緑の党こだいら
      与野党にとらわれず、市政をチェックし、政策提言する会派をめざしています。  

  

51 世田谷区下馬生まれ(男5人兄弟の末っ子)
   区立駒繋小学校、
  都立世田谷工業高校付属中学(エンジニアを目指す)
  区立池尻中学、都立武蔵高校(サッカー漬けの毎日)
71 早大教育学部(教師をめざすも挫折、中退)
  IHI・田無工場(ジェットエンジンの特殊検査)
87 共同購入会「いきいき広場」(無農薬野菜などの配達)
95 練馬区介護人派遣センター在宅(障害者の介護)
99 小平市議会議員に初当選
00 731部隊調査で、中国ハルピン周辺を調査
01 緑の党などの世界大会に参加(オーストラリア)
05 アジア・太平洋、みどりの京都会議開催
06 みどり三多摩結成
08 日本に緑の党を!「みどりの未来」結成
09 STOP温暖化IONGエコ・ウォーク
  「NO東京オリンピック」を呼びかけ
12 緑の党結成

14 集団的自衛権No! 自治体議員立件ネットワー結成
議会運営員会 副委員長
建設委員会委員会 委員
議会改革推進特別委員会 委員

NPO法人、移動サービス・バイコアセルフ
誰もがともに小平ネット 介護スタッフ
小平・環境の会 会員
小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会 会員
東アジア民衆の共生をめざす「タリの会」幹事
練馬区介護人派遣センター ボランティアスタッフ
ごみ・環境ビジョン21 理事
市民自治をめざす、三多摩議員ネットワーク 会員
緑の党 元共同代表
武蔵病院、強制隔離入院施設を考える会 幹事

自治体議員立憲ネットワーク 東京世話人
プロフィール追加

電磁波測定器、放射線測定器を貸出します。


      
                           市内駅伝


  緑の党
6つの原則
    エコロジーの知識・社会的公正・参加民主主義・非暴力・持続可能性・多様性の尊重

 小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会http://t.co/rq3yzLLl

 橋本久雄の一般質問 過去

NEW

6月13日、共謀罪についての意見書が字句訂正の上、全会一致で可決しました。

以下フェイスブックから
 総務委員会で議員提出議案「共謀罪の趣旨を含む組織的犯罪処罰法改正案の撤回を求める意見書」の審査が行われた。
審査は9時から16時までかかり、字句修正し全会一致で可決した。29日の本会議で成立する。
小平市議会は全会一致でない場合は委員会で審査を行う。
 自民党と公明党などが13人。民進、共産、ネット、橋本で14人なので可決することになる。国会での行方を気にしながらの審査だった。
 この議定は私が提案した。このような意見が割れる議定はだいたい私が説明することが多い。準備は結構大変で、曖昧な答えをすると突っ込まれる。
 主観的な意見が多いなどさまざまな質問がでた。さらに賛否が二分するような意見書が議会の意思であると言うのには無理がある。撤回すべきだという議論になった。
 「そう思うのであれば修正案を出したらどうですか」と提案。想定外の展開になり、以下の意見書が全委員の賛成で可決した。
表題から「共謀罪」という文言が消えた、撤回が慎重審議に変わった。「今国会での成立にこだわるな」という文言が加わった。
あとは大な変更はなかった。
傍聴議員も含め28人の議員のうち23人の議員が委員会室にいた。時期的に遅いとはいえ、全会一致の意味は大きい。

