を見て欲しいというメールが来た。
“戦闘配置”されず。太平洋戦争末期、学童疎開から取り残された肢体不自由児の子供たち、という内容だった。日本で初めて出来た東京市立光明養護学校の児童は学童疎開の対象にならなかった。この学校は今でも世田谷区の梅ヶ丘にある。
 友人はこの学校の卒業生。また、私が選挙に落選してからの4年間、練馬区介護人派遣センターで在宅の重度障害者の介護をしていた時の一人、Aさんもこの学校を卒業した。今も月に1回、Aさんのボランティ...ア介護をしている。
 当時、肢体不自由児など虚弱児童は申請すれば就学援助の扱いになった。
東京ではすべての児童が長野県などに集団疎開したが、この学校だけが疎開から外された。集団疎開は「国家戦略の増強」「国防の倍増。次の戦力になる」。兵士の予備軍を温存するとして疎開は行われた。
 つまり、肢体不自由児は戦力にならないというのが疎開の対象から外された理由だった。
ちなみに盲学校やろう学校の児童は疎開の対象になった。
仕方なく、学校の校庭に防空壕をほり、学校で集団生活を始めた。
しかし、空襲が激しくなり、校長が奔走し、自力で長野県の上山田に疎開をすることができた。この疎開は終戦を挟み昭和24年まで続いた。
障害児に義務教育が保障されたのは昭和54年。その後たくさんの養護学校が作られた。
 私が働いていた派遣センターでは「どんなに重い障害があっても地域で当たり前にくらせる社会をつくる」をモットーに仕事をしている。介護専従もこの団体から始まった。
 日本の障害者運動の歴史は決して長くない。Aさんは脳性麻痺で、若い頃は無免許で車を乗り回していた。当時、障害があると免許を取ることができなかったからだ。7回ネズミ捕りにかかっても運転をやめなかった。結局裁判になり、大弁護団が結成されて大きな運動になったが敗訴。
 その後、障害があっても免許が取れるようになった。70年代始めだ。
府中療育センターの障害者がセンターの移転や日常的な差別に抗議して、都庁前で座り込みを始めたのも70年代初頭。その後在宅で生活することが可能な制度が作られた。
アメリカのバークレーから始まった自立生活運動は全国に広まった。日本の障害者運動は障害当事者の血のにじむ闘いによって切り開かれてきた。
この辺のことは「自立生活運動と障害文化」(2001年発行)という本に詳しく載っている。
 今、様々な制度が作られ障害があっても地域で一人暮らしをすることは可能になった。しかい、施設から地域への流れはまだまだ十分とは言えない。「どんなに重い障害があっても地域で当たり前にくらせる社会」と言えるまちをつくりたい。


8月5日(火)晴れ 街宣は疲れる
 今朝は花小金井駅北口で会報no13の配布とアピール。今回が5回目。あと3駅でのアピールが残っている。7時から8時までの1時間。
同僚の村松まさみが話し、私が配る。ぐばるほうもたいへんだが、通勤通学の方も汗だくで大変。
暑い一日、水分をしっかり取り、ぼちぼちとビラ配りに行こう。

花小金井駅南口で


7月の雨のち晴れ
7月25日(月)晴れ 小金井市の施設見学 市民自治をめざす三多摩議員ネット呼びかけ
 午前は小金井市児童発達支援センター「きらり」と、敷地内に隣接する市立「けやき保育園」の視察。午後はきたまちセンターの公民館・図書館。
 保育園は直営。児童発達支援センターは社会福祉法人雲柱社に業務委託。
一般質問で何度も取り上げた発達支援センターを小平市でも実現すために参加になった。

午後のきたまちセンターは市が中心になって「NPO法人市民の図書館・公民館こがねい」を立ち上げ、そこに業務委託するという今までにない運営を行っている。同評価するかはこれから。
建設費に6億円かかったとのこと。ちょっとかかり過ぎのようにも思える。なかにスタジオがあり、楽器の練習ができるなど様々な特徴があって興味深かった。

発達支援センターで
 

7月24日(木)晴れ 自治体議員立憲ネット、世話人会
第1回共同代表・世話人会議を衆議院第一議員会館で開催した。この間の経過と評価、世話人の選出、秋の国会包囲アクション、来年5月まで運営体制など協議し500人目標を確認した。
超党派で地域から政治を変えようとするこのネットワーク。 山口県からは12名もの民主党、社民党、無所属の自治体議員の自主的な参加申込みがあり、安倍の暴走を止めたいとする地域からの強い期待を実感しました。


7月19日 生涯現役!  シニアの試合でいい汗かきました。
 運動にもいろいろある。政治運動、社会運動、身体を動かす運動など。
今日は久しぶりに身体を動かす運動で汗を流した。
小平市では60歳以上のサッカー選手が増えてきたのでシニアチームのリーグ戦を昨年から始めた。今日は選抜チームで他市の2つのチームと総当たり戦。
 15分ハーフで4本。結構疲れるが、いい汗をかいた。
下の写真は高校1年の時のもの。都立武蔵高校でサッカー部を作った。夏休みは全く勉強せず、サッカー漬けの毎日だった。ゴールキーパーとしては身長が足りなかったが、結構うまかった。後輩は都大会まで行った。
 早稲田大学で同好会の稲穂キッカーズ。レベルは高かった。その後もサッカーだけはやめなかった。
 運動はなんでも生涯現役がいいね。

 
     63歳                                       16歳

7月18日(金)晴れのち雨 中央線沿線リレートーク 市民自治をめざす三多摩議員ネット
既に他の方から報告されていますが、市民自治をめざす三多摩議員ネットワークの中央線沿線リレートークを行いました。
駅によって街や人の雰囲気が違って面白かったです。
チラシの配布枚数は約1350枚。
後半から話の内容を変えました。こんな感じです。
「人間という怪物は「セカイ平和」という戦争を起こしてる」と話し始めると、若者たちが一斉にこちらに振り向きました。知っていますよね。SEKAI NO OWARIというグループの世界平和という歌です。全くその通りですよね。アメリカは世界を平和にするんだと言って世界に軍隊を送りました。
ベトナムやアフガニスタン、イラクと。その結果何が起きたのか。たくさんの人が死に、憎しみの連鎖が世界を覆い、テロが繰り返されています。
こんな感じです。

 

7月10日(木)強風 超党派で駅頭宣伝 小平駅南口
強風の中、集団的自衛権の行使容認に反対するアピールとチラシまきを行った。
共産党、民主党、生活者ネットと橋本、村松の緑の党が参加。
 反応もよく、賑やかな街宣だった。

7月5日(土)雨 デモは地元でやろう  集団的自衛権に反対する緊急七夕デモinこだいら
 やっぱり地元でのデモはいいですね。この雨の中100人を超える方が集まりました。
 集団的自衛権に反対する緊急デモinこだいらは、小平市一橋学園駅前を出発して住宅街と商店街を交互に回る1時間弱のコースです。商店の方が手を振ってくれたり、沿道の方がじっと見てくれたりと賑やかなデモになりました。
 市外からも子どもを連れて参加された方など、びしょ濡れの1時間半でした。

 

 

7月2日(水)晴れ 入所児童数の半分では状況がつかめない  11小学童クラブ見学
 同僚の村松まさみ議員と11小の学童クラブを見学。定員が60人のところ、入所児童数は83人。出席率は7~80%とはいえ、ワンフロアーにこれだけの児童がいるとどうなるのか気がかりだった。
この日は42人で入所者の半分。多い日でも60数人とのこと。この人数だと結構ゆとりがある。指導員の方も非常にポジティブで様々な工夫をしていた。いい感じだった。
 13小のように40人定員で第1は17人。第2は13人のところもある。環境面ではかなりの差があるようだ。
来年4月から制度が変わることから、がくどうほいくについてもういちどみなおしたい・。

 子どもたちが外に遊びに行った後のクラブ室

7月2日(水)晴れ 口惜しい一日になった  集団的自衛権、閣議決定
 昨日、友人のYさんと官邸前に行った。4時からは自治体議員立憲ネットワークの記者会見に参加。口惜しい一日になった。
 これからが大切だ。粘り強く閣議決定の撤回、戦争のできない国を作っていこう。
 午前中事務所で仕事をしていたら、近所のお母さんが訪ねてきた。「小平ではなんかしているんですか。いてもたってもいられない」と。お母さんには1年生の子供がいる
 議会の動きなど話していく中で、デモをしようということになった。
7月5日10:30~ 一橋学園駅前公園集合 商店街をデモ
詳しくは改めてご案内します。
デモの申請は72時間前までなので、これから小平警察署に申請に行く。

  
左は都議で生活者ネットの西崎光子さん      


6月の雨のち晴れ
6月24日(火)晴れのち大雨 応援疲れ。 杉並区補欠選挙で川野たかあきさんを応援
 37歳の若者川野さんの応援に入りました。西荻窪駅の北と南で各1時間の街宣でした。途中大雨で時間がずれましたが反応は良かったです。こうした若い人がどんどん議員を目指せば少しは政治も変わると思います。
 歌っているわけではありません。西荻窪駅北口で            

6月22日(日)雨のち晴れ  ああよかった! 立川市議選 大沢さんが当選
 定数28に34人が立候補。落ちそうな候補がいないという大激戦。
前回は再開だったことから、背水の陣で臨んだ今回は、投票率は6ポイントも下がりながら、300票も票を伸ばし堂々の20位当選。お疲れ様でした。

     立川駅北口デッキで                    右、宇都宮けんじさん。後ろは小児科医の山田真さん            

6月21日(土)晴れ まちづくりは市民参加で   住民投票1周年記念シンポジウム
 福祉会館で住民投票1周年記念シンポジウムを行った。は定員80人のところに120も参加。交流会も盛り上がった。
9月5日は投票用紙の公開を求める裁判の判決日。注目を。

  
                                     こんな写真がありました。事務所前で

6月15日(日)晴れ  石川さんの無罪・尊厳を回復させるために、 「SAYAMA.見えない手錠がとれるまで」上映会
 ルネこだいらでの上映会。多摩地域では最後ということで遠くから来てくださった方もいた。石川さんがなくなったご両親の墓参りは無罪が確定するまでは行かないことについての奥様とのやり取りには胸が詰まった。
 この映画は運動というよりは石川さん御夫妻のラブストーリーだ。

6月14日(土)晴れ 市民と議会の意見交換会 健康センターで
 議会基本条例が成立後、初めての意見交換会を行った。テーマは議会基本条例。私の担当は議会への市民参加について。
この条例にふさわしい議会でありたいと思う。


6月13日(金)晴れ時々雨 またしても継続かよ? 建設委員会で
 建設委員会で請願「農林中央金庫旧小金井研修所の跡地南側の開発計画について 」の審査をした。跡地を117戸の住宅を建てる計画について良好な住環境を保つために市として助言等をして欲しい、というものだ。特に問題もなく全会一致で採択されるものと思ったら、公明党が「細部についてわからないところがある」との理由で継続を主張しだした。今回結論を出さなければ工事が進み意味がなくなる。
 結局継続を主張した会派は政和会(自民党など)、公明党、みんなの党の3人。採決を主張したのは虹とひかりと共産党の2名で継続になった。
党利党略としか言えない対応には驚く。いい加減にしろ、と言いたい。

6月7日(土)雨 リニア計画は中止を!~ リニア訴訟を展望する~  立川 たましんRISURUホール
 南アルプスを貫いて作っれるリニア新幹線について、「作る必要があるのか」という声が少しずつ広がってきた。東京では品川や町田を通る。多摩地域は通らないことから、私たち議員もあまりぎろんしてこなかった。
今回はリニア・市民ネットが主催して法律問題を中心に学習会を行った。参加者70人。
講師は五十嵐敬喜(日本景観学会会長)、住民投票でもお世話になった。関島保雄(圏央道訴訟弁護団)。進行は川村晃生(リニア・市民ネット代表)
豪華メンバーだ。
事業主のJR東海の社長すら「採算は取れない」といい、南アルプスの環境を破壊するこんな計画が進んでしまうのか。これもアベノミクス成長戦略の一つだ。
絶対に止めなければ。

 

6月8日(日)雨 パソコンがなおった!
 一週間前に突然パソコンが立ち上がらなくなった。一般質問に使う資料などが見えなくなった。。古いパソコンでメールだけはでいるようになったがアドレスがわからず、お手上げだった。さてどうしたものか。
 修理に出さなくてはダメかと思っていたところ、救世主現れる。友人のYさんが格安で見てくれることになり、直った。
バックアップもとっていなかったのでヒヤヒヤ。助かった。

4月の雨のち晴れ
4月19~20日 福島さんとパチリ! 緑の党、政治スクール
 水道橋のYWCAで来年の統一地方選挙の新人発掘のための政治スクールを行った。開会の挨拶を行った。
緑の党の共同代表として、最後の仕事になった。
記念講演は元我孫子市長の福嶋浩彦さん。ちょうど「市民自治」という本を出したばかりで、その本を持って写真を撮っていただいた。
 小平市が勧めている市民自治とは正反対の市民から始まる自治の姿を語っていただいた。

  
                                                       4人の1年生議員 左から田中望三武郎安曇野市議、滝田春奈郡山市議、会津素子成田市議、村松まさみ小平市議     

4月11日(金)晴 秩父に行ってきました 清野和彦さんを応援
 13日から始まった秩父市議選異立候補している清野さんの応援に行きました。30歳、早稲田卒。美男子というわけではないんですがイケメンです。
月、100人のペースで人口が減少しているまちに若者の就労の場所を作りたいと若さあふれる訴えはなかなかのものです。
 こういう若者が政治に関わるようになれば、ちょっと変わってくるのかなあ~と思いました。

 
 左から須黒奈緒前杉並区議、川口けいすけ川越市議、本人、会津素子成田市議、重松朋宏国立市議、村松まさみ小金井市議
全員30代

4月8日(火)晴 ゲルニカに会えるなんて! 4中の入学式で
 今日は私の誕生です。うさぎ年で牡羊座。たくさんの方からお祝いの言葉を頂き感謝です。本人はすっかり忘れていて、昨日連れ合いと子供から言われ、はっと気づく始末。お祝いをしてくれるというので、今日は早めに帰ります。
 さて、昨日、一昨日と学校の入学式でした。昨日の第4中学校の入学式の写真です。体育館の後ろの壁に卒業生が作ったピカソのゲルニカが飾られています。
 戦争や平和についてみんなで話し合って作っただろう当時の生徒のみなさんは今の日本をどんなふうに思っているのか聞きたくなりました。
 正門にある学校の文字は湯川秀樹さん直筆のものです。正門の桜が満開でした。


 

  

3月の雨のち晴れ
3月25日(火)晴 胸がキュン、目がうるうる  第10小卒業式で
今日は小平第10小学校の卒業式だった。一年で、この時しかネクタイを締めないのでちょっと首が苦しい。
 小平では全議員が最寄りの学校に招待される。第10小学校では議員は私一人だけ。君が代斉唱の時には毎回一人座っているが、若い保護者の方はなんで座っているのか、わかっているだろうか。2人の息子もこの学校を卒業した。
 先週は第4中学校の卒業式だったが、出れなかった。この学校では以前、卒業証書の元号記載を西暦記載にして欲しいと卒業生が要望したが、教育委員会は取り合わなかった。当日はほとんどの生徒や保護者が日の丸を歌わず、立たなかった。
 その後、自分たちで作ったお手製の卒業証書で自主卒業式を行った。先生や保護者の見守る中、感動的な式になった。当時はおちゃめな生徒もいて、乱闘服のような学ランを着て、卒業証書をうけとったり、楽しかった。こんなことがまだ許された。
 今は本当に様変わりした。対面式の式から日の丸に向き合う式に変わった。それでも感動的な場面はある。
 子供たちによる谷川俊太郎の詩「生きる」の構成朗読の時には、ちょっとうるうるした。
 この子たちの未来に私たち大人はどんな社会を手渡せるだろうか。
    
橋本久雄の雨のち晴れ  
ニュースの配布ボランティア、大募集!  

35000枚印刷し、6000枚を20人の方に配布していただき、8500部を有料で障害者団体にお願いし、残りは私と村松が配布していますいろいろな予定が入ってしまい,配布に1月ぐらいかかってしまいます。
 
あなたのご近所にニュースを100部程度配っていただけませんか

トップに戻る

3月の雨のち晴れ
3月25日(火)晴 胸がキュン、目がうるうる  第10小卒業式で
今日は小平第10小学校の卒業式だった。一年で、この時しかネクタイを締めないのでちょっと首が苦しい。
 小平では全議員が最寄りの学校に招待される。第10小学校では議員は私一人だけ。君が代斉唱の時には毎回一人座っているが、若い保護者の方はなんで座っているのか、わかっているだろうか。2人の息子もこの学校を卒業した。
 先週は第4中学校の卒業式だったが、出れなかった。この学校では以前、卒業証書の元号記載を西暦記載にして欲しいと卒業生が要望したが、教育委員会は取り合わなかった。当日はほとんどの生徒や保護者が日の丸を歌わず、立たなかった。
 その後、自分たちで作ったお手製の卒業証書で自主卒業式を行った。先生や保護者の見守る中、感動的な式になった。当時はおちゃめな生徒もいて、乱闘服のような学ランを着て、卒業証書をうけとったり、楽しかった。こんなことがまだ許された。
 今は本当に様変わりした。対面式の式から日の丸に向き合う式に変わった。それでも感動的な場面はある。
 子供たちによる谷川俊太郎の詩「生きる」の構成朗読の時には、ちょっとうるうるした。
 この子たちの未来に私たち大人はどんな社会を手渡せるだろうか。
    

3月19日 緑の党で私が執筆した談話を出しました。
【談話】 教育行政の地域への権限委譲・分権化を求めます。
     ~ 沖縄県竹富町の教科書採択をめぐって ~

                                                            緑の党グリーンズジャパン共同代表  橋本久雄
 竹富町が採択地区(八重山地区)を構成する他の石垣市、与那国町と異なる教科書を採択したことをめぐり、文部科学省が是正要求をしたことが報じられています。
 通常は事前に教員らが教科書を調査・研究し推薦リストを作り、その中から採択する教科書を選びます。ところが、この八重山地区では推薦リストにない「新しい歴史教科書をつくる会」の元メンバーが執筆に参加した育鵬社版の中学公民教科書を採択しました。しかし、竹富町教育委員会はこの教科書には「平和憲法の記述が少ない」、「沖縄県内の米軍基地問題の扱いも少ない」などの理由で独自に東京書籍版の教科書を選びました。
 主要国では各学校か基礎自治体が教科書を選んでいます。全国一律の検定基準を設けているのは日本だけです。国家が教育に深く介入・統制しています。また、是正要求の法的根拠とされる教科書無償措置法は、国の費用で教科書無償配布することを目的とした法律ですので、自治体自身の費用で教科書を購入した今回のケースで是正要求をすることは、現行法から見ても疑問があります。
 しかも1997年、当時の橋本龍太郎内閣は「将来の学校単位の教科書採択に向け法整備を検討する」という閣議決定を行いました。
 しかし、その閣議決定は、今に至るも何ら具体化されていません。それどころか、政府が進めている教育委員会制度の改革では、首長に教育長の任命・罷免権を与えるなど、教育委員会を首長のコントロール下に置き、首長によるトップダウンを進めようとしています。
 今必要なことは先の閣議決定に基づき教育行政の分権化を進めることであり、また市民から教育委員を選び、住民の意思と社会の良識を教育に反映させる仕組み(レイマンコントロール)を取り戻すことです。
 緑の党は竹富町の選択を支持します。政府文部科学省は直ちに竹富町への是正要求を撤回し、1997年閣議決定を具体的に法制化することを求めます。


3月13日(木)雨 お年寄りの方の住まいを考える 
 上水南町2丁目に開設したなごやかレジデンス小平上水を会派虹とひかりで見学に行った。サービス付き高齢者向け住宅だ。こうした住宅が増えている。
安全面や防災などびっくりするほど充実しているという印象を持った。自室で寝ていて、12時間動きがなかったら自動的にチェックされ家族となどの連絡がいき、職員が確認するシステムなどがあった。
 民間と同じで、更に介護者などが常駐しているマンションというところだ。
費用は、一人部屋で6.5~7万円。基本サービス料金2.6万円。食費が4.7万円。さらに生活費を含めると20万円ぐらいというところだろうか。
住宅系と施設系のこうした住宅で暮らすお年寄りが安心できる整備は急務だ。



3月13日(木)雨 忘れない3.11展  小平中央公民館
 今週の15日まで行われている。市内の様々な団体がどのような活動をしてきたかわかりやすく展示されていて見応えがあった。私が石巻の駐在所の片付けを行った時の写真もあった。
 毎年夏や5月に福島の子どもたちをまえいて保養のイベントを行っていたり多彩な活動に頭が下がる。ぜひご覧ください。


3月8日(土)晴 特定秘密保護法は廃止を 学習会  小平福祉会館
 昨年末の12月議会で同法案の見直しを求める議員提出議案を超党派の議員で出しました。提出議員は共産党、フォーラム小平(民主・社民)、生活者ネットと私たちの会派虹とひかりの13人。議長を除くと反対の会派は公明党、政和会(自民党など)みんなの党の13名。
法案成立直前の12月3日に審査が行われ、代表提出議員として説明を行った。当然採決を行わなければならないところ、反対の議員が継続を主張し、可否同数で公明党の委員長が継続にしてしまった。その3日後に法案が成立したので、議案は撤回せざるを得なかった。
 そこで今回は廃止を求める意見書を出そうと同じ議員で今回の学習会を行った。
時間がなく宣伝も行き届かなかったが、60名あまりの参加があった。
報告者は情報公開クリアリングハウスの三木さん。
「国民に公開しない秘密の情報はこの法律以前から広く存在ししている」、「情報公開を義務付ける明確な法律は2年前に制定されたばかり」など、改めて真実を伝えないこの国の体質を垣間見た思いだった。
 以前、自衛隊の情報保全隊がイラク戦争に反対する市民や団体を監視していたことがあった。小平では私のグループと生活者ネットが監視の対象になった。
 この法案を廃止するだけでなく、情報を公開することが国民の利益に叶うという当たり前の民主主義を取り戻さなければと強く思った。
 6月議会に向けて請願か議定での意見書の提出の準備を始めようと思う。

2月の雨のち晴れ
2月4日(火)曇り時々雪 ソフトクリームを食べているわけではありません。宇都宮さん応援の街宣で

   
2月2日(日) ちょっと一息、小平駅伝で激走
 
 毎年この時期、チーム議員で小平駅伝に参加している。一人3.1km。参加議員は橋本以外にみんなの党、生活者ネットの女性議員、共産党の4人。
今回は選挙で練習ができず、16分台は難しいと思ったが、16分48秒でかろうじて滑り込んだ。62歳の身にはきつい。
 くまのぬいぐるみをかぶって走ったので沿道からはすごい応援。隣で走ったうさぎのお姉さんが「議員さんで~す」と宣伝してくれるので、楽しかった。
 昨年は16分30秒だった。来年は15分台をめざそう。


1月の雨のち晴れ
1月21日(火)晴れ チラシまきも大変だ    ニュースNO.10を駅頭配布
 いつもはこの時期会報の配布を行ってきた。都知事選挙の期間中は配布ができないので、今回はA4のニュースを作り駅での配布だけにした。また、同僚の村松さんとは別々に配布していたが、今回から一緒に行うことにした。おかげて手伝ってくれる方が増え嬉しかった。
 配布場所は一橋学園駅、小平駅、花小金井駅、各2箇所で合計6箇所。7時から8時の1時間。寒さが骨までしみる。皆さんポケットにてお入れているので、受け取りは落ちる。
 それでも多くの方に受け取っていただきありがたかった。

1月14日(火)晴れ 今朝も寒かった。 小平駅南口で朝のアピール
 今日も朝7時からチラシまき。小平駅は村松さんが中心の地域なので村松さんが喋り、他の3人がチラシまき。冬場のチラシまきは受け取りが悪い。ポケットから手を出さない。出したから受け取ってくれるのかと思いきや定期券を出しただけ。でも、村松さんの話はなかなか良かった。手前味噌かな。

1月12日(晴れ) めちゃくちゃ美味しいお酒を飲みました。 虹とひかり新年会で
 今回は一般には知らせず、親しい人だけに声をかけた。会場も市民自治こだいら、橋本事務所。
ところが例年よりたくさん集まった。せいぜい10人が限度の部屋に17人も集まって大盛り上がり。
 マンションの一階とはいえ、ご近所に迷惑にならないか心配した。
久々に大騒ぎをした。
ご近所の方ごめんなさい。

1月11日(土)晴れ ああ美味しかった? 10小青少対のまゆ玉作り&餅つきで
 今日は地元青少対のまゆ玉作り&餅つきに参加。青少対の役員なので、もう20数年参加している。総勢約200人でまゆ玉を作り、餅をつく。
 そのあとはスタッフで新年会。武蔵野は米が取れず、ご馳走といえば手打ちうどんだった。武蔵野うどんと言う。これが美味しい。これを楽しみに参加しているようなものだ。
玉川上水が開削され、約50kmの用水路が作られ、やっと新田開発が進んだ。
 そのあとはだれもがともにネットの新年会でソーラン節を踊った。

写真  写真

1月10日(金)晴れ 今日は寒かった    金曜アピールで
 今日は本当に寒かった。恒例の一橋学園駅での朝のアピールでは寒さで口がうまく回らない。話は都知事選挙のこと。 
  東京都のGDPは日本全体の2割。韓国やオーストラリアのGDPに匹敵する。人口1300万人、世帯数630万戸。内、空家数は63万戸、10%。高齢化率は22%。単身者世帯は260万戸、41%。
 都知事選挙は人気投票ではない。こうした問題にどう向き合っていくのか大きな課題が山積みしている。そうした政策で判断したい。
 東京だけが勝ち組で地方はますます疲弊している。
一旦決めた計画は絶対に変えない。首長の声も、ましてや市民の声もまったく届かない。市民が都政にかかわれる仕組みが必要だ。なんて話をした。 

1月8日((水))晴れ いよいよ都知事選挙だ  宇都宮けんじキックオフ集会で
 宇都宮けんじキックオフ集会に参加した。会場の豊島公会堂は超満員。1000人は超えていただろうか。
それにしても立候補者がひどすぎる。その中では宇都宮さんは抜きん出ている。でもそれだけでは勝てない。
 石原慎太郎や猪瀬直樹を選んだのは都民だ。都民一人ひとりが変わらなければ、勝てない。
応援アピールでは共産党の小池さん、社民党の福島さんと共に緑の党共同代表の須黒奈緒と我が同僚の村松まさみが発言した。村松まさみが一番良かった。私に発言の依頼があったがここは村松まさみのほうがいい。
 既成政党の国政の代理選挙だというような発言には違和感を感じる。政党が前に出るのにも違和感を感じる。
 都政は本当に遠い。小平の住民投票がそうであったように、一人ひとりが動くことで政治や暮らしを変えることができる。
 東京生活者ネットは明日推薦するかどうか決めるという。まさか推薦しないなんていうことはないと思うが...、ちょっと心配だ。
市民の暮らしに一番近いところで活動する自治体議員が頑張らなければと思う。
 自治体議員を中心に政策についての検討を行ってきた。
いろいろ課題はあってもここは宇都宮さんの当選に全力で関わりたいと思う。
 九州からわざわざ、歌手の石川セリが応援に駆けつけた。八月の濡れた砂はカラオケの定番。なにか得した気分になった。


1月8日((水))晴れ 久しぶりに駅に立った
 毎週金曜日の一橋学園駅での朝のアピールは16年目に入った。昨年の12月は雨のため三回も中止でお礼の挨拶もできなかった。
今日は会はニュース「虹とひかり」10号を北口で配布した。同僚の村松まさみも参加し3人で賑やかだった。あと小平駅、花小金井駅で計6回配布する。
 清々しいスタートを切れた。


12月の雨のち晴れ 
     12月5日、小平駅で配布したチラシから

 自民党と公明党はこの法案を明日までに成立させようとしています。指定の範囲があいまいである。知る権利や基本的人権が脅かされる。第三者機関を首相が担うというのではチェック機能が働かない。あいまいな点が多すぎるなど、さまざまな懸念が広がっています。

何よりもこんな重要な法案をなぜ急いで作る必要があるのか。十分に議論してほしいという声が広がっています。
小平市議会では会派、虹とひかり(村松まさみ、橋本久雄)が呼びかけて意見書を提出しました。

 3日、総務委員会で審査されました。結論を出したくない反対の会派が継続を主張し、3:3。可否同数。委員長(公明党)判断で継続になりました。今結論を出さなければ意味がありません。  
 
小金井市では慎重審議を求める意見書、国立市では廃案を求める意見者が自民党、公明党などの反対の中、可決されました。

 議会は丁寧に議論し結論を出す場です。自分たちの利害を優先して結論を出そうとしない。決められない議会では困ります。

 本日はこの議案を共同提出したフォーラム小平、共産党、生活者ネットワークと共同でアピールを行っています。


特定秘密の保護に関する法律案に対し

慎重な審議を求める意見書

今国会で審議が始まった特定秘密の保護に関する法律案では、特定秘密について、防衛、外交、外国の利益を図る目的で行われる安全脅
威活動の防止、テロ活動防止の4分野の中で、国の存立にとって重要な情報を対象とするとされています。

 
しかし、その範囲が明確ではありません。法案には「その他」という文言が36か所あり、特定秘密の範囲が拡大するのではないかという懸念が広がっています。
 この法案が成立すれば、特定秘密とされる情報を漏らした公務員だけでなく、取得した側も処罰の対象となります。調査活動をする市民や研究者、情報公開を求める民間団体なども、罪に問われる可能性があります。
 
政府が不都合な情報を隠し、それを暴くことが罪になれば国民が政府の本当の姿を知ることはできなくなり、民主主義の根幹は揺らぎます。

法案には特定秘密の指定や解除を決める際の基準の策定について、有識者の意見を聴取する規定が盛り込まれましたが、有識者が関与できるのは「基準作り」だけです。秘密の中身の閲覧はできず、実際に特定秘密を指定する際の手続きにも関われません。行政から独立し、秘密の中身を監視する「第三者機関」の設置は必須です。                           日本弁護士連合会など多くの団体が憲法にうたわれている基本的人権を侵害する可能性があるなどとして、同法案の制定に対して反対の声明を出しています。また、慎重な審議を求める声も上がっています。                                       
 今、重要なことは刑罰による秘密保護と情報統制ではなく、徹底した情報公開を推進することです。「特定秘密」の対象が広がることによって、主権者たる国民の知る権利を担保する内部告発や取材活動を委縮させる可能性も指摘されています。

よって、国においては、特定秘密保護法案に対し、慎重な審議をおこなうことを強く求めます。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。   

 ● 賛成会派 13人

フォーラム小平(民主党、社民党)4人、日本共産党小平市議団4人、生活者ネットワーク3人、虹とひかり(緑の党)2人

● 反対会派 11人 公明党6人、政和会(自民党など)5人

● 不明   3人 みんなの党2人、市政クラブ1人


 
                                 12月7日、大デモで


12月28日(日)晴れ 一年間ありがとうございました。
 今年は特に忙しい一年間でした。選挙の連続でした。
昨年の12月、衆議院選と都知事挙。すぐに直接請求のための署名集め。4月、市長選。5月、住民投票6月、都議選。7月参院選。選挙は社会をよくするために行うものです。
 しかし、選挙をやればやるほど、世の中が悪くなったんじゃないかというのが正直な実感です。
安倍首相は前のめりに強い国を作ろうとしています。民主主義が危ない、とこれほど強く思ったことはありません。

 一橋学園駅での朝のアピールを始めて16年目になりました。ささやかであってもこれからも声を上げ続けようと思います。

●都市計画道路に住民の意思を反映させる会では住民投票用紙の開示を求める裁判を東京地裁に行いました。既に2回、裁判が行われました。知る権利をめぐる裁判です。次回は2月10日。注目ください。

●都知事選挙ですが、宇都宮さんを中心に候補者選びをしています。民主党から共産党までが乗れる候補者です。後出しはしません。決まったらすぐに公表し、みんなで政策を考えましょう。

●12月議会ですが、秘密保護法と議員の報酬の10%削減(期間限定)の2つの議員提出議案は委員会で継続、撤回になりました。反対の会派は「反対すると市民から批判される」と考えたのでしょう。継続にすれば賛否を表明しなくて済むからです。しかし、議会基本条例を作る議会でこんなことをしてはいけません。
継続に賛成した会派は秘密保護法(総務委員会):政和会、公明党、(みんなの党は委員を出していない)
議員報酬(議会運営委員会):公明党、共産党、フォーラム小平、生活者ネット
どちらにも継続に反対したのは虹とひかりだけでした。

●1年半後には市議選です。議会構成を変えなければ停滞した市政を変えられません。どなたかいい人がいたら紹介ください。

今日が仕事収めです。この1年間、悔しいことの連続でしたが充実した1年でもありました。来年も忙しくなりそうです。1月12日には新年会を予定しています。予定に入れてください。ありがとうございました。よいお年をお迎えください。

12月22日(日)晴れ ちょっと難しいテーマの会議に参加    社会運動と緑の党
 松谷清静岡市議呼びかけの討論会さんのかのため早起きして静岡に向かった。表題はは「緑の党と社会運動の関係」意見交換会。
参加者は静岡近隣の議員と酒井尼崎市議、八木大町市議、片山武蔵小金井市議、中村江東区議、島弁護士。
参議院選挙の惨敗を受けて政党活動と社会運動との関係をどう整理するのかなど話し合った。
 私はこの間の活動が選挙にシフトしすぎていたのではないか。国会議員をることが本当に必要なのかなど、そもそも論から議論を掘り起こすことが必要ではないかなど話した。
 行きは片山、中村さんと富士山を見ながら意見交換に花が咲いた。


12月20日(金)曇り 今日も忘年会で一日が終わった。
 クラブハウスはばたきの忘年会に参加した。知り合いの方が通っているはずだったが、もう数年来ていないとのこと、ちょっとがっかり。精神障害者のこうした団体は大変経営が苦しい。特に作業所を持っていないことも補助金が取りにくい原因になっているようだ。
 議会の後っだたので、疲れた。

12月20日(金)曇り 反対討論で女性の集いの開放を持ち出すのはどうか?
                   学童クラブの指定管理者の指定をめぐって
 12月議会最終日に10小学童クラブ第2の指定管理すあの指定については賛成多数で(株)葉隠勇進に決まった。4団体の中から選ばれた。反対は共産党のみ。
 たまやま、女性の集いの会報にこの会社の女性施策が取り上げられていた。その記事について、ちょっと葉隠勇進を持ち上げすぎかなあと思ったが特に問題ないものだった。ところが反対討論で末広議員はあたかも指定にあたってこの記事が葉隠勇進の指定を有利にする意図があったような発言をした。これって結構問題だ。憶測の部分があるなど女性の集いに方々に失礼だ。
 議事録を確認してから対応を考えたい。

