緑の党こだいら
      与野党にとらわれず、市政をチェックし、政策提言する会派をめざしています。  

  

51 世田谷区下馬生まれ(男5人兄弟の末っ子)
   区立駒繋小学校、
  都立世田谷工業高校付属中学(エンジニアを目指す)
  区立池尻中学、都立武蔵高校(サッカー漬けの毎日)
71 早大教育学部(教師をめざすも挫折、中退)
  IHI・田無工場(ジェットエンジンの特殊検査)
87 共同購入会「いきいき広場」(無農薬野菜などの配達)
95 練馬区介護人派遣センター在宅(障害者の介護)
99 小平市議会議員に初当選
00 731部隊調査で、中国ハルピン周辺を調査
01 緑の党などの世界大会に参加(オーストラリア)
05 アジア・太平洋、みどりの京都会議開催
06 みどり三多摩結成
08 日本に緑の党を!「みどりの未来」結成
09 STOP温暖化IONGエコ・ウォーク
  「NO東京オリンピック」を呼びかけ
12 緑の党結成

14 集団的自衛権No! 自治体議員立件ネットワー結成
議会運営員会 副委員長
建設委員会委員会 委員
議会改革推進特別委員会 委員

NPO法人、移動サービス・バイコアセルフ
誰もがともに小平ネット 介護スタッフ
小平・環境の会 会員
小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会 会員
東アジア民衆の共生をめざす「タリの会」幹事
練馬区介護人派遣センター ボランティアスタッフ
ごみ・環境ビジョン21 理事
市民自治をめざす、三多摩議員ネットワーク 会員
緑の党 元共同代表
武蔵病院、強制隔離入院施設を考える会 幹事

自治体議員立憲ネットワーク 東京世話人
プロフィール追加

電磁波測定器、放射線測定器を貸出します。


  
                          


  緑の党
6つの原則
    エコロジーの知識・社会的公正・参加民主主義・非暴力・持続可能性・多様性の尊重

 

 橋本久雄の一般質問 過去一覧

今年もよろしくお願いします

昨年は選挙が3回もあり、忙しかったです。みなさんはどうだったでしょうか。
いろいろありましたが、思いのままに活動できたのはみなさんのおかげです。
少数なので提案が通ることはあまりありませんが、役割は果たしていると思っています。

昨年は以下の意見書が採択されました。(●は橋本提案)
・政治分野への男女共同参画を推進するための法整備を求める意見書
●組織的犯罪処罰法改正案の慎重審議を求める意見書
●主権者の政治参加を促進するため、国政・地方選挙における高額な供託金制度の見直しを求める意見書
・HPVワクチン副反応被害の問題解決を求める意見書 
・核兵器禁止条約への参加を求める意見書
・主要農作物種子法廃止に際し日本の種子保全の施策を求める意見書

一方、市長提出議案は私とムサシ(伊藤議員)が時々反対するだけで、ますますオール与党体制になってきました。
その分、議会チェックの役割が機能していません。みなさんの関心が薄れていると感じています。
また、10年以上もたなざらしにされている計画が結構あります。問題です。

昨年末、生活保護で暮らしていた友人が誰にも看取られることなく亡くなりました。私が保証人だったので大家さんから連絡があり、翌日警察官立ち会いで鍵を開けたところ、死んでいました。
若い頃は自衛隊の体育学校でオリンピックをめざす屈強な男でした。些細なことがきっかけでホームレスになり、60歳を過ぎて生活保護を受けました。
毎年こうした孤独死が数人います。
80代のお婆ちゃんはご主人に先立たれて「どうしていいかわからない」と電話をくれました。

人は一人では生きていけません。細い人とのつながりを太くできたらと思います。
こうした方に寄り添い、誰もが笑顔でいられるまちをつくる。いつもと変わらない思いでまちづくりに関わっていこうと思っています。

