緑の党こだいら
      与野党にとらわれず、市政をチェックし、政策提言する会派をめざしています。  

51 世田谷区下馬生まれ(男5人兄弟の末っ子)
  区立駒繋小学校、
  都立世田谷工業高校付属中学(エンジニアを目指す)
  区立池尻中学、都立武蔵高校(サッカー漬けの毎日)
71 早大教育学部(教師をめざすも挫折、中退)
  IHI・田無工場(ジェットエンジンの特殊検査)
87 共同購入会「いきいき広場」(無農薬野菜などの配達)
95 練馬区介護人派遣センター(在宅障害者の介護)
99 小平市議会議員に初当選
00 731部隊調査で、中国ハルピン周辺を調査
01 緑の党などの世界大会に参加(オーストラリア)
05 アジア・太平洋、みどりの京都会議開催
06 みどり三多摩結成
08 日本に緑の党を!「みどりの未来」結成
09 STOP温暖化IONGエコ・ウォーク
  「NO東京オリンピック」を呼びかけ
12 緑の党結成

14 集団的自衛権No! 自治体議員立憲ネットワー結成

厚生委員会
都市基盤整備特別委員会

NPO法人、移動サービス・バイコアセルフ
誰もがともに小平ネット 介護スタッフ
小平・環境の会 会員
小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会 会員
ごみ・環境ビジョン21 運営委員
市民自治をめざす、三多摩議員ネットワーク 会員
緑の党 共同代表
武蔵病院、強制隔離入院施設を考える会 幹事

自治体議員立憲ネットワーク 東京世話人
ヘルパー2級
緑の党、共同代表
プロフィール追加

電磁波測定器、放射線測定器を貸出します。


   
  
            一橋学園駅           新小平駅               たかの台駅                  
                   



NEW 緑の党の共同代表になりました。


  緑の党
6つの原則
    エコロジーの知識・社会的公正・参加民主主義・非暴力・持続可能性・多様性の尊重

 

 橋本久雄の一般質問 過去一覧


6月議会が始まります

橋本久雄の一般質問 6月7日(木)13:00~1時間

1.現状では災害時、震災対策用井戸は有効に活用できない

 市内の震災用井戸は災害時に有効に活用できるのかが心配です。井戸の場所は防災マップに表示されているだけで、場所を特定するのは困難です。西東京市では地域防災計画で住所と所有者名を公表しています。
標識を設置していない井戸があります。ルールを記したパネルがありません。周辺の方に周知されていません。
 防災計画には「その活用や給水方法について検討する」、「井戸の使用に際しては煮沸したうえで使用するように指導する」と書かれています。これだけです。どのような検討をしたのか、どのように指導するのでしょうか。
 また、井戸は飲料水のみに対応していて、洗濯や風呂、トイレなどに使う生活用水を供給できる井戸は対象にしていません。
生活用水に対応できる井戸、農業用井戸、事業系の井戸も震災用井戸として認定できませんか。
震災対策用井戸を有効に活用するために、以下質問します。

1.場所の公表、すべての井戸への標識の設置、ルールを作り表示する、周辺住民への周知をするなどの改善が必要ではないか。
2.生活用水用井戸、農業用井戸、事業所の井戸も対象にできないか。
3.避難所や大きな公園への井戸の設置を検討できないか。
4.下水道料金で震災対策用井戸の使用分を減免措置できないか。

2.改元に伴い行政文書は原則として西暦表記とすべき

 来年、元号が変わります。元号は、元号法でその定め方について規定されていますが元号、西暦、両方の併記など、表記方法に規定はなく、その使用方法については各自治体ばらばらです。
小平市の場合、議会関係は元号のみ、計画書は元号のみか元号の後に西暦の併記。
市民便利帳は元号のみ。緑の基本計画のように2000年の計画書は西暦のみ。2010年のものは元号の後に西暦併記などバラバラです。
 町田市では、規定により西暦使用が決まっています。二十数年前に決めたとのことです。
首都圏の鉄道が西暦化を進めるとのことです。
 5月21日付け時事通信社のJIJI.Comによると政府は省庁のデータを西暦に一本化するとのことです。
元号を使用しているのは日本だけです。さまざまな国の人々とその年代を共有するには西暦記載を基本とすべきです。
 西暦を基本として必要に応じて元号を併記するというルールに統一できませんか。

1.行政文書に年号を記載する場合の基準はあるか。
2.元号が変わることに伴いどのようなシステムの変更が必要で、そのための経費は
3.町田市の表記方法についてどのような評価をしているか。
4.行政文書は西暦を基本に必要な場合には元号を併記するという形に統一できないか。

 