12月20日(金)曇り 決めない議会じゃ困ります。
今日で12月議会が終わった。大きな議案はなかった。
「議員報酬の1割引き下げ」(提出会:政和会、虹とひかり、みんなの党)と「特定秘密法案の慎重審議を求める」(提出会派:共産党、フォーラム小平、生活者ネット、虹とひかり)の2つの議員提出議案はそれぞれ11月21日の議会運営員会と12月3日の総務委員会で審査された。
 ところが2つとも継続に撤回された。
今この時期に結論を出さなければ意見書の意味がなくなってしまう。議員報酬は施行が12月1日、秘密保護法案は12月6日に成立したからだ。
 こうしたことが分かっていながら反対なのに反対を表明しないのは議員失格。こんな決めない議会ではますます市民の支持を失ってしまう。


12月19日(木)曇り時々雨 「アマチュアだから」では困ります。 猪瀬都知事が辞任
 都知事が辞任を表明した。「アマチュアだから」という発言にはビックリした。たとえ経験がなくても、議員や首長はその立場についたらプロとしての行動が求められる。こんな人に400万票も表が入ったなんて、民意が問われる。

12月19日(木)曇り時々雨 「アマチュアだから」では困ります。 猪瀬都知事が辞任
 都知事が辞任を表明した。「アマチュアだから」という発言にはビックリした。たとえ経験がなくても、議員や首長はその立場についたらプロとしての行動が求められる。こんな人に400万票も表が入ったなんて、民意が問われる。

12月16日(月)晴れ 知る権利は最大限尊重されるべきだ     住民投票の投票用紙の公開を求める裁判
 東京地方裁判所に提訴し、今回が2回目の口頭弁論。裁判自身は20分程度で終わってしまい、膨張していても面白くない。水面下でさmざまなやりとりが行われる。
次回は2月10日、時間がかかる。こうしたケースでの裁判は国内では初めてとのこと。注目してください。

12月13日(土)曇り 市内に生ゴミ処理施設がある?  遠藤商会の説明会
 府中街道沿いのドンキーの東側を少し入ったところに遠藤商会というごみの収集会社があります。事業系一般廃棄物を扱っていてコンビニなどから出たごみを処理しています。そのうちの生ごみをここで処理することから周辺に悪臭が漂い、大きな問題になっていました。
 周辺の自治会の方から議会に請願を出したいということで各会派との話し合いが行われました。
話を伺ったところ、一度も説明会を開いてもらったことがないとうことでした。
 そこで、「まず説明会を開かせて、話を聞き、必要なら請願を出したらどうか」というアドバイスをしました。
50人余りの周辺住民の方が参加しました。市の担当課から3人。議員も各会派10数名が参加しました。
 結局、遠藤商会はここでの生ごみ処理は止めるという説明でした。
請願は今後の動きを見て決めることにしたようです。よかった。

12月11日((水))晴れ 久々の介護でした     在宅障害者ボランティア介護
 議員になる前、練馬区介護人派遣センターで在宅障害者の介護をしていました。会の代表のAさんの昼間介護を月1回しています。
Aさんは脳性麻痺ですが若い頃は無免許で車を運転していて7回もネズミ捕りに引っ掛かったという強者です。裁判では負けましたが、このことがキッカケで障害があっても免許が取れるようになったということです。
 Aさんは65歳くらいかと思っていたら「橋本さん、もう70過ぎたよ」と言われ、びっくり。
この頃はほとんど起きることがなく褥瘡が出来てしまいました。
 私が議員になるきっかけを作ってくれた方です。長生きしてくださいね。来年も介護に入りますよ。

12月10日(火)晴れ 2014年度の予算要望をしました。
 少し時期が遅くなりましたが、高齢の予算要望を行いました。
出席者は市長、企画政策部長、財務部長の3人でした。
養母書を渡したあと少し話しました。男女共同の取組みについて村松議員が鋭く質問しましたが、相変わらず「市役所ほど男女の格差のない職場はない。国が変わらなければ小平市だけ変わるということはない」など、村松は怒り心頭でした。
要望の内容は
こちらから見れます。

12月5日(木)晴 保護法いらない!超党派アピール   小平駅南口で
 共産党、民主党、生活者ネット、虹とひかり(緑の党)で共同のアピールを行った。反応はいい。それでもチラシを受け取るのは10人に1人ぐらいだろうか。粘り強く丁寧に問題の本質を伝えていかなければならないと思う。

12月3日(火)晴 全エネルーギーをだして説明        議員提出議案「秘密保護法案」について
 共産党、フォーラム小平、生活者ネットと共同で出した「秘密保護法案の慎重審議を求める意見書」でついて、私が総務委員会で説明した。数日間説明内容を精査し、約40分間にわたって説明した。委員会は公明党2人(1人が委員長)、政和会2人、共産党1人、フォーラム小平1人、生活者ネット1人の7人
 今国会で成立する可能性が高い中での説明だったので、政和会の議員はたいした質問をすることなく継続を主張。継続だと、国会で法案が成立すれば撤回せざるを得なくなることを読んでのことだった。
 結局、継続賛成:3人、反対3人。委員長の判断で継続になった。こうした政治的な判断で結論を出さないのは議会としての責任の放棄だ。

11月の雨のち晴れ
11月29日(金)晴 秘密保護法案は廃案に  金曜アピール
 今日は一橋学園駅での定例の金曜アピールの日だった。朝7時から8時15分まで。テーマは特別秘密保護法。
 おはようございます。橋本久雄です。特定秘密保護法が衆議院を通過し、参議院で審議が行われています。秘密の期間が30年から60年になったり、秘密の範囲が不明確で拡大される。首相が第三者機関の役割を果たすなどの修正が行われ、ますますひどい内容になってしまいました。小平市議会だったら出し直しですよね。 
それにしてもなぜ与党は十分な議論もなしに結論を急ぐのでしょうか。
 年配の方でこの法案と戦前の治安維持法を重ね合わせる方がいます。例えば、創価学会をつくった牧口常三郎さんは治安維持法と不敬罪で検挙され、特高警察の厳しい追及にも屈せず、非転向を貫き獄死しました。この人はすごい人です。戦争に反対する多くの人たちが治安維持法によって逮捕され獄死しました。戦前、天皇は神(現人神)でしたから天皇を批判す...ると不敬罪で検挙されました。(小平市には幼稚園から高校まで創価学園がある)
 ですから、創価学会に支えられている公明党は平和の党と言われてきました。今は分かりません。こういう戦前と重ね合わせることがいいのかどうかはわかりません。
 この駅の南口に陸上自衛隊小平駐屯地があります。ご存知ですよね。ちょっと変わった駐屯地なんです。学校なんです。経理学校と調査学校があります。経理学校は戦前、中国や東南アジア各地につくられた従軍慰安所の経営のノウハウを教えたと言われています。
 調査学校は諜報活動、敵国に潜入しスパイ活動をする訓練する学校です。この法律ができるとこんな話をこうしてみなさんにしたら逮捕されてしまうかもしれません。
 小平市議会に秘密保護法について慎重な審議を求める意見書を出しました。12月3日に総務委員会で審査します。私が説明します。注目してください。
 集団的自衛権や日本版NSC・国家安全保障会議とか憲法改正などこの国の形を大きく変えかる重要なことを安倍首相は巨大与党の力で押し切ろうとしています。
 皆さんは「自分には関係ない、反対してもどうせ通ってしまう」と考えているのかもしれません。でも、声を上げないわけにはいきません。アメリカと一体となって世界のどこででも軍事行動ができる国を望まないからです。子どもたちにそんな国を残すわけにはいかないからです。一緒に考えてください。

 こんな話をしました。これで4分くらいでしょうか。

11月27日(水)曇 秘密保護法は廃案に
 昨日から12月議会が始まった。本会議中に秘密保護法が特別委員会で可決されたことを知った。
午後、議員提出議案「特定秘密の保護に関する法律案に対し慎重な審議を求める意見書」について、私が提案説明を行った。
 審査は12月3日、総務委員会で行われる。この時、参議院でどうなっているかはわからない。自公の議員からは「(法案は)どうせ通ってしまううんだから取り下げたら」としつこく言われる。撤回しなければならなくなるかもしれない。それでも議会できちんと議論することが大切だ。
 大きな集会も大事だが、町のあちこちで声を上げることの方が大事だと思う。
金曜日は一橋学園駅で定例のアピールを行う。

11月25日(月)曇 露地野菜がいっぱい  鈴木町会街道沿いの農家で
 月に一回、糖尿病の検査で花小金井の近藤医院に通っている。朝7時から診察してもらえるのがあり難い。
今は朝、昼12単位。夜10単位なので結構重症だ。昨年から血糖値が高くなり、目にもきたので、ひたすら養生の日々。
今は血糖値も安定し、眼もだいぶ良くなった。ここからが本題。
 病院からの帰りに鈴木街道沿いの朝どれ野菜のお店に立ち寄る。今日は1丁目の田中さんちだ。
女性が4人で売っている。ほとんどが100円。元気のいいおばあちゃんに載せられて、たくさん買ってしまった。
 今日は野菜鍋にしよう。


11月21日(水)晴 日比谷谷音が揺れた! 秘密保全法反対集会・デモ
日比谷野音の秘密保護法案に反対する集会・デモに参加しました。野音は満杯。外に人が溢れ、1万人は越えていたと思います。
デモは銀座方面と請願デモの2コース。私は請願デモに参加。イケメンの警官によると600人の14梯団とのことでした。これが2コース合計なのか、請願デモだけなのかはっきりしませんが久しぶりにすごい人数でした。
 小平市議会に「慎重な審議を求める意見書(案)」を出しました。小平市議会は全会一致でない場合は委員会付託(総務委員会)になります。
 委員会では3:3、可否同...数で委員長決済で否決になります。審査は3日です。本会議では13:12で可決する可能性があります。しかし、6日に国会で成立してしまうと、意見書(案)自体を撤回せざるを得なくなります。悩ましいですね。
 時間がありませんが、みなさんの議会でも意見書を上げましょう。

 

11月17日(日) 議会改革が進んでいます。    市議会主催議会報告会を4か所で開催
 今年度中に議会基本条例を作るために市民のみなさんと意見交換しようと市内4か所で議会報告会を行った。各会場の参加者は15名前後。もっと参加してほしかったがこんなもんだろうか。
私が担当した鈴木地域センターには小金井市と東村山市の議員も来ていた。様々な質問があり、議員6人で回答した。
 私が一番議話したかったことはどこまで議決事件にするかだったが、このことについての質問はなかった。
これからパブコメを行い。3月議会で条例が成立することになる。

鈴木地域センターで

11月9日(土)晴 やっぱり勝った経験はすごい。徳島の住民投票に学ぶ  
                    どんぐりと民主主義part5 小平中央公民館
 哲学者の國分功一郎、宗教学者の中沢新一、吉野川住民投票を中心で支えた村上稔さんをパネリストに「住民投票と住民参加、徳島と小平から学ぶ」というシンポジウムを行った。主催は小平都市計画道路に住民の意志は反映させる会。
 過去4回、住民投票の取り組みの節目節目でこうした企画を行ってきた。
 前回は住民投票が実施されてあとにもかかわらず、ルネこだいらの中ホール(400席)が満席になった。
今回は小平市民会館ホール(180席)で行い、ほぼ満席だった。
 村上さんは徳島市議会議員として住民投票を中心でリードした。
小平市と徳島市の違いを越えて共感できることがたくさん見つかった。
 もともと昨年の今頃、直接請求のための署名集めの前に村上さんを呼ぼうという話を私がしたことがあったが実現しなかった。
あの時こうしていればよかったと悔やんでも仕方ない。気を取り直して、これからの運動に役立てていきたい。

 打ち上げでげで


11月1日(金) 秘密保護法でどんな社会がつくられるのか 金曜アピール
 毎週金曜日の朝、一橋学園駅前でアピールを行っている。始めて16年になった。
ホームに向かって話す。だいたい4分程度。いろいろのことが話せる。
 駅のアナウンスが始まると、途中で中断する。聞いている方に「これがいい」と言われるが「中身がいい」とはなかなか言われない
 今回は特別秘密保護法について。
アメリカの国家安全保障局(NSA)が世界各国の要人を対象に盗聴を行っていたことが大きな問題になっている。こうした盗聴や監視はどの国でも日常的に行われている。...
 アメリカはこれとは別にエシュロンという世界規模の盗聴システムをもっている。巨大なドーム型の盗聴システムを世界各国に設置。日本には青森県の米軍三沢基地にある。
 また、日本では2007年、自衛隊の情報保全隊がイラク戦争に反対する団体や個人の行動を調査していることが明らかになり、大きな問題になった。小平市では「橋本久雄が仲間数人と一橋学園駅前でチラシを配布し、イラク戦争に反対する演説を行った」と記録に残っている。
 すでに1999年盗聴法が成立している。
 みなさんは「自分は悪いことをしていないから関係ない」と思っているかもしれません。しかしこうしたことの中でものが言えなくなる社会が作られようとしているのではないか。
 こうした日常的な盗聴や監視の一方で国家安全保障会議(NSC)を作り、秘密保護法をつくろうとしてる。
 秘密の中身が曖昧である。権力者に都合の悪い情報を隠す。暴露すれば犯罪に問われる。こうした一連の動きや集団的自衛権、そして憲法改正など、すべてが一体のものとして動いている。
 世界の憲兵でいられなくなったアメリカの役割の一部を日本が肩代わりしようとしている。
みなさんはアメリカのような国になることを望んでいるのですか。
 私たちはアジアに暮らす一員として、どうしたらアジアの人々と仲良くなれるのか、そのことをまず考えたい。
 12月議会に「慎重な審議を求める意見書」を出す。本当は反対の意見書を出したいが、自民・公明・みんなが賛成しないので13:13.議長決済で否決になってしまうので慎重審議にする。
 国会の議員構成を見ればこの法案が成立する可能性は高い。私たちが声を上げること。世論を高める以外に止めることが出来ない。
 私たちはどんな社会をつくりたいのか、これからもみなさんと考えていきたい。
こんな話をいろいろと組み合わせを変えて話した。ウンウンとうなづく方や無視する方、反応は様々。
 この法案は絶対につぶさなければいけないと思う。

ちょっと若すぎ?


10月の雨のち晴れ
10月27日(日) 切れそうになって、はらはらだって  女性の集い主催「議員との懇談会」で
 27日、小平でNPOフェスタin元気村2013が行われた。10年前と比較にならないほどいろいろなグループが参加していて、大盛況だった。
 その中で女性の集い呼びかけの「議員との懇談会」があり、27人中10人の議員が参加した。テーマは「男女共同参画都市宣言」について。小平市はすでに男女共同参画推進条例があるが、センターには職員がいない。当然、相談業務はしていない。センターとしての取り組みはほとんどない。
 昨年度、男性で育休取得可能な職員が19人いたが誰も取得しなかった。個人情報を理由に担当部局はこうした事実を把握していなかった。当然ニーズ調査もしていない。
 管理職の女性割合は16%
。「女性が管理職になりにくい職場ではない。実力によって登用している」というのが市長の口癖。結局何もしない。こんなことを決算委員会で追及した。同僚議員曰く「橋本さんが吠えた。」
 さて、懇談会では議員全員が「宣言には賛成だが小平市の現状を考えると今ではない」  と発言したことから、参加者から批判の意見が続出、盛り上がった。私は「公募市民が半分の推進審議会ではもっとやれることがあるのではないか」と発言したことから、「橋本さんは審議会を傍聴したことがあるのか」 と言われてがっくり。
最後は「もっと少人数で引き続き意見交換しましょう」と前向きな発言で終わった。
 同じ会派の村松まさみ議員曰く「いつ切れるのかハラハラしていました」とのこと。抑えて押さえて。
 皆さんのところはどうでしょうか。 

10月13日(月・祭)晴 やっぱり負けると悔しい  舎人公園でオーバー60のサッカー大会
 昨日はサッカーのオーバー60の都大会が舎人公園であり、久々に汗を流した。20分ハーフ。1時からの緑の党東京連絡会を途中で抜け出しての参加。0:2で負けた。この年になっても負けると悔しい。                             
おかげで9時半に寝たの
はいいが2時半に目が覚めてしまった。もう一度寝るのももったいないので、そのまま事務所で仕事。   
 今日から決算員会
。全議員が2グループに分かれて一般会計と特別会計の審査をする。一般会計は3日間、朝9時から夜の9時ぐらいまで。12時間も椅子に座りっぱなし辛い。4日にしろと言っているが実現しない。質問は再々質問までだが、時間制限なし。議会事務局がご丁寧に各議員のトータルの質問時間を計っていて、「橋本さんが一番長いですよ」と必ず言われる。今回も一番長いだろうな。


9月の雨のち晴れ
9月28、29日(土、日)晴 敗北を乗り越えて、緑の党総会
 2日間にわたって、緑の党第2回総会が都内で行われた。私はスタッフとして参加。200人弱の方が集まり、熱心な議論が行われた。参議院選挙は大敗北だった。深刻な総括と希望をつむぐ方針が必要だ。何よりも新しい緑の党をアピールしなければならない。
 熟議民主主義を大切にすることから、議論を大切にする。すべての発言を認めることから時間がかかる。
課題も見えてきた。議論が深まらない。同じ人が何回も発言する。地域での議論を受けた発言がが少ない。全国協議会委員は1人を除き同会が推薦した候補者しか当選しなかった。規約に致命的な欠陥があったなどなど。
なによりも総括と方針は十分に議論出来たとは言えない。
ちょっと遊びがないというのか、もっと楽しげな雰囲気があってもいい。
2月の総会に向けて地域での議論を活性化させて、信頼と期待に答えられる緑の党を作っていきたい。

山本太郎参議院議員や阿部知子衆議院議員、三宅洋平さんが激励に駆けつけてくれた。
山本太郎さん 三宅洋平さんと、左は同僚議員の村松真佐美

9月26日(木)晴 少数意見に心理あり!  9月議会最終日
 9月議会最終日、2つの請願が不採択になった。
一つは住民票の結果の公表を求めるもの。もう一つは3市共同資源化施設など3施設と建設計画について検討委員会を設置することについて。
前者の賛成は生活者ネットの3人と虹とひかりの2人。21対5で不採択。
主な反対意見は「すでに住民投票は終わったことだ」(反対の全会派)、「投票に意図的にいかなかった人(ボイコット)した人の意思が無視される」(フォーラム小平)とか、共産党にいたっては、「今こんなことをしても意味がない。地域住民の会(地権者など)が行わっている都や国に説明を求めていくことに集中すべきだ」。政和会(自民党など)は「そもそも住民投票になじまない課題だった」と一貫している。
 共産党には驚いた。今頃都や国に説明を求めることにどんな意味があるのか、首をかしげてしまう。

後者は賛成は虹とひかりだけ。24対2で不採択。
 検討委員会を立ち上げるのはいいが、建設予定地まで検討の対象にするのでは賛成できないというのが大方の意見。
住民に知らせることなく建設地を行政だけで決めてしまったことから反対運動が起き、6年間も凍結されることになったことへの反省がない。議会としての責任重大だ。なにも見直せと言っているのではなく、検討しろと言っているのに、誤解してい議員が多いのにはまいった。

9月22日(日)晴 久しぶりに堀之内病院に行った
 今日は障害者のボランティア介護で新座市の堀之内病院に行った。10時から18時まで介護。堀之内病院に行くのは10数年ぶりだろうか。
 病院に入院する時、原則介護者を付けることが出来ない。言語障害のある場合、看護師では対応できない。この病院だけはこうした障害者の入院の場合、介助者の付き添いをを認めている。
 障害者運動に理解のある先生がいたことと、当事者たちの粘り強い交渉で実現した。
 議員になる前の4年間、練馬区介護人派遣センターで働いていた。日本の障害者運動の草分け的な団体だ。
 議員になってからは月に一回ボランティアで介護に入っている。私のようなボランティアがけっこういて、行政から支払われる賃金は薄給で頑張る専従職員の賃金に上乗せされる。
 入院しているAさんは若いころは無免許で車を運転していて、7回もネズミ取りに引っかかった。さすがに警察も怒って裁判になった。大弁護団が組まれて、大きな運動になったが、裁判には負ける。しかし、これ以降障害があっても免許が取れるようになった。
 こうした人たちの運動で少しづつ、障害者を取り巻く環境は改善された。しかし、本質は変わっていないようにも思える。
 Aさんにはいろいろなことを教わった。Aさんに出会わなかったら議員になれなかったかもしれない。
 Aさんのことや日本の障害者運動については「自立生活運動と障害者文化」という本に詳しく書かれている。ぜひお読みください。


9月21日(土)晴  野川の辺でお月見音楽会
 21日、野川のクジラ山のほとりでお月見音楽会。こどもの国幼稚園の卒園児のサークル『らくがきクラブ』主催。一年生から六年生の子どもたちのリコーダーの演奏やコミカルな演奏など夜風に吹かれながら楽しい時間を過ごした。子どもたちは久しぶりの友達に会えて大はしゃぎ。クジラ山周辺は東京では数少ない自然の残る場所だ。街路灯がなければ真っ暗になる。
川の3面をコンクリート張りにしたのを市民の働きかけでそのコンクリートをはがし、自然を残す工夫が行われている。
11月には原っぱ祭りが盛大に行われる。
 10歳の娘は夜遅くまで遊びまわっていた。私はといえば酔っぱらって月を眺めていました。この日は小平で幻燈会だった。参加できなくてごめんなさい。

 

9月10日(火)曇時々晴れ 議会は何が起こるかわからない
 議会はほんとに魑魅魍魎。賛成しますと言って反対するとかが時々起きる。過去2回大きな議案でこんなことが起きた。ともに共産党。
 全国から注目された小平市の住民投票。成立要件に達しなかったので不成立。開票もされないことから開票することでこれからのまちづくりに役立てたいと行った開票を求める請願署名は13000筆余りの署名が集まり、総務委員会で審査された。
 生活者ネット、公明党、共産党が継続を主張することを事前に確認していた。この場合は3:3、同数で委員長判断で継続になる。ところが休憩中に副市長が共産党の部屋に入って事態が一変。
 委員会で共産党も採決を主張し、採決。生活者ネットのみが賛成。実質1時間の審査で不採択になった。本会議ではネット3、虹とひかり2の21:5で不採択になることが確定した。
 与党の共産党はこれが共産党かと目を疑う判断を時々する。以前、国民保護計画について与党だから反対できないと言った時には驚いた。共産党は本当にわからない。
 全国の皆さんから頂いた思いを生かすことが出来なかったことが残念でならない。

9月7日(土) 多摩にはカラオケでも行きましょう
 みどり三多摩呼びかけの緑の党意見交換会の後、久しぶりにカラオケに行った。
若者2人とおじさん、おばさんが5人。大いに盛り上がった。知らない歌やら新しい歌に聞き入った。
 ちなみに私が唄ったのは、れんげそう(ビリーバンバン)、京都から博多まで(藤圭子)、旅人よ(加山雄三)、いちご白書をもう一度(バンバン)、あのすばらしい愛をもう一度(加藤和彦)。暗いと言われた。シュン。やっぱり暗いですかね。


9月7日(土) 民主主義の学校  サドベリースクール
 10歳になる娘は1年間だけ賢治の学校に通っていました。学校は第2の家族で先生は8年間変わりません。先生と合わないと大変です。
その後、事情があって地元の公立学校に転校しました。
 毎日楽しく学校に通っていると思ったら、突然「学校はあれをやってはいけない。これをやってはいけないばかりで監獄のようだ」といって行かなくなりました。今は自宅でホームスクーリングです。お母さんは大変ですが、学校の友達と遊んだりしてすごく楽しそうです。
 今私が関心を持っているのは写真のサドベリースクー...ルです。
先生も保護者も子どもも同等の権利を持っていて、すべてが全員で決める。民主主義の学校です。
 写真の本はサドベリー・バレー・スクールを紹介したものです。
※ サドベリー・スクールの先駆的存在であるサドベリー・バレー・スクールは、1968年に創設されて以来、数多くの学校や団体にとってその方針やアイデアを考える際の拠り所となってきた。2008年現在、世界には約40校のサドベリー・スクールがある。



9月5日(木) もう一つの化学兵器
 今9月議会の真最中です。冷房の効いた議場にいるのは私には苦痛です。家にクーラーがないので参ります。さらにつまらない質問を一日中聞いているのもまいります。
 さて、シリアへの軍事介入が行われようとしています。介入に反対する議会決議を上げたいと準備しています。
 ここからが本題です。化学兵器について日本が第2次世界大戦で使用したことはあまり知られていません。石井四郎の731部隊です。森村誠一の悪魔の飽食に書かれています。
ペスト菌を培養したり、毒ガス兵器を実戦に使いました。
日本政府はこの事実を公式には認めていません。
 中国の黒竜江省のハルピン周辺に遺跡が残っています。石井四郎が執務室に使った建物は中学校になっています。丸太といって生きたまま人体実験し、亡くなった方の死体を焼いた焼却炉の煙突も残っています。
 ABC企画委員会がこうした遺跡の保存と世界遺産の登録をめざしていますが、メンバー...の高齢化と日本政府の支援がないことから苦戦しています。
 私も2001年現地調査に同行しました。人体実験をしたところ一面にたんぽぽが咲ていました。地元の人の「このたんぽぽは人体実験でなくなった方の血を吸って咲いているので絶対にとらない」という説明に胸が痛みました。
ABC企画委員会は私の事務所内にあります。
※ABC企画委員会とは
 「731部隊展」と「毒ガス展」の実行委員らを母体にし、現在は中国ハルビン市平房区の「侵華日軍第731部隊罪証陳列館」を世界遺産に登録させることや細菌戦と毒ガス戦による中国人被害者支援などの運動をしています。大量破壊兵器である核兵器( :Atomic weapon ) 生物兵器(Biological weapon )と化学兵器(Chemical weapon )を廃絶する目的でABC企画という名称にしました。

9月2日(月) 9月議会初日
 9月議会は前年度の会計が確定することから、数字合わせの補正予算が多い。交付税も確定する。
2つの請願が出された。
1.3市共同資源化施設等に関し市民参加の施設検討委員会を設置することについて
 紹介議員は橋本だけ
2.小平都市計画道路3・2・8号府中所沢線について住民の意志を問う住民投票の開票と開票結果の公表について 紹介議員は日向と橋本
ともに共同や住民自治を問う大変重油な請願です。

8月の雨のち晴れ
8月29日(土)曇 久しぶりに盛り上がりました。 虹とひかり、意見交換&懇親会
 この1年間、住民投票にかかりきりだった。また参議院選挙もあり、6月議会の報告などニュースも出せなかった。そんなこともあり、今回は少し砕けてお酒を飲みながらの交流会にした。(もちろん前半の1時間半はしっかり議論をしました。)
 参議院選挙のことや2年後の市議選のことなど、みなさん飲むほどに饒舌になり、延々と10時過ぎまで続いた。参加者は13人だったか。

8月27日(火)晴 さすがに疲れました   国分寺駅前で街頭署名
 住民投票の開票と公表を求める請願署名を連日行っている。この日は国分寺駅北口で行った。
結構、小平市民もいる。国分寺市の方や仕事帰りの北区の方や高校生のカップルなどたくさんお方が署名してくれた。
6人で、120筆の署名をいただいた。もうすぐ9000筆だ。


8月8日(木)晴 原爆体験記を読んで 広島、長崎を思う
 小学校6年生の時に原爆体験記という本を読んだ。50年前のことだ。すごい衝撃で、それ以降君が代は唄わないことにした。今は議員なのでいろいろなところに呼ばれるが、着席を貫いている。立川市のようにそうした議員は式典に呼ばない自治体が増えている。おかげで友人の大沢立川市議は悔しがっていた。
 3.11を経験した日本が原発を海外に輸出するという、およそ信じがたいことが通ってしまう。法制局長官を変えてでも集団的自衛権を可能にしようとする動きなど、憲法改正が現実味を帯びる中で、私たちはアジアの一員として他国の人たちと仲良くできる環境を作りたいと思う。

7月の雨のち晴れ

7月30日(ひ)曇時々晴 気持ちい汗をかきました。 サッカーシニア試合で
 7月28日、小平と他の2市のシニアの選抜チームによる親善試合を中央公園グランドで行った。15分×6本の総当たり。入れ替え自由で気持ちだけは若い60代の若者(?)が気持ちい汗をかいた。
 本職はキーパですが、今回はハーフとフォワードで動き回った。まだまだやれる。
その日の夜、右足のふくらはぎの筋肉が硬直して参った。無理は禁物。でも70歳までは頑張るぞ!

7月25日(木)曇時々雨 しっかり勉強しました。23~24日  議員ネット学習会
 市民自治をめざす三多摩議員ネットワークでは夏と冬、合宿形式で学習会&議会報告会を行っている。
今回は青梅かんぽの宿。参加者17人。
テーマは①子宮頸がんワクチンなど予防接種全般の問題:古賀真子(日本消費者連盟)、②生活保護法の改悪問題:丸居(S区福祉事務所)、③報告:各自治体の公共施設保全計画など、④視察:市民放射能監視センターちくりん舎(日の出町)
 交流会では参議院選挙について大いに議論。自治体での取り組みの重要さを改めて感じた。


 
ちくりん舎で 

 、
若い参加者と左から木村隆文(緑の党事務局)、村松真佐美(小平市議)、会津素子(成田市議)

参議院選挙を考える
 17日間にわたる参議院選挙が終わった。
緑の党では3台の車を都内に走らせた。1台はすぐろ奈緒の選挙カー。後の2台は確認カーとして都内を走り回った。候補者は時々乗るだけ。
その1台は多摩地域を回った。その車の責任者としてほぼ連日街宣に参加した。自分の選挙よりハードだった。
反応はすこぶる良かった。しかし、ボランティアの集まりが悪い。6年前の川田龍平の時にはたくさんのボランティアが集まった。9年前のみどりの会議は日本で初めての環境政党だったが、それよりも悪い。
 おそらく市民の中に政党に対する忌避感があるのだろう。もう一つは自分の立場を明確にしないことが市民運動を上手にまとめることができるという誤った意識があるのだろう。
 日本ほど政治の話しをしない国民はいないとよく言われる。
これではいくら頑張っても既成政党に対抗できない。
 日本で初めて立ち上げた緑の党はこの半年間で約7500万円の寄付を集め、選挙に臨んだが選挙前から様々な困難に突き当たった。
● 供託金の高さ:比例区1人600万円。選挙区1人300万円。新しい政党は10人の候補者をたてなければならないので6000万円必要だ。金持ちしか立候補すらできない仕組み。
● マスコミが報道しない:諸派扱いで名前が出てこない。国会議員がいるか入ないで扱いが全く違う。新規参入の壁がこれほど高いとは改めて驚いた。
● 市民政党が登場できない:これでは市民の政治参加ができない。日本に民主主義はないと思ってしまう。

こうした中での緑の登場がどれほど大きな意味があるのか計り知れない。候補の一人、ミュージシャンの洋平さんの選挙フェスが大きな話題になりたくさんの若者が参加した。

緑の党は予想をはるかに下回る得票数で議席獲得ができなかった。
 自民党の圧勝には驚かされる。脱原発はもとより、私たちが訴えた格差社会の問題やTPP、憲法改正などに有権者は向き合わなかった。例えば、年収200万円以下の人や福島の人たちの多くの人も自民党に入れたと思われる。10年後20年後の日本を考えるよりは目先の暮らしを選択したのだろう。
自公政権やみんなの党、維新の会に対抗できる政治勢力の弱体化の中で選択肢を提示できなかった力量のなさを痛感している。

 今の選挙制度では政党要件がなければ諸派扱いで、名前すら新聞などに載らない。よほどの話題性がない限り、市民政党は国政に登場できないことがはっきりした。
 3年後どうするかは未定。今後の取り組みをじっくりと考えたい。ご支援いただいた方に感謝。

すぐろ奈緒と田口まゆ、高円寺での最後の集会で

7月18日(木)晴、時々曇、雨 孤軍奮闘!組織は怖い?    八王子駅前で山口なつお公明党代表の街宣車とバッティング
  毎日、緑の党の街宣に汗を流している。すこぶる反応がいい。しかし、マスコミでは諸派扱いで名前が出てこないのが歯がゆい。
 昨日、八王子駅北口の街宣の時、公明党の街宣とバッティングした。大きな街宣車、耳にイヤホンを付けたダークスーツの無数の男性。私服刑事と見間違う。候補者を待っている創価学会員。
 こちらはわずかに2人。候補者は40分後に到着するとのこと。交渉をして、ではその前の30分、街宣をすることになった。
1人が山のような学会員の前でのぼりを一本持ってニュースを配布し、私はバスターミナルに向かって迷演説を25分行った。
遠くデッキの上から話に聞き入る方など反応の大きさを十分に感じとれた。
象と蟻のごとく多勢に無勢。それでも一本の矢が確実に放たれたことを感じ取れる一瞬だった。
街宣終了後、「さて誰が来るんですか」と聞いたら、「山口代表です」とのこと。車を動かし始めたところに候補者の街宣車が入ってきた。
ちょっぴり冷や汗。

 多摩センターデッキで

7月16日(木)晴 しばしの休息
 連日緑の党の街宣などでいささか疲れ気味。今日は街宣担当がなくしばし休息。
自転車の鍵がなくなったので取り替えたり、布団を干したり、たまった書類に目を通している。
 反応は駅によってまちまちだが、今までで一番いいように思う。新しい政党は諸派扱いでなかなか浸透しにくい。それでも先週半ばに入った選挙広報が出て行こう空気が変わってきた。
2%、120万票で1議席なのでこれからの頑張り次第では当選の可能性が出てきた。
ボランティア大募集 詳しくは緑の党へ http://greens.gr.jp/

 武蔵小金井駅南口で

7月4日(木)曇 参議院選挙が始まった
  むしむしする日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。
昨年暮れの住民投票の署名集め、市長選挙、住民投票、都議選と選挙が続きました。さすがに疲れ気味です。
 そして明日からは参議院選挙です。衆議院選挙に続き、今回も自公の圧勝となるのか心配です。
 この20年間を失われた20年というそうです。この10年で勤労者の平均年収は50万円減少しました。
一方、大企業の内部留保は300兆円になりました。アベノミクスは経済が成長すれば企業がもうかり、人々の所得が伸びるという考えにも続いています。このことはかつての高度経済成長路線と変わりません。こうした経済成長至上主義が1000兆円の借金を作りました。

 憲法の改正や日米軍事同盟の強化など、この国はいったいどこに向かおうとしているのか、子どもたちに安心できる社会を引き渡せるのか考えてしまいます。
 例えば、最低賃金を1000円にする。(東京の最低賃金は850円、最低は高知県の652円、平均749円)同一価値労働同一賃金の原則を法制化する。(ヨーロッパでは当たり前)これだけで、社会はドラスティックに変わります。こうした政策がどの政党にもありません。