「市長としか喧嘩しない」と職員の皆さんに言っています。職員は頑張っています。
2月4日は恒例の市内駅伝、チーム議員で参加します。市長とはライバルでタイムはほぼ一緒。今回は出ないとのこと、残念。
3.3kmを2016年は18分50秒、昨年は17分10秒。今年はさらに1分の短縮をめざして、玉川上水を走っています。

2月12日、議会報告&新年会を行います。ご参加ください。
健康第一、よろしくお願いします。

議会報告&懇親会

いつ :2月12日(月・祭)16:00~
どこで:橋本久雄事務所(学園西町)
なにを:12月議会報告
    2017年を振り返って
    3月議会に向けて






イベント



12月の雨のち晴れ
10日(日)晴れ 生活保護額の切り下げはとんでもない 緑の党都本街宣
 生活保護の食料費や衣服費、光熱費などの扶助費を1割カットすることが検討されているとの報道がありました。
セイフーティネットの最後の拠り所である生活保護費のカットを許すな。
 
 緑の党都本部呼び掛けで月一街宣を行っています。日暮里と亀戸駅。参加者8人。別に緑三多摩交流会の街宣も月一であり、この年になると月2回の街宣はさすがにムムム・・・。

以下の話をしました。約5分。
 緑の党グリーンズジャパンは5年前に全国の市民や自治体議員によってつくられました。国会議員はいません。
多くの国に緑の党があります。1960年代末、多くの国で大学闘争が起きました。日本でも全共闘運動などがありました。こうした闘いの先頭に立った若者が中心になってつくられたのが緑の党です。
 ドイツでは原発建設に反対する運動の中心を担いました。オーストラリアではタスマニア島での森林伐採に反対する運動から。伐採された木材の多くは日本に輸出されました。多く国には国会議員がいてドイツなどでは連立を組む勢力になっています。
 残念ですが日本ではまだまだ知名度も低いですが、社会的公正・参加民主主義・非暴力・持続可能性・多様性の尊重などを中心に活動しています。
つい最近ですがアイスランドではカトリーン・ヤコブスドッティルという緑の党の議員が首相になっています。

さて、生活保護の扶助費を1割をカットするということですが。
生活保護費の削減は2013年から15年にかけても行われています。
 生活保護受給者の9割は高齢者や母子家庭、障害者。60歳以上が50%。住居費を別にして4人家族で18万5千円。50代一人暮らし、8万円。65歳以上の御夫婦には12万円が支給されます。この額はギリギリで憲法25条、生存権にいう「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」をクリアーしています。ここに手をつけることは政府自らが国民の暮らしを守る義務を放棄したにも等しいことです。
 みなさんには生活保護のことは関係ないのかもしれません。しかし、こうして弱者と言われる方たちが暮らしにくい社会は誰にとっても暮らしにくい社会です。今回の削減は生保を受けている方以外にも様々な影響が出ます。様々なサービスが生保の基準額を基に決められているからです。
 自治体が行っている低所得世帯向けの減免制度、地方税の非課税基準、国民健康保険の保険料、介護保険料、障害者の利用料の減額基準、就学援助などこうした制度を受けられなくなる人がでます。

 税収を増やすために取りやすいところから取るのは止めろ。税金は所得税や法人税の最高税率を下げたたことによって利益を貪る強欲な大金持ちや大企業から取れ。
 法人税と所得税の税収は最高税率を下げたために1990年代約46兆円あったが27兆円に。19兆円も減りました。大企業の内部留保は113兆円が403兆円に膨らみました。
最高税率を元に戻し、内部留保税や環境税などによって税収を増やす。公正公平な払いがいのある税制度にしろと言いましょう。
 
 さて、北朝鮮危機を煽りながら専守防衛を遥かに超えるよその国の基地攻撃が可能な戦闘機の購入など、日本政府は軍備の増強を行っています。
日本政府はアメリカの核の傘に入っていることなどを理由に核兵器禁止条約に反対しました。そもそも核抑止論は破綻しています。トランプ大統領が核で圧力をかけても北朝鮮は核兵器の開発をやめないからです。アメリカは7100発の核弾頭を保有しています。一番多いのはロシアで7500発。北朝鮮は10発程度です。核兵器は非人道兵器です。今回、核兵器の廃絶を目指す市民団体がノーベル平和賞を受賞したことは誇りです。被爆国日本に暮らす私たちたちが世界の人々と連帯し、北朝鮮に対話を呼び掛け、核なき世界を実現しましょう。