3.ごみの中間処理施設の整備では市民参加の検討協議会が必要ではないか

 小平・村山・大和衛生組合及び3市では容器包装リサイクル推進施設、不燃・粗大ごみ処理施設、エネルギー回収型廃棄物処理施設の建設を行います。
 しかし、こうした事業の建設過程で市民の意見や提言する組織がありません。
武蔵野市の新クリーンセンターはすでに稼働していますが、今でも継続して問題や課題があれば、周辺住民にとどまらず、市民が意見を述べることができる協議会が設置されています。
 1998年から続いている「ごみ処理事業に関する連絡協議会」はそうした機能をもっていません。

 新ごみ焼却施設整備基本計画を策定するに当たり、2016年12月に設置された新ごみ焼却施設の整備に係る懇談会は、2018年2月に計画書の策定をもって解散しました。

 したがって、今は工事の過程などの見守り、課題があれば政策提言できる組織がありません。 武蔵野市のように市民と行政が一緒にごみ処理行政にかかわるというスタンスが見えません。
 この間の市民への情報提供や市民参加が不徹底だったことが施設更新や新施設建設をめぐる混乱の原因だったことの反省が見られません。
 小平市一般廃棄物処理基本計画(改訂)では市民参加についてこう書かれています。「市の廃棄物に関する施策の決定や実施に当たっては、市民・事業者への情報提供を行うとともに、市民参加を図り、意見を把握して、適宜反映することが必要です。」
 市民参加の検討協議会の必要と考え、以下質問します。

1.構成市として、現状で市民参加の仕組みはあるのか。
2.構成市として、3つの施設建設期間中やその後にわたって、市民が意見や提言ができる組織が必要だとは考えないか。
3.構成市として、武蔵野市の新クリーンセンターにかかわる協議会について、どのような評価をしているか


議員提出議案 厚生年金を活用した地方議会議員年金制度の復活に反対する意見書 橋本が提案
国政では復活に賛成は自民党、公明党、共産党
12日の総務委員会で字句修正をして、全会一致で賛成が得られたのでいったん取り下げ、
28日の最終日に可決されることになりました。

           特権的地方議会議員年金制度の復活に断固反対する意見書 

地方議会議員年金は、市町村合併の急速な進展等により議員数の激減による年金財政の破綻により莫2011年(平成23年)に廃止されました。
 しかし、議員のなり手がいないことなどを理由に地方議会議員の厚生年金への加入のための法律の改正案を議員立法により今国会に提案する準備が進められています。 
 この動きは2011年(平成23年) 地方議会議員年金制度廃止法案の委員会採決に際し、衆・参両院議員の総務委員会において、「地方議会議員年金制度廃止後、概ね一年を目途として、地方議会における人材確保の観点を踏まえた新たな年金制度について検討を行う」旨の付帯決議が全会一致でなされたことによるものです。
 議員年金制度は廃止されましたが、元議員等の既存支給者への給付はこの先約 50 年続き、その公的負担累計総額は、総務省の試算で約1兆 1,400 億円にも上膨大な額となります。また、議員年金制度の復活だけで、議員のなり手が増えるとはいえません。
 小平市では2018年(平成30年)度の予算ベースで議会費から年金の支給のために約6807万円の公費が支出されています。この額は議会費の議員報酬を除いた約2億8500万円のうちの約24%に相当します。
 そのうえ、議員が厚生年金に加入すれば、事業種負担として、新たな財政負担が生じ、その額は小平市で年間約2300万円、都道府県、市町村全体で約200億円に上ると試算され提案す。
 一方、町村議会をはじめ多くの地方議会において議員のなり手不足が深刻化していることは憂慮すべき事態であり、その方策として、厚生年金への加入の制度化が検討されています。
 しかしながら自営業者など国民年金だけの加入者が2014年度時点で約1700万人に上る中で地方議会議員だけが新たに厚生年金に加入することは多額の事業者負担を伴うことを考えれば容易に市民の理解を得られるものではなく、厚生年金加入問題のみならず、地方議会議員制度全体のあり方についての検討がなされなければなりません。
 よって小平市議会は、国会及び関係行政庁に対し、特権的地方議会議員年金制度の復活をしないよう強く求めます。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。