 私はこの10数年間、緑の党をつくるために走り続けてきました。緑の党は今回10人の候補者をたててチャレンジします。注目ください。(比例9人、選挙区1人。供託金合計5700万円)
 東京のすぐろ奈緒(杉並区議)、田口まゆ(自死遺族NPOセレニティー代表)は東京生活者ネットの推薦を受けています。
選挙区は山本太郎を応援します。
選挙中は街宣車で多摩地域を走っています。詳しくは緑の党HPをご覧ください。

7月4日(木)曇 開票と公表を求めつ運動は終わらない 毎週月曜日市役所前で沈黙アピール
住民投票が終わって40日が過ぎた。もう過去のことだという方もいるが、まだまだ終わったわけではない。開票と公表を求める取り組みが続いている。
30日のどんぐりと民主主義part4には400人を超える方が集まった。これからが正念場9月議会に向けた請願署名を始める準備をしている。
 毎週月曜日には市役所前で沈黙アピールも始まった。



6月の雨のち晴れ
6月27日(木)晴 老いを感じた日 電車で席を譲られた
 先日、緑の党の高円寺事務所に行くので電車に乗っていたら、前の席の50歳代と思われる女性に席を譲られた。一瞬どうしていいかわからず。「結構です」というのが精いっぱい。自分ではまだまだ若いと思っていてももう62歳ですもね。歳は隠せません。
 気持ちも心も若いだけではだめですね。見た目も若作りしなくっちゃと真剣に思い悩んだ日でした。

6月27日(木)晴 老いを感じた日 電車で席を譲られた
 先日、緑の党の高円寺事務所に行くので電車に乗っていたら、前の席の50歳代と思われる女性に席を譲られた。一瞬どうしていいかわからず。「結構です」というのが精いっぱい。自分ではまだまだ若いと思っていてももう62歳ですもね。歳は隠せません。
 気持ちも心も若いだけではだめですね。見た目も若作りしなくっちゃと真剣に思い悩んだ日でした。

6月25日(水)晴 わずか30分  6月議会最終日
 6月議会は大きな議案がなかった。そんなわけで最終日は30分で終わっていまった。
子宮頸がんのことや都議選、4月以降の住民投票をめぐる動きなど忙しかったが、議会はいたってのんびりムードだった。

6月25日(火)曇時々雨 住民投票は小平の市民自治にどのような影響を与えたか  法政大学五十嵐ゼミで報告
 法政大学の五十嵐敬喜ゼミで住民投票について報告した。報告者は私と水口、馬場の3人。私のテーマは議会の動き。参加者は20人余り。この制度の法的な根拠など私たちが考えていることを様々な角度から補強するような参考意見をたくさんいただいた。
 終わってから小平のメンバーで飲みながらミーティング。家に着いたのは翌日だった。

6月14日(金)雨のち曇り晴 都議選挙は始まりました 緑の党は中区選挙区で杉原浩司を擁立
東京生活者ネットと政策協定。双方の都議候補を支援
 当初、杉並選挙区からの擁立を検討していましたが、生活者ネットワークとバッティングすることから調整し、中野選挙区から立候補することになりました。長く、原発の問題などに取り組んできたスペシャリストです。注目ください。
 その後には参議院選挙と忙しい毎日が続きます。

6月8日(土)晴 みんな元気 ゆうやけ子どもクラブ、明日は天気!コンサート
 障害のある子どもの放課後活動を支えてきたゆうやけ子どもクラブが第3子クラブ絵お立ち上げました。財政的には大変厳しい状況にあることから、資金集めも兼ねたコンサートでした。
 ルネ小平大ホールが満員で、楽しいイベントでした。
私は青のTシャツを2枚買いました。

6月5日(水)晴 開票しないのが定説ってどういうこと  住民投票の一般質問で
 一般質問をしました。
住民投票で開票しないことについて、成立要件を設けている条例では坂戸市を除き他の24の自治体では「不成立の場合は開票しない」という文言が入っている。小平市の条例には入っていない。つまり開票しないとも開票するとも書かれていない。
 副市長は答弁で「開票しないのが定説になっている」と答弁した。その後確認したところ、「職員が法務などの教育を受けるときにこういう説明を受ける
ということだとのことだった
 これを定説と言われても困る。文献や判例にあるわけではない。
今後どうやって開票を実現するか知恵の出しどころです。

5月の雨のち晴れ

5月26日(日)晴 忙中閑あり、久しぶりにサッカーをしました。
 住民投票の投票日、連日の街宣などでよれよれでしたが、「キーパーがいない。橋本さん是非来て」と言われたんでは断るわけにもいかず、中央公園にひとっ走り。強豪マスターズの2点を入れられたが、危うく3点目を久々のセービングでストップ。2:2の引き分けだった。
目の調子が悪く、ボールが2重に見えてひやひやでも結構やれるものですね。体調を整えてまたやりたいな。 
 しっかり投票に行ってねとお願いをしてとんぼ返り。最後の呼びかけに汗を流しました。

4月の雨のち晴れ
4月30日(火)曇 こんなことがあってもいいの 住民投票、成立要件50%!?
市長選に当選した市長は突然成立要件50%、満たない場合は開票しないという条例改正案を出してきた。もともと条例には反対だったのだから、再議にかければ否決することができたのに市長選挙にマイナスになると判断して再議にかけなかった。
 再選した途端こんな無茶な改正をするとは許せない。
同t炉建設に賛成であるとか反対であるとかでもなく、条例に賛成であるとか反対であるとかにも関係ない。
まず議会が怒らなくてどうするんだ。議会が決めたことをこんな形で変えてしまうことができたら、議会なんていらない。
 情けない。

4月7日(日)晴 生活保護費の切り下げはいけません 。 生活保護費大幅切り下げ反対!三多摩アクション
 国分寺労政会館で表題の集会が行われました。私など市民自治をめざす三多摩議員ネット仲間が賛同人に名前を連ねています。NPO法人ほっとプラス代表の藤田孝典さん、元・生活保護利用者の和久井みちるさんからの報告と問題提起。当事者からの報告など申告否実態が伝えられました。
 自治体によって対応が違うこと。弁護士や議員が一緒に行くとケースワーカーの対応が変わる。でも当事者はそのことで人権が否定されているようで、落ち込むなどの報告に考えさせられました。
 多摩地域でネットワークを作ることを確認して終わりました。
参加者は14人。

 報告者の藤田孝典さん

4月7日(日) 参院選へ始動   緑の党、全国区選対会議
緑の党では参議院選挙に10人の候補者を立てて挑戦します。最低10人そろわなければ挑戦できません。大きな壁の一つが供託金です。比例区で1人600万円、選挙区で300万円です。10人とも比例区なら、供託金だけで6000万円かかります。全国からの寄付で5000万円強が集まりました。まだ足りませんが、何とかクリアできそうです。
 いよいよ本番に向けて動き出しました。
第1回目の全国選対会議を水道橋で開きました。候補者も決まってきました。注目ください。
詳しくは緑の党のHPをご覧ください。
http://greens.gr.jp/
予定候補者、左から須黒菜緒、長谷川羽衣子、松本なみほ、杉原浩司、田口まり

4月5日(金)晴 緑の党の旗が翻る!          武蔵小金井駅で街宣
みどり三多摩ではグリーンズ東京と共同で週1回街頭宣伝を行っている。今回は市議選が行われたばかりのJR武蔵小金井駅前。風が強く、旗がめくれあがって大変だった。取りに来る方も結構いて、手ごたえを感じている。


4月5日(金)晴 これってひど過ぎないか

 町田市にある西東京朝鮮第二幼初級学校を訪れた町田市教育委員会学校教育部教育総務課長は、「昨今の北朝鮮をめぐる社会情勢・市民感情」を理由 に、毎 年、市から貸与されていた子ども用の防犯ブザーの貸与を今年は行わない、と通告したとのことです。
知り合いの方が電話で確認と抗議を行ったところ、
1.配布対象は?
・ 毎年の新1年生に対して貸与し、3年生まで貸与。
・市立小学校は全員、私立学校は必要数の報告を受けてその数を配布。

2.朝鮮学校は?
・昨年までは、私立と同じで、希望があれば貸与していた。
・今年は、希望があったが貸与しないこととなった。

3.理由は?
・昨今の北朝鮮をめぐる社会情勢にかんがみて、貸与しないこととした。

4.決定権限者は?
・教育総務課長決裁である(委員会にはかけてない)

これってひど過ぎないか。この国で暮らす子供たちを北朝鮮のうごきに関連して差別的な扱いを行っていいのか

○抗議先
窓口:町田市教育委員会 学校教育部教育総務課
電話:042-724-2172 FAX050-3161-7906
HPからは、webにて書き込めるようにもなっています。

http://www.city.machida.tokyo.jp/kodomo/kyoiku/about_kyouiku/about_kyouiku01.html



3月の雨のち晴れ
3月30日(土) みどり三多摩では緑の党と協力してが街頭宣伝を行っています。
 みどり三多摩では緑の党の東京の組織グリーンズ東京と協力して毎週街頭宣伝をお子会っています。この日はJR三鷹駅南口で行いました。
 だっつ原発はもちろん、TPP、やアベノミクスなどの課題について訴えました。



3月30日(土)小雨 明日から市長選挙です。
 市長選挙が始まります。前回は現職の圧勝でした。今回は違います。先週行われた小金井市議選を見ると自民の圧勝でした。みんなの伸びました。民主は現職3人の所をを4人立てて2人当選。社民は落選。私が応援した市民自治こがねいの2人はq人当選でした。アベノミクスが結構聞いているんですね。
また、住民投票も現職には逆風です。投票率の低下が気になります。これから4年間のまちづくりにかかわります。投票に行きましょう。

3月28日(木)晴 久々に気持ちいい汗をかきました。 玉川上水をジョギング
 このところ体調が悪く、2月4日の市内駅伝後、初めて玉川上水をゆっくり、ゆっくりジョギング。新緑の中を走るのは気持ちいい。
3・2・8号線の計画地には新聞の切り抜きのボードが貼ってあり、読んでいる方がいたので「解説しましょうか」と解説した。「どこを通るんですか」、「この林を南北に通るんですよ」と盛り上がった。意外と場所がわからない人が多いんですね。
何かうれしくなった。

3月27日(水)曇り時々雨  片目で原稿を読むのは大変です。住民投票条例が成立!
 この日は議会最終日、傍聴席は満席。入りきれなかった方は音声傍聴を聞きながら、東京都で初の住民投票条例の成立を見守った。賛成多数で可決。拍手が沸き起こった。
 私は討論の最後に30分の賛成討論を行った。
このところ目の調子が悪く、片目で原稿を読んだ。ところどころ、手書きの修正個所が読めず、、もう大変。長いよとか、よかったとか、いろいろご意見をいただいた。だって字がよく見えなかったんだよとも言えず、苦笑した。
 隣の村松まさみとがっちり握手した。

3月6日(水)晴 人ひとで議場は溢れかえった  
 住民投票の条例案を審議する臨時議会が行われた。60席の議場は満席。入れなかった50人余りの方が議場の外で音声傍聴をした。
 そのあとの特別委員会でも30席の委員会室は満席
過去の住民投票には投票率に最低ラインを設けているものが多いという理事者答弁があった。これはまったくの事実誤認。
 住民発意の住民投票では最低ラインを設けているものはない。合併をめぐるものなど首長や議会が発意して行ったものには最低ラインの条件が付いているものが多い。こうしたことを混同して説明することで、今回の条例にも最低ラインを付けるべきだというメッセージを理事者は送ろうとしたのだろう。

 このことについて、私は過去の事例を引き出しながら、事実と違うことを指摘。訂正させた。
明らかに何とか否決させたいという意図が見え見えの理事者の対応にはがっかり。
それでも7時間に及ぶ審査ののち可決された。
 27日の最終日に結論が出る。


2月の雨のち晴れ
2月18日(月)晴 選挙時協力党方式について考える    文京シビックホールで
このことをテーマに討論集会が行れた。
パネリストは海渡雄一(弁護士)、江原栄昭(新社会党元中央執行委員)、布施哲也(元清瀬市議)と私。主催は参院選選挙協力を望む会。説明は主催者の村岡到(小選挙区制廃止をめざす連絡会事務局長)
 海渡さんは社民党の福島瑞穂さんのお連れ合い。
各グループや政党が選挙の時だけ新しい政党を作って選挙を行い。選挙が終わったら解党するというもの。衆議院選挙では脱原発政党が乱立して惨敗したことから考えられた。
 そもそも政治や政党に不信感を持っている人たちがこうした手法に共感するのか。どういうグループや政党があるのか。社民党や共産党、生活の党などにも呼びかけるのか。実現可能性はないとはっきり言いました。
ただし、選挙区でみなさんが声をかけて統一候補を擁立することはできるのではないか。そのためにはお金と人が動かなければだめだ、そういう覚悟があるのか。そんな感じでした。
オールド左翼というか、年配の方ばかり。現場へのかかわりが薄い人が多く、ちょっとですね。

2月18日(月)晴 小・村・大の焼却施設の建て替えについて    武蔵のクリーンセンター見学
 三市(小平市、東大和市、武蔵村山市)ごみ連絡会主催で武蔵野施設の見学会に参加しました。4つの候補地から市役所の北側に建設したいきさつ。喧々諤々議論をして、市民参加で計画を策定したことなど大変参考になりました。
 小・村・大の焼却施設の建て替え時期H33年(2021年)に迫っています。
普通計画から建設まで10年程度かかります。早急に計画をスタートさせなければ間に合いません。
いつまでも3市共同資源化施設計画に固執していると大変なことになります。

2月16日(土)晴 3市共同資源化施設はやっぱり無理ですよ
 小平市、東大和市、武蔵村山市と3市が参加している一部事務組合「小平、村山、大和衛生組合」の4者が進めているリサイクル施設は東大和市駅の近くの東大和市暫定リサイクル施設に建設が予定されていました。扱う品目はびん・かん・ペット・その他プラ・乾電池・蛍光管の6品目。
 ところが周辺住民や東大和市議会の強い反対から計画が進められない状態が続いていました。
そこで、6品目からペットと容器包装プラの2品目に変えることに計画変更し、周辺住民を対象に説明会が行われました。
予定地の近くの集会所でこの日行われた説明会には会場一杯の80人余りの方が参加しました。小平市からは立花、日向議員も参加。一向に反対の声が強く到底周辺住民の合意を得るには程遠いものでした。
 この間の計画の進め差のずさんさには驚きます。この際、原点に戻って白紙から計画しなおすべきです。
一般質問します。

2月16日(土)晴 警戒区域で被曝した400頭の牛を飼い続ける理由 
3.11から2年 福島と多摩をつないで                
武蔵野芸能劇場で 
 福島第一原発から14キロの所にあるエム牧場浪江農場で牛たちの命を守り続ける「希望の牧場・ふくしま代表」の吉沢正巳さんのお話を伺った。
 殺処分の国のの命令に抗し、浪江で生き続ける吉沢さんのお話に目頭が熱くなりました。こうした生き物たちに何の責任もないのに人間の都合で命を絶たれる理不尽さんに憤りを覚えました。
福島と繋がること福島の現実を忘れない。主催者の一人として考えました。
参加者は満席で、立ち見も出る200名余りでした。

2月12日(火)曇 市長選挙、ドッチが鳴っても同じだよ?議員親睦会で
 毎年この時期、退職する部長さんの送別会もかねて親睦会を行っています。
市長以下三役を招待します。
今回は4月に市長選挙があることから、以上に盛り上がりました。水面下でどろどろと火花が散っています。
いろいろと、部長さんといろいろ話しましたが、「どちらになっても大して変わりませんよ」とうのが幹部職員の認識のようです。
小林さんは颯爽と登場しましたが今では特徴がなくなってしまったということなんでしょうね。私もそう思います。
今回は激戦です。
3・2・8号線計画についての直接請求にどう対応するかも大きな争点になりそうです。
私は体調がいまいちなのでビール一杯で我慢しました。

2月10日(日)晴 午後はサッカーを楽しみました。
 健康相談会をお昼に抜けて午後は三多摩クラブサッカー選手権に出場。会場は田無高校近くの向台運動場。クラスはオーバー60。対戦相手は町田六十雀SC。4:0で快勝。ハーフのポジションで絶好の得点機を逃した。
 このグランドは20~30歳代に働いていた石川島播磨田無工場の近くで、よく野球をしたところだ。懐かしかった。
田無工場は茨城県に移転し、今はコジマ電機、徳洲会の特養ホームと病院。そして18階建てのマンションに代わっていた。
 あまりの代わりようにびっくり。工場でジェットエンジンの特殊検査をしていた頃が思い出された。
徳洲会病院は建物はできているのに開設の目途がが経っていないとのことだった。


水道道路からIHI跡地を見る。左に隠れて特養ホーム。白い建物がコジマ電機。右の大きな建物が徳洲会病院。手前の空き地には大企業の事務ビルが建つ予定。水道道路で、よくジョギングをした。

2月10日(日)晴 長期的な支援の取り組みが大切です。第3回福島避難者こども健康相談会
 健康相談会を調布市の市民会館「たづくり」で行った。前に参加した子や初めての子など沢山集まった。健康相談にとどまらず、生活全般についての相談に対応できる体制を2回目からつくっている。小平市からは4人の議員が参加した。
 江東区の東雲団地には1000人余りの方が避難生活をしているが、最近孤独死の方が見つかった。
今後は健康相談にとどまらず、日常的な交流の場作りが課題のように思う。
 4月には花見をしようと計画している。
2月3日(日)晴 駅伝で3区を激走?  小平市駅伝にチーム議員で参加
 第8回目の市内駅伝にチーム議員で参加しました。170余りのチームが参加。1区:斉藤敦都議、2区:石毛幸太郎市議、3区:私、4区:細谷正市議。
一人3.1㎞をたすきでつなぎました。私のタイムは16分6秒。15分台に届かなかったのは残念。
暮れから体調が悪くて思うようにに練習できなかった。来年は15分台に届くように精進。


1月の雨のち晴れ

1月11日(金)晴 市長さんおめでとうございます。 久しぶりの朝のアピールで
 毎週金曜日、一橋学園駅で朝7時から8時15分まで朝のアピールをしている。昨年の総選挙以降、お休みしていたので久しぶりのアピールになった。
 この日はたまたま小林正則市長も街宣をするとのこと。小林さんは駅の改札口前で行う。私は線路際の道路からホームに向かって話をするので、特にトラブルが起きることはない。
私は政権交代についてと3・2・8号線計画にかかわる署名活動について話した。
 小林さんはニュース「小林正則からの報告」を配布していた。応援者は民主党の市議と都議。ほとんど市長選挙モードには驚いた。
 その後、市議の滝口さんから「市長が推薦の依頼をしたいので時間を取ってもらえないか」と話があった。もちろんOK ですと伝えた。前回もこうした依頼はなかったのでびっくり。それにしても、ほんの20m先に市長自身がいるのだから、自分で言えばいいのにね。
 4月に行われる市長選挙は激戦が予想される。現職の小林市長は12月議会で出馬宣言。対抗馬は自公から出る予定。一騎打ちと思われる。国政の動きなど現職には厳しい。

1月11日(金)晴 大きいのにチビだって、可愛い猫ちゃんとお話ししました。中央公園、うさぎ橋で
 今日もうさぎ橋で直接請求の署名集めをしました。100名を超える署名をいただきました。
お父さんが大きな猫を抱えてきたので猫談義で盛り上がりました。
 「こんな道路今頃作ってどうするんだ。」とこちらも話が尽きません。


1月8日(火)晴 毎日ジョギングと街頭署名で汗をかいてます
 毎日6時に起きて事務所から上水公園まで玉川上水をジョギングしている。3・28号線計画についての署名をが始まってからは予定地の上水に幅36mの赤い布を朝から近所の方が貼ってくれている。私も出くわしたときにはお手伝い。今日も手伝った。うさぎ橋の周辺などにもチラシやポスターが置かれていて、感激の毎日。
 昼間は駅を回って署名集め。一番集まるのは一橋学園駅。ところが、東の端の花小金井駅でも一橋学園並みに集まる。これにはびっくりした。
 「こんな計画があることを初めて知った。」「いまどきこんな大きな道路が必要なの」などなど、さまざまなお話を伺った。
のころわずか、今日もスーパー、ダイエー前で行う。

  

1月1日(火・祭)晴 一人ひとりの暮らしに寄り添った政治を!
 政治とは一人ひとりの暮らしの積み重ねです。しかし、そうした暮らしに寄り添った政治が行われてきたでしょうか。そうした政治を実現しようとする政党があったでしょうか。
 経済は一人ひとりが幸せになるための手段です。しかし、そのために戦争をしたり、一部の人の金儲けのために経済が使われて来なかったでしょうか。
 3.11は今までの社会の仕組みを根本から変える、新しい社会の形をつくり出すチャンスでした。しかし今、そんなことがあったことすら忘れたように私たちは毎日の暮らしに追われています。
 自民党政権による景気浮揚を最優先したバラマキ政策は結局1000兆円の借金をさらに増やし、公助から自助への転換によってますます厳しい競争社会と格差社会を生み出すように思えてなりません。

 
 
● 支え合いの社会をつくる芽を暮らしの中から拡げよう!
正月、公園を散歩していたら凧揚げをしている子どもたちの笑顔に出会いました。凧は強風にあおられて空高く舞い上がったかと思うと一気に急降下、地面に激突しそうになりました。すかさずお父さんが糸を引くと一気に舞い上がりました。
 自民党政権へ逆戻りしたからと言って一喜一憂しても始まりません。若者を中心に希望の芽が各地に作られています。その芽を育てながら、少しづつ少しづつ希望の社会を地域から創り出していきましょう。

12月の雨のち晴れ

   2012年を振り返って
●政権交代と自公政権への揺れ戻しから何を学ぶか
 民主党政権の誕生によって新しい社会や政治の可能性を垣間見た私たちは、民主党の限界を突き動かすことができませんでした。
民主党のあまりにも大きな変質に多くの人が絶望した結果が今回の総選挙でした。
脱原発は争点にならず、脱原発を掲げる政党の乱立で票は分散しました。未来の党の直前の設立と惨敗、その後の小沢グループとの分党の動きは、もう一度政治不信を生みました。白票が200万票を越え、投票率は戦後最低の59%にとどまりました。
しかし、なぜ限界を超える「もう一つの社会は可能だ」という私たち自身のうねりをつくり出せなかったのか。そのことを真剣に考えなければいけないと思います。
 7月、既成政党に変わる新しい政党を作ろうと緑の党を結成し、来年の参議院選挙に10人の候補者をたててチャレンジすることを決めました。
 解散総選挙の場合は「脱原発共同候補を東京選挙区に擁立」しようと多くのグループと検討が行われましたが、結局失敗。候補者を立てることができませんでした。緑の党として単独でも擁立する取り組みが必要ではなかったのかと悔やまれます。

●直接請求は民主主義の在り方を問うている
 小平市では都市計画道路3・2・8号線計画をめぐり、住民投票のための直接請求をしようと署名活動を始めました。一月の間に有権者の50分の1、約3000人の署名がなければ成立しません。
 この署名活動は民主主義の在り方を問うものでものでもあります。
結局、お任せ民主主義をやめ、私たち市民が動くことで政治や暮らしを変えるという間編重要な取り組みです。署名は1月11日まで続きます。注目ください。
 何かと考えさせられる1年でした。来年ももうひと踏ん張り、汗をかこうと思っています。ありがとうございました。


12月29日(土)晴 121筆も集まりました。一橋学園駅で今年最後の住民投票の署名集めをしました。
 17日から毎日署名集めをしてきましたが今回は100筆を越えました。初めは集まりが悪かったのですが、新聞に載ったりチラシの全戸配布の効果が出てきて関心が飛躍的に広がりました。
 子の署名は1月11日まで続けます。有権者の50分の1、約3000筆が必要です。5000筆は行きたいですね。

12月27日(木)曇 久しぶりに充実した議論ができました。 市民自治をめざす三多摩議員ネット定例会
市民自治をめざす三多摩議員ネットワークは私が議員になった1998年にスタートしました。多摩地域の自治体議員のネットワークです。無所属議員が中心ですが、社民党や民主党の議員もいます。元議員も参加しています。
 議会ごとに定例会を行い、夏と冬には合宿をします。
今回は立川のアイムで行いました。各自治体の課題から総選挙や都知事選、来年の参議院選挙など多岐にわたり意見交換しました。その後は望年会で盛り上がりました。

参加議員は以下です。
のもとよしみ(相模原・藤野)
ひだ紀子(青梅)
陣内やすこ(八王子)
門間ひで子(羽村)
山崎陽一(羽村)
佐藤まさたか(東村山)
とこなべよしひろ(東大和)
長瀬りつ(東大和)
大沢ゆたか(立川)
五十嵐けん(立川)
布施哲也(清瀬)
遠藤めい子(多摩)
藤原愛子(稲城)
重松朋宏(国立)
望月けんいち(国立)
橋本久雄(小平)
村松まさみ(小平)
森てるお(西東京)
漢人あきこ(小金井)
片山かおる(小金井)
坂井えつ子(小金井)
嶋崎英治(三鷹)
野村羊子(三鷹)
山本ひとみ(武蔵野)
清水のぶゆき(狛江)
市原広子(狛江)
辻淑子(あきる野)

12月22日(土)曇 議会基本条例ができます。       市民と議会の意見交換会
 健康センターで意見交換会を行いました。今回のテーマは議会基本条例について。
議会では3年にわたって議会改革についての検討をしてきました。そうした中から議会基本条例を作ることになり、この日、条例案を参加者に提示することができました。
 専門的な質問も含め、たくさんの質問をいただきました。
今後は3月までに見直しをし、来年度中に条例提案をすることになります。
12月18日(火)曇 署名集めがスタート!
直接請求のための署名活動について、立川記者クラブで記者会見をしました
 署名は17日から始まりました。街頭での署名は今日から。 
朝6時から中央公園のうさぎ橋で署名集めを、らじおたがスタートしました。薄暗い中8名余りの方が集まり、ラジオ体操に集まる方に声をかけました。
 ほとんどの方が知っていて、30名余りの方から署名をいただきました。
すでに署名したとか、受任者になっている、とかうれしいお話を沢山受けました。
 一方、今更遅いとかの声もあり、難しさを痛感しました。心してがんばりましょう。

12月16日(日)晴 この国はいったいどこへ向かうのだろうか?

 今回のダブル選挙、自・公で300議席を超えるという報道を聞くと3.11はなんだったのかと思ってしまう。そこに維新の会が加わって憲法改正が現実味を帯びてきた。
誰もが今の暮らしをどうするかで精一杯なのだろう。しかし、次の世代、さらに次の世代のことを考えて国の進路を考えなかったら日本はとんでもないことになると強く思う。自民党は夢よもう一度、経済を成長させればみんなハッピーになれるという旧来の政策と変わらない。国土強靭化計画と称して10年間で200兆円の土木事業などに税金をつぎ込む。
公明党は防災・減災ニューディール計画で10年間で100兆円だ。もう一度土建国家を作ろうとしている。残るのは借金。すでに1000兆円。国民一人771万円の借金。
 一方、金融資産は1500兆円。その6割を高齢者が持っている。お年寄りはすごい金持ちとすごく貧しいお年寄りに二極化している。
金融資産1億円以上のお金持ちに1%の富裕税をかける。所得税の最高税率を現在の40%から60%程度に引き上げる。これだだけで数十兆円の税収増になる。かつて最高税率は75%だった。

 さらには尖閣や竹島の問題を契機に国家主義的傾向が強まっている。強い国をつくる、国防軍の創設などだ。
結果がどうあれ、今まで言い続けてきたきたことをこれからも愚直に言い続けて行こうと思う。
 希望をを紡ぎ、子どもたちの未来に責任の持てる政治をつくる。そんな大人でいたい。


12月15日(土)曇時々雨 これってどうなの 多摩湖線、国分寺駅視覚障害者用誘導ブロックって変じゃない?
 どこの駅にも障害者用誘導ブロックが設置されています。先日、視覚障害者の方が誘導ブロックが2方向に分かれるところでどちらに行っていいか困っているところに出くわした。一つは改札口に繋がっているがもう一つは写真のようにホームのシェンスにぶつかってしまう。
駅に「撤去したほうがいいのではないか」と問い合わせたところ、「壁伝いに改札口に行く視覚障害者がいるんです」と言われた。本当にそうなのだろうか。
これってどうなのかと思ってしまう。今、知人に問合せ中。


 西武多摩湖線、国分寺駅で

2月14日(金)晴 山本太郎の応援に行って来ました。
 杉並選挙区から立候補している無所属の山本太郎さんの応援に行きました。緑の党が全面的に協力。自民党の石原伸晃が7期22年間議員を続けている。
荻窪駅にジュリーが来るというので警備に行ったのにちょっと遅れて会えずじまい、残念。凄い盛り上がりで人が溢れかえっていた。
若い人たちが政治に関心を持ってくれるのがうれしい。山本さんは選挙区ではなく比例区で出したかった。

12月8日(土)晴 久しぶりにすっきりしました 中沢新一&國分功一郎 トークイベント
 中央体育館の東側を府中街道に並行して走る都道3・2・8号線計画をめぐって、宗教学者の中沢新一さんと新進気鋭の哲学者で小平市在住の國分功一郎さんのトークイベントが行われた。主催は都市計画道路に住民の意思を反映させる会。福祉会館のホールに200人も集まりびっくりしました。
 テーマは「どんぐりと民主主義」。一見関係ないようだが、自然や暮らしなど大きなかかわりの中で人も生き物も生かされていること。政治はこうした人や生き物、草や木あらゆるものの声を排除していること。
 その典型がこうした計画であること。今回の総選挙で自民党が返り咲いたとき、こうした公共事業が公然と行われることになるだろうなど、話は多岐にわたった。
 人間だけではなく、どんぐりがその場所でどんぐりらしく生きられるように民主主義を取り戻したい。

12月8日(土)晴 たかが自転車、でも奥が深いですね。自転車スイスイ、学習会で
 自転車スイスイ主催の小中学生保護者のための自転車教室。
また、小平市在住の川村善久さん(NPO自転車活用推進研究会 事務局)から「どうしたら事故を防ぐことができるか」をテーマにお話を伺った。
 小平市は1.5mの歩道が多い。条例では2.0mが標準だ。自転車は軽車両なので歩道を走らなければならない。でも狭いので歩道に上がることになり、歩行者と自転車の事故は多摩地域で一番多い。
まだまだ課題は多いが少しづつでも改善していきたい。
小平は平坦だし、「自転車が似合うまちづくり宣言」ができないだろうかと思う。


12月4日(雨のち曇) 昨日は疲れました。宇都宮選挙で候補者カーで車長をつとめました。
 吉祥寺とスタートして、中央線沿線を中心に街宣をしました。行く先々でたくさんの方が集まりました。宇都宮さんを支持している各政党も参加して地域ごとに勝手連ができ、大きな力になっています。
 朝8時から夜の8時まで、最後は武蔵小金井駅で終了。さすがに疲れました。
12月2日(日)曇 選挙やら議会やらで、てんやわんやです。   詳しくは市議会のインターネット録画をご覧ください
 先週から12月議会が始まった。さすがに12月に入ると寒さが厳しい。
私の一般質問は28日、以下の3問。

(1) 中学校給食の地場産農産物利用促進のためのサポートを

(2) 特別支援学校在籍の自宅学習児への市としての支援は考えられないか
公立学校の児童・生徒は13289人です。
特別支援学校の児童・生徒は186人。私立学校の児童・生徒は1596人います。
教育委員会はこうした公立学校以外に通学している子どもたちを教育行政の外に置いています。今回のような児童生徒は15人いて、そのうちの5人が小平市民です。
 特別支援学校では医療行為の必要な場合は保護者の待機が義務つけれれていましたが、今は研修を受けた教職員でもOKになりました。
ところが、このことがOKなのは学校内だけで、遠足などの学校外では適用されません。したがって、自宅学習児にも適用されません。
 教育委員会はこうした実態について把握していません。
「都立学校なので小平市はタッチしない。こうした要望があったことを都に伝える」という答弁でした。
 もっともわずか5人であっても教育委員会としてこうした実態について把握し、対応しべきです。
また、
小平市特別支援教育数河推進計の中に手帳所持者数(18歳未満)身体:158、知的:320と記載されていますが、この中に特別支援学校に在籍している子どもが入っているのかいないのか把握していません。学齢期前、小学生、中学生、高校生などの手帳所持者の人数もわからず、子どもに寄り添った支援ができるのでしょうか。

(3) 障害があっても地域で当たり前に暮らせるよう移動支援の充実を
 障害のある方が外出する時に支援する移動支援という制度があります。しかし、利用できる人が障害種別や年齢によって規制されています。特に重症心身障害児・者は対象になっていません。近隣市でこうした制限をしている自治体はありません。
最も重い障害のある人が利用できないのは国連の障害者権利条約にも違反しています。
 税制負担(2011年度)で見ると小平市:4600万円、立川市:8200万円、国分寺市:4200万円、小金井市:3200万円です。
人口規模がほぼ同じの立川市より3600万円も少ないのは問題です。
 「それぞれ自治体によって歴史が違う」など、わけのわからない答弁には驚きました。
恥ずかしいですね。
社会参加など、誰もが人として当たり前に暮らせる社会をつくりましょう。


11月の雨のち晴れ
11月19日(月)晴 仲町図書館・公民館は利用者の使い勝手が一番大事だ! 前例のない全員協議会を開催
 仲町公民館と図書館を取り壊し、仲町図書館跡地に図書館と公民館を合築した施設建設計画が進んでいる。設計は妹島設計事務所。斬新な建物を設計していて有名な建築事務所だ。
 今回も外観が流線型のため足場が組みにくかったり部材が特注であったりと工事費がかさむことから、4回も一般競争入札が不調に終わってしまった。事業者の辞退が相次いだためだ。
 そこで市はコストを下げるため設計事務所と協議し、外観等はそのままにして地下の内部を大幅に変更した。 ①壁の肉厚を薄くする ②階段の幅を1.4mから1.2mに変更。さらには子どもや保育の部屋をなくし、廊下にそれに代わるスペースを作った。
これでは外観は斬新だが中身は今までと変わらないものになってしまう。
 この間、議会にはその都度経過説明を行ってきたが、こうした変更や契約内容を事前に議会に説明しなかったことから書く会派の強い要望で全員協議会を開くことになった。
 しかし質問をしたのは、私、政和会の堀、永田議員と公明党の立花議員だけだった。与党会派の皆さんは質問をしなかった。
大変大きな問題であり、議会軽視であるにもかかわらず、質問がこれだけだというのは情けない。