他には、供託金裁判などの話しをしまた。
     

5日(火)晴れ 特別支援学校との交流授業は 学校公開週間に行って

今日は小平特別支援学校の学校公開週間の2日目だった。入口にに案内があるわけでもなく、全く宣伝をしていない。
 私は11月の文化祭の時に聞いていたので参加することができた。その時、「市議のポストに案内のチラシを入れてもらえれば、みなさん見に来ますよ」と伝えたが特にそうした案内はなかった。
 今回は武蔵村山支援学校との交流授業でもあり、みなさん賑やかにゲームなどを楽しんでいた。
 高校一年のクラスでは二次関数の勉強をしていた。一人だけ車椅子で他の2人はどんな障害かはわからない。なぜこの子たちがここにいなければならないのだろうか。受け入れる高校はないのか、疑問が頭をよぎる。
 小平市教育委員会の進路相談では車椅子の子どもは特別支援学校が相当と判定される。それでも普通学級を希望すると介助員制度に基づき週3日間だけ介助員がつく。残りの2日間は保護者が介助員を探さなければならない。現在この制度を利用している子どもは数名。肢体不自由児以外へのサポートの制度はない。...
 お隣の国分寺市は肢体不自由児には週5日間介助員を付け、他の障害の子どもには学級単位でサポーターがつく。介助員利用者は6人。11のクラスにサポーターがいる。
 東京都は全校に特別支援教室を設置する計画だ。
以前に比べ、障害児・者をサポーする体制は充実してきた。
しかし、そのことに反比例して、インクルーシブな教育が後退しているように思えてならない。健常児と障害児が交流したりする機会が減っている。
 交流授業を行っている学校は小学校で19校中2校、中学校は8校中1校。
障害者団体が毎年、交流授業を呼びかけているが実施しているのは数校。以前はもっと多かった。
 私が以前勤めていた練馬区介護人派遣センターでは定期的に近隣の学校と交流授業を行っている。
 教育委員会が率先して必ず交流授業を実施するよう呼びかけて欲しい。

  


6日、トップなどを変更
 あなたは 人目の訪問者です。  メールアイコン ホームページの感想をお寄せください 

12月の日程

6日 生活文教委員会、傍聴
日  厚生委員会
 9日 早稲田、同窓会
 10日 緑の党都本部街宣
14日 幹事長会議
障害福祉計画説明会、知的障害者対象
15日 学園西町地域連絡会
16日  グリーフサポート学習会
17日 ごみ問題学習会
18日  グリーフサポート相談会 
19日 小平ピースアクション
立憲ネット世話人会
立憲民主党との大討論会
20日 12月議会最終日
 21日 緑の党都本部運営委員会
 22日 学園西町地域連絡会
 24日 緑・三多摩交流会街宣
 27日   仕事納め
1月の日程
8日 玉川上水花マップ、シンポ
 9日 市議会防災訓練 
 13日 10小青少対、餅つき
緑都本部、街宣 
 14日 早稲田教育、同窓会 
 17日 都市基盤整備委員会
立憲民主党との大討論会実 
18日 公共施設マネジメント委員会、傍聴
武蔵病院問題を考える会 
 20日 緑都本部 
21日   農地シンポ
25~26日   三多摩議員ネット、合宿
 26日 小平市民ネット、新年会 
 27日 いたわりの会、新年会
緑三多摩交流会、街宣 
28日  立憲民主党との大討論会

緑の党こだいら
橋本久雄 事務所

 小平市学園西町1-22-15 サントピア並木101   
(西武多摩湖線 一橋学園駅南口徒歩5分、一橋大学大学正門前通り)
 
&Fax042-348-1127 携帯電話 090-1849-9305
 郵貯銀行口座番号  緑の党こだいら