提出者 橋本久雄 伊藤 央 中江みわ 平野ひろみ


●請願 胎内堀保全工事に当たり市内用水路への流水の維持を求めることについて
5日、6月議会初日に全会一致で採択されました。
請願理由:
 小平には、約 350 年前、開拓民の生活用水を確保するため、玉川上水からの分水によって造られた用水路が今も流れています。明治 3(1870)年に玉川上水に並行して掘られた新堀用水には竪穴を掘ってから横穴を掘ってつなげる素掘りのトンネル方式である胎内堀となっている箇所が上流部にあります。小川橋の上流には、今でも四つの竪穴と胎内堀の坑口が残っています。
 小平市は、今年 9 月から来年 3 月にかけて、胎内堀の「保全工事」を計画しています。胎内堀坑口付近の樹木伐採や宅地化により坑口部分が乾燥し、木の根の影響もあって劣化が進行して保全対策が必要だと市は説明しています。
 工事の内容は、胎内堀のトンネル内部に鉄板を張って補強した上で、現在の胎内堀坑口から下流15m までパイプでトンネルを延長してコンクリート擁壁を作り、そこに現在の坑口を模したプラスチック製擬岩をはめ込むというものです。そして、この工事のため、今年 11 月から来年 1 月までの3か月間、新堀用水の水を止める予定です。市内の用水のうち野火止用水と砂川用水を除く用水は新
堀用水から分水されているため、新堀用水の水を止めることにより市内のほとんどの用水の水が止まることになります。
 これらの用水路には多摩川の原水が流れており、豊かな生態系を形成しています。特に水流が豊富な小川用水の上流部には、絶滅危惧種であるアブラハヤのほか、クチボソ、ドジョウなどの魚類や、ザリガニ、ガガンボ、カワニナ、ヤゴ類、ホタルなど多様な生き物が棲息しています。それらを餌とするサギやカモも飛来します。
 保全工事の実施に伴い3か月にわたり水流が途絶えれば、それらの水生生物の大半は死滅してしまいます。そしてその回復は容易なものではありません。平成 25(2013)年、上水公園付近での漏水事故のため、半年間水が途絶えた新堀用水では、以前は見られた生物が、5 年経った今も十分には戻っていません。市は、水流を止める前に用水路の生物を捕獲して展示した後、砂川用水に放すとしていますが捕獲できるのはごく一部です。また、小川用水などに生息していた生物を環境の異なる砂川用水に放しても、どれだけ生き延びることができるかも不安です。
 新堀用水などでは過去に水流を止めずに切り回して工事を行った例もあります。市では現在の流水量を確保して切り回しをするには大掛かりな工事が避けられず、多額の経費が必要と試算し、胎内堀内の工事の危険性も回避しきれないとしていますが、それらの課題を克服し流水を少しでも維持する何らかの方策は見いだせるはずです。
 小平市開拓の礎である用水路は、豊かな自然に親しむ水辺としても貴重な財産であり、よりよい形で後世へつないでいくことが大切です。
 以上の理由により、次の事項について請願いたします。

請願事項:
胎内堀の保全工事に当たり、市内用水路の生態系を壊さないよう、流水の維持に努めるなど工事を工夫してください。

 

インフォメーション




5月の雨のち晴れ
15日(日)曇り 朝大の学生と、はいパチリ!
毎週月曜:鷹の台駅、火曜:新小平駅で朝のアピールをしている。
2か所とも朝大の学生さんのビラまきと一緒になった。
 19日に行われる学園祭の案内のビラまき。
学園祭にはほとんど参加していて、友人と焼肉をパクつきながら素敵な踊りや歌を聞くのが楽しみだ。今回は2つも別件があって行けるのかちょっと不安。でも行くぞ。
鷹の台駅名を示す表示には英語とハングルが記載せれている。これは珍しい。...
 朝大など、在日の方との交流はいろいろなレベルで行われてきた。そうした交流がこの間の国際情勢の中で疎遠になっているのはさみしい。
 学園祭の宣伝もしてしまった。学生さんと記念写真。

 

4日(日)曇り 安倍政権にNO! 憲法集会で
昨日は緑の仲間と憲法集会に参加。
緑の党の旗と安倍政権NO!の旗を立てて、ニュースレター「緑でいこう」と供託金裁判のチラシをまいた。
 駅前には右翼と機動隊がごちゃごちゃといて、ちょっと変わった雰囲気だった。右翼は固まらず、バラバラにいるので一人に数人の機動隊が取り囲んでいた。
 「安倍政権にNO!」の旗を持っていた仲間に突然右翼が襲いかかり(ちょっと大げさかな?)、旗を奪おうとした。機動隊に助けられた。
 「安倍辞めろ」とか「安倍政権にNO!」は安倍を支持している人には堪えるのかもしれない。会場にはこうした旗はゼロ。私たちの1本だけだった。もっとあったらなあ~。...
 この旗で街宣をしていると「うるせえ~」などと罵声を浴びせられることが増えた。
 それなら、まちのあちこちに「安倍政権NO!」の旗を立てよう。
 集会は昨年よりも多い6万人が参加。3000万人署名は1350万筆集まったと報告があった。
 朝鮮高校の女子生徒のアピールと歌は感動的だった。小平には朝鮮大学があり、様々に交流が続いている。今月学園祭がある。また美味しい焼肉と素敵なイベントを楽しもう。
 結局デモが終了したのは6時、15000歩。そして打ち上げ、楽しい1日だった。
 