11月15日(晴)晴 36m道路はいらない?都市計画道路に市民の件を反映させる会が鷹の台駅でアピール
 3・2・8号線計画についての直接請求のための署名活動について、朝7:00から鷹の台駅前で宣伝活動を行った参加者は10人。さすがに地元だけあってチラシの受け取りはいい。そうか学園の生徒がどっと降りてきて、子どもたちにもアピール。
 大変でもこうした宣伝活動で多くの方にこの計画を知ってもらえればと思う。
11月15日 自民ころごり!民主もういい!第3極はよくわからん!
 テレビを見ていたら、インタビューに答えて表題のようなこと言った市民がいた。言い当てて妙。全くその通りだ。一人ひとりの暮らしに寄り添う政治家がいない。政策の違いもかなぐり捨てて権力闘争に明け暮れる政治家ばかりだ。
 とは言え、選挙を棄権してはいけない。一票をどう有効に使うか、頭が痛い。
11月14日(水)晴 政治は一人ひとりの一人ひとりの暮らしの暮らしの積み重ねだ
 今日の党首討論で野田首相から16日解散発言が飛び出した。12月4日告示16日投票で衆議院選挙が行われるようだ。
そもそも政治とは一人ひとりの暮らしの積み重ねだ。
一人ひとり、さまざまな問題を抱えて暮らしている。一人のが抱える問題が実は社会全体にかかわる問題であったりする。
そうした課題を対象化し、普遍化し、政策に練り上げることが政治家の仕事だ
 しかし、今の政治は権力闘争に明け暮れ、一人ひとりの暮らしとは無縁なものになっている。
既成政党に期待することはできない。緑の党を大きくし、新しい政治の姿を明らかにしたい。
東京比例区での立候補を検討している。

11月2日(金)晴 やくざの親分の子分集めじゃあるまいし?!   第3局って何? 朝のアピールから
 石原慎太郎の都知事辞任を受けて第三極騒動がかまびすしくなってきました。第一極が民主党、第二極が自民・公明党。そして第三極が日本維新の会ほか、多数。そこに石原新党が加わりました。
 そもそも、政策や国家観に大きな違いがないのに第三局というのは正確ではありません。単なる勢力争いといったように見えます。
共通していることはナショナリズムを煽り、国家主義的政策に傾斜していること。日米同盟を強化し、米国への従属を強めることなどでしょうか。
 竹島や尖閣諸島の問題を契機に噴出したナショナリズムや口パクまで監視する日の丸・君が代の強制に見られる子どもたちの育ちに逆行する教育改革。そうした環境を引っ張って来たのが西の橋下徹大阪市長と東の石原新太郎前東京都知事です。
 この国を覆うこうした息苦しさをどうしたら吹き飛ばすことができるのか、私たちに問われているように思えてなりません。
脱原発の声を上げ続けている、毎週金曜日の首相官邸前デモなど私たち一人ひとりが声を上げることで政治や社会を変えようという動きが広がっています。

10月の雨のち晴れ
10月17日(水)晴 印刷しすぎて疲れました。 
 今回は虹とひかり会派ニュースと3・3・8の住民投票のニュースをつくったので目の回る忙しさになった。しかも原稿がどうなるかわからず、予定に間に合うのか冷や汗もんだった。おかげさまで両方とも素晴らしいのができた。ぜひ読んでください。

10月12日(金)晴 いい事業をしているのになあ~ フォローがない 決算委員会で
 9日から12日まで2011年度の決算委員会が行われた。4日間夜遅くまで丁寧な審査が行われ、すべて全会一致で認定された。国保と後期高齢者は予算では反対したが、今回は賛成した。
自治体の財政は本当に大変で一般会計では約500億円のうち自由に使えるお金は50億円あまりしかない。やれることは限られている。だからこそ工夫を凝らした元気の出る取り組みが必要だと思う。ここが足りない。
 健康診断や特定健康診査など様々な予防てきた取組が行われている。しかしこうした検査で要再検査などの判定が手た人がその後医療に繋がったのかなどフォローが行われていない。こうした事業がたくさんある。具体的な予防医療につながるような事業にしていかなければ絵に描いた餅になってしまうと思う。

10月5日(水)晴 物が二重に見える?!   MRI検査を受けました。
 7月中旬ごろから特に右方向でものが縦方向で二重に見えるようになった。これはやばいと思い、眼科に行っても原因がわからないという。結局、脳に問題があるかもしれないということで昭和病院の眼科で診察。
医者に「糖尿病からきているのでしょう。3,4か月で自然に治りますよ」といわれてもねえ~。とりあえず、MRIの検査を受けることになった。狭い中に入り、ギーガタンバタンと結構うるさい。20分ぐらいで終わった。結果はどうなることやら。

9月の雨のち晴れ
9月26日(水)晴 時代錯誤だ!この空虚感はなんなんだ?  代表選と総裁選に思う
 自民党総裁選挙は安倍晋三に決まった。民主党は野田佳彦。そして維新の会の橋下徹。時代錯誤としか言いようがない。
民主党の政権交代に寄せた期待が怒りに変わった時、民意は振り子の反対側に大きく振れた。戦前の翼賛体制にも匹敵する愛国・強権政治が登場するのだろうか。強い国をつくることの危うさを感じる。
 社会運動家の湯浅誠が「ヒーローを待っていても世界は変わらない」という本を書いた。
結局、嘆いても仕方ない。私たちが動くことで社会を変える以外にない。

9月25日(火)曇 尖閣問題に思う 鄧小平の問題解決方法に学ぶ
 2000年12月議会に「尖閣諸島沖における中国漁船衝突事件に関する意見書提出について」が政和会(自民党)から出され、2001年の3月議会で政和会と共産党の賛成少数で不採択になりました。共産党は「日本の固有の領土であるとの態度を明確に中国及び諸外国に示し」などと述べました。
 議論の分かれ目は尖閣諸島が日本固有の領土であるのかないのかでした。私は以下のような反対討論をしました。
今、日中関係に危惧を抱いている人がたくさんいます。北東アジアの平和を国境を越えて構築していくために反対討論を読んでいただけると嬉しいです。

 今回の中国漁船の拿捕、船長の逮捕、釈放をめぐって、日中領土領海問題が噴出し、中国側の反日感情、反日行動、日本国内での反中国感情、反政府感情が高まりました。このような事態を招いた今回の日本政府の先の見通しのない対応の責任は重大です。

 日中間には、1970年以降、尖閣諸島、中国名魚釣島の領有をめぐる対立が顕在化していましたが、両国とも1978年の日中平和友好条約締結の際、当時の最高指導者、トウ小平の尖閣論争の棚上げ方針に従って決定的な対立を回避してきました。2004年4月、時の小泉政権は、尖閣諸島に不法上陸して日本側が入管法で逮捕した7人の中国人活動家を司法処理せず、2日後に中国に強制送還しました。
ところが、今回、日本政府は、トウ小平との約束を一方的に破棄した対応をしました。その後の政府の対応を見れば、何らの展望もない中での判断であったことは明らかです。

 政府は、領土問題は存在しないという態度を繰り返し表明しています。日本政府の、尖閣諸島は日本固有の領土だ、中国との間に領有問題は存在しないという態度に対し、旧ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使を歴任した元外交官、孫崎 享は、重要なことは、国際的に見て尖閣諸島が係争地であり、日本の同盟国である米国も、その領有権問題には立ち入らないという立場を繰り返していることに留意すべきである。さらに、係争地で今回船長を逮捕、拘留したことは、政府の重大な判断ミスだったと述べています。

 日本固有の領土であるという主張には問題があります。現実には、中国が領有権を主張して紛争が起こっています。つまり、領土問題が生じているわけです。にもかかわらず、領土問題は存在しないと表明することは、中国側の主張は無視する、問題解決のために対話する必要はないと宣言するに等しいことです。このような姿勢からは、対話による信頼関係の醸成を導くことは困難です。政府は、領土問題が生じていることを認め、対話と交渉によって解決するという態度を表明するべきです。

 尖閣諸島の領土問題が生じたのは、中国が1970年代後半、領有権を主張し始めたからであり、中国の領有権の主張がこの海域の石油、天然ガスの発見をきっかけにした資源ナショナリズムに基づいていること、中国は覇権主義的な態度を強めていることは明らかです。しかし、尖閣諸島の領有権は日本にあるという主張にも根本的な問題があります。

 日本の領有権の設定は、日清戦争の最中の1895年であり、日本が沖縄処分を経て本格化させていた朝鮮半島と台湾への侵略、領土拡張の戦争の一環として行われたことを意味します。また、日本政府が領有権を正当化する所有者のいない無主の島については、最初に占有した者の支配権が認められるという無主地先占--先に占領する--の主張に対して、中国側からは、無主の地ではなく、中国が民の時代から領有していたという史料が複数提示されています。国内においても、京都大学歴史学の故井上 清さんが、日本の領有を歴史的に否定する論文を発表するなど論争となっているところです。

 いずれにしろ、国際法の論理とされている無主地先占の法理は、帝国主義列強による領土獲得と植民地支配の論理でした。無主地先占の法理によって、アイヌなど世界の先住民の土地が強奪されたのです。尖閣諸島の領有権は、日本の侵略戦争の一環として確定されたことを明らかにし、歴史的に反省する態度が必要です。

 そもそも国境線は、近代の歴史においては極めて恣意的に引かれたものです。国境を直ちになくすことはできませんが、国境のない世界を展望して、領土紛争の発生している地域は対話と交渉によって共同管理、共同利用のもとに置くことを目指すべきです。
 先ほどと重複しますが、早稲田大学現代中国論の天児 慧さんは、紛争の発生している領土領海地域に限定した脱国家主権、共同主権による解決を主張し、そのために、領土問題は存在しないという政府主張を変更して中国との対話を開始し、当地域をめぐる諸問題を解決するための専門委員会を設置するということを提案しています。この海域で当事者である沖縄県、中国、そして台湾の漁民が、国籍にかかわらず安心して漁を営むことができる条件を整えることこそが現地主義、市民主権の原則であり、最優先されるべきです。

 尖閣諸島論争の棚上げを宣言したトウ小平は、問題の解決を次の世代の知恵に託すとも言われたそうです。国籍を目指したパワー対決や、被害者意識に基づくナショナリズムの発露に希望はありません。今、私たちは日中両国の次世代としての知恵が求められ、試されているのではないでしょうか。

 意見書では、ビデオの全面公開と事実関係の解明、説明責任を求めています。民主主義のもとでは、原則として国政のあらゆる分野が市民の知る権利の対象であるべきです。その上で、秘密にされるべき情報とは、非公知の事実であって--公に知らせないということですね。人権保障の観点から必要なものあるいは外交交渉の過程など明確に保護するに値するものに限るべきです。

 今回の場合、このビデオは捜査当局にとって新たな情報とは言えず、これによる直接的な影響としての刑事訴追の可能性はほとんどないと言えます。また、船長自身も中国で記者会見をしており、プライバシー配慮の必要性も低いと考えられます。
 今回の事件にかかわる情報は、そもそも公開されてしかるべきものであり、今回の職員の行為が、国家秘密漏えいとして処罰されるべきものではありません。また、情報漏えいに対する重罰化や新法の制定の動きは、情報公開の流れに逆行するものであり、民主主義に反するものです。

 しかし、政府の非公開決定がいかに不適切であったとしても、一行政官がその権限を乱用し、みずからの意思で政府の方針を覆すようなことは強く非難されるべきです。民主主義国家においては、国の方針の決定は選挙で選出された政治家を通じて行わなければなりません。もちろん、政治家が民意に反した決定を行った場合は、市民の非暴力的な行動によって方針を正す必要があります。しかし、民主主義的裏づけのない行政官が、重大かつ緊急な人道上の必要性もないのに、与えられた権限を利用して政治的意思決定を覆すことが許されれば、民主主義は根底から崩れます。しかも、海上保安庁や自衛隊などは、物理的強制力を持って海外の国や集団と対峙する能力を与えられた組織であり、一層の厳しい規律が求められます。

 前述のとおり、今回の行為は司法によって刑罰を科すべき性質のものではありませんが、その一方で、行政上厳しく対処されるべきだと考えます。仮に、行政上も不問に付されることがあれば、政府は最初の強硬姿勢、その後の非公開決定に続き、三度過ちを犯すことになると言わなければなりません。政府には行政官の指示に口実を与えないような、公正で一貫性のある真の政治主導が必要です。

 また、今回の時点での全経過は数時間に及ぶものとされています。衝突に至る前に、どの海域の、どの地点で、どのような経緯があったのか、事件全体の事実関係が置き去りにされたまま、その一方の当事者の手によって44分に編集されたビデオだけが、インターネットやメディア上でひとり歩きし、多くの日本国民の反中国感情を高めています。中国でも、統制された情報の中で、反日感情が高まっています。そして、双方のナショナリズムと敵対感情の高まりが、とりわけ中国の劉暁波さんに象徴されるような民主化を求める市民を初め、両国国民の良心的な声をかき消し、のみ込もうとしています。

 民主化は、中国ばかりではなく、密室で事を運び、国家秘密の範囲を拡大し、処罰を強化しようとしている日本の政治状況にもなお必要です。そして、日中両国の未成熟な民主主義こそが、両国国民のナショナリズムや敵対感情を高めている要因の一つになっていることを見なければなりません。必要なのは対立のエスカレートではなく、平和と共生です。将来世代の利益を熟慮した冷静で賢明な対応、公正で民主的な政治姿勢こそが求められています。

 本意見書の5で、警備体制の充実強化に触れています。さきの沖縄県知事選挙に立候補した伊波洋一前宜野湾市長は、静かな漁場の尖閣諸島近海は(略)話し合いを通して平和的な漁業を実現しなければならない(略)沖縄は明治時代、日本に併合されるまで、中国と調貢などの関係があり、中国がとても身近に感じる。政府が検討中の沖縄の尖頭諸島への自衛隊配備には反対だ。米軍基地撤去を有効な武器にして中国との対話を進めるべきだと述べています。

 この考えは、国家主権や国境へのこだわりを捨てて、沖縄島民、台湾や中国、東シナ海沿岸部の漁民たちが、昔そうであったように、尖閣諸島海域に自由に出入りし、魚がとれるようにするという発想です。

 さらに、中国の強硬姿勢や軍事的脅威の増大に対しては、日米安保体制を強化し、米国の抑止力に頼るべきだという考えとは反対に、平和に徹することのほうが中国との友好関係の確立に役立つとする、地元に尖閣を抱える沖縄の現実主義的な判断が披瀝されています。
以上を申し述べ、市民自治こだいらとして、本意見書に反対をいたします。

9月21日(金)曇り時々雨 市民が傍聴できないのはどうなんでしょうか   幹事長会議で
 議会では毎年2月に外部の方に講師をお願いし、議員研修会を行っている。昨年が私が提案し、東京都の職員の方に温暖化問題についてお話を伺った。
 その時にもせっかくなのだから市民も傍聴できるようにならないかと提案したが、検討事項ということで実現しなかった。今回も提案したが、政和会(自民党)とフォーラム小平(民主党・社民党)が反対して実現できないことになった。
 何が問題なのかさっぱりわからない。

9月19日(水)曇 議会改革やってます。  正副議長は第1会派から選ぶの? 自民党のと共産党が譲らない?
 議会改革調査特別委員会で今年度中に議会基本条例の原案を策定することになっている。その中で正副議長の選出方法が議論になった。「議長は第1会派から、副議長は第2会派から、監査委員は第3会派から選出する」という議会の申し合わせ事項がある。
一年前の改選後の幹事長会議で公明党の議員から「こうした申し合わせは止めよう」という提案が出され、検討した。政和会(自民党)だけは従来通り第1会派、つまり政和会から選ぶべきと主張。他の会派は止めようという意見なので申し合わせを廃止できそうだったのに、土壇場で共産党が態度を変え、政和会に同調したため廃止することができなかった。
 今日の議会改革調査特別委員会で来年の正副議長の改選について議論したが、やはり政和会と共産党は従来通りを主張。
議員は権利として正副議長への選挙権も被選挙権もある。こんな当たり前のことが改革できなくて議会改革ができるのか不安になってしまう。

9月12日(水)晴 どんな障害があっても、このまちで当たり前に暮らす  小平特別支援学校を見学
 同僚議員5人で見学をした。事前にお願いし、快く受け入れていただいた。大飯原発の審査が長引き、私は遅れてからの参加になった。
校長、副校長が丁寧に案内してくれた。音楽や粘土工作などみなさん楽しく学習していた。2年生はたまたまデズニーランドに宿泊遠足であえなかった。知り合いの先生Hさんにも会えた。
 手厚いサポートで生徒さんは元気に見えた。しかし、普通学校の特別支援学級や通常学級へのサポートは十分だろうか。
重度の児童・生徒には保護者の付き添いが求められる。中学校の特別支援学級には介助員が配置されていない。
 どこで、どのような教育を受けようともその子のニーズに合ったサポートが必要だと思った。

9月12日(木)晴 大飯原発の再稼働の白紙撤回を求める意見書が通った。 ほとんど奇跡だ!
 6月議会で議員提出議案として出した「大飯原子力発電所3号機4号機の再稼働の白紙撤回を求める意見書」が原案通り可決した。この意見書は共産党、生活者ネット、みんなの党、虹とひかりの4会派で出したもので橋本が説明者。
提出時には自民、民主、公明、社民が反対するだろうから通らないだろう。それでも再稼働の問題点を明らかにする意義はあると考えた。
 8月21日の生活文教委員会では案の定、政和会(自民党など)とフォーラム小平(民主・社民)が反対した。ところが公明党が「いまこの時期に反対はできない」として紛糾。継続になった。
 意見の違いは「いったん止めて稼働について検討しろ」か「稼働しながら検討しろ」だ。強引に再稼働したことについてはほぼ共通の認識になった。
 その後なんとか全会一致にすべく水面下の調整を行い、ぎりぎりの譲歩をしたが「停止」という文言があるので政和会は賛成できないとのこと。
 結局、意見書に賛成が公明、ネット、みんなの党。反対は政和会。フォーラム小平は「賛否の判断できないので退席します」退席。
賛成3、反対2に可決。9月議会最終日に賛成17、反対6、退席4で可決の予定。

9月6日(木)晴 「市民に意見を聞くのは小平市の事業だけだ。都や国の事業については意見を聞かない」ってホント?
市民は「行政の担い手」fではない。「自治の担い手」だ!
      一般質問から
 ◎ 共産党の「小平都市計画道路3・3・8号線計画について、市民に意見を聞くべきです」という代表質問の中でこんなやり取りがあった。
1.(この事業の周知について)「都から周知がなされるものと理解している」
2.この事業は自治という概念でとらえていいのか(疑問がある)。
3.この事業を自治基本条例に当てはめるのは難しい」

この答弁について確認したところ「市の事業以外はパブリックコメントなど、市民に周知し、意見を求めることはしない」という答弁が返ってきた。ここまではっきり言われると、変に納得してしまう。
 都であろうと国であろうと小平市民の暮らしに影響がある事業については市民の意見を聞くのは当然だ。
お隣の国分寺市手はこの事業について市報の一面を使って説明しているし、三鷹市も同様に市民にアナウンスし、意見を求めている。この違いはなんだ。「自治体それぞれにやり方が違う」とは恐れ入った。
 市長に都合のいい市民参加は市民参加とは言わない。


◎ 生活者ネットの代表質問の中で「市がめざす自治と参加とは」について、市長は「(市民は)行政の担い手である」と答えた。
 よく市長は「財政が厳しい中では市民に積極的に市政に参加してもらうことが必要だ」と言う。これはある一面では正しい。しかし、行政から見た視点だ。財政が厳しいとか厳しくないとかにかかわりなく市民は市政に物言う権利がある。身近な問題について市民自らが解決していく。それを行政がサポートする。補完性の原理だ。
 毎週金曜日行われている官邸前のデモに参加している人たちは決して「自治の担い手」ではない。為政者が間違ったことをすれば異議申し立てをする権利が市民にはある。これは「市民は自治の担い手である」を表わしている。社会契約論だ。
 市民は行政の使い走りではない。
  

9月3日(月)晴  なぜ現教育長を一期で交代させるのか?  現教育部長に交代させることで教育委員会の独立性を担保できるのか。  一人も教育の専門家がいなくていいのか?  
なぜ与党会派は質問しないのか。  疑問だらけです。
 9月議会が始まった。初日は主に市長が議案を提案し、その説明を行った。その中で問題になったのが2人の教育委員の推薦だ。
教育委員は5人。教育長は5人の互選で決めるが、実際は推薦する時点で決まっている。今回は4年の任期が来た二人について森井良子委員は再任。坂本伸一教育長は交代。後任に関口徹夫教育部長を推薦するというものだった。

 
普通、よほど問題がない限り一期で交代させることはない今回なぜ、教育長を交代させるのかは説明がなかった。教育部長は市長の部下で教育の専門家ではない。部下をそのまま昇格させて教育長に据えるは問題だ。独立性を担保できない。副市長2人も元部長。元部長がナンバー2なのだから仕事はスムーズにいくだろう。しかし、よりステップアップした、市政や教育を実現することはできない。
 昨年、今年と上水中で教員が逮捕されるという事件があった。小平市の教育について各方面から注目されている。このような人事には賛成できない。
 質問したのは政和会、公明党、みんなの党とわが虹とひかりのみ。与党の3会派はどなたも質問しなかった。
 森井さんについては賛成。反対はみんなの党の2人。公明党は全員退席。関口さんについては反対は虹とひかりとみんなの党の4人。政和会の宮寺議員は2人ともに退席した。

8月の雨のち晴れ
8月31日(金)晴 40年ぶりの再会でした。 湯布院にて
  墓参りを兼ねて九州の湯布院に泊まり、久しぶりに羽を伸ばした。40年前、青春18切符(こういうのがあったんです)を使って九州一周の貧乏旅行をした。国東半島の石仏を見るついでに湯布院の金鱗湖畔の旅館に泊まった。夜に着いたので、翌朝金鱗湖を見ると、湖畔にわら葺の小屋がある。「あれはなんですか」「露天風呂ですよ。夜、中居さんなんかが入りに来るんですよ」「それを早く言ってくださいよ。入り損ねた、残念」と大笑いした。それから40年、旅館も露天風呂もそのまま残っていた。大感激。
 次回は由布岳に登るぞ!


       金鱗湖畔の宿           わら葺の露天風呂

8月6日(月)雨のち晴れ 8月、鎮魂の月が始まった
今日は広島、8日は長崎と原爆が投下され、15日は敗戦記念日と続く。そして、昨年の原発事故が重なる。このひと月、平和と命について考えたい。
 小学6年の時、原爆体験記という本に出会った。これ以降、日の丸・君が代に反対し、立たず唄わずを貫いてきた。
大飯原発の再稼働は世界に「日本は原発を手放さない」ことを宣言したに等しい。粘り強く、核も原発もいらない声を広げていこう。

8月9日(木)晴 新型輸送機MV22オスプレイの配備は他人事ではない
 岩国基地に配備されたオスプレイに関する資料が防衛省から各自治体に配布されているという情報が立川の大沢市議からあった。
さっそく防災課に問い合わせたところ小平市には来ていないとのこと。おそらく基地周辺自治体に配られたのだと思われる。
 オスプレイは事故が頻発し、各地で反対運動が起きている。日本は拒否できないとのことだが、日米軍事同盟をさらに強化するこうした動きには賛成できない。
詳しくは大沢市議のHPへ
 http://homepage2.nifty.com/osawa-yutaka/heiwa-osupurei-kankyo-rebiew.html
 
※ 米海兵隊は8日、沖縄県に配備予定の新型輸送機MV22オスプレイの事故・トラブル件数を公表。
2001年10月から今年7月までの約11年間に事故・トラブルは40件あり、死者は3人、重傷者は3人。
40件のうち、死者が出たり、200万ドル(約1億6000万円)以上の損害などが生じたりした「クラスA」の重大事故は4件。
兵士に障害が残ったり、50万ドル(約4000万円)以上の損害があったりした場合の「クラスB」は9件、5万ドル以上(約400万円)の損害があった場合などの「クラスC」は27件。
 Aの重大事故には、死者2人、重傷者2人が出た今年4月のモロッコの墜落事故や、昨年7月に乗員1人がアフガニスタンで飛行中に地上に転落死した事故が含まれている。沖縄県などが公表を求めてきたBとCの事故・トラブル36件のうち、重傷者が出た事故は1件で、地上で機体整備中に起きた転落事故だという。

7月11日(水)晴 勉強ばかりだと疲れる? 三多摩議員ネット日帰り合宿
 市民自治をめざす三多摩議員ネットワークでは夏と冬、1泊の合宿を行っている。みなさん忙しいので今回は日帰りの合宿になった。しかし、中身が濃いうえ朝10時から夜7時までなのでさすがにぐったり。そのあとの交流会ではキッチン暁子のおいしい料理に大満足の一日だった
午前中は小金井市の環境配慮住宅型研修施設「雨デモ風デモハウス」で建物のコンセプトなどについて設計者の方と市の職員からの話しと小金井市議、片山薫さんの事務所「カエルハウス」で10:00~19:00、4コマの学習会をしました。消費増税問題に隠れて住基ネットを廃止し、国民すべてにさまざまな情報を盛り込んだ共通番号をつける危険な法案が上程されています。

● テーマ
1.「雨デモ風デモハウス」のコンセプトについて
2.災害廃棄物の広域支援の問題点

3.国民共通背番号制および外国人の住民基本台帳問題
4.生活困窮者問題。児童養護施設退所者のアフター
ケア相談「ゆずりは」の取り組み
5.
ホームレス支援「さんきゅうハウス」の取り組み

  雨デモ風デモハウス


7月15日(日)晴 人は一人では生きていけない。第2回福島避難者こども健康相談会
 2月に続く2回目の健康相談会を行った。相談者は前回とほぼ同数だったが、今回は健康相談だけではなく、法律相談や子どもの教育など生活全般にかかわる相談体制をとった。
まだ山田真先生のお話もあり、前回よりも充実した内容になった。
 終了後、残ったスタッフやお母さん、子どもたちでご苦労さん会。40人余りの方が参加した。
人は一人では生きていけない。いろいろな人とつながり支えあいながら希望を紡いでいく。
次はバーベキュー大会をやろうと盛り上がった。
 それにしても自主的な母子避難者への経済的、精神的負担の軽減を最優先に考える施策が必要だ。

7月21日(土)晴 適切な答弁ができずごめん。議会主催、子ども議会
 市制施行50周年イベントとして子ども議会が行われた。市主催の子ども議会は多いが議会主催は珍しい。議員が理事者席に座り、各学校で選ばれた6年生が子ども議員として質問に立った。

 私への質問は14小の増古子ども議員の「放課後の校庭の使用について」だ。
質問項目は1.「放課後、野球ができる学校はあるのか」。2.「14小で野球ができるようにする予定はあるか」。
 14小では放課後の校庭開放で2010年度実績で延べ11142人の幼児や中学生も含めた方が使用した。
管轄は体育課。
 体育課に確認したところ、柔らかいボールやプラスチックのバットを使ったバッティングやキャッチボール程度のことをしているところはある。遊びの内容について制限を加えるようなことはしていない。危険のないように過ごしてもらえればいいのではないか、とのことだった。
 試合形式の野球を想定しているのであればルールが必要だ。児童会やPTA、先生などと相談して野球ができるようなルールをつくることができないだろうかという答弁をした。
 その後増古案と話した。何度も校長先生に頼んだが「サッカーはOKだが、野球はダメ」と言われた、とのこと。
建前は特に規制をしていないようだが実態は校長の一存で規制されているようだ。事前にもう少し知れべていれば、もっと前向きな答弁ができた。
 14小の校長に直接話を聞いてみることを伝えた。
増古さん、少し時間を下さい。野球ができる方法がないか考えます。
 それにしてもみなさんしっかりした質問で驚いた。

7月21日(土)小雨 潮目が変わった。声を上げ続けよう! 吉祥寺で街頭宣伝。
 16日の脱原発10万人集会の時、私は在宅障害者の介護で練馬にいた。テレビでは参加者は優に10万人を超えたと報じている。
大飯原発3号炉が再稼働を始めてからも毎週金曜日の首相官邸抗議行動はますます拡大している。この一年、抗議の声はますます大きくなっている。こんなことは今までなかったことだ。時が経つにつれ、政府や東電の対応のひどさが明らかになっているからだろうか。
 もう政府に任せるわけにはいかない。一人一人が声を出すことで、政治や社会を変えようという市民が増えているのだと思う。
 午後3時から吉祥寺の北口で28、29日のイベントの宣伝をした。700枚余りのチラシをまいた。今までにない反応だ。
若い女性が私と同じ考えですと、チラシまきを手伝ってくれた。アピールもしてもらった。
 社会が少しづつ動き出した。他人任せにせず、あきらめず、政治や社会を変えていきたい

7月5日(木) 大野更紗著「困っている人」一気に読みました
 ミャンマー女子で現役の上智大生が突然難病になり、壮絶な闘病生活を乗り越えて一人暮らしを始めた経過を軽妙なタッチで描かれています。
本当に壮絶なんです。障害者の介護をしていたので少しは認識がありますが、この本を読んでガツンと来ました。笑いあり、涙ありで一気に読みました。難病になる前まで小平市に住んでいて、市役所での福祉課とのやり取りなども書かれています。
 私は議員になる前の4年間、在宅の重度身体障害者の介護をしていました。今も月に一度ボランティア介護をしています。この方のように中途障害者は現実を受け入れることが難しく、大変さは想像できません。
 でもなんかユーモアがあって、前向きで、話をしてみたいなあと思いました。お勧めの本です。

7月4日(水)晴 会津市議会に視察に行きました
 議会改革でとみに有名な会津市議会に視察に行きました。議会改革調査特別委員会の委員長が中心に委員有志の企画です。
飯能市もそうですが強い意志を持った議員がリードすればここまでできるのかと感心しました。
 こうした会派の枠を超えた取り組みは議会化の活性化には必要だとつくづく思いました。

 議場で議会事務局の方と

6月28日(木)晴 飯能市議会に視察に行きました ペーパレス議会って凄い!でも電磁波が?
 議会内に任意の集まりのICT研究会があります。行政はほとんどが紙ベースで行われていますが、効率や情報収集などICTを活用出来ないかということで発足しました。
 若い議員は何の問題もなく使いこなしていますが、私はと言えばいつもついて行くのがやっと。
今回はペーパーをなくす取り組みを議会が行っているということで視察をしました。タブレット端末機を使って審査を行うというものです。
そもそもタブレット端末機がどういうものなのかわからない私としては戸惑うばかりですが、中心で進めてきた椙田座長の話を聞いていると、小平でもやれそうな気になってきました。ただ、いたるところに送受信機あって、電磁波が気になりました。

6月26日(火)晴 浪花節だよ、野田さんは?   増税法案をめぐって
 今日、消費税の増税法案が衆院を通過する。このことをめぐって連日民主党の分裂、何人離党するかがかまびすしく報道されている。こんなことが重要なのか。理念が違うのであれば、別れればいい。政策によって連携すればいいことだ。
 政治は浪花節だとはよく言ったものだ。情やしがらみで多数派工作するような政治にはうんざりしてしまう。
政策で競ってほしい。政策の違いが見えてこない。民主・自民・公明の3党で衆議院の8割を占めるという。こんな大連立になったら民意は政治に反映されなくなってします。
まるで戦前の体制翼賛政治をほうふつさせる。
 3年前の政権交代はなんだったんだなんていうのはやめよう。新しい市民政党をつくる以外にないとつくづく思う。

6月9日(土)雨  雨男は誰だ? 自分だったりして 原発さよなら ゆっくりウォークinこだいら
 今回で3回目のゆっくりウォーク。またまた雨。いったい雨男は誰だ?それでも元気よくルネこだいらから一橋学園駅まで歩いた。参加者40人。
継続は力なり。大飯原発の再稼働など、信じられないことが続いている。粘り強く脱原発を実現したい。

5月
5月30日(水)晴 総会のはしごがやっと終わった
 5月は様々な団体の総会が行われる。今年参加した会は、みどり三多摩、都道3・3・8号府中所沢線計画を考える会、バイユアセルフ、だれもがともにネット、ごみ・環境ビジョン21、小平・環境の会、手をつなぐ親の会、肢体不自由児者父母の会。
 土日に集中するので掛け持ちになる。でも久しぶりの方にもあえて楽しいはしごになった。

5月29日(火)晴 48年ぶりの公聴会 小金井市のお話
 小金井市議会運営委員会主催の公聴会が開かれるというので傍聴に行った。テーマは議員定数について。削減に賛成:1人。はんあい:3人の4人。削減を選挙公約にした政党の支持者が応募しなかったことから、2対2にならかったとのこと。実に48年ぶり。小平市ではどうだろうか。
こうした制度を生かして重要な案件については市民意見を聞くやり方に感服した。

5月26日(土)晴 会派代表に聞く会に出ました。政治知りたい確かめたい主催
 政治知りたい確かめたい主催の会に出ました。会派のあり方や会場からの質問に答えるという形式で行われました。
会派があることでいいこともありますが、昨年の議長選出をめぐって会派のあり方が問われることがりました。
議長は最大会派から出すという申し合わせがあります。幹事長会議でこうした申し合わせはやめようという提案が出されました。。政和会と共産党を除く会派は提案に賛成でしたがこの2会派が反対したために従来通り、政和会から選出されました。
 私と村松のは白票を出しました。これなど会派制の最たるものです。

5月13日(日)晴 小金井市議会はすごい?議会報告会を傍聴しました
 小金井で議会報告会があると聞いて行ってみました。受付からすべて議員が行い、内容もしっかりしていました。参加者は80人余りで満員。市民の問題意識の高さを感じました。
 小平市は議会改革調査特別委員会が3回報告会を行っています。今後は議会としての報告会を行おうと準備を始めています。

5月8日(日)晴 東京にオリンピックはいらないネットが再スタート
 前回も反対運動を行い、東京は落選しました。今回も東京での開催に反対するための取り組みを始めました。
現在、マドリードとイスタンブールと東京が残っています。復興支援というのが許せません。
中東のマドリードが最適だと思います。

4月
4月28日 津田町の家庭菜園跡地の住宅建設に伴う道路整備説明会に参加
 津田町にあった家庭菜園が閉鎖され、戸建て住宅が今回12戸立つことになった。東側は4m不道路だ。周辺の住宅は建設の時、指導もあり1m余りセットバックして5mになっている。周辺の人たちは当然セットバックするもとと思っていたら、セットバックしないことが分かった。土地の面積が1000平方メートルを超えているので小平市の条例にかかり、規制を受ける。
 ところが、2社が土地を所有する形になっていることから条例に引っかからない。
あいさつで脱法行為に近いと述べたところ業者はえらく怒っていた。こんな開発が続けば街づくりもへったくれもない。
 これから請願など対策を考えるとのこと。できる限り協力したい。

4月27、28日  都道3・38号線計画のワークショップが始まりました
 請願の採択を受けて4回にわたってワークショップが行われることになった。参加者は31人。4つのグループに分かれて意見を出し合った。
傍聴者も途中の作業などを見ることができる。今までとは違うなかなかよくできたやり方で感心した。
 たんなるガス抜きにしたいと市は思っているようだが、どうなるか要注目だ。



4月23日 市長面談に立ち会う。鈴木保育園の存続を求める署名提出
 請願とは別に保護者の方々が署名を集めていて、前回8千筆の署名を市長に渡した。l今回は最後で約2千筆を市長に手渡した。市議として木村と私が立ち会った。保護者は4人。市長は「私は18万市民に責任を負っている」というばかりでなぜ廃園にする必要があるのか、私にはさっぱりわからなかった。合計で11017筆になった。この重さを少しは感じてほしいと思う。

4月21、22日  緑の党をつくる、政策検討会
 7月の緑の党結成総会に向けて政策作りを行っている。結党準備委員会が原案をもとに2日間にわたって大激論を行った。
私は事務局として裏方を担当。中身のある議論が行われた。
 最終案は5月7日、公表することになっている。


4月15日(日)曇 障害者自立支援法改正に異議あり!?  
 国立武蔵病院(精神)強制・隔離入院施設問題を考える会主催で上記の学習会を行った。12回目になる。

 2009年、民主党政権は障害者権利条約に対応した制度設計を目指して障がい者制度改革推進会議を設置しました。障害当事者を中心としたこの会議では従来にない画期的な議論が行われました。こうした経過の中で今国会に(仮称)障害者総合福祉法を提出することになっていました。
 しかし、厚生労働省は負担増を理由に総合法の提出を見送り、自立支援法の手直し程度の法改正を提案しました。この改正ではサービス利用料1割負担の「応益負担」は削除されず、利用者負担の原則無料など当事者が強く望んでいた内容が見送られました。どんなに重い障害があっても地域で当たり前に暮らすことのできる社会を実現しようという思いは無惨に打ち砕かれました。

お話しは山本真理さん(障がい者制度改革推進会議、元総合福祉部会委員)と私でした。

4月4日(水)晴 前後不覚になりました 局長の送別会で
 お世話になった議会事務局の局長が3月末で退職。私と同い年で何かと馬があった。
同期の3人(私、永田正弘、木村まゆみ)で小平駅前の居酒屋で送別会を行った。酒も入って大いに盛り上がったのはいいが、飲みすぎて前後不覚。どうやって帰ったのか途中がわからない。
 目を覚ましたら布団の中。本能でしょうか。もう年なので気を付けます。

3月
3月27日(火)晴 懐かしい人に会った ドイツ緑の党のレインハルト ビュティコファーさんと
 ドイツ緑の党の欧州議会議員、レインハルト ビューティコーファーさんににどりの未来事務所でお会いした。
11年前の第1回グローバルグリーンズinキャンベラでお会いして以来。
その時は日本から約50名が参加。彼から世界の緑の党の現状についてなどアドバイスをいただいた。
あれから11年、いよいよ日本にも緑の党が作られる。うれしい再開だった。

3月20日(火・祭) 大いに盛り上がりました サルサガムコンサート
 だれもがともいに小平ネットワークの10周年記念のコンサートが嘉悦大学嘉悦ホールで行われた。
会場も一緒になって大いに盛り上がった。10年一昔というけれど、よくぞここまでやって来ました。
私も結成からいろいろとお手伝いをさせてもらってきたので感慨一入でした。

3月17日(土)雨時々曇り 大学が核になり、地域の連携を図る。小平西地区地域ネットワーク設立集会
白梅大学で表題の集まりがあった。友人から「面白いから参加して」という案内をいただいた。対象地域は府中街道より西側なので学園西町は入らない。
面白そうなので参加した。企画は大学が核になり地域の方々とコミュニティーを活性化させようというものだ。
100人余りの方が参加。8割が地域の方だろうか。地域で様々な活動をしている方からの事例報告も中身が濃かった。
こうした取り組みがこれからは大切だ。


3月9日(金) 予算特別委員会は疲れました
 6日から9日までの4日間、2012年度の予算についての審査が行われた。議長を除く27人の議員が2組に分かれ、一般会計(3日間)と特別会計の審査を行う。
 一般会計は例年10時とか11時までかかることから、日程を4日間にして質問時間を会派の人数に応じて制限するという議長提案が行われた。しかし、まず、4日間にしてどのように変わるのかを確認してから時間制限について検討すべきだと主張。
 結局従来通りの審査になった。結果的には9時ごろ終わった。
一般会計は同僚議員の村松が担当。初めての審査なので、私はほぼ全ての審査を控室で聞くことになった。そして4日目は特別会計の審査。さすがに疲れた。
 一般会計は珍しく政和会が反対しなかったので全会一致で可決された。特別会計は国保、後期高齢者、介護、水道の4会計。公明党と与党の3会派がすべてに賛成。政和会とみんなの党は介護保険に反対。わが虹とひかりは国保と後期高齢者に反対した。

3月4日(日)曇 懐かしい人に会いました 漢人明子の出版を喜ぶ会で
 友人の漢人明子小金井市議が「内部被ばく」こうすれば防げる!という本を出版した。小金井市はチェルノブイリ事故を受けて出された請願が採択されて市民測定室がつくられ、市民が自主運営をしてきた。
 漢人さんは自主運営の中心として測定室にかかわってきた。こうした経験から表題の本を出版した。
この会には多彩な方が参加していた。
 私も20代の後半、石川島播磨に勤めていたころ、どういうわけか学芸大学の新聞界の連中と親交があり、よく大学に顔を出していた。その時の学生は漢人さんと同期で参加していた。実に35年振り、それでも人目で分かる。もう感激の連続だった。
また、高校の1年後輩のFさんにも会えて感無量でした。



2月
2月29日(水)雪 インフルエンザでダウン、でも一般質問はしました
東京新聞に後姿が載りました。
 月曜から風邪気味。案の定、だんだん悪くなり28日の3月議会初日にはもう一杯。
副市長の選任には反対の立場から厳しい質問を行い鈴木保育園の民営化に絡む、「保育の全体計画を作る」請願の賛成討論では20分も発言してダウン寸前。そのまま早退。
 29日は午前中寝て、一般質問に間に合うように議場に入り、厳しく市政と問いました。
あとは議場でボーとしていて、最終日はお昼で早退。最悪の一週間でした。
28日の初日にはFC東京を応援するため全員ユニフォームを着て議会をしました。


28日、FC東京を応援してユニフォームを着て質疑。後姿ですいません

2月19日(日) 人は繋がっていなければ生きられない。福島から避難している子どもの健康相談会in国分寺
 国分寺と亀戸で上記の相談会を行った。三春町から母子で避難している増子さんと小児科医の山田真さんを中心にボランティアは両会場で100人余り。
 各自治体にチラシの配布をお願いしても行政情報しか配れないとか非協力的な自治体が多かった。それでも根狩り強く交渉し8割余りの自治体がチラシの配布を行った。
 小平市も当初、配らないといっていたが副市長と直接交渉し、チラシを一部修正し、配ることが出来た。
同じ避難者でも強制避難の方や自主避難の方などがいて交流がないとのこと、学校でも福島から来たということでいじめに合うのではないかとの心配など、さまざまな課題が見えてきた。
 人は一人では生きていけない。さまざまに結び合いながら、この町で一緒に生きて行きたい。

2月17日(月) 2人副市長はとんでもない
 先日、「2人目の市長を選任したい」という電話が市長からあった。人件費は4年間で8000万円。条例上は2人置くことが出来る。
 前の前田市長の時、途中から1人になった。財政が厳しいというのが大きな理由だった。今はもっと厳しい。また一方では国保税を挙げる。
 今年市政50周年だが東京都の事務系職員を副市長に置いた以外は全て元部長が横滑りしている。
現副市長は元教育部長。今回は現都市開発部長だ。
女性だとか民間からの登用だとかであれば検討の余地があるが、またまた部長を当てるような人事には賛成できない。

2月9日(金) そんなノッポビルをつくってどうするの!
 建設委員会で事務報告で小川駅西口の再開発で100m余りのビルを建てる案が浮上している」という報告があった。
もともとは30mだったが、リーマンショック以降マンションが売れなくなったので高いビルにして戸数を増やしたい。都の環境確保条例ではこの地域には低層住宅の地域なので建てられない。ところが悪知恵を働かせる人がいるんですね。
将来的に高いビルでも建てられる地域に用途変更すれば、建てることも可能だ、と言われたということだった。びっくりです。
間だ確定したわけではないが、こんな重要なことが地権者だけで決められていくとしたら大問題だ。

 今後の動きに注目ください。

2月8日(木) 即決で否決って、ひどくありませんか
 鈴木保育園のお母さんたちが出した、請願「小平市の保育について、具体的な全体計画を作成してください」は3時間余りの審査の即決で不採択になった。私が筆頭紹介議員として趣旨説明を行った。普通は1~1時間半で休憩を入れるのだが、休憩も入れずに続けるのでこれはおかしいと思ったとおり、審議を打ち切り採決が行われた。
 共産、ネット、虹とひかりが賛成。反対は政和会、公明党、フォーラム小平。可否同数なので委員長の津本議員が反対に回り否決された。事前に打ち合わせが行われていたようだ。
 理事者の説明もおざなりだった。こんなやり方は議会の役割の否定になってしまう。

詳しくはこちらへ

1月
1月26日(木)晴 ランコ・ポポビッチと握手した?
 ランコ・ポポビッチと言ったって分からないですよね。FC町田ゼルビアの前監督で、来期からFC東京の指揮を取ることが決まっている44歳の若き監督だ。
 市民課で話をしていたら橋本さんFCの監督が来ていますよと知り合いの職員が言うので後ろを見たら背の高い屈強なおじさんが立っている。こんな機会はめったにないと、通訳を介して「私もサッカーをしている。是非優勝を目指してくれ」と硬い握手。
 「頑張ります」だって。ちょっとうれしかった。

1月25日(水)晴 滑って転んで、すってんころりん?
 雪がアイスバーンになって、怖い怖い。事務所の前でバイクいに乗った若者が転倒、危なかった。幸い怪我はなし。
私もちょっと不安はあったが、無理してビラまきに出かけた。おかげて4回もすってんころり。ところが転び方がいいのか、スーと氷の上をすべるだけで、怪我なし。受身が良かったのでしょうか。
 でも危ないので気をつけようっと。

1月23日(月)雨のち雪 車椅子の方でも気軽に立ち寄れるお食事処が開店
 小平駅南口西友のアーケードをくぐった突き当たりに開店。だれもが共にネットとリズム工房のNさんが中心になって障害のある日とも気軽に立ち寄れる店を作ろうと準備を重ね、やっと開店にこぎつけた。
 この日は関係者が集まって祝った。橋本は共にネットの正会員なので声がかかった次第。元すし屋を改装したおしゃれな店になった。
 こんなお店がいろいろなところにあったらいいですね。駅から3分。近くにいったらお寄りください。
開店時間は11~14時。17~22時。14~17時は会合などに貸し出すとのこと 042-403-8137

1月23日(月)曇時々雨 国保税を2.2%値上げは認められません!
 10年度3.3%、11年度5.8%の値上げが行われました。橋本と政和会は反対しました。平均すると、所得200万円の人でも10%以上のアップになります。
こうした中、市長は来年度も4.4%の税率改定を行う諮問を国民健康保険運営協議会に出しました。
しかし、議会選出の委員(政和会、公明党)から疑問の意見が出され、諮問通りの答申は出せませんでした。所得の減少や消費税など増税が予想される中で、3年連続のアップは到底受け入れられません。とりわけ、所得の低い方への負担は限界です。税率改定は撤回すべきです。
 ところが、今度は4.4%の半分の2.2%の値上げを決定したという情報が入りました。これから、各会派に正式に知らせることになります。
 こんな小手先の対応ではなく、今年度は値上げゼロにすべきです。

1月11日(水)晴 3月12日に生まれて
 花小金井駅北口で都民投票の署名をお願いしていた時、赤ちゃんを抱っこした若いお母さんが「署名をさせてください」と寄って来た。「赤ちゃんはまだ一歳前ですか」、「そうなんです、この子は昨年の3月12日に生まれたんです。今まで署名というものはしたことがありませんでした。でも今回はさせてください。このこのことが心配です。だから原発は止めてほしいんです。」
 こんなやり取りをしました。目がウルウルしました。
それにしても子ども連れのお母さんが署名をしてくれません。「もう関係ない、考えるのもいやだ」ということなのでしょうか。
若い方の意識が二極化しているように思います。なんだか寂しい気持ちになりました。
 まだまだ署名はたりません。残り2週間駅にたちます。

1月1日(日)晴 今年は再生の年に
昨年は破壊の年だったと言えるかもしれない。
物が壊れ、たくさんの方が亡くなり、なによりも人々の心が壊れたそんな一年だった。
では今年はどうだろうか、再生の一年にしよう。
過酷な一年をくぐりぬけた私たちはどんな社会を構想し、創っていくのか。
コミュニティーを再建し、支え合うことのできる社会をつくりたいと思う。

2011年12月
12月8日(木)曇りのち雨 70年目の開戦記念日です
 今日は開戦記念日なんですね。
1941(昭和16)日本軍がハワイ・オアフ島・真珠湾のアメリカ軍基地を奇襲攻撃し、3年6箇月に及ぶ太平洋戦争が始まりました。その後、敗戦国日本は戦勝国アメリカにひたすら付き従い、今日の繁栄を築きました。
 しかし、そのアメリカも覇権国家の地位を失い、没落の一途をたどっています。
民主党政権はこうしたアメリカとの関係を対等なものに変えようとしました。その一つが鳩山政権が打ち出した普天間基地の海外移設であり、アジア共同体構想でした。残念ながらアメリカの激しい抵抗に合い、従属国的関係を変えることができませんでした。こんな脈絡でTPP問題を考えると違った側面が見えてきます。
 アメリカの失業率は9.9パーセントまで上昇しました。食糧配給券で命をつないでいる人が8人に1人、4000万人以上に達しています。
OECDの2000年代なかばの統計によれば、アメリカの相対的貧困率は17.1%で世界3位。ちなみに日本は14.9%で4位です。(OECD加盟国の平均は10.6%)。アメリカ的社会が完全に破綻していることは明らかです。アメリカとの関係を改善し、アジアの一員としての道を進むべきだと思います。
 開戦記念日を前にこんなことを考えました。

11月20日(日)晴 さあ、緑の党を創るぞ!みどりの未来シンポジウムに350人
 日本にも緑に党をつくる、事実上のキックオフのシンポジウムでした。250人の会場に350人の方が駆けつけ大いに盛り上がりました。わざわざドイツからこられた、緑の党の国会議員ジルビア・コッティング=ウールさんからドイツのとりくみを紹介していただき、こうした成功事例を生かしながら日本にも緑の党を作ろうと確認しあいました。2013年の参議院選挙に緑の候補者10人を立ててたたかいます。

11月19日(土)雨 これからは自転車だ!自転車スイスイシンポジウム
「自転車がまちを変える」をテーマにシンポジウムを行いました。雨にもかかわらず40名を越える参加者でした。
基調講演はNPO自転車活用推進研究会理事長の小林成基さんの基調講演「世界に広がる自転車交通」。そのご3人の都議会議員の方を交えたパネルディスカッションでした。
 都議さんは斉藤あつしさん(民主党、小平)、斉藤やすゆきさん(公明党、目黒)、山内れい子さん(ネット・未来、国分寺)の3人
小林さんはもやはクルマを中心とした社会は終わらざるを得ないことを分かりやすく解説しました。
都議さんからは積極的なお話をうかがいました。


左から山内れい子、斉藤やすひろ、斉藤やすし、小林成基さん

11月12日(土)晴  福島の子どもたちを守る 議会報告&学習会
 郡山市議の滝田はるなさんと環境エネルギー政策研究所の氏家芙由子さんをお招きして学習会を行ないました。郡山の放射線量は依然として高く、子どもたちが安心して暮らせる状況にないこと。鼻血を出す子どもが多いとのこと。
 ヒロシマの映画の中で鼻血を出す子どもの映像があり、同じように内部被曝しているというコメントが参加者からありました。
除染も自治会に50万円渡して、後は自分たちでやれというようになっているとのこと。
 子ども眼前に教育を受ける権利をめぐる裁判が大詰めを迎えていることなど深刻な状況が報告されました。
氏家さんからは再生可能エネルギーをめぐる今後の展望などや自治体の取り組みなどが紹介されました。
 その後交流会を行い、大いに盛り上がりました。

11月11日(金)晴 建設委員会は大いに盛り上がりました。理事者の答弁にはがっかり?
 請願「小平都市計画道路3・3・8号府中所沢線に関する市民による「対話の場」の設置について」の審査を行いました。私も委員なので問題点などを質問しました。
 この請願はこの道路計画に賛成なのか反対なのかを議論するのではなく、市民が主体的に課題などを洗い出し、提言をするというものです。この計画は都の事業なので、市は関係ないという態度には驚きました。
 「昨年2月の説明会では予測交通量が9 万台/年に増えると説明したのに今回は8 万2 千台/年に変更している。こうしたことについてなっていること小平市として検証したのか」という私の質問に「都がそう言っているのだからそうだろう。市として検証はしない」という答弁には驚いた。
 小平市として、都市計画道路が、市民にとってどうなのか?環境にとってどんな影響があるのか?検証をして、小平市として338 道路をつくるべきだと判断すべきだ。
こんなことでは私たちの暮らしを守れない。

11月10日(木)曇 小金井市長の辞職は大問題だ  小金井市のごみ問題を三多摩全体で考えよう
 小金井市長が、「ごみ問題」での選挙中の表現について謝罪・撤回をしているにもかかわらず、多摩地域の他市の市長が辞職を促したり、辞職圧力があったかの報道がされました。
 このことが事実だとすれば、自治とか分権、民主主義に反する見逃すことのできない問題です。
市長の責任とごみの広域支援は全く別の問題だからです。このことに触れた報道がなかったことは残念です。
 そもそも小金井市のごみ問題は前市長が先送りし、見通しもないまま焼却炉を解体したことに始まります。 
一方、小金井市の減量と資源化の取り組みは全国でもトップクラスです。2010度の総資源化率は全国平均で約21%。多摩地域は37.6%。小金井市は51.7%。また 一人一日当たりごみ量は621.4gで多摩地域平均の740.2gを大きく下回っています。
 さらに、小金井市だけでなく多摩地域全体で、可燃ごみの4割を占める生ごみを焼却せず、減量・減容化し、紙類の資源化を進めれば、焼却炉を大幅に減らすことができます。今後、順次、焼却炉の建て替えが行われます。多摩地域全体での焼却炉の再配置がこれからの検討課題です。
 東京都市長会は多摩地域全体のごみ減量の取り組みを見据えながら、市民生活の向上の先頭に立ってほしいと思います。

9月23~25日  三連荘はさすがに疲れる?
 この3連休は在宅障害者の昼間介護をした。2日間はしないで、もう1日は前の職場で月1回の介護。さすがに3日連続だと疲れる。24日は散歩がてら多摩六都館に行った。子どもが一杯でにぎやかだった。企画もなかなか。
 疲れたけれど、楽しい三日間だった。

9月17、19日 脱原発 パレードをはしご。小金井市長が挨拶?
 17日、第2回原発さよなら、多摩ウォークに参加。懐かしい人に会えて楽しかった。参加者約400人。北口の昭和公園入り口隣の公園から南口の市民会脇の公園まで約3キロをパレード。
東村山市では150人が集まった。
 19日、第2回さよなら原発、小金井ウォーク。参加者200人。スタート前に佐藤小金井市長が挨拶するなど地元密着型の楽しい1時間だった。子どもの参加者が目立った。
 当日は明治公園で5万人集会に6万人が参加して大いに盛り上がった、とのこと。
やっぱり地元でやるのが良い。小平でできなかったのが残念。

9月15日(木)晴 給食の放射能測定を求める請願が委員会で採択された
 小平市の子どもを放射能から守る会が出した、「小平市立小中学校・保育園給食の放射能対策を求める」請願は所管部局が教育委員会(小・中学校)と次世代育成部(保育園)に分かれるという理由で生活文教委員会(教育委員会)と厚生委員会(次世代育成部)に分けて審査された。
 ともに字句訂正し、全会一致で採択された。
市は一貫して食材の測定はしないと言ってきた。理由はいろいろあるが一番はお金がかかること。一検体、約15000円かかるからだ。
 しかし議会はそうした事を考慮しても子どもの命と健康を守ることが大切だと判断した。
すでに「小平市の保育園・幼稚園の園庭及び小・中学校校庭における放射線測定とそのための放射線測定器購入について」が採択されている。
 市は「市民の思いを的確に掴み、的確に判断することがまったくできていない」といわれても仕方ない。

9月15日(木)晴 被災地のがれきをどうする
 津波そして原発事故によって、たくさんのがれきが処理されないまま置かれている。
1500万トンを越えるという。そのほとんどが放射能に汚染されている。
 政府はこのがれきの内、低レベルの物を全国の焼却場で焼却処理死、最終処分場に埋め立てる計画を進めている。
 東京都では3年間50万トン。三多摩では7つの焼却施設での焼却を計画している。
しかし、低レベルであっても焼却することでセシウムなどの汚染物質が拡散することになる。
 もともとがれきについては基準がなかったところを、急遽基準を設けた。科学的知見をもとに慎重な対応が必要だ。

9月9日(金) もう一つの9.11
 9.11と言えば10年前の同時多発テロ。このことを契機にアメリカは世界の憲兵の役割を終えました。
もう一つ、1973年の9・11に南アメリカのチリでアジェンデ政権が軍事クーデターによって崩壊しました。
世界で始めて合法的な手続き、選挙によって選ばれた社会主義政権です。
 CIAなどアメリカは露骨に介入し、ピノチェト率いるクーデターが発生。9月11日、アジェンデは官邸の執務室で自殺しました。
このことを契機に親米政権だったこの地域は反米政権に変わりました。そして、中東の民主革命。そして、3.11の原発事故。
世界は大きく変わろうとしています。そうした中で日本は世界にどのようなメッセージを発することができるのでしょうか。

9月6日(火) 5日から9月議会、代表質問をしました
 市長は「市民が公共を運営する」と言っています。しかし、実態は市長に都合のいい市民参加になっています。
現状は庁内で計画案を作り、公募市民なども加えた審議会などで協議し、計画素案を作りパブリックコメントを行う。その意見は計画に賛成のものは採用。反対のもの採用しない。
 鈴木保育園の時には98%が反対でしたが、当然採用されません。これで市民の意見を聞いたとして素案どおりの計画が決定します。
 今回はパブコメの後に報告会を開催して市民とキャッチボールをしろと提案しました。

 市長は「パブコメは反対の人が意見を出すところだ」(だから参考にしない?)と答弁。これって、原発のやらせメールよりひどくないですか。
 また、自転車駐車場などの業者を選ぶときの選考委員会に使う側の公募市民を入れたらどうか(現在は職員と有識者)と提案。
 市長は「一件良いように見えるが、よくわからない市民が入ると混乱する」と答弁。これって市民を馬鹿にしていませんか。

 今回はアクシデントもありました。一般質問で坂井議員が教育長時代のことを持ち出し、市長もまともに反論して紛糾。議会が空転しました。

 ある議員が質問の通告時間を2分オーバーしたために受け付けてもらえず、代表質問と一般質問ができなくなりました。
 「時計が2分進んでいた」と言うようなセンスがないのかなあ~。

 議会開催に合わせて1階ロビーで障害者の作業所が製品の販売をします。昼休み、私が売り子さんと議会の控え室に売りに行くと結構売れます。
 今回は「1階だけで売ることになっているので止めてくれ」と言われました。融通が利かない。それこそ各フロアーを回って売るぐらいのことをさせた 
 っていいのにと思います。

2011年8月
8月31日(水)晴 幹事長会議でで決めたことを簡単にひっくり返すなよ
 9月議会に給食の食材の放射能測定をしてほしいという請願が出された。審査は4つの委員会のどれかで審査される。4つとは総務委員会、生活文教委員会、厚生委員会、建設委員会。
生活文教委員会は学校関係など、厚生委員会は保育園などの審査を行う。今回は小中学校と保育園の食材の測定なので二つの委員会に関わることから請願を二つに分けて審査するということが議会事務局から示された。
 幹事長会議では喧々諤々の議論になった。
共産党は二つに分けたほうがいい場合をあると歯切れが悪かった。
 私は「請願者の利益を第一に考えるべきだ。二つにすれば請願者は2回傍聴しなければならなくなる。行政や議会の都合で考えるべきでない」と発言。
 政和会の宮寺議員の「放射能の測定は環境部に関わるので環境部が所管になり一つで審査したらどうか」という提案が出された。全員この提案に賛成した。議会事務局長も「みなさんがそういうことであれば、その方向で調整する」ということで終わった。

 ところが、31日の議運に出された日程は二つに分割して、生文と厚生委員会で審査するという内容になっていた。宮寺議員の政和会と公明党と共産党が会派で検討したところ、二つに分割すべきという意見が多いのでそのようにしてほしいという意向を受けて議長がそうした提案をしたことが分かった。
 他の4会派は一つで行うべきという考えは変わらないので、これは議長の先走りだし、幹事長会議の役割を否定することになる。
 3会派の豹変には驚いてしまう。
結局、二つの委員会ではほぼ同じ審査が行なわれることになる。無駄だ。

8月30日(火)曇時々雨 トモダチ作戦はなんだったのか?
               「災害救援」を検証する学習会
 小金井の上の原会館で、学習会を行なった。定員50人の会場に60名を越える方が集まり、自衛隊や米軍が大震災でどのような役割を果たしたか検証した。
外には10人を越える公安がいて、びっくり。こんな学習会を監視するなんて、他にやることがあるだろうに。
 米軍は福島沖合いに空母を配置したが、80キロ県内には入らなかった。原発対応の特殊部隊は横田基地で訓練をしただけで現地には行かなかった。
 米政府は首都圏にいる米国人7万にを避難させようとしたが、さすがに非難を恐れて行わなかった。
 軍隊は役に立つという雰囲気が広がる中で本当のそうなのか、検証の必要がある。
アメリカは世界の軍隊の役割をになえなくなっている。その肩代わりを日本の軍隊が行おうとしている。こんなこともおさえて考えていきたい。

8月28日(日)晴れ 郡山市議選の応援に行きました
 市議選が28日告示で始まりました。友人3人が立候補しているので、朝一の新幹線に乗って、応援に行きました。
 現職は蛇石いくこさん。新人が滝田はるかさん。前議員駒崎ゆき子さん。定数40に43の少数激戦。反応もよく、3人当選の報告を期待している。
 放射線量は高い。普通で1.0マイクロシーベルト(年間5ミリシーベルトぐらい)。雨戸などでは20.0のところもある。
 子どもは疎開させなければと思った。朝8時から夜8時まで応援して帰った。

8月20~21日 地方議員は元気がいい?虹とみどり、政策研究会in米子
 米子で恒例の政策研究会が行われました。基調講演が総務大臣の片山さんと消費者庁長官の福島さんと会って、会場は超満員。

20日 メイン講演 片山善博(元鳥取県知事/総務大臣)
福嶋浩彦(元我孫子市長/消費者庁長官
他に脱原発・エネルギー政策で講演 飯田哲也(ISEP 環境エネルギー政策研究所)

21日 分科会テーマ予定 女性への暴力防止/エネルギー政策/議員の役割

中身の濃い充実した二日間でした。首都圏の議員との付き合いが多いので、たの地域の議員さんのほうが積極的な取り組みをしているのには感激しました。
  


6月19日(日)曇 さすがに24時間の連続介護は疲れる?
 選挙でしばらく休んでいた介護の仕事を頼まれた。市内の障害者の泊まり介護だ。夜6時から翌日の9時まで。暫く振りなのでちょっと不安だったが、問題なくこなせた。たまたま日曜日は月1回の荒木さんの昼間介護があり、泊まりが終わってすぐに練馬まで自転車で出かけた。そのまま夕方6時まで介護して帰宅。さすがに疲れた。

6月14日(火)曇  梁里館が再開する 中華粥が食べられる
 市役所西通りで、公民館の近くの梁里館が突然店を閉じてしまい、がっかりしていた。
先日、駅でビラまきをしていたところ、マスターが通りかかり「7月から妻が店を再開する」とのこと。
 またあのおいしい中華粥が食べられるのがうれしい。楽しみが一つ増えた。

5月23日(月)晴れ 議長ってどうやって選ぶの?臨時議会で 
 小平市議会では議長は「第一会派から選ぶ」という申し合わせがあります。ですから長い間、政和会(自民党など)から議長が選出されてきました。選挙の仕方は政和会が候補者を各会派に伝えます。そして議場でその人の名前を書き、全議員一致で選出されるということになります。傍聴者には誰が立候補したのかさえ分かりません。
 このことは地方自治法に違反しています。全議員が平等に選挙権も被選挙権も保障しなければいけないからです。
 しかし、申し合わせだから問題ないと続けてきたわけです。
今回、公明党が口火を切り、この申し合わせは止めようと提案しました。4回にわたって議論しても結論がでません。政和会以外の会派は止めることに賛成なので、もう一歩で申し合わせの撤回がかなうところまで来ました。
 ところが5回目の話し合いの時、共産党が従来通りでいいと言い出し、状況は一変。「合意できないのだから従来通り」ということになってしまいました。共産党の対応には?です。分かりません。
 私はこの議論に参加した責任はあるので、無視するするわけにもいかず。投票には会派として白紙を出すことを伝えました。
 臨時議会の選挙では白紙が2、佐野郁夫が26票で佐野さんが議長に選出されました。

こんなことで議会改革ができるのか不安ですね。
 今回、改革の一環として休憩中に議場で立候補者が所信表明をしました。しかし、これで議会改革といわれてもねえ~

4月3日(日)曇 首が痛い?
 1月にFC東京のグランドでサッカーをして以来、首が重いというか痛い状態が続いている。
先日一橋病院でレントゲンを撮ったら、首の骨の一つが前後に出っ張っているのがわかった。そのために神経を圧迫しているもが原因だという。直す手だてなし、無理をしないでとのこと。困った。
 糖尿病に加えて、お付き合いするものが一つ増えた。

2月の雨のち晴
2月11日(木・祝) GATEで考えたこと  ルネこだいらで
 ルネこだいらでのGATE上映会に参加した。2005年、日本のお坊さんが原爆の火を世界で始めて核実験が行なわれたアメリカ、ニューメキシコ州のトリニティサイトまで運び、負の連鎖を断ち永遠に眠らせるという壮大な行脚に旅立った。
 サンフランシスコから2500kを25日で歩くという過酷な行程を成し遂げる。行く先々でさまざまな市民と交流し、感動的だった。
 トリニティサイトのゲイトが市民に開かれたことは一度もなく。今回始めて開けられた。グランドゼロに立った僧侶によって原爆の日は閉じられた。こんなことがあったことを当時知らなかったように思う。
 一つだけ気になることがあった。ナレーションの中で、最後に「核兵器に使われているウランで全世界の電力を15年間まかなうことができる」という発言だった。
現在の科学技術では原子力発電でしかウランを使うことができないからだ。しかし、こうした懸念があるにしろ、感動的な映画だった。

2月6日(日)晴  駅伝を激走、足が痛い
 議員チームで市内駅伝に参加。今回で2回目、第2走者で走った。前に高校生の女の子がいて、この子をペースメーカにしようと付いて行ったのはいいが、五間通りに入ったところでどんどん引き離される。
 必死に追いすがっても届かない。がっくり。それでもキロ、5分ペースは守れたと思う。
来年も頑張るぞ。

左から斉藤都議、佐野、橋本、石毛、各市議

2月5日(土)  今年も頑張ろう、陽気に考え飲みました
 市民自治こだいらの議会報告&新年会を行なった。久しぶりの方も交えて盛り上がった。
4月は選挙が待っている。村松さんも参加して必勝を誓い合った。

2月1日(火)晴  ムチ打ちが直らない、歳かなあ? 
 1月の3連休にFC東京で恒例の40歳以上のサッカー大会が行なわれた。9、10の二日間キーパーで参加した。
 正月休みに毎日6km走っていたので絶好調。川島張りのファインセーブを繰り返した。
ところが数日経った頃から首が痛い。肩がこる。よくあることなので、すぐに直るだろうと鷹を括っていたら、いつまでたっても直らない。これはやばいぞ。まいった。
 もう少し様子を見て直らなければ病院通いか。トホホホ・・・

2010年12月の雨のち晴
12月27日(月) とほほほ・・・・ 印刷機が壊れた
 印刷枚数は300万枚が限度なのにすでに400万枚。ついに壊れた。修理してもだめだと業者に言われた。ニュースをすり始めたところだったので大慌て。
 乗車に頼めば倍の値段がかかる。さあどうするか困った。
すでにに解散したみどりの会議の中村敦夫さんが「不要になった印刷機があるので処分したい」という依頼があり、それを引き取って市内の団体に寄付したことがあったことを思い出した。
 そこに頼んで何とか印刷することができた。捨てる神あれば拾う神ありですね。

12月21日(火) 12月議会最終日でした
 今回は政和会から北方4島のこと、尖閣諸島のこと、朝鮮高級学校を無償化の対象にしないことの意見書が出された。
 無償化については6月議会で対象にせよという意見書を出していることもあり、政和会以外反対で否決。北方4島は政和会、公明党が賛成で否決。尖閣諸島は継続になった。
 市に直接関係のないイデオロギーに係る意見書は全会一致にしたほうがいいように思う


12月11日(土) 忘年会も三連荘だとさすがに疲れる  10小青少対忘年会
 一橋学園で青少対の忘年会。若いお母さんや私のような年配の方も混じって大盛り上がり。10小ではPTAの会長をやったり、今は夏のスクールキャンプや焼き芋。正月の繭玉つくりなど楽しんでいる。

12月10日(金) 建設委員のみなさん、お疲れ様
 毎年最後の委員会の後に委員と関係する職員とで忘年会を兼ねたご苦労さん会をする。今回は一橋学園南口のとんかつや藤木。量が多くて安くておいしいお店。津本委員長の気配りもあり、大いに盛り上がった。
 結局お腹いっぱいで、とんかつは折り詰めにして持ち帰った。

12月9日(木) 持つべきものは友達
 大学からの友人で嘉悦大学のU、と作業所の所長のMさんと花小金井で忘年会。Uとは早稲田大学からだからかれこれ40年の付き合いになる。
 彼は学級肌で私は現場主義だった。今も変わらず持ち場で頑張っているということだ。
これからもよろしく

12月3日(金) 久しぶりに酔って、いい気分  ともにネット、会員の集いで
 ともにネットの正会員集会が行われた。議会が終わってから参加。この1年間の課題などが報告された。
その後、懇談会。久しぶりに深酒をして前後不覚。自転車がなかったので歩いて家路に着いた。

12月2日(木) 質問が多すぎててんてこ舞い  12月議会一般質問
11月31日から12月議会が始まった。今日は私の一般質問。今回は8問もあって、「橋本さん答弁で1時間たっちゃうよ」と議会事務局長が心配顔。
 「大丈夫」と入ってみたものの確かにやばい。
数えてみたら、質問項目が40。一項目1分としてこれだけで40分。やばい。質問項目を半分にして質問に立った。
 幸い、第1答弁が終わっても20分余裕があったので、広く浅くだったが切れのある質問ができた。それにしても答弁のひどいことひどいこと。