4月の雨のち晴れ
15日(日)曇り 2人のギャラリーがいて、気合が入った。池袋、大塚駅で街宣
 橋本です。今日は池袋駅と大塚駅での街宣でした。大塚駅の方が反応は良かったですね。
人が多い場所は反応が悪くなります。安倍政権の今を平家物語の一節を使って話しました。
9条改正のこと、森友学園の付属の塚本幼稚園で教育勅語を暗唱させていたことを知った安倍昭恵さんが涙を流して感激したこと。この国のトップは教育勅語に書かれているような国をつくりたい。
 野党は解散総選挙を言え、昨日の国会前集会など話しました。大塚駅前では二人の方が熱心に話しを聞いていました。
写真の真ん中にいる方がその一人です。
次回の街宣は以下のとおりです。ご参加ください。
●22日(日) *三多摩交流会主
 13:00~14:00 花小金井駅北口

14:30~15:30 田無駅北口
*当日の問い合わせ、橋本:090-1849-9305


10日(火)曇り 若いって素晴らしい~ 練馬区議補選に応援
昨日は60うん歳の誕生日でした。たくさんの方からメッセージをいただきました。ありがとうございます。
 昨日、練馬区議会議員の補欠選挙に立候補している高口ようこさんの応援に行きました。
 練馬区には「市民の声ねりま」という地域政党というか市民派議員と市民のグループがあります。
池尻誠二さんがつくり、今は岩瀬たけしさんと2人です。
 市民派の議員はアクが強く一匹狼的な方が多くて、複数化はなかなか難しいんですが、今回は3人目をめざすという志の高さに感動です。...
 小平市でも一旦複数化に成功しましたが、続かず相変わらず一人で頑張っています。
 高口さんは37歳、小さなお子さんのお母さん。街頭でのアピールでは反応がすごくてびっくりです。ぜひ当選して欲しいですね。
 定数5に9人が立候補。既に3人は確定。残りの2議席を4人が争う展開だそうです。
注目してください。

 今日は新小平駅での街宣でした。戻ってきたら向かいのアパートのお母さんが、話したことはないんですが、「わたしのはどこかの政党を支持しているわけではありませんが、安倍さんにはやめてもらいたいです。」と声をかけてくれました。先日の鷹の台駅でも散歩中のお父さんが「安倍はダメだ、やめさせなければ、頑張れ」と言いました。
 確実に安倍やめろの声が広がっています。しかし、圧倒的に多くの方は反応しません。自分のことで手一杯なのか、無駄だと思っているのかはわかりません。
 どうしたらこうした方に届く言葉を発せられるのか、考え続けています。

 

5日、トップなどを変更 あなたは 人目の訪問者です。  メールアイコン ホームページの感想をお寄せください 

6月月の日程

2日 緑の党、選挙スクール
3日  日野市民連合、集会あいさつ
 5日 6月議会初日 
 6~8日 一般質問
 10日 立川市議選、告示
11日 立川市議選、応援
12日  学園西町地域連絡会議
13日  立川市議選応援
14日 つながる市民・東京
15日 望月衣塑子講演会
17日 9条の会総会
 19日  シルバー人材センター総会
22日  幹事長会議
 28日 6月議会最終日
緑都本部、運営委員会 
5月の日程
3 日 憲法集会
 8日 立川市議選、準備応援
10日 厚生委員会、共助チーム視察
つながる市民、定例会
15日 緑、政治・選挙部 
12日 井戸の会総会
緑、街宣
19日  武蔵病院問題を考える会、学習会
14日 政策情報センター、虹とみどり、研究会 
 15日 緑、バックアップセミナー
16~18日  厚生委員会、視察
 19日 小平市議、ピースアクション
小平環境の会、総会 
 20日 誰もがともにネット総会
緑の党こだいら、議会報告会 
23日  小障連総会 
 24日 厚生委員会
緑都本部運営委員会 
 25日 手をつなぐ親の会総会
肢体不自由児・者の会総会 
26~27日  いたわりの会総会
緑、地域代表者会議
28日  幹事長会議
障害者協会総会 
29日  厚生委員会、共助チーム視察 
31日  緑・選挙スクール打ち合わせ 

緑の党こだいら
橋本久雄 事務所

 小平市学園西町1-22-15 サントピア並木101   
(西武多摩湖線 一橋学園駅南口
徒歩5分、一橋大学大学正門前通り)

 
&Fax042-348-1127 携帯電話 090-1849-9305
 郵貯銀行口座番号  緑の党こだいら