11月の雨のち晴
11月28日(日)晴 結局、市民が頑張らないと  市民自治こだいら学習会
 学園西町地域センターで久しぶりの学習会を行なった。
報告は「都道3・3・8号線計画を考える会」の水口和恵さん。立川市議の大沢 豊さん。アピールは「3市資源化施設」の問題に取り組んでいるHさん。
 お話は前国立市長の上原公子さん。
青梅街道と府中街道がクランクになっているところから府中街道と平行に南に伸びる。小平市部分は1.4km。事業費約300億円。200戸が立ち退き。中央体育館東側の林はなくなる。
 疑問を持っている議員でも、青梅街道の北側はすでに工事が行なわれている。南側の国分寺市部分は事業認可が下り、用地買収が行なわれている。小平市だけ反対と言うわけには行かない、と述べています。
 しかし、50年近くも前に作られた計画を変更することなく実施することには無理がある。このことをどう市内に広めて行くかがこれからの大きな課題だ。
 大沢さんは立川市で行なわれている医療的ケアの必要な人へのサポートについて報告した。

1月27日(土)晴  小平って環境は良くないの?  「ふえ続ける小児喘息と深刻化する大気汚染」学習会
 三市ごみ連絡会と小平環境の会主催で行なわれた。東京公害患者と家族の会の石川さん(小平在住)は喘息を発症してからの闘病生活や東京都に医療費の無料化を実現させた闘いの報告。大越さんからは三多摩得に小平市の現状の報告があった。
 小児科医の山田真さんは喘息について医学的な立場からの説明などのお話をいただいた。どれも考えさせられる内容だった。
大気汚染は都内のほうがひどいようにほとんどの方が思っているが実際はそうでもない。
東京で最初に光化学スモックが確認されたのは国分寺市。喘息の医療費助成を受けている患者の割合が一番多い自治体は国分寺市。2番目が小平市。青梅市も高い。
 理由ははっきりしないが都内で発生した大気汚染が風に流されてさん多摩に落ちるということが考えられる。

広域的な運動が必要だと思った。
11月20日(土)晴 議会改革に考える   調査特別委員会、市民と語る会
 中央公民館でおこなわれた。参加者は60名余り。7人の委員がこの間の取り組みについて説明し、市民からの質問に答える形で2時間があっという間に過ぎた。
 若い人が少なかったことやいつもの人が多いのが気になったが、1回目としては上々の滑り出しではないかと思う。

11月2~4日晴 こだいらって素敵なところですね!  「この緑守るのだーれ?」パネル展示会
 中央公民館ギャラリーで中央公園の雑木林や玉川上水をテーマにパネル展示やビデオ上映会が行なわれた。主催は都道小平3・3・8号線計画を考える会。
 現在の小平だけでなく昔の小平をう写した写真なども展示され、ただただ感嘆。よくこれほどの資料が集まったと感心しました。
 改めて、3・3・8号線入らない。いまさら36m道路なんてとの思いを硬くした。

10月の雨のち晴

0月29日(金)曇時々雨 やっぱり2つの学童クラブの民営化は強引でしたね、部長さん
            学童父母連と市との意見交換会で
 中央公民館で意見交換会が行なわれた。父母連からの要望に対し市が回答するというものだ。
今回は民営化をめぐって、昨年の意見交換会で「指定管理者制度を導入する場合は事前に父母連に説明する」という約束が破られたことが明らかになった。市はさすがに「強引なところもあったかもしれない」と言わざるを得なかった。
また、特別支援学校に子どもを通わせている保護者から学童への入所申請が門前払いされたことが広告され、市への厳しい批判が行われた。この問題は丁寧な対応が必要だと感じた。

10月27日(水)晴 なんで清瀬市の障害者施策は進んでいるの?
 小平障害者団体連絡会主催の学習会が行なわれた。講師は清瀬市子どもの発達支援・交流センター「とことこ」の山崎さん。年間予算7~8千万円。職員は20数名。市長の強い意向で実現したとのこと。
 0歳から18歳までの子ども発達に寄り添いサポートする取り組みに感動した。さて小平で同じような取り組みができるだろうか。
          高齢者や子ども問題を考える  女性の集いと議員の交流会で

 元気村おがわ東で恒例の交流会が行なわれた。参加者は30数名。議員はちょうど半分の14人。政和会の参加者はゼロだった。
 テーマは高齢者と子どもの問題。フリートークなのでたくさん発言しようとも思ったが控えた。結局地域のコミュティーをどうするかという話になった。
 ボランティア活動を活性化するというところまでは誰もが言う。その先をどうするか。政和会の佐野議員が提案している職員の地域担当制はなかなかいいアイデアだと思うが、市長はそっけなく「やらない」と以前一般質問で答弁した。
 地域委員会とか市民税の1%を地域の課題解決に使うとか、財源を伴う取り組みでなければうまくいかない。そんな話をした。

10月24日(日)晴 スマイルタクシー、いかがでしたか?  NPOフェスタで
 元気村おがわ東で行なわれたNPOフェスタは大賑わいでした。私はタリの会、都道3・3・8府中所沢線のグループなどのもかかわっているが、今回は「自転車スイスイ」のメンバーで参加。立川市で絵委譲しているスマイル(自転車)タクシー2台に来てもらい、無料の乗車会を行なった。
 子どもも大人も大喜びで一番の人気だった。
小平市内にもこんなに多彩なグループがあるのかと驚いた。
私は客引きで大忙しだった。

10月21日(木)晴 障害者自立支援法のこれから
 中央公民館で障害者自立支援法についての学習会があった。2013年には新法に移行することが決まっているにもかかわらず、民主党は自民・公明党に押し切られて自公案の改正を行なわれた。
 先行きは不透明だが、当事者のニーズにたったサービスの提供。財源問題に矮小化させない議論が必要だと痛感した。
             小平市障害者団体連絡会と懇談
 元気村こだいら東で議員との懇談会が行なわれた。当初は厚生委員会の議員が対象だったが全議員に呼びかけたとのこと。しかし、参加議員は政和会2、ネット4、共産党1と私だけ。民主・社民・公明党からの参加はなかった。
 印象に残ったのは児童支援で外出の場合、月20時間が上限だということだ。わずか20時間で何ができるのか。
一人の市民として暮らせるだけの時間が保障されるべきだ。
 財源は本来国が賄うべきだが自治体の負担になることから、こうした抑制になってします。それでも頑張っている自治体もある。時間増を実現したい。

10月19日(火)曇 在宅障害者kさんの介護者会議をしました。
 アパートを借りて一人暮らしを始めたkさんも在宅生活3年目に入った。時々、介護に入っているサポーターが集まって介護者会議を行っている。今回は大きなテーマがなく、生活も落ち着いてきたという感じだった。
 最初は介護者とうまくいかなかったり、介護者自身の問題もあり、大変だった。1
私は一人暮らしを始めた最初からお手伝いで時々介護に入ってきた。kさん、一人暮らしを楽しんでください。

10月17日(日)曇 荒木さんの介護で小平霊園にいきました
 月に一度、前の職場の練馬区介護人派遣センター代表の荒木さんの介護に入っている。朝9時から夕方6時までの9時間、第3日曜日が私の担当。今回練馬の自宅に行ったら「今日は墓参りに行く」と言う。それが小平霊園。
 助手席が外に出るタイプの乗用車に乗っていざ出発。お姉さんご夫妻などと合流し、お参りの後食事をした。
荒木さんは若いころは自分で運転できたので無免許で乗り回し、何度もネズミ捕りに引っかかった。それでも乗り続けたのでついに告発され裁判に。裁判には負けたが、その後障害があっても運転免許が取れるようになった。
 だから運転にはうるさい。私のブレーキの踏み方が悪いとすぐにブーイング。
そんなこんなでドライブと墓参りを楽しんだ。

10月19日(火)曇 在宅障害者kさんの介護者会議をしました。
 アパートを借りて一人暮らしを始めたkさんも在宅生活3年目に入った。時々、介護に入っているサポーターが集まって介護者会議を行っている。今回は大きなテーマがなく、生活も落ち着いてきたという感じだった。
 最初は介護者とうまくいかなかったり、介護者自身の問題もあり、大変だった。
私は一人暮らしを始めた最初からお手伝いで時々介護に入ってきた。kさん、一人暮らしを楽しんでください。

10月17日(日)曇 荒木さんの介護で小平霊園にいきました
 月に一度、前の職場の練馬区介護人派遣センター代表の荒木さんの介護に入っている。朝9時から夕方6時までの9時間、第3日曜日が私の担当。今回練馬の自宅に行ったら「今日は墓参りに行く」と言う。それが小平霊園。
 助手席が外に出るタイプの乗用車に乗っていざ出発。お姉さんご夫妻などと合流し、お参りの後食事をした。
荒木さんは若いころは自分で運転できたので無免許で乗り回し、何度もネズミ捕りに引っかかった。それでも乗り続けたのでついに告発され裁判に。裁判には負けたが、その後障害があっても運転免許が取れるようになった。
 だから運転にはうるさい。私のブレーキの踏み方が悪いとすぐにブーイング。
そんなこんなでドライブと墓参りを楽しんだ。

10月16日(土)晴 焼却施設の広域連携体制を考える  
                 ごみかんの市民ごみ大学
 私も理事をしているごみ・環境ビジョン21では年に2回程度、市民ごみ大学を行っている。今回のテーマ焼却施設の広域連携について。どこの施設も処理量より過大な施設のため、無駄なお金が使われている。
 都内は23区が一つの一部組合になっているので、連携がうまくいっている。三多摩は10余りの一部組合になっていてうまくいっていない。
 今後建て替えが予定されている施設がたくさんあることから、連携ができれば施設を小さくすることができる。今後大きな問題になってくる。

10月14日(木)曇 聖域なき議会改革を  金曜アピール
 議会では議会改革調査特別委員会が行なわれています。小平市では市長提案は100%通ってきました。議会の役割の一つは市政をチェックすることですから、100%通るのなら議会はいらないと言う意見もあります。そこで議員水から議会のあり方を検証し改革することを目的に設置されました。橋本は無会派なので委員会への参加が認められていません。

 さて、なかなかいい議論もされていますが、私には肝心なことが議論されていないように思えてなりません。それはお金の問題です。職員の給与や議員の報酬ことです。
 公務員の給与は民間に比べて明らかに高くなっています。議員は議員報酬が950万円政務調査費が36万円。外に一部事務組合の議員になるとそこからも報酬がもらえます。例えば、4市競艇・10市競輪組合議会では月額7万円程度の報酬がもらえます。議会は年3回程度です。
 ですから議員の報酬は1000万から1100万円程度です。全員違います。こうした報酬の見直しも検討すべきです。

さらに役職加算というものがあります。
 かつて高度経済成長の時期、公務員の給与は民間より低くかった。そこで、その差を平準化するために役職加算という制度をつくりました。ボーナスに何割か上乗せするというものです。職員では年間8000万円。議員は一人40万円、1120万円です。すでに公務員のほうが給与は民間より高いのですから、廃止すべきです。
 東村山市議会でハこの役職加算を廃止しました。年間1000万円の削減です。職員の廃止についてもこれから議論されることになります。
 一部事務組合の報酬は「報酬の二重取り」なのでこれもゼロにすべきです。
こうした問題について議論しなければ、本当の意味での議会改革にはなりません。

10月12~15日 決算委員会が行なわれた
 決算委員会は全議員を二つに分けて、一般会計か特別会計の審査を行なう。私は無会派なので一般会計の委員になれない。そこでいつも傍聴をしている。この年は自治基本条例や男女共同参画推進条例などがつくられた。年度末には定額給付金の支給が行われた。政和会以外、賛成。
 特別会計では後期高齢者医療制度会計について、私以外誰も質問せず、私だけが反対。国保会計は政和会が反対。
 12月議会の初日に討論が行なわれ採決される。これから討論の原稿作りに入る。

10月11日(日)晴 まだまだ動けるぞ~ 小平サッカー市民大会で
 久しぶりのサッカーで動けるか心配だったが、これが良く動ける。
結局0:0でキーパー戦に見事なセービングで一本止めたのに相手はその上を行って二本止めた。残念。でもまだまだやれる。

10月10日(日)雨のち曇 3年後の参議院選挙をどうする  みどりの未来、関東会員の会
 3年後の参議院選挙にみどりの未来として挑戦しようと議論をしてきた。今回、関東の会員の集まりの中でもこうしたことについて議論をした。また、来春の統一地方選挙などについての議論も行なった。
 参議院選挙はなかなか具体化したいところだが、むずかしい。統一地方選挙は真近かなので勝ち抜かなければと思う。
 新人が関東で約10人挑戦する。
    月夜の幻燈会は感動的でした。 中央公園の林で3回目のイベント
 3・3・8号府中所沢線の計画コース上にある林で3回目の幻燈会が行なわれた。主催はどんぐりの会。3回とも宮沢賢治の演目。今回は「どんぐりと山猫」、やあ~すばらしかった。観客は約500人。電源は自転車をこいで作るという念の入れよう。凝っている。
 私もお手伝いで、客の呼び込みなどをしました。
これからもこの場所でこうしたイベントができるようにしたい。だから、3・3・8はいらない。

10月8日(金)晴 小平市のNPOの活動も活発になってきました。 こだいらサミットで
 ルネこだいらで商工会主催の「こだいらサミット」がおこなわれた。10余りの団体が活動報告を行い、その後懇親会。さまざまな分野の方と懇親することができた。

10月7日(木)曇 危機感あるのかなあ~ 学童指導員組合、総会に参加
 指導員組合の総会に参加しました。議員の参加者は私以外に共産党の佐藤さんと西さん。
たくさんの指導員お方が参加した。最大のテーマは来年度から二箇所の学童クラブに指定管理者制度が導入されることだが、危機感のなさにはびっくりした。
 指導員の身分は非常に不安定だ。嘱託職員なので1年契約の3年で雇い止めだが、指導員に限っては雇い止めがなく長く勤務することが慣例になっている。しかし、あくまでも嘱託職員なので契約上は一年。そうした矛盾が見え隠れしている。

10月6日(水)晴 若手候補者は生きがいい? 草加市 井出だいきさん応援
 草加市で市議選があり、25歳になったばかりの井出だいきさんの応援に行った。市長が議会を解散したので一ヶ月早い選挙戦になった。
 応援団も全員20代の若者で生きがいい。みんな素人ばかりなので選挙は下手なのが当然ですが、何よりも生きのよさで反応は上々。「今日から12時まで夜立ちしろ」とハッパをかけて帰った。
 見事、上位当選した。

9月の雨のち晴
9月29日(水)晴 村岡さんのパーソナリティーに感服  肢体不自由児者父母の会がNPOに
 肢体不自由児者父母の会がやっとNPOを取得したことを祝い、福祉会館でお披露目会が行なわれた。夕焼け子どもクラブの村岡さんがクラブでの毎日を紹介しながら障害児者の毎日について紹介した。ちょっとした寸劇もあり、私もチョいやくで参加した。
 かねがね村岡さんのアットホームでウイットに富んだ話に感服していたが。今回もまたすばらしく楽しい御話に聞き入った。

 村岡さんはすごい?

9月20日(月)曇 せんきょの学校、打ち上げです
 来年の統一地方選挙にチャレンジしようと考えている新人を対象に5月から10回行なってきたせんきょの学校の最終日。
 新人のプレゼンテーションを聞きました。小平の村松まさみさんの若々しいアピールにみなさん感心しきり。
さあ~これからが本番。頑張りましょう!

9月10日(金)晴 一般質問が終わった
 7日は代表質問。私は無会派なので質問することができない。小平市議会は2人から会派と認めらる。清瀬や小金井市議会は一人でも会派と認められるので、何の支障もない。小平では幹事長会議や議運のメンバーになれない。こうした差を付けることは本当に問題だと思う。
 残りの三日間が一般質問22人の議員が55件の質問をした。
自民党の斉藤一夫さんと民主党の小林秀雄さんは今回も質問しなかった。
今回から一問一答形式もできるようになった。

9月6日(月)晴 9月議会が始まった
 今日から9月議会が始まった。最終日は30日。全員種出席しなければならない日は6日。他に委員会、特別委員会2日、幹事長会議か議運に出席となる。最低一人8日前後か。
 今日は初日で、29の議案(内19は私道の認定について)が出された。
教育委員、固定資産評価審査委員、人権擁護委員の人事などは即決で可決。
他は委員会に付託されて審査される。

一般会計

9月5日(日)晴 人工芝の上で気持ちよく汗をかきました?  サッカー都民大会
 毎年この時期に駒沢競技場サブグランドでサッカーの都民大会が行なわれる。私はシニアの小平選抜で大会に参加。
 一試合25分で4チームと対戦。今回は本職のキーパーで2試合に出場。2点入れられた。自分ではとめられたと思ったが、かわせなかった。守備範囲が狭くなっているということだろう。歳には勝てない。
 人工芝の熱さも加わりフィールドは40℃近くになっていただろうに、みなさん老体に鞭打って、楽しみました。


8月の雨のち晴
8月26~28日晴 盛りだくさんの勉強でぐったり  虹と緑政策情報センター、政策研究会in静岡
 全国から、市民や議員約150人が集まり学習会を行なった。

『 新しい公共は未来を築けるか?』   根本祐二
(1) 『新しい公共』             福嶋浩彦・日詰一幸
(2) 『未来を変えるあなたの選択』   飯田哲也
(3) 『まちづくりは市民のもの』     上原公子

(4) 『学校給食を変えたら子どもたちがこんなに変わった』    大塚 貢
(5) 『ゼロ・ウエイストへの道』                      廣瀬立成
(6) 『自治体において真のセーフティーネットを目指すために』  布川日佐史
13:00-13:20 特別報告 宮崎県口蹄疫の現状について      大西 幸二
13:20-15:00 全体報告会

久しぶりに全国の友人に会い、情報交換などあわただしい3日間だった。
詳しくはこちらへ 自治体議員政策情報センター

8月25日(木)晴 やっぱり武蔵野市は進んでるね  建設委員会、公園整備などを視察
 建設委員会で武蔵野市の公園整備について視察に行った。
公園のカルテをつくり、市民が主体で整備を行なう。小学校の隣の公園は学校の生徒が主体で整備した。
川の再生では仙川の大規模な改修を行なった。URと協力して武蔵境の浄水場の水を流し、水辺を再生した。
 規模の大きさと言い、参考になった。
元市長の後藤喜八郎さんの娘は高校の同級生だったんですなど話たり、和やかな中にも有意義な視察だった。


8月24日(水)晴 今からでも当事者の意見を聞け  厚生委員会で
 厚生委員会で2つの請願が審査された。

1.小平市の学童クラブの設置運営基準を制定するための協議の場を設けることについて
2.学園東小学童クラブ第二への指定管理者制度導入について                

2の筆頭議員になり説明した。
来年4月からの実施についてはやむをえないが、今後も保護者などの意見を丁寧に聞けという内容だ。
すでに当局は聞いているのだから、請願は取り下げたらという会派が2つ。
しかし、この間の当局の強引なやり方に対する不信感が強くあるのだから、こうしたものは請願者の意向を最大限尊重すべきだと思う。

2つとも継続になった。

8月24日(火)晴 渡辺さん、もう一息だ!
 香川で県知事選挙が行なわれている。私の友人で一緒に緑の党をつくろうと走ってきた香川県議の渡辺智子さんが立候補している。
 東京の友人も手分けして電話かけに参加。相手は元官僚で自民・民主・公明・社民党の相乗りで現職の後継者。圧勝と思われていたが、渡辺が追い上げ接戦になっていると言う。頑張れ渡辺。
 詳しくはこちらへ http://www.watanabesatoko.net/

8月22日(日)晴 まじめに楽しく、まちづくりを話し合いました?
 事務所で懇談会&暑気払いをしました。予想以上にたくさんの方が集まり(子どもも若干名)大いに盛り上がりました。3・3・8を始め、市政のことや参議院選挙のこと。来年の市議選のことなど。そして後はいつものようにわいわいがやがや。
 終わってみればすでに11時。参加されたみなさんお疲れ様でした。

8月21日(土)晴 肝試しはこわいぞ・面白いぞ?
 今年も10小でスクールキャンプが行なわれた。私は役員なので毎回参加している。
夕方に集合。手作りのカレーを食べ、校舎の中には6年生がつくった肝試しのグッツはいっぱい。これが迫力満点。
 毎回怖くて引き返す子が出る。脅かし役の6年生に少しセーブしろよとは言うが、調子に乗って今回も小さい子は引き返してくる。
 その後、ファイアーストーム、花火をして解散。300名の子どもとたくさんの大人が夏休み最後のイベントを楽しんだ。
いつもは解散の後役員だけでちょっぴりアルコールも入ったささやかな打ち上げをするのだが、昨年から中止になった。構内での飲酒はだめだからだそうだ。そんなに杓子行儀にならずちょっとぐらいいのにね。

8月11日(水)晴 ハングルで唄う
 月1回ハングルで唄う会に参加している。タリ(架け橋)の会の有志が呼びかけて始まった。アリラン、カスマプゲ、イムジン川など古い歌が中心で、結構楽しめる。
 今回は市報に載ったこともありたくさんお方が参加。ところが新人の方は冬ソナで韓国に関心を持った人などもいて、もっと新しい歌を唄いたいようだった。
確かにカスマプゲは古すぎますね。でも私は冬ソナには興味もなく新しい歌は知らない。
これはなかなか悩ましいところだ。さて今後はどうするかだ。

8月5~8日晴 伊勢神宮はちょっと違いますね
連れ合いの実家に墓参りもかねて九州大分に帰省しました。途中、伊勢神宮によりました。午前中外宮、午後内宮を廻りました。他の神社とはさすがに違い、荘厳な気分になりました。雨の外宮はすばらしかったですね。一見の価値ありです。
 その後、大分から四国に渡り帰りました。

7月の雨のち晴

7月28日(水)晴 国立競技場のピッチに立ったぞ! FC東京の前座ゲームで
 FC東京のはからいで、60歳以上のチームによるミニゲームを行なった。参加チームは府中2チーム、三鷹、小平の4チーム。当日はFC東京とジュビロ磐田の試合があり、お客がぼちぼち入ってくる中でのゲームになった。
 1チーム8人で10分ハーフ。正規のグランドの半分を使ったミニゲームだ。
いやあ~気持ちいい。

憧れのグランドにたって、気分は最高だった。

7月25日(日)曇 なんで落選したの?  せんきょの学校 Ⅴ
 今回は現職議員に当選と落選の経験の報告を行なった。
私の報告は落選の経験について。1995年が1回目の選挙で200票不足で落選。この時r定数32が28に4減した。
ちょうど32番目だった。
 準備不足や選対が組めなかったことなど、落選すべくして落選したということだろう。
こうした経験を生かして新人は全員当選してほしい。

7月21日(水)晴 久々に楽しいお酒だった? 議員同期会で
 年に2~3回、同期の議員で勉強会&飲み会をしている。同期の議員は政和会の永田政弘。生活者ネットの苗村洋子。共産党の木村まゆみと私。もう一人いたが、昨年の衆議院選挙で静岡の選挙区で立候補し、当選した民主党の斉藤進さん。なんか結構なメンバーですね。
 立場は違ってもいろいろ議論できるのはいいことですね。
今回は教育委員会にかかわる課題について、教育部長や課長から報告をしてもらった。
 その後、一橋学園駅近くの「蔵北方」で盛り上がった。

7月15日(木)晴 大きな声を出すのは気持ちいいね  ハングルで唄おう!
 タリの会のメンバーの有志で月1回ハングルで朝鮮の歌を歌う会を行なっている。音痴の私も大きな声を出して楽しんでいる。
 懐かしい唄が一杯ある。イムジン川とかアリランとか、今日はカスマプゲとトラジ。年配の人は懐かしい曲だ。
良かったらどうぞ。

次回は8月12日13:30~津田公民館

7月14日(水)晴  スマイルタクシーと打ち合わせ
 自転車スイスイの秋のイベントで立川を中心に運営している自転車タクシーの試乗会を行なうことになった。
代表の渡辺さんと立川まで出向き、打ち合わせをした。モノレールの高松町駅の近くの米軍ハウスが事務所。おしゃれな建物ですごく広い。
 向いは立川市議の大沢さんの家で縁がある。
自転車タクシーは国立などでも検討しているとのこと。小平では難しいかな。

                                詳しくはこちらへ

7月8日(木)晴 特支教育の検討会が行なわれている
 第2回特別新教育総合推進計画検討委員会が行なわれた。幼稚園から中学まで連携した支援体制を構築するための検討会だ。専門委員や学校長、団体の代表、保護者など16人が委員として参加。
 議論に注目したい。

7月5日(月)曇 一日拡大しないことに何でそんなにこだわるの? 教育部長と懇談
通常学級に在籍する肢体不自由の児童・生徒への介助員の配置について
 6月議会で介助員の配置を現行2日間より拡大することが全会一致で採択された。
市は来年度からの実施を計画しているようだが、請願者など当該の保護者は一日も速い実施を望んでいる。
 そこで当該の保護者2人と生活者ネットの岩本、共産党の木村、西の各議員と橋本で部長と懇談会を持った。
財源にかかわることでもう一つはっきりしない。
 それなら市長に直接、要望書を出すことにした。
一日増やすと一人年間25万円程度だ。このぐらい2学期から実施しても何の問題もないと思うのだが一向にらちが明かない。


6月の雨のち晴
6月21日(月)晴 大沢さん、お疲れ。ひやひや出した?
 立川市議選で応援した大沢さんは最下位で当選。次点と8票、次々点とは9票差の大激戦でした。
やっぱり日常活動をちゃんとしていないと現職でも落ちるということでしょう。
油断しちゃいけないということ。
ともあれ大沢さん、お疲れさん。

6月20日(日)曇時々晴 社民党の街宣車に乗りました?
 参議院選挙に向けて誰を応援するのか悩ましい限りです。
今回、古くからの友人で社民党の元衆議院議員の保坂展人を応援することにしました。併せて東京選挙区は若い森原秀樹さんを応援します。
 なかなか悩ましいところですが、私のような緑の政治を実現しようとするスタンスに近いことが理由です。
この日は三多摩を遊説したいということで市民はの議員を中心に八王子、豊田、国立、府中、小金井、国分寺を回りました。
 私もマイクを握り二人への支援を訴えました。ちょっと変な気分ではありました。

6月13日(日) 大沢さん頑張ってよ! 立川市議選
 立川市議選が始まった。友人の大沢豊が4期目に挑戦。定数が2減って、小平市と同じ28.立候補者が37という大激戦。
 大沢さんは票にならないことを地道にやってきた。ホームレスの支援など。ビッグイシューの販売のとりまとめをしている。だから選挙は弱い。私と同じだ。
 今日が初日。この一週間は応援で手一杯だ。

6月9日(水)晴 もうちょっと誠実な答弁をお願いしますよ
 一般質問は23人60件だった。いい質問がたくさんあった。質問しなかったのは自民党の斉藤一夫さんと民主党の小林秀雄さん。今期一度もしていないのではないか。せっかく議員になったのだから質問すればいいのにもったいない。

1.公共施設の有料化について
 現在は減免措置でほとんどが無料です。これを受益者負担ということで有料化することについて疑問である

2.太陽光発電の助成について
 小平市は太陽光発電日本一を掲げています。さてどうなるでしょう。

3.小平市として建築行政事務をしないのか
 東京とは建築行政事務をしに移管しています。小平市と西東京市と東村山市のみが移管に応じていません。事務が身近になることでまち作りは進 
 みます。お金がかかるからやらないとのことでした。


4.他には家庭の園芸土の再利用について、土曜授業について、生ごみ、廃食油のリサイクルについてなど

● 学童クラブの一部民営化については私と佐藤議員が質問しました。
 答弁は本当にひどいもので「今回は一部で試行実施なので市民の意見を聞かなくてもいい」という態度を崩しませんでした。明らかに自治基本条例 
 10条に違反しています。条例作りに参加した市民の会議の皆さんはこうしたことについてどう思っているのでしょうか


● 学校給食の調理業務の民営化については木村、岩本議員が質問しました。
 現状、質の高い給食が提供されていること。民営化することでそうした質が落ちるのではないか。職員の待遇が悪くなる。官製ワーキングプアを生 
 み出さないか、などの質問でした。報告書が出されましたが、これから方針案を作り、パブコメにかけるということでした。


 小林市長は民間でできることは民間にやってもらうという姿勢で、学童・給食・保育園などの民営化を考えています。これを市民との協働と言っているわけです。
 小泉行革が結局、多くの非正規労働者を生み出し格差社会を作り出してしまったことについての反省がなければ、ただ単に安上がりな市役所になってしまいます。
 この辺がこれから大きな問題になってくると思います。
まず、学童の条例改正に各会派がどのような態度をとるのかに注目してください。

6月8日(火)晴 6月議会、子ども手当の支給が始まった。 
 6月議会が始まった。大きな争点はなさそう。

子ども手当の支給が始まった。このことに伴って扶養控除が廃止される。(H24から)
  一方で増税になるので所得300万円小学生1人の3人家族だと年間4.4万円の収入増になる。これでは手当ての目的を果たすことにならない。ただし、小平市は5.1億円の税収増になる。このお金を子育て支援の施策につかえばいい。


学童クラブの一部に指定管理者制度を導入するための条例改正(厚生委員会付託、17日9:00から)
3月議会で否決された国保会計の保険額を3.3.%増にする議案(特別委員会14日9:00から)
朝鮮学校を高校無償化から排除しないことを求める意見書の提出について(総務委員会付託、15日午後遅くから)
このあたりが6月議会で大きな議論になるところだ。特に学童はこの条例が通れば指定管理者制度の導入が一気に進むことになる。

6月4日(金)曇時々雨 菅総理で日本は変わるか?
 菅さんが総理大臣になった。久しぶりの二世でない総理だ。それだけでも期待はできる。小沢的政治を一掃できるのかにも注目したい。
最も肝心などんな社会を作るのか。大きな政府か小さな政府か。高福祉高負担か、低負担か低福祉か。最も大切なことにきちっと向き合ってほしい。

5月の雨のち晴
5月30日(日)晴 トホホホ・・・・・腰が痛い サッカー小平リーグで
 久しぶりにサッカーを楽しんだ。病み上がりなのでさすがに動きが悪い。右45度からの絶妙なロビングシュートに反応してセービングしたがゴール。技ありのシュートだった。その時したたかに腰を打っていたいのなんのって。おかげで腰には大きなビフテキができた。
※ ビフテキはスライディングしたときに腰や肘にできる擦り傷。丸い形でビフテキに似ている。

5月29日(土)晴 鳩山政権を事業仕分け! みどりの政策フォーラム
 全国から100名を越える仲間が集まり、オリンピックセンターで政策フォーラムを行なった。
多彩なテーマで10:00から21:30まで盛りだくさんで疲れた。民主党政権がかかえる問題や緑の政治の実現をめざす私たちがどのようなスタンスで政治に関わるのか、考えさせられるものだった
 詳しくはみどりの未来HPへ

5月28日(金)晴 総会をはしご?手をつなぐ親の会、肢体不自由自社父母の会
 二つの総会には議員や関係団体などからたくさんの来賓があり挨拶だけで1時間ぐらいかかってしまう。
親の会は知的障害児・者の団体。父母の会は身体障害児・者の団体。
 請願のことなど挨拶で話した。

5月27日(木)晴 来年は都知事選挙だ 自前の候補者を立てよう!
 前回の都知事選挙で浅野史郎さんを擁立した人たちの呼びかけで来年の都知事選挙の相談会が下北沢で行なわれた。前回の反省に立って統一候補を立てようと、話し合った。参議院選挙後に具体的な取り組みが始まる。
 余り発言すると手を抜けなくなるので控えめでいたが、おせっかいの性格でいろいろ言ったので、ては抜けそうにないかな?

5月23日(日)晴 若者よ、もっと議員に立候補しよう!  せんきょの学校Ⅱ
 来年の統一地方選挙に立候補しようという若者ののためのせんきょの学校がスタート。小金井のカエルハウスで開催。1回目は突発性難聴で欠席。生徒は日野、国立、東大和、小平の4人とそのサポーターたち。
 今回は議会の役割、財政、三多摩のごみ、若者施策などを学習。私は議会の役割をレポート。
政党の看板だけで当選した能無し議員ではなく、問題意識を持った議員を増やしたい。

5月22日(土)晴 リタイアしても元気にバリバリ頑張ろう? いたわりの会、総会
 いたわりの会、総会に出席。私に周りにもリタイアした人が増えてきた。「ボランティアとか何かやれることないかね」と聞かれる。こんな人たちが地域でいきいきと活動できるサポートが必要だ。そんなことをいたわりさんがやってくれると助かる、挨拶。

5月21日(金)曇 自転車の似合うまちを作る! 自転車スイスイ、総会
 小平を自転車の似合うまちにしようと活動を続けている。細々と活動は続いているがな中身はすごく濃い。
今年こそはあかしあ通りの自転車レーンなど具体化したい。

5月20日(木)晴 参議院選挙をどうする 保坂選対会議に参加
 参議院選挙はなかなか悩ましい。どこを応援していいか分からない、という人が多いのではないか。3年前は川田龍平を立てて選挙を闘った。その後、彼が緑の人たちと決別し、「みんなの党」に入党。
 日本に戻りの党をつくろうという運動は大きく後退してしまった。今回はより緑の政治に理解のある候補者を応援する。保坂氏は社民党から比例で立候補の予定だが社民党を市民政党に作りかえる。ヨーロッパのように社民主義と緑の政治との連携を模索してきた。
 そういう関係で、保坂氏を応援することにした。

5月19日(水)晴 通常学級に在籍する肢体不自由児へのサポートの拡充を
 
生活文教委員会に付託されている請願を取下げ、出し直しする
 橋本が筆頭紹介議員で「通常学級に在籍する肢体不自由児の児童・生徒への介助員を現状2日間から5日間に拡大することを求める請願」の審査が行なわれた。3回の審査の中では5日間に拡大することは財政的負担も含めて難しいという意見が出された。
 こうした意見を受け、請願者と検討した結果、日数は入れない。現状よりも少しでも前進させる、という内容で字句訂正を提案した。
 「現状2日間から5日間に」を削除するというものだ。ただ、請願の趣旨が大きく変わることになるので、いったん取り下げて出し直しすることになった。
 出し直しの請願には全幹事長が紹介議員になり、6月議会の初日に全会一致で採択されることになる。
目的の成果までは行かなかったが一歩前進ということだろう。
 理事者は来年度から2日間を3日間にすることを検討するという対応なので、2学期から実施するよう今後も取り組みを継続したい。
 また、昨年度は4人の児童が在籍していたが今年度は2人に減った。その内の一人は特別支援学校に転向した。1999年には18人が在籍していたことを思うと、インクルーシブな教育が行なわれているのか疑問に思える。
 肢体不自由児に限らず、サポートが必要な児童・生徒が安心して教育を受けられる特別支援教育の実施が必要だと思う。小平の教育はまだまだだ。

5月16日(日)晴 若い人がどんどん議会にチャレンジしてほしい! 
みどりの未来・関東、バックアップスクールを開催
 飯田橋で来年の統一地方選挙などにチャレンジしようと考えている人も対象にバックアップスクールを開催。
立候補を検討している5人を含め20名あまりの参加で盛り上がった。
議会の仕事などについて30分話をした。二元代表制や議院内閣制から住民投票制度などについて話した。
 20歳台から50歳台まで、11月選挙予定の若者はまだ24歳でもうすぐ25歳になるとのこと。こうした若者には是非当選してほしい。
 三多摩でも別に「せんきょの学校」を開催している。

5月3日(月)晴 体重が高校生の時と同じになった?
トホホホ・・・・、連休は入院で骨休め? 昭和病院で
 28日小川町方面のコミタクの議員対象試乗会に参加しようと、小川駅前の喫茶店で待っていたところ、天井が廻りだした。トイレに立ってもうまく歩けない。これはまずいと思い、外に出たが一向によくならない。
 急遽、試乗会をキャンセルし改札口に入ったところで動けなくなってしまった。駅員室で小一時間横になったがやはりよくいならない。タクシーを呼ぼうと外に出たところで激しい嘔吐。すぐ救急車を呼んで東大和病院に入院。
 CTスキャンをとっても異常なし。予定をキャンセルする電話をしたところ、呼び出し音が左耳ではまったく聞こえない。
 「これは耳鼻科の問題だ。ここには耳鼻科がないので昭和病院に転院してくれ」といことで、民間救急車で搬送。そのまま3日まで入院することになった。突発性難聴のこと完全に治る確率は1/3だそうだ。
 検査では左耳が通常の1/3程度しか聞こえない。点滴と薬、あとは寝るだけ。
糖尿病もあるので一日1600キロカロリーの食事。お腹がすくこと、すくこと。でも慣れると結構体調はよくなり、快調。おかげで体重が5キロ減り、高校生の時の63㎏になった。いささか肉がたるんでいるが身体も軽くこのまま保てれば最高なんだけどなあ~。
 周りの人に聞くと結構、同じ病気になった人が多いことに驚く。
「もう歳なんだから」という声があちこちから聞こえてくる。もう少し身体と相談しながら楽しく前に進みたい。

4月の雨のち晴
4月24日(土)晴 二元代表制って難しいんだよね? 自治体学校inこだいら
 24、25日の二日間自治体学校が小平で行なわれた。その中で、議会ウオッチィングの会主催で福嶋浩彦元我孫子市長の講演があった。
 二元代表制の問題や議会への市民参加について、我孫子市での取り組みを例に目からうろこの話しだった。
常設型住民投票制度の問題など小平市議会が改善しなければならない課題が浮き彫りになった。

4月18日(日) 障害者の今と国連障害者権利条約  武蔵学習会
 2006年、国連で障害者権利条約が採択され、すでに78カ国が批准しているが日本はまだだ。国内の整備が追いついていないためだ。この問題について精神病者集団の山本真理さんにお話しをうかがった。
 あわせて医療観察法に多くの予算を割きながら、地域移行への予算が少ないことなどさまざまな問題点を指摘された。

詳しくはこちらへ

4月13日(火)曇 大曲中のみなさん、お付き合いしてくれてありがとう 有明清掃工場見学
 秋田県の大曲中から3年生の修学旅行野中で清掃工場の見学をコーディネートしてほしいという依頼がごみ・環境ビジョン21に来た。
 なにせ300人を越える大所帯。新江東、有明、品川の清掃工場を分散して見学することになった。
上野駅で8台の観光バスに分乗。
私は7号車。やんちゃながきどもを相手に有明工場までの約30分が勝負。
秋田県が学力調査日本一だったことを言ってちょっとゴマすり。3Rのことなどゴミのことをいろいろ話していると。レインボーブリッジが見えてきたのでおしまい。
少しは役に立ったかしら。

4月11日(日)晴  春日部でアピール? 片山いく子さんを応援
 春日部市議選でみどりの未来の仲間、片山いく子さんの応援で車に乗った。私と同年代で4選目。「母さんの目で町づくり」がスローガン。町の反応もよくさすが貫禄がある。
 私もスーパーの前で声を張り上げた。

4月7日(水)曇 みんな大きくなって 4中入学式で
 さすがに中学校の入学式になるとみなさん落ち着いている。10小青少対で一緒に遊んだ子や知り合いの子どもがいてほっとする。
 今回も国歌斉唱のときには起たなかった。

4月6日(火)小雨 したたかに少数は労働運動の役割を再確認 労総連集会で挨拶
 三多摩労組争議団連絡会議の集会があり、武蔵病院を考える会として挨拶した。医療観察法が施行されて5年たち、今年は見直しの年になる。
 武蔵病院には合併症対応の第9病棟ができた。廃止の取り組みを強めたい。

4月6日(火)小雨 かわいい皆さん、お友達をたくさん作ってください 10小入学式
 かわいい子どもたちを見ていると本当にほほが緩む。たくさんお友だちを作って学校生活を楽しんでください。
それにしても「起立、礼」という掛け声はもうそろそろ止めませんか。軍隊式の呼称が未だに残っているのはどうもですね。

3月の雨のち晴
3月26日(金) 市民オンブズマン・小平が解散?
 市民オンブズマン・小平は事情があってほぼ2年間、開店休業だった。今回久しぶりに集まりを持ち今後の活動について意見交換した。ここ数年は土地開発公社の問題について会報などで紹介してきた。
 中心で動ける人がいないことなどから解散を決定した。オンブズマンの前の時期を含めると約15年の活動期間になる。今後会計処理をして解散することになった。

3月25日(木)曇 長い間、ご苦労様でした。退職部長を囲む会で
 毎年この時期に議員の同期会(4人)で退職する部長を招いてご苦労さん会を行なっている。今回は8人の内7人が参加。永田コーヒーの特別室で大いに盛り上がった。今田から言えることが次々に飛び出した。本当にご苦労様でした。

3月25日(木) 卒業おめでとう    10小卒業式で
 青少対のスクールキャンプなどで遊んだ子たちとが見違えるほど大きくなって巣立っていくのを見るのは楽しい。私が10小のPTA会長をしていた時に祝福の挨拶をしたのを思い出した。

3月24日(水)曇 議会の役割が発揮できた!    3月議会最終日
 3月議会は国民健康保険税をめぐって二転三転した。最後には市長提案を大幅に修正して可決した。議会が議会として真剣に議論しての結果であり、大いに評価できる

3月19日(金)晴 笑顔の旅立ちに乾杯!  4中卒業式
 いつもながら若者の緊張した素顔に接するのは気持ちがいい。あいにく寒い日だったが、卒業生に増して毎回緊張する。今回も国歌斉唱時には起立しなかった。

3月17日(水)晴 PM2.5って何?    東京公害患者と家族の会の方と懇談
 12月議会で小学校児童の学校別の喘息罹患率を取り上げた。この調査を主に行なったのは小平環境の会のTさん。
 このことが縁で東京公害患者と家族の会の副会長の石川さんを知り合いになった。石川さんは小平市在住で3・3・8道路問題にも深くかかわっている。
 一度ゆっくり話を聞かせてほしいということで、今回事務所で話をうかがった。参加者はTさんと3・3・8のMさん。石川さんと同じく副会長の大越さんと私の5人。大越さんはわざわざ江戸が約から来てくださった。
 PM2.5はSPM(浮遊粒子状物質)の中で更に小さいのがPM2.5(微小粒子状物質)だ
髪の毛は70マイクロメートル。SPMは10マイクロメートル以下。PM2.5はマイクロメートル以下。
1マイクロメートルは10-6メートル(m)に等しい。よって、0.001ミリメートル、1000ナノメートルとも言う。
 こうした微小粒子がさまざまな健康被害を引き起こす。
環境省や東京都が本格的な調査に乗り出す。

 お話は具体的で、大変参考になった。

3月15日(月)晴 議会改革は二元代表制であることを自覚することから始まる
                               議会改革調査特別委員会で
 1月から議会改革調査特別委員会がスタート。議会運営委員会と同じ会派構成にするということから私は参加できない。自民2、公明2、民主1、ネット1、共産1。
 議会改革は二元代表制にふさわしい議会に作り変える覚悟がなければ意味がない。
議員の間は市長と私的な付き合いをしない。私的な飲み会などはもってのほか。こんな当たり前のことを守ることから始めよう。

3月13日(土)晴 狛江市民の問題意識の高さに脱帽  自治基本条例学習会に参加して
 三多摩議員ネットなどでお付き合いのある狛江市の元市議会議員、清水信之さんが主催する学習会に招かれて狛江市役所となりの公民館に出向いた。テーマは自治基本条例について。
 報告者は私で、アドバイザーには自治体総合政策研究所の石井秀一さん。私に小平市の条例制定について喋れということで報告をした。
 参加者は20名ほどだった。
石井さんのお話しは専門家として具体的論理的で刺激的だった。自治体の憲法としての意義や協働という考えが持つ問題など勉強になった。市民の定義など全体としては私とは違う。
 運動的な視点から問題を考えがちな私には大変勉強になった。

3月12日(金)晴 鳩山さん、朝鮮高校への授業料を免除しないのは問題ですよ
                           朝の金曜アピールで
 小平市には約4200人、2800世帯、人口比2.7%の外国籍住民が暮らしているます。みなさんの隣人として暮らしています。一橋大学の中に国際交流会館があり、家族も含めて500人余りの人が住んでいます。
 75%の方が韓国・朝鮮・中国籍の方です。こうした方と私たちは地域の中でよき隣人として暮らしています。
民主党政権は高校の授業料の無料化を打ち出しました。ところが、朝鮮高校を除外するという考えが政権内から出てきました。
 鳩山首相はどのような授業をしているのか分からないといいます。朝鮮学校は各種学校として都道府県の認可を受けています。ですから東京都にカリキュラムや授業内容を東京都に毎年報告しています。ですから、知ろうと思えば簡単に知ることができ案す。
 私や同僚の議員は立川にある朝鮮小中級学校を見学したことがあります。授業はハングルで行なわれますが内容は日本の学校とほとんど変わりません。
 今年の全国ラクビー選手権大会では大阪代表の大阪朝鮮高校が活躍し、準々決勝まで勝ち進みました。
ほとんどの大学が大学受験資格を与えています。
 拉致や国交がないなどを理由に無料化から除外することはいかなる理由にしろ許されません。

3月11日(木)晴 国保条例の改正はどうなっちゃうの?
 厚生委員会で国民健康保険税の税率改定について審査が行なわれた。結局5.8%の改定は高すぎるとして結論が出ず、継続になった。
 このままだと国保会計予算も24日の本会議で否決になり、条例も改定できないという事態になってしまう。
ところがところが水面下でとんでもない画策がされているようだ。こういう時にはオーソドックスに否決し、新たな議案を出して審査し直すのがいいのだが、どうなることか先が見えない。

3月10日(水)曇 そんなにだいそれたお願いをしていますか!?  
障害児の係る請願で  
生活文教委員会
 生活文教委員会で「通常学校に在籍する肢体不自由の児童・生徒への介助員の配置を現状2日間から5日間に拡大することについて」の3回目の審査が行なわれた。
 生活者ネットと共産党の以外の委員は5日にすると経費がかかるとから賛成できは内容だ。そうしたことから、どのような修正が可能かが検討された。
 現状2日間で年間50万円の経費がかかっている。5日になると123万円4人の児童が在籍しているから、28万円の負担増になる。これってそんなに大きな財政増になるのだろうか。
 児童一人当たりのコストは年間で小学校102万円。中学校133万円。特別支援学級で小学校382万円。中学校479万円。特別支援学校783万円だ。
 トータルに考え、その子にとってどんな教育環境の中で教育を受けるのが一番いいのか考えた支援体制を作ってほしい。

3月6日(日)雨 市長提案を否決するなんてとんでもない?  国保会計を否決 
 5日は特別会計の審査が行なわれた。一般会計からの繰入金が多く、財政が破綻しかねない。当初平均11.3%をお願いしたが、国運営協議会などの意向を考慮して平均5.8%に修正したという説明が行なわれた。さまざまな質問が出されたが、賛成の中心であるはずのフォーラム小平(民主党、社民党)の委員は一切質問しなかった。
 私は以下の理由で反対した。
1.元々他市に比べて一般会計からの繰入金が少ない。
2.3年後には後期高齢者とあわせた大きな改正が行なわれる。
3.所得200万円以上の層は全て10%を越える値上げになっている。(低所得者の削減をしたから)
4.1年前に比べて国民所得が7%程度減っているなど、市民生活が厳しくなっている時に5.8%でも高すぎる
5.国保と連動している後期高齢者会計の平均アップ率は4.9%である。その程度に抑えるべきである。

反対は政和会、公明党、橋本の7人。賛成はフォーラム小平、生活者ネット、共産党の5人。
共産党は元々アップに反対していたので、賛成していいのでしょうか。


小林市政になって初めての否決。
「橋本さんがキャスティングボードを握っている」と多くの方に言われた。そんなことはどうでもいい。
二元代表制なのだから与党とか野党とかではなく、市政をチェックするのが議員の仕事だ。そのことを忘れて、数の論理で議論もしないのでは議員の資格がない。

3月6日(土)雨  決算委員会が終わった
 2日から5日まで2010年度の予算委員会が行なわれた。一般会計が3日間。国保や介護保険などの特別会計が一日。議長を除く27名の議員が半分ずつどちらかに所属して審査をする。橋本は無会派なので一般会計には参加できない。(ちょっとひどくない?)
 一般会計には賛成するが多くの課題がある。

1.財政規模が拡大したこと 
 税収が11億円も減っているのに財政規模が拡大するの問題。今、どうしてもしなければいけないもの以外は後年度に回すべきだ。東部公園に500万円で斉藤素巌のブロンズ作品を展示するのはいかがなものか。

2.「意思決定過程への市民参加を進めた」という答弁には疑問あり
 学童クラブ室の一部を指定管理者制度で民営化することや小学校の給食業務の民営化という重要な政策決定に市民はかかわれなかった。庁内で一方的に決めてしまった。これは自治基本条例に反している。行政に都合のいい市民参加になっていないか

3.広域連携と合併は大きく異なる
 市長は合併を勧めたい。東大和と武蔵村山に市長にそんな話しをしているという。広域連携は大事だが合併は別だ。平成の大合併で何が起きたのか考えているのだろうか。
 市民自治は私たちの暮らしにより近いところで行なう。そうでなければ補完性の原理は機能しない。基礎自治体は小さければ小さいほどいい。

4.民営化するとサービスが向上する。それでは正規職員ではできないのか。
 学童クラブの一部民営化について、今の職員体制では閉所持間を6時から7時に延長できないことがその理由だ。本当にそうだろうか。では市の職員はサービスは民間より劣るのか。正規職員が最大のサービスを行なう努力を果たしていないのではない。そんな思いに駆られてしまう。

2月の雨のち晴
2月27日(土)雨  多文化共生のまちを! 朝鮮高校バッシングはいけません!
 朝鮮高校を授業料の無料化の対象から外すとうことについて、「とんでもないことだ。そんな認識で共生のまちは作れない」と議会で発言したところブーイングが起きた。
 多くの大学が朝鮮高校の卒業生の大学受験を認めているように現場では当然のこととして他の高校と同じ扱いをしている。
 中井拉致担当相や鳩山首相の発言にはひどい。
市内に朝鮮大学があり。たくさんの朝鮮籍の住民がすんでいる。こうした人も含め、外国籍住民との良好な関係を作ることが私たちに求められているのだと思う。

2月26日(金)曇 もっと前向きな議論をしたい?  一般質問で
 3月議会の一般質問は23人の議員が61件の質問をした。正副議長と会計監査は質問しないことになっているので、2人が質問をしなかった。自民党の斉藤一夫さんと民主党の小林秀雄さんだ。この二人はほぼ毎回質問しない。いかがなものですかね。その時間私にちょうだいと言いたいところだ。
 皆さんの質問もなかなか面白い。
・国保会計について
・成年後見制度について
・子ども手当とその影響について
・小平市の行財政再構築プランについて
・小学校給食は市の直営で行うべき
・学童クラブを公設民営で夜7時以降の延長実現を
・保育園の公設民営化でサービスの向上を
・外国人参政権に対して市はどのように考えているのか
・小1問題など教育課題に果敢に取り組むべき
・電磁波問題を考えよう
・地域猫の活動をするボランティアに対する支援について
・子どもの自立と創造力をはぐくむ学校図書館の環境整備を
・多摩緑成会病院の障害児・者の療育方針等について
・再び、小平版自転車の似合う快適なまちづくりについて

私は3問
・都市計画道路3・3・8号線は協議の場を都に求めよ
  市は協議の場の設定については行なうことを明言。計画には賛成なので。これからが重要だ

・外国籍住民への行政サービスは行き届いていますか
 サポートは不十分。どこともつながっていない人へのサポートは難しいが考える必要がある。

・予算編成過程への市民参加の今後の取り組みは
 これはまだまだ、市民が意見を述べられるようになるまでには時間がかかりそうだ。

もっと緊張感のある議論ができないかなあ~

2月23日(火)晴 3月議会が始まった。
 初日の今日は議案の説明などが行なわれた。予算は税収が11億円、3.9%減。規模は7.7%の増。子ども手当て22億円を除いても17億円の増になっている。これは問題だ。収入は減ればそれに見合って支出を減らさなければ破綻する。国の財政と似ている。
24~26日の三日間、一般質問が行なわれる。

2月22日(月)晴 こんないい加減な提案でいいのか  臨時幹事長会議
 臨時幹事長会議で国民健康保険税の条例の改定について5.8%にする修正案が提案された。元々11.3%だったのが与党3会派13人の要望書の提出を受けてこうした変更が行なわれた。
 ところが予算審議を行なう予算書は11.3%のままである、と言う。予算審議が先で、その後に条例の改定の審査が行なわれる。
 「これでは予算審議はできない。予算案も修正すべきだと」と私や公明党の浅倉議員、政和会の佐野議員が発言。「予算が否決されたらどうするのか」など厳しく批判した。
 悲しいかな、与党の常松議員(社民党・フォーラム小平)、岩本議員(生活者ネット)、佐藤議員(共産党)はまったく発言しない。情けない。
 その数時間後、幹事長が招集され予算案は変えず、合わせて修正案を出すこと提案された。これも前代未聞。
実は与党の要望書には私も参加する予定だった。ところがその直前に政和会(自民党など)が同じ5.8%+一年目はアップを凍結するという提案が出てきたので急遽、参加を取りやめた。
 与党と野党の人数は13:13だ。私は地方議会に与党も野党も関係ないという立場なのでどちらの案に乗るかはこれからゆっくり決める。さあどうなることやら。
 それにしても議員はいい加減だ。
前回の値上げは6年前で13%だった。賛成は政和会(自民党など)、公明党、フォーラム小平(民主党)。反対は共産党。私は緑・ネット(生活者ネット、社民党、橋本)として1/2を提案。
 こんなに態度が変わると有権者は何を信じていいのか分からなくなってしまう。

2月17日(水)晴  さすが役人。のらりくらりの回答はさすが 
 3・3・8号線について東京都に申し入れに行った。こちらの参加者は7人。応対した職員は3人。
先日の説明会では参加した住民は納得していない。疑問に答えるような説明会を再度開催できないかという要望にも、これから検討する。文書で質問するから文書で答えろと言っても文書で答えたことはないと、ストレスのたまる1時間半だった。

2月11日(木・祭)小雪 今年も頑張ろう! 市民自治こだいら 市政報告&新年会
 小雪交じりの悪天候でしたが、たくさんの方と盛り上がりました。
この1年間で課題になったことは
 
1.市長マニフェスとについて ~評価できる項目あり、どう具体化するか監視する必要あり
2.予算編成過程への市民参加について ~今後の展開に注目
3.請願「議会改革について」 (即決否決) ~市民参加なき改革に問題あり
4.請願「通常学級に通う障害児への介助員の配置の拡大について」 ~継続審査中
5.小学校給食調理業務の民間委託について ~検討委員会で議論中
6.学童クラブの一部民営化について ~検討会も行なわずに決定するのは市民参加に反する。請願が出る
7.国保税の改正について ~11.3%アップを少し下げる模様。ゼロは困難だとしても半分以下に改正すべき
8.一橋大学内にある如水スポーツプラザの市民利用の中止について ~市はまったく無関係な顔をしている。市民と一緒に副市長に申し入れ
9.自治基本条例について ~反対するには大いに迷った。条例には多くの問題あり、今後の展開に注目
10.無会派になって ~やりづらいこともありが、議論しやすくなった。職員からの情報が入るようになった。
11.事業仕分け ~パフォーマンス的だった。聖域なき仕分けが必要
12.3・3・8号線について ~先日の説明会には500人参加。つくる根拠が不透明
13.小林市政について ~一期目に比して丁寧さがなくなった。前市政との違いが見えにくい
14.来年の市議選について ~複数の候補者を立てる

こうしたことについて話し合いました。
そのあとはお酒も入り大いに盛り上がりました。

2月8日(月)曇 いい加減にしろよ!  3・3・8議員説明会
 小平都市計画道路3・3・8号府中所沢線の都市計画変更素案の議員を対象にした説明会が行なわれた。予定1時間で45分も説明。これでは質問時間がなくいなるとクレーム結局30分の質問時間ができた。
 パンフレットにある数字で南北都市間の交通量が20年後にはH17年より34%増加するというデータについて質問しても「1500ページのデータを分析したらそうなったと」と訳のわからない返答に終始した。
 結局「小平市の議員は誰も計画に反対していない」という印象を職員に与えた責任は誰が取るのだ。

2月7日(日)晴 日本に緑の党をつくる! みどりの未来総会
 全国から約80名の仲間が集まり、総会を行なった。私は全国協議会委員になった。自民党は問題外だとしても民主党政権がかかえる問題も見えてきた。なによりを小沢幹事長に依存する古い政治のスタイルにはがっかりしてしまう。政策も新成長戦略を昨年末に発表したが、マニフェストからも逸脱した箇所がたくさん見られ、不安が拭えない。
 こういう時代だからこそ、緑の党の役割が重要だ。まだまだ小さな勢力だが着実に運動を進めていこう。

2月3、4日(水、木)小雪&晴 いい加減な説明で市民が納得すると思うか
 小平都市計画道路3・3・8号府中所沢線の都市計画変更素案の説明会が一小と中央体育館で行なわれた。参加者は600名を越えた。
 一方的な説明と再質問を認めないやり方に参加者は怒り心頭。ある参加者の「私は計画に賛成だが、こうした説明会のやり方では理解が得られない」という発言が印象的でした。
 これを契機に事業が動き出すことになる。疑問に答える責任が東京都にはある。

2月4日(木)晴 如水スポーツプラザが使えなくなる? 副市長に申し入れ
 一橋大学以内にプールやアスレチック、サウナなどを完備したスポーツ施設がある。学生や職員を対象に作られたが、地域の方の要望で市民も使えるようになり、10年が経った。
 ところが昨年暮れ、突然3月末で市民への会報を中止するという掲示がされた。利用している市民が署名を集めたりして、今まで通り使えるよう大学いに働きかけを行なっている。この日、市民の方の依頼で副市長に会い、一橋大学に要請するよう要望書を提出した。
 市の対応はいかんともしがたいという感じだ。
市がこうした施設を作るのは財政的にも無理なことは誰でもわかっている。だからこそ企業や大学などのこうした社会資源を有効に使うことが大切ではないか。そうした視点のなさにがっかりした。

2月3日(水)曇 3市共同資源化施設は大丈夫か 小・村・大組合職員と面談
 3市共同資源化施設が東大和市の玉川上水駅と東大和市駅の中間に造られることについて強い疑問を抱いている中島町のHさんとそこの自治会の会長さんとで組合の事務局長などに今後の計画などついてうかがった。
 2つの専門部会が出した報告を元に計画を勧めることになっているが、敷地が狭いために境界部に緑地帯を設けることができない。その代わりに屋上緑化をしてみどりを確保するとか、稼働時間を17時間にするなどおよそ信じがたい報告になっている。
 しかもこうしたその報告について、内部の検討報告なのでHPには載せないとのこと。その対応には驚くばかりだ。
 今後、問題を明らかにしていきたい。

2月2日(火)晴 請願「通常学級に在籍する肢体不自由の児童・生徒への介助員の配置を
現状2日間から5日間に拡大する」は継続に

 生活文教委員会で2回目の審査が行なわれた。5日間公費で介助員を配置することには異論のある委員もいるようだ。学生ボランティアなどさまざまな方法で介助するということであればOKという感じになっている。
 そこで次回は修正をだしたいという意見が出された。
要は教育委員会が5日間責任を持って介助することが担保されれば、修正は可能かもしれない。
どちらにしろ一刻も早く採択をして欲しい。

1月の雨のち晴
 1月16日(土)晴 みんな踊った? ともにネット新年かくし芸大会
 全員が思い思い仮装してサンバを踊ってスタート。みんな楽しそうに練習の成果を披露して盛り上がった。
昨年もそうだったが、いやなことは忘れて踊ったり唄ったりするのっていいですね。

1月15日(金)晴 久しぶりに声を張り上げてすっきりした。ハングルで唄おう!
 タリの会のメンバーを中心にハングルで歌の練習をしている。今回が2回目。アリランやイムジン川(リムジン江)など馴染みの曲を歌った。日本語とだいぶ違うところがあたっが先生の教え方がよく楽しく唄えた。歌詞がきれいで、御地な私でも楽しめた。

1月14~15日 みんな頑張ってるよな~ 議員ネットで合宿
 三多摩の市民・環境派議員のネットワーク「市民自治をめざす三多摩議員ネットワーク」では年二回、夏と冬に合宿を行い、さまざまな課題について学習を行なってきた。
 今回は府中市にある生涯学習センターで行なった。
テーマは①地域医療体制について ②国民健康保険税の改正について ③ 2010年度地方財政計画について
 どれも中身の濃い議論ができた。

1月11日(月・祭)晴 今日もサッカー、でも最低?
 今日は中央公園でゲーム。ところが今日は最悪のコンディションで5:1で敗退。身体が硬く動けない。まずいまずい。
 正月休みに毎日5km走ったのにどうしたことだろう。まだまだむらがあるということだろうか。精進しょうじん!?

1月10日(日)晴 FC東京グランドでサッカーを楽しむ
 毎年この時期に他市のクラブを招待してサッカー大会が行なわれる。グランドは大沼町のFC東京だ。芝生が整備されていて気持ちいい。昨年は今絶好調の平山相太が隣のグランドで練習していた。
 試合のほうは1:1でPK選に。PK船は絶対の自信がある。2本止めたがこちらも日本失敗がありサドンデスになった。
結局、こちらのキッカーのミスで敗退。残念。


12月の雨のち晴
12月22日(火)晴 Aさん、たまには外に出ましょうね
 月に一回、第3日曜日に前の職場の練馬区介護人派遣センターにボランティアに行っている。10時から18時までAさんの介護だ。今回はこの日に行った。今年になってからAさんはほとんど別途からおきず、寝ながらテレビを見ていることが多くなった。
 代謝が悪くなったとのことで体重も増えちょっと心配だ。
この日は練馬区役所に行くとのことで久しぶりに車に乗った。Aさんは序す席に座る。久しぶりなのと体重が増えたのとで一苦労。久しぶりにAさんと乗るドライブは楽しかった。
 Aさん、いつまでもお元気でね!

12月21日(月)晴 1.二元代表制、機関対立型システムの議会はその役割を果たしていない!
2.自治基本条例には反対
3.「通常学級に在籍する肢体不自由の児童・生徒への介助員の配置を現状2日  間から5日間に拡大することを求める請願」は継続
4.「議会改革の一環として市民アンケート調査と市民報告会の実施を求める請願」前回 は反対で不採択(橋本だけが賛成)
12月議会最終日。
自治基本条例には議会として修正をしなかったことを理由に反対した。かなり迷った。反対は政和会と橋本。
たくさん修正できる箇所がありながら、与野党の対立に埋没し与党は修正提案をしなかった。
 これは議会がその責任を果たしていないことになる。
多摩市は20数箇所修正し、原案を全会一致で可決した。国分寺市は提出した議案をいったん取り下げ、議員からの修正意見を取り込んで再提案。全会一致で可決した。
 どうして同じことを小平市議会ではできないのか。議会が与野党の対立にこだわり過ぎている。二元代表性が機能していない。市長の追認機関になっていると言われても仕方ない。
 議会の役割が問われている。
詳しくは会報で紹介します。

12月14日(月)晴 どっちも悪い? 自治基本条例が特別委員会で可決した
 昨年の6月議会に上程され、特別委員会を作り、月一回審査してきた自治基本条例が委員会で政和会反対で賛成多数出可決した。
 審査の中でたくさんの箇所で各会派が修正をしたほうがいいという意見が出された。
 私は3月末で会派緑・ネットを退会したので4月の委員会から委員を外れているので賛否に参加できなかった。
10月に各章の審査が終わり、11月に会派ごとに総括質疑が行なわれた。
 その後、政和会から修正提案が行なわれた。この提案の扱いをめぐってすぐに採決したいフォーラム小平、生活者ネット、共産党との間で意見が対立した。
 3会派は質疑を行い、すぐに採決を主張した。そのやり取りの中で、3会派は修正協議を提案しても拒否をしてきたのは政和会ではないか。その政和会が膨大な修正を出すのは(許せない)。だから即採決だと主張。
 この主張をいただけない。3会派は修正を提案してきたのだから修正意見を出せばいいのに、出さないで即決の主張は自分たちは修正する気がないといっているのと同じだからだ。
 せっかく真摯な議論を続けながら、最後にこんなつまらない争いをしてほしくなかった。

12月12日(土)晴 満面の笑顔が素敵って言われた? COP15 世界同日アクション

12月2~4日 いつも一般質問しないのはだれ? 28人中23人が質問
 一般質問は申し合わせで、正副議長と会計監査は質問できない。これもおかしいのですが、つまり残りの2人が質問できる権利を行使していない。毎回同じ議員だ。民主党の小林秀雄、自民党の斉藤一夫さんだ。いけませんね。
私の質問については詳しくは別に報告しますが、一問目の気管支ぜんそくについてはプライバシーの関係で学校ごとの公表はできないという。どのようにプライバシーに係るのか全くわからない。
 広域連携については羽村市、青梅市、福生市と瑞穂町の間で行なっている戸籍謄本などが他市でも取れることを例を紹介。コストは一通25円。
 国分寺市南口の国分寺市のサービスコーナーで小平市の住民票などが取れるよう、国分寺市に働きかけられないか聞いた。できないという回答。このことは必ず将来可能になると確信している。

11月の雨のち晴
1月30日(月)晴 12月議会が始まった。 後期高齢者制度に反対
 12月議会初日。決算審査は一般会計は政和会のみ反対。後期高齢者制度は橋本のみ反対。
1.特別職(議員など)の期末手当の減額
2.固定資産評価審査委員会委員の選任
3.市民活動支援センターの指定管理者の選定
4.児童館の指定管理者の選定
5.有料自転車駐輪場(新小平駅周辺)の指定管理者の選定
6.女性特有のがん検診推進事業の継続的実施を求める意見書
7.通常学級に在籍する肢体不自由の児童・生徒への介助員の配置を現状2日間から5日間に拡大することについて
8.議会改革の一環として市民アンケート調査と市民報告会の実施を求めることについて
などの審査が各委員会で行なわれる。
7.8は橋本が筆頭紹介議員です。

11月28日(土)晴 石焼芋はおいしい? 10小青少対恒例のやきいも大会
 毎年この時期に10小青少対では石焼き芋大会を行なう。穴を掘り、石を敷き小枝を燃やして石を熱くいする。その上にホイルに巻いたさつまいもを並べる。その上に落ち葉をかぶせ、蒸し焼きにする。ここが難しい。中は燃えているが表面は落ち葉が株って売るのが最高。火が見えてきたら、落ち葉を薄くかける。これを繰り返して出来上がり。日本当においしい焼き芋になる。
お家でやってみてください。
私はうまいですよ。教えます。

11月25日(水)曇 みなさん元気に頑張ってるね! 議員ネット定例会
 久々に「市民自治をめざす三多摩議員ネット」の例会が行なわれた。今回は15人もの参加者で盛り上がった。各議会報告や新人議員のためのバックアップスクールについてなど盛りだくさんになった。
 元高砂市議の井奥さんも参加。都政との連携についてなどの報告を受けた。
来年は1月早々に合宿をおこなう予定。

11月20日(金)晴 本当に議案の修正は行なわれるのか?
                     自治基本条例の総括質問が行なわれた
 昨年の6月議会に上程され、月1回のペースで16回の審査を行なった。今回は各会派の総括質問。
政和会は50問の質問。これはちょっと多すぎる。もっと論点を絞ってほしかった。もちろん他の会派も総括質問をした。
 その後、結論を出すべきという意見が出された。政和会以外の会派は「各会派が修正意見を出し合って、修正できるところは修正しようと言ったのに政和会は応じなかった」と言う。そして、「結論を出そう」という。
 まあ、どっちも乱暴だ。結論を出すということは修正しなくて原案可決ということだからだ。
審査の中では、各会派が共通に修正意見を述べた箇所がたくさんある。こうした箇所については調整して修正できるはずだからだ。
 結局次回までに修正意見について調整することになった。
次回は12月14日(月)9時から。

11月17日(火)晴 小学校給食を民間に委託するって?  第2回小学校給食あり方検討委員会
 小学校給食の今後のあり方検討委員会が行なわれた。
今年度、段階の世代の調理員などが退職することから、市は正規職員は補充しない方針を決定し、その上で今後のあり方を検討するというものです。
 そもそも、何故正規職員を補充しないのか理解できない。また、栄養士の内3人が嘱託職員だという。嘱託職員と正規職員の業務は厳格に分けれているはずだ。図書館での嘱託職員の問題について質問した時の回答だ。
問題が多すぎる。

 次回は12月14日、市役所の会議室で。

11月15日(日)晴 上水南町自治会のみなさんの頑張りに頭が下がります。
                      第3回上水南町自治会連合会と議員の懇談会
 上水南町では各自治会の連合会がある。小平でもここだけだ。この連合会が毎年各会派に呼びかけて「議員との懇談会」を行なっている。これも珍しい。
 約30名の自治会関係者と5人の議員とで懇談会を行なった。喜平橋の安全対策や国分寺市のぶんバスを上水南公民館まで路線延長することなどさまざまな問題について意見交換した。
 議長の専用車については必要ない、など心強い意見も聞けた。
議員では解決できない課題もたくさんあり、職員を交えた交流が必要になっていると思う。
 そんな取り組みもしていければと思う

11月10日(火)晴 公契約条例について考える   国分寺の学習会に参加
 野田市で全国で始めて公契約条例が制定された。三多摩では日野市や国分寺市がこの条例つくりに取り組んでいる。国分寺市では来年度にも条例が出来そうになっている。
 そうした動きを受けての学習会だった。
一般質問で取り上げることから、参考になった。

※ 「公契約」とは、国や自治体などの公的な機関を相手に結ばれる契約のことです。自治体が発注する工事や委託事業などが、その代表例です。公共工事の下請け労働者や委託事業の労働者の賃金が最低賃金すれすれのことも多く、「公契約賃金」の低賃金構造が問題になっています。生活できる賃金確保などを公契約にもりこむよう義務付ける、「公契約条例」「公契約法」の制定や、国際労働機関(ILO)九四号条約の批准を求める運動が起こっています。

11月8日(日)晴 気持ちのいい汗をかきました  玉川上水を歩く
12.12エコウォーク プレイベント
 プレイベントとして東大和市駅~薬用植物園~足湯~上水小橋~カフェ・スティッチと歩きました。
玉川上水を守る会の庄司さんに案内をしていただきました。

11月7日(土)曇 車イス、歩行者、自転車に安全な道路交通を考える
                             自転車スイスイ 講演会

疋田 智さん(TBSデイレクター、NPO法人自転車活用推進研究会理事)を講師に学習会を行なった。参加者も多かった。
自転車がこれからの環境問題や医療費の抑制になるなど、幅広い視点からの話は興味深かった。
 小平を自転車の似合うまちにしなければ。


自転車好きの仲間たち


11月5日(木)晴 素敵な保育園が出来ました 武蔵保育園新園舎が完成、お披露目会

11月3日(火・祝)曇時々雨 事業仕分けでてんてこ舞い
福嶋さんを招いて、みどり三多摩、オープンフォーラム
 元我孫子市長の福嶋浩彦さんをお招きし、学習会を行ないました。
福嶋さんは予算編成過程への市民参加や提案型公共サービス民営化制度、常設型市民投票制度など、市民自治の先駆的な取り組みを行なってきました。
 こうした経験から、政権交代によって地方と国の形がどう変わるのか。私たちはこうした変化を生かしながら地方の政治や暮らしをどのように変えていくのかなど、お話しをしていただきました。
議員の参加も多く、具体的な意見交換も出来ました。

自治体は二元代表制です。しかし、多くの自治体では議会は首長の政策を追認する役割しか果たしていないのが現状です。議会への市民参加を拡大し権能を強化しようという動きが広がっています。議会基本条例を作る動きもその一つです。

 執行機関と議会への市民参加を進め、市民、首長、議会が対等な関係で緊張関係を作ることのることの大切さを強調しました。
 また、自治体の政策に直接市民の意思を反映させる制度である常設型の住民投票制度を作ることで市民が直接行政をチェックできることの重要性を述べました。
 この制度は東京では初めて小金井市で実現しました。

「政権が交代したから市民自治が進むわけではない。市民自治を発展させる環境が広がった。あとは市民や議員がそのことを生かして市民自治を発展させる取り組みをどれだけ行なえるかにかかっているかに尽きる」と参加者に呼びかけました。

 福嶋さんは事業仕分けの仕分け人として鋭い問題提起を行なっています。
私たちも市民に開かれた政治や社会を作る取り組みを三多摩で行なっていきましょう。

10月の雨のち晴
10月31日(土)曇 みどり三多摩、久しぶりの街宣でした
                    11月3日のオープンフォーラムの宣伝
 国分寺駅北口と小金井駅南口で宣伝ビラまきをしました。受け取りもよかったですね。政権交代で政治への関心が高まっている。
 ただ見ているのではなく、主体的に政治を変えていこうとアピール


10月27日(火) 同一価値労働同一賃金の原則を!  学童指導員組合の総会に参加
 総会に参加した。議員は橋本と共産党の木村さんのみ。
入所児童や障害のある児童の増加など労働条件が悪化している。勤務時間を30時間以内に抑えることで正規職員にしようとしない。
 一方市はでは指定管理者制度の導入も検討するという。児童や労働者の環境をにも配慮した見直しが必要だ。

10月26日(月) 予算編成過程の可視化を
 多摩住民自治研究所 地方議会研究会主催の学習会で報告
 国分寺労政会館で主題の学習会が行なわれ、小平の動きについて報告した。
jこのテーマは橋本がひつこく要望してきたテーマで今回の市長選挙のマニフェストに載ったことから一気に具体化し始めた。
 実現すれば三多摩ではじめてのケースになる。
今まで市長は実施しないと言ってきたことがこんな形で実現に見買うのは納得できかねるがまあよしとしよう。

10月20日(火) 一年半にわたる自治基本条例の審査が終わった
 昨年の6月議会に上程され、月一回のペースで審査が行なわれてきた。特別委員会をつくり議員の半分が委員になった。橋本は今年の3月まで委員として参加していたが会派「緑・ネット」を退会し、無会派になったことから、委員を外れた。
 条例案には多くの問題があることを指摘修正を求めた。フォーラム小平は修正の必要がないという立場。他の会派は様ざまな修正意見を出した。
 次回、11月20日会派ごとに総括質問をおこない。終了する。その後はどうなるのか。
多摩市は議会が20数箇所の修正を行い、可決をした。
国分寺市は議案をいったん取り下げ、修正意見を取り入れて出し直しし、可決した。
さて小平市議会ではどうなるのか?

10月13~16日 決算特別委員会が行なわれた
     一般会計は政和会が反対。後期高齢者医療特別会計は橋本のみ反対
 全議員が一般会計と特別会計に分かれて審査をする。一般会計は昨年は3日間で42時間審査した。一日14時間。朝9時から11時ぐらいまで行なわれていた。
一番質問時間が長いのは橋本だった。
 今回橋本は特別会計になったので、できるだけ傍聴した。今回の審査時間は36時間。スムーズな進行はともかく、長く質問することがいけない風潮は困ったものだ。審査は徹底的にしなければ。
 政和会が反対した。
特別会計は一日のみの審査。大きな質問もなく終了。
橋本は後期高齢者医療特別会計には反対した。制度としては破綻している。ただ国の制度なので自治体が反対しても仕方ないという考えがある。そうした理由である会派は賛成したのだろう。

10月4日(日) 精神障害者&支援団体、交流のつどい  地域との絆中で、自立を考える       
 武蔵病院を考える会の第8回連続学習会を行なった。関心も高く30名を超える仲間が集まった。支援団体や行政との連絡も取らず孤立して地域でひっそりと暮らしている病者がたくさんいる。
 こうした人たちとの絆を作り出すことの大切さを感じた。


詳しくはこちらへ

9月の雨のち晴
9月30日(水)曇 9月議会が終わった
 9月議会が終わった。大きな問題もなく終了。第2次補正予算は総額16億円で、そのうち13億円が前政権の15兆円の補正予算にかかわる予算だ。
 現政権がこれの見直しを行なうといっているので、13億円が来なかった場合どうなるのかが、議論になった。その時はその時で考えるという答弁だった。これってどうだろうという思いは拭えない。

 人事では任期は3期12年を目安にすると言いながら、人によって2期であったり3期であったりと使い分けるのはおかしいといういう指摘があった。それに対し、「任期はあくまでも1期4年だ」という市長答弁がかみ合わず、腑に落ちないものが残った。
 元々、前市長の時に審議会の委員などが何期もやっていたり、複数掛け持ちでやっている人が多数あった。そこで私などが基準を設けるべきだと提案し、原則「3期12年、複数の委員はしない」という基準が作られたと認識している。
 こうした過去の議論を無視する市長の対応も非常におかしい。このことについて幹部職員は市長に何も説明しなかったのだろうか。。

9月29日(火)曇 さて自治基本条例はどうなるか?
 自治基本条例(案)は昨年の6月議会に上程され、特別委員会をつくり、毎月一回のペースで審査が行なわれてきた。メンバーは全議員28人の半分。昨年度まではみどりネットの枠で委員として出席していたが、無会派になったことで、参加できなくなった。それ以降は傍聴議員として、審査を見守ってきた。
 すでに山を越し、次回(10月29日)で審査は終了の予定だ。
通常、市長提出議案は一回の審査で採決を行なう。しかし、今回のように一年半もかけて審査したことと、各会派からたくさんの意見が出されていることから、全体として合意できる修正意見を取り入れて修正するのが普通だ。国分寺市の場合は市がいったん取り下げて、修正意見を取り入れた案を出し直し、全員賛成で条例が作られた。
 ところが、そういうことにならない雲行きになってきた。修正意見を取り込むことはそれ自体調整に時間がかかるからだ。
修正なしで、原案採決にしようという動きが強まっている。でもこれって、市政をチェックするという議会の役割を放棄することにならないか。議会の役割が問われている。

9月16日(水)晴  議員ってどんなことをしているの? 知的障害のある方と懇談
 手をつなぐ親の会の呼びかけで知的な障害のある人たちと議員との懇談会が行なわれた。私が議員になって初めてだから、画期的と言えば画期的だ。逆の見方をすれば言えば、私たち議員が現場の声を大切にしてこなかったともいえる。
 たくさんの質問だ出て、楽しい集まりになった。

9月15日(火)晴 CO2 の排出を抑えよう! 生活文教委員会
 生活者ネットの苗村さんが筆頭、橋本と共産党が紹介議員で「(仮称)気候保護法の制定を求める意見書の提出について」の審査を行なった。
 全体として支持する意見が多く次回には採択されるかもしれない。
請願文はこちらへ

9月14日(月)晴 15兆円の補正予算の影響がこんなところにも出てきます? 総務委員会で
 総額16億円の補正予算の審査が行なわれた。その内の13億円が補正予算がらみだ。新政府がこの補正予算の見直しをすることから、実施できない事業がでるのではないかという問題が議論された。
 その時はその時で見直しをするということで落ち着いた。
事業の中身には首をかしげるものもある。2回目の子育て応援手当てなど必要ない。
全体としてはよしとしよう。

9月13日(日)曇 みどりの政治を広げる!みどりの未来関東の集い
 日本に緑の党を創ろうという仲間の集まり、みどりの未来の関東圏の会員の集まりを行なった。30名余りの方が集まり、これからの取り組みなどを話し合った。
 まだまだ小さいグループだけれど、成長主義に立たない新しい政治の姿を作り出していこうと話し合った。

9月4日(金)曇 お酒も入り大いに盛り上がった?市民自治こだいら、懇談会
 この国の形を変える! 新政権と分権社会を考える
 夏の終わりに政権交代を受けて、これから私たちはどんな政治や地域を作り出していくのか。かなり硬いテーマで懇談会を事務所で行ないました。
 とは言え、しらふではどうもということで、お酒を飲みながらそれぞれの感想やら思いを出し合いました。
たくさんの意見が出されて大いに盛り上がりました。
 これからしばらくは混乱もするだろうが、民主党政権に期待しつつ、言うべきことは言っていこう。そんな思いを共有して終わりました。

9月1日(火)晴 Hさん、安らかに
 古くからの友人で小金井での市民運動を支えてきたHさんが6月になくなったと聞いてびっくりした。
少脳変性症を50歳代で発病した。運動機能が失われていき、最後には呼吸も困難になる、難病だ。
 控えめで筋を曲げないシャイな人だった。
私が20代から30代にかけて運動を共にした。偲ぶ会と文集を発行するとのこと。
 この日、小金井の「風びゅんびゅん」という知り合いの居酒屋で、当時のことについて記憶を呼び覚ましながら思い出を語り合った。
 Hさん安らかに、合掌

8月の雨のち晴
8月31日(月)雨 民主党の圧勝には驚きました
 政治が変わるということはこういうなんでしょうか。驚きました。前回の小泉選挙の真裏返しですね。
子ども手当てや高速道路料金の無料化など、問題はたくさんありますが、暖かく見守っていきましょう。
 末松さんは当然として、8区の保坂さんは残念でした。
社民党は護憲の人々が中心ですごく古い印象がありますね。緑的に脱皮しないと、これからますます苦しくなります。そのことがわかっていませんね。
 元小平市議の斉藤進さんも静岡の選挙区で当選しました。おめでとう。

8月22日(土)晴 今年もデイキャンプを楽しみました
 第10小学校では毎年8月の第4土曜日に青少対がデイキャンプを行なっている。私は一応役員でもあり、毎年楽しみにしている。
 今年も300人の生徒と保護者や関係者など100人が参加してにぎやかに行なわれた。
私は肝試し担当で、子どものスタートの調整を行なった。
今年は途中で怖くなって戻る子が多く盛り上がった。
 子供たちは最後に花火をし、フャイアーロードを通って家路に着いた。

8月20日(木)晴 武蔵野線は玉川上水をどのくらいの深さでくぐっているのか
                     JR東日本八王寺支社に聞きました
都道小平3・3・8号線をめぐって玉川上水を地下でくぐるとしたらどうなるのか。3・3・8号線計画を考える会の方と八王子駅前にあるJR東日本八王子支社に出向きに担当職員に説明を聞きました。
 約6m下に深さ5mの穴を掘っています。興味深い情報を知ることが出来ました。

8月19日(水)晴 自治基本条例の審査が大詰めです
 この条例案は昨年の6月議会に上程され、議員の2分の1の13人の特別委員会で月一回審査を行ってきました。
私は緑・ネットの時には委員でしたが、1人会派になって委員を外れました。

公募市民による「市民の会議」が原案を作り、市が条例に体裁を整えて上程されたものです。
市民の会議では1次案を作り、市民説明会を行い、出された意見をもとに2次案を作りました。それが議案になりました。

ところが1次案と2次案は余りにも違っていて、びっくりしました。1次案は荒削りですが、市民の皆さんの市政や議会に対する思いが伝わってきます。

上程された議案には市民が作ったことの良さがありません。なぜ1次案を2字案の内容に変更したのか、理由が明らかにされていません。
市民説明会で「変更すべきである」という意見もありませんでした。 

「市民」の定義を自治法で規定されている「住民」と同じにしたこと。つまり市民=在住者。「市民等」と言う造語を作り、市民等=在学、在勤者にしました。ほとんどの自治基本条例では市民=在住、在学、在勤者としています。

ですから、議会の項では在学、在勤者の記載がありません。なぜ自治基本条例が必要なのか伝わってきません。

「執行機関と議会は車の両輪」と言われますが、この条例案から、そうした思想を感じ取ることが出来ません。

8月2日(日)雨 こんな不毛な行動に若者が?
 新聞などでご存知と思いますが、三鷹市での「従軍慰安婦展」は在特会(在日特権を許さない市民の会)の激しい妨害によって、一般市民が参加できない状況になりました。それでも毎日100人余りの参加がありました。「朝鮮人は朝鮮に帰れ」「従軍慰安婦は存在しない。あいつらは売春婦だった」などと、ひどい野次が飛び交いました。
 私はこの日中に入り、ちょうちんデモの会の矢島さんのお話などをうかがいました。
 何よりも気になったのは若者がたくさん妨害行動に参加していたことでした。日ごろ感じている怒りや不満がこうしたことに向けられるのは本当にやり切れません。


8月1日(土)曇 定額給付金、感謝のつどい
 定額給付金を社会連帯に三多摩市民基金は1日までに311万円集まった。今回、寄付する4団体の方に来ていただき、感謝の集いを行った。50名余りの方が集まった。
 各団体に77万円を寄付することが出来た。小平市でも20名余りの方が協力してくれた。感謝!
一方、DV被害者などで受取れない人に対し、独自の財源で給付する自治体が増えている。小平市は依然として給付しようとしない。


左から  保見ヶ丘ラテンアメリカセンター、女性と貧困ネットワーク、三多摩野宿者人権ネット、反貧困たすけあいネットワーク、
中央は鎌田 慧さん

7月の雨のち晴
7月26日(日)晴 長瀬さんの集まりで報告    三市共同資源化施設について
 東大和市に建設予定の三市共同資源化施設について、地元のマンションの方などを中心に反対運動が起きている。東大和市では友人の長瀬市議が中心に議会でも尾又市長を厳しく追求している。
 私も議会で一般質問したこともある。今回長瀬さんたちの集まりで小平市の状況について報告した。
敷地が狭いことや周辺に大きな集合住宅があることなど、計画の見直しが必要だ。小林市長は管理者としての責任が問われている。

7月24日(金)曇 教科書採択は今まで通り    新しい歴史教科書を作る会の教科書はだめ!
 今年は教科書採択の年。前回は新しい歴史教科書を作る会の教科書がいいという教育委員が教育長と教育委員長ともう1人いて、2対3であぶなかった。幸い市民の盛り上がりもあり、採択されなかった。
 今回はそうした委員が3人代わったことから、前回と同じ教科書が使われることになった。やれやれ、一安心。
とは言え、すでに特別支援学校や杉並区などで使われていて、今回は横浜市の一部でも使われることになった。

7月21日(火)晴 議会と市民との協働は?          自治基本条例特別委員会で
 自治基本条例の審査が続いている。昨年の6月議会からだから1年が過ぎた。問題もたくさんある。市民の定義が自治法で言う「在住者」に限定していること。他市の条例は「在住・在学・在勤者」になっている。つまり、いったい誰とどんなまちを創るのかという、まちづくりの基本が間違っている。
 今回は議会の項目だった。ここでは全て、「市民」という言葉しか出てこない。在学在勤者との関係がない。
市民という言葉はエリアや選挙権、被選挙権という観点から規定するべきではない。
 これでは従来の市民との協働というスタンスが狭められてしまう。
残念ながら私のような考えは議会では極めて少数だ。

7月19日(日)晴 さすがに筋肉痛です。  小平サッカーリーグ
 今回は人数が少ないのでハーフでフィールドを走り回った。久しぶりなので太ももの筋肉が悲鳴を上げた。だめだね~。試合も惨敗。踏んだり蹴ったりだ。でも結構動けることがわかってよかった。

7月17日(金)曇 学童クラブは変わった?
 学童クラブの呼びかけで、各学校のクラブの議員対象の見学会に参加した。参加者はネットの2人と私だけ。ちょっと寂しい。
 人数の増加で第2クラブが多くの学校で作られた。こうした施設はすばらしく良いのに相変わらず体育館準備室を利用しているところは大変だ。その差が歴然としていて、何とかしなければ。
 保護者のかかわりにもいろいろあり、勉強になった。
クーラーの掃除を指導員にやらせるとか、問題も見えてきた。


1小学童クラブ、この日は65人余りの児童が食事中で、ぎゅうぎゅう詰め。ちょっとしんどいね

7月15日(水)曇 三多摩を自転車で平和のアピール
 例年行なわれているピースサイクルが小平市を訪問した。
私と2人の市民で出迎え、市長に要請を行った。
 皆さん結構な御年になりましたが、元気いっぱい西東京市役所に出発した。

  市長、副市長と
詳しくはこちらをご覧ください
 ピースサイクル全国ネットワーク PC三多摩

7月13日(月)晴 唯一無所属の議席を守った。
 都議選は民主党の1人勝ちだった。投票率のアップ10%分が全て民主党に流れた。都議会は政党化が進んでいて、無所属はわずかに3人しかいなかった。その中の1人が大先輩の福祉敬子(杉並区選出)だ。絶対に議席を守らなければと、連日応援に入った。結局無所属は1人になった。(昭島選出の無所属議員は生活者ネットで野党全てから推薦をもらい、生活者ネットと会派を組むようなので無所属とはいえない)
 応援する候補者がいないというのは寂しい。次回は三多摩から仲間を出したい。

それにしても、共産党が議席を減らしたことなど二大政党制に向かう動きが大きくなっている。心配だ。

6月の雨のち晴れ
6月30日(火)雨時々曇  3・3・8号線は要らない!
都道小平338号線計画を考える会がアンケート調査
 都議選の立候補予定者などにアンケート調査を行なった。公明党が絶対必要。他は計画変更などの意見が多かった。
詳しくはこちらへ 都道小平3・3・8号線計画を考えるブログ

6月21日(日)曇 貧困なんかに負けない! みどり多摩 オープンフォーラム
         三多摩で「貧困」を考える
 本多公民館で学習会を行なった。
女性の貧困 講師は鈴木純子(元婦人相談員/女性と貧困ネットワーク)と川松 亮(児童相談所児童福祉司)
具体的なデータにもと基づく報告で女性の貧困と子どもの貧困が連動していること。こうした分野への支援が決定的に遅れていること。こうしたところにお金をかけることは「未来への投資だ」という提起に考えされられた。

6月18日(木)曇 特別支援教育はうまくいっているのか?
 特別支援教育専門家委員会が開かれた。昨年からスタートしたもので、特別支援教育の係る進捗状況の評価及び課題について専門的見地から検討するものとされている。
 昨年も、今年も3回の委員会が予定されている。
メンバーは学芸大学の先生や校長2人、武蔵病院の児童思春期精神保健部長、就学指導委員長(校長)、巡回相談員、教育相談室スーパーバイザー、小金井特別支援学校長の8人。
 今回はこげら就学支援シートについて検討が行なわれた。
特別支援教育になって、分離教育が拡大した。通常学級でのサポート体制に人的援助がないなどの課題を感じている。実際はどうなのかという思いで傍聴したが、疑問は晴れなかった。
傍聴者は、私と知り合いの2人だった。

6月18日(木)曇 そんなに簡単に懲罰なんてするな?  東大和市議会
 友人で東大和市議の長瀬りつさんが懲罰にかけられるかもしれないという連絡が入った。一般質問で市長の行動についての質問の中での発言が懲罰に当たるとして、自民の2人と公明党の1人が出したものだ。
すでに傍聴者でいっぱいで中に入れない人がたくさん外で聞いていた。
1時から委員会が行なわれるというので、傍聴にいった。
 私も以前、一部事務組合の報酬について「おいしい仕事だ」と言ったところ、共産党の議員から「発言を取り消せ」と言われ、「発言は取り消さない『市民の方がおいしい仕事と言っている』と修正する」と発言し、それでおさまったことがある。
 注意はするが、よほどのことがない限り、懲罰するなんていうことはない。
傍聴者は100名を超え、提案した議員も「これはまずい」と思ったのか、取下げをして終わった。傍聴者からは大きな拍手が起こった。
 東大和の市長さんは私がも見てもいい加減な方で、勘弁してくれと言う感じだ。
長瀬、ますます元気に市長をやっつけてね。

6月15日(月)晴 おばあちゃん、いつまでも元気でね!
 7日、国分寺駅北口でみどり三多摩の宣伝のビラまきをしていたところ、80歳ぐらいのおばあちゃんから声をかけられた。
 「小平に住んでいるが、年金もなく生活保護の申請をしたが断られた。助けてください。」というものだった。
自宅の住所も電話番号もわからないという。小平駅前の団地に住んでいて4階だという。要領を得ず、この日自宅を探したずねた。
 子どもは5人いるが、今は1人暮らしだという。認知症もあるようで、ヘルパーが来ていることが分かった。その事業所に電話し、娘さんから電話を頂き、やっと状況が飲み込めた。
 特養への入所を申請しているが入れない。やむなくもうしばらくはこういう状態でいる以外ないということだった。
しばらく静観することになった。
 1人でおいておくことに不安を感じたがどうしようもない。
おばあちゃん、元気でいてくださいよ。

6月12日(金)晴 その場しのぎの答弁にうんざり! 一般質問が終わった。
 6月議会の一般質問が終わった。議員にとっては年に4回市長と直接討論が出来る場、いわば真剣勝負の場だ。それにふさわしい質問をしているのか、いつも自分に問いながら質問する。
 友人は一般質問はつまらない。わざわざ聞きに来る気になれないと、お叱りを受ける。確かにそうしたところはある。
 一方答弁もその場をかわせればいいという部長もいて、残念だ。特にあの2人の部長はひどい。
質問の内容がホームページなどでも見られるようになれば、格段に緊張した議会になると思うのだが。

6月9日(火)晴 市民活動支援センターを男女共同参画センターの二の舞いにするな!
人権擁護委員の選任について、なぜ政和会(自民党など)は反対したのか?
6月議会が始まる
 支援センター条例が上程された。男女共同参画センターはアクティブプラン21に記載がなく、貸し部屋の機能しか果たしていない。
 提案に対して、事業については公募委員による運営委員会要綱で設置することになっている。早く設置し、委員の募集をしなければ、来年度の事業を確定することが出来ないと指摘しても、これから検討するの一点張り。
こんなことで、センターが機能するのか不安になる。生活文教委員会に付託された。
 人権擁護委員に知り合いの西角さんが提案された。だけからも質問も反対意見も出なかった。てっきり全員賛成かと思ったら、政和会の7人が反対した。反対ならその理由を述べるべきだ。こんなやり方はいただけませんね。


5月の雨のち晴れ
5月31日(日)雨 市民の力ってすごい!財政白書勉強会&議会報告会
 あいにくの雨で集まりは悪かったが、中身の濃い集まりになった。代表・副代表の2人から財政白書についての説明を受け、小平市の現状についてこもごも意見交換。なんでも中くらいはどうだろうかなどなど。このままではじりビンだなど。
 こうした集まりをしたいねといって終わった。

5月29日(金)曇り 期末手当(夏のボーナス)を減額! 臨時議会
皆さんの元気に励まされます。 肢体不自由児者父母の会、総会
 臨時議会が開かれ、人事院勧告を受けて職員と議員のバーナスを0.2が月減額することが決まった。議員は約13万円の減額。
議員の報酬は月額55万円。夏冬の期末手当は4.4ヶ月。役職加算が20%。つまり、期末手当は55万×4.4ヶ月×1.2=290万円。ここから13万円減額。合計937万円。多いのか少ないのか。
 そのご、福祉会館での父母の会に参加。親の会も父母の会の皆さんもほんとに明るい。障害をもった人を取り巻く環境が変わってきたことが後押ししているのかもしれない。今度はそうした思いを制度にすることだと思う。そんな挨拶をした。

5月26日(火)曇り 議員は使いようによっては役立つよ! 手をつなぐ親の会、総会 中央公民館
 親の会の総会。いつも来賓が多意思、長いし閉口する。そんな訳で、議員は使いようによっては役に立ちます。大いに使ってくださいと挨拶。30秒で終わった。

5月23日(土)晴れ 総会ラッシュなどでへとへと?
いたわりの会、10小青少対、ともにネット、そして「玉川上水ライフらいん交流」
 午前中は福祉会館でいたわりの会の総会。午後1時から2時まで、上水本町自治会集会所で10小青少対総会。2部の懇親会はおいしい手打ちうどんや天ぷら、もちろんお酒ありで盛り上がるのだが、ぐっとこらえて次の会場に。中央公民館でともにネットの総会へ。2部のくらしや仕事、夢を語る3人の当事者の話は盛り上がった。
 夜は鷹の台の喫茶店シントンで玉川上水ライフらいん交流会。主催者のびよさんの話はわかったようでよくわからないがなんだか面白そう。11時近くまで居酒屋で盛り上がり、長い一日が終わった。

5月17日(日)曇り 日本にも緑の党を創ろう! みどりの未来・発足記念イベント 
                               文京区民センター
 日本に緑の党を創ろうと、「みどりのテーブル」と「虹と緑の500人リスト運動」が合流して「みどりの未来」が発足して半年が過ぎた。
 今回、その発足イベントは行なわれ100人を超える仲間が集まった。
内容も豪華で、
● 上原公子さん(前国立市長・虹とみどり幹事)を囲む討論会
▲ 昼食交流会(地域みどりの交流)
■ 講演:「グローバル定常型社会へ」 広井良典さん (千葉大学教授)
○ シンポジウム
・佐久間智子さん(「環境持続社会」研究センター〔JACSES〕理事)
・小沢修司さん(京都府立大学教授)
・飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所〔isep〕所長)

久々に全国の仲間にあい広井さんの話も聞け、充実した一日だった。


詳しくはこちらへhttp://www.greens.gr.jp/

5月10日(日)雨時々曇り Aさんいつまでも元気でいてくださいよ
 Aさんは脳性まひの重度障害者だ。練馬区でマンションに1人で住んでいる。選挙に落選し、もう一回チャレンジする間の4年間、練馬区看護人派遣センターで在宅障害者の介護を仕事として行なっていた。
 その時にAさんからいろいろなことを学んだ。いわば私にとっては人生の師なのだ。障害者運動の黎明期を支えた人だ。今も月に一回、ボランティアで介護をしている。
 Aさんはすでに60歳を過ぎ、さすがに衰えてきたのか、ここ数ヶ月私が介護にはいっても起きてこない。いつもは車椅子に座って世間話をしたりテレビを見たり、時には遠出をしたりしていた。少し心配。
 Aさん、いつまでも元気で長生きしてくださいよ。

5月8日(金)雨 セレクトタウン内の道路が開通する?その③
 すでにお知らせしたようにセレクトタウン内の南北道路が開通することになり(5月7日から)、小平市のまちつくり課、道つくり課、交通安全課の職員と今後の安全対策について話し合いを行なった。
 住民の方からさまざまな意見が出された。意見を集約し、参加できなかった方にも諮って、小平警察など関係機関に働きかけることにした。
 これからの取り組みが大事になる。注目したい。

5月4日(月・祝)晴 ああ~4点も入れられて?同じ相手には負けたくない。小平サッカーリグ
 連休の中日、小平3部リーグでマスターズと対戦。なかなか勝てない相手、今回も惨敗。点が入らない。
ゴールキーパーとして守っても、点が入らなければどうにもならない。残念


4月の雨のち晴れ

4月25日(土)雨 セレクトタウン内の道路が開通する?その②
 細田工務店の説明会が上水本町地域センターで行なわれた。参加者は約20人。私からはこの間の経過と市の対応について説明した。
5月7日には開通させたいという意向が示された。残念ながら、開通させてほしくないという住民の思いはかなえられなかった。
道路は行動から行動につなぐものという考えに対し、道路は地域の重要なコミュニティーであり、車優先ではなく人優先の考えが必要だという住民の思いはついに行政には届かなかった。 
今後は安全対策に問題が移る

4月24日(金)晴 人事は顔だ!一体どんなまちを作りたいのか? 臨時議会が開催
 臨時議会が開催された。議案は2009年度補正予算と副市長の同意について。
補正予算は今回市長選挙があったので、3月の予算特別委員会では骨格予算が提案され、今回は市が独自に行なう事業に関わる予算と緊急雇用に関わる予算が提案された。これは総務委員会に付託。
 人事案件は即決で松岡副市長が任期満了から、公認に昼間教育部長が提案された。
もう1人の副市長も元部長。歴代の副市長(助役)もすべて元部長。強固な官僚体制が続いている。また、101人いる議会への説明員のうち、10人の保育園長を除く91人のうち、女性はわずかに5人。典型的な男社会だ。
 こうした体制を壊すことを新市長に期待したのだが、これは無理ということか。
余りにも安易な人選に反対した。反対は私と政和会。

4月20日(月)晴 自治基本条例、市民投票条例は?
 自治基本条例についての審査が月一回のペースで続いている。今回は市民参加条例。一次案では常設型だったのが二次案ではひ常設型に180°変わってしまった。換わった理由がわからない。このことを問題にしたのは私だけだった。小金井市では常設型の制度が出来た。
 この制度は自治基本条例の中心をなす部分で、十分な議論が必要だ。



2月3日(土)雨時々曇 荒木さんしばらくお別れです。
 議員になる前の職場、練馬区介護人派遣センター代表の荒木さんの介護ボランティアを第3日曜日に行なっている。朝10時から夕方の6時までだ。
 しかし、4月が市議会議員選挙なのでしばらくお休み。当選したらまた伺いますよ。



1月20日(土)曇 立川駅で久しぶりの街頭アピール
立川駅のデッキで
 2月2日に行なうみどり三多摩のオープンフォーラムの宣伝を行なった。国立駅南口と立川駅のデッキで各一時間ずつ行なった。国立駅は赤い三角屋根がなくなり、ちょっと寂しい。立川駅は人通りは多いがチラシの受け取りは相変わらず悪い。めげずにアピールを続けたい。


11月23日(木・祭日)曇 ホクホクの焼き芋はおいしい! 10小青少対恒例の石焼き芋大会
 午前中、恒例の石焼き芋大会だ。10小の子どもやお父さん、お母さんもたくさん集まって本格的な焼き芋つくりが始まった。グランドの一角に10ヶ所穴を掘り、石を並べ、薪を燃やす。おき火になったところで芋を並べ落ち葉でふたをして蒸し焼きにする。待つこと20分、恐る恐る開けるとホクホクの焼き芋が出てきた。これが本当においしい。
 子どもたちも火遊びが出来てうれしそうだ。



12月4日(日) たまには街宣もいいよ?
 来週行う、みどり三多摩の宣伝を行った。10人余りで国立駅と立川駅で1時間づつ。あいにく雨模様で立川は40分で切り上げた。国立は受け取りもよかった。こういう宣伝は定期的に出来ればいいと思う。若い増保君も来ていて、「本格的に農業をしてみたい」と言っていた。頼もしい。
 国立駅前で


11月14日(月)晴 議員ネット例会、自立支援法を学習
夏の合宿以来の例会を立川女性センター・アイムで行った。参加者は15人。各自治体の報告の後、自立支援法の学習会。西東京の生活援助為センターの益留さんと精神障害者団体の龍眼さんに当事者からの問題点の報告を受けた。
 益留さんは練馬区介護人センターに勤めていた時、東京都や厚生省交渉で一緒になった方で日本の障害者運動の中心的な人だ。久し振りの出会いがうれしかった。
 武蔵野市長選で山本敦さんの立候補については土屋体制を変えるという一転で統一すべきだったのではないかという意見が多く出された。その他指定管理者制度の問題や、外国籍児童の公立中学校入学の問題、などなど、様々な問題が出された。
次回は1月合宿を行う。

左が龍眼さん、右は桧原村の丸山村議


7月9日(土)晴 杉並朝鮮初級学校を見学
 同僚議員とともに見学都内からも市民も含め約70名が参加。入学者が減り、100名弱と運営はなかなか厳しいが、子どもたちは元気で楽しいひと時だった。
 自治体として在日外国人に対する政策を作る必要があると痛感した。



6月22日(日)晴れ 懲りずに16回目のゴランPKO
陸上自衛隊小平駐屯地で訓練を受けた自衛隊員が半年交代で中東のゴラン高原に派兵されている。すでに8年が経過した。この派兵にあわせて半年ごとにゴランPKO を考えるがる学習会と抗議デモを行なっている。だいたい2~30人のちっちゃなデモだが、16回も続くともう止められない。自衛隊が外に出て行くことが当たり前のようになってしまったが、原点を忘れることなく。武力によらない平和を求めていこう。
一橋学園駅周辺をデモ

3月30日(日)晴れ 歩きも歩いたり20KM 。ロングピースウォーク
 市民自治をめざす三多摩議員ネットワークの呼びかけでイラクへの攻撃の即時停止を求めて、井の頭公園からアメリカ大使館まで歩きました。公園を出るときは50人余りだったのが着いてみれば100人を超えていました。途中の出入りも含めれば150人余りの参加でした。車の若者からはクラクションが鳴らされ、窓から手を振る人などこの戦争に反対する人々の重いが広がりました。小平からは15人が参加。ちょうっと疲れましたがさわやかな一日でした。
   
大使館職員に申し入れ           井の頭通りを、いざアメリカ大使館へ!

03年1月4日(土)晴れ 川田悦子さんと新春のアピール
 立川駅のデッキで三多摩の議員とアピールをしました。正月早々でしたが、反応はばっちり。