 組織的犯罪処罰法改正案の慎重審議を求める意見書
2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどに対するテロ対策を理由として、政府が今国会に上程した組織犯罪処罰法改正法は、犯罪に関係のない国民の人権、プライバシーの侵害、言論の自由をも脅かす監視・密告社会になると懸念する声があります。
 日本国内においては、テロ防止関連諸条約 13 本を批准していますが、現行法でどこまでテロの未然防止、取り締まりが可能なのかとの指摘もあります。
 日本弁護士連合会によると、新たな立法がなくても殺人予備罪や内乱予備罪、内乱陰謀罪、凶器準備集合罪など 57 の主要重大犯罪について、未遂以前の共謀や予備の段階からの処罰が可能ということです。
 近代刑法では、被害が生じた場合、少なくとも犯罪行為に着手した場合に、その犯罪行為を処罰することが原則です。
しかし、この法律は、実行していなくても、相談・計画(共謀)し、犯罪準備行為をした段階で裁判所の令状をとれば搜索ができるとするものです。
 そのため、憲法の保障する思想・良心・言論・集会の自由など基本的人権を侵すのではないかとの危惧する国民もいます。
衆議院での30時間余りの審議の中では、法案の趣旨について国民の理解が十分に進んだとは言えません。
 5月20日、21日に共同通信社が行った世論調査では組織的犯罪処罰法改正案に関し、政府の回答が十分だと思わないとの回答が77.2%でした。
 また、国連特別報告者ケナタッチ氏が安倍晋三首相に送った5月18日付の書簡は、組織的犯罪処罰法改正案がプライバシーや
表現の自由を制約する恐れがあると懸念を示しています。
 しかし、政府はこれまでの国会答弁では「組織的犯罪集団」が既存の集団に限られないとしており、その定義も曖昧で、取り締まる側の恣意的な運用により、市民団体や労働組合等も対象にされかねないとの不安の声に応えるべきです。
 さらに問題なのは、話し合い、合意に加え、犯行の「準備行為」を要件に加え、どのような行為を「準備行為」とみなすかは捜査機関の裁量に委ねられていることです。
よって、小平市議会は組織的犯罪処罰法改正案が国民の人権、プライバシーの侵害言論の自由をも脅かすことのないように、今国会での成立にこだわらず慎重な審議を強く求めます。

 以上、地方自治法第 99 条の規定により意見書を提出します。

2017 年6月 日                     東京都小平市議会

 提出先 内閣総理大臣、法務大臣、衆議院議長、参議院議長



6月議会 一般質問 
9日に質問をしました

① 小学校区ごとに居場所をつくるという市長の公約を実現するために
 今回の市長選挙で、変化と進歩を求める会政策委員会発行の政策インデックス2017の約束33に「公共施設、民間施設、空き家をフルに活用し、地域の高齢者やこどもが交流できる場(コミュニティーサロン)を整備します。小学校区ごとの整備を目指します。」と書かれています。正直びっくりしました。まあ、良しとしましょう。
 現在、居場所への支援施策として社会福祉協議会の高齢者交流活動(こだまちサロン)支援事業や介護保険の総合事業で住民主体のサービスがあります。共に高齢者が対象です。
 民間で同様な居場所の運営をしている団体がありますが、ほとんどが空き室を活用しています。空き室の調査が必要です。
表題の取り組みは市が実施するわけですから、相当のコストがかります。
なぜ突然方針転換したのか。この事業をどのように実現していくのか伺います。
1.空き室の調査をすべきと考えるが見解は
2.4年間に何箇所程度の整備を考えているか
3.空き店舗を活用する考えはあるか
4.(仮称)実施計画策定検討委員会は市民参加でいつまでにつくるのか


②鷹の台駅周辺のまちづくりプロジェクトの立ち上げについて
鷹の台駅を降りると、まず目に飛び込んでくるのが空き店舗の多さです。
駅前の通りには約56の店舗がありましたが、今では営業をやめた店舗が約27あります。5割です。
このままではさらに空き店舗が増えます。さまざまな角度から鷹の台駅周辺のまちづくりについて検討することができないでしょうか。
 駅前の創価学園跡地は長い間、更地のままです。都市計画公園ですが、このままの状態を続けることはまちづくりにもマイナスです。
三菱東京UFJ銀行裏の広場は廃ブッロクなどが埋められていて、子どもが遊ぶ上で危険です。
玉川上水オープンギャラリー東側の通路にある大きなマンホールの蓋は地面より20cm余り飛び出していて、危険です。
新小川橋の隣のすいしゃばしは段差がひどく、車椅子での通行ができません。
地元住民や商店会、武蔵野美術大学の関係者、市職員、有識者、小・中学校の生徒や先生などで「鷹の台駅周辺のまちづくりプロジェクト」を立ち上げ、元気なまちをつくれないでしょうか。
1.鷹の台周辺のまちづくりについて、今後どのようにしていこうと考えているか
2.三菱銀行裏の広場やマンホールの蓋の整備、すいしゃばしの段差解消をできないか
3.創価学園跡地の利活用についてどのような検討を行ってきたか
4.コミュニティーバスの鷹の台駅までの延伸の検討はどうなったか
5.空き店舗を居場所として活用できないか
6.(仮称)鷹の台駅周辺まちづくりプロジェクトを立ち上げられないか

 ③審議会等での議事録や資料配布は統一した基準で公開を
 審議会や検討会、コミュニティーカフェ、ワークショップなど市が主催し市民が参加した集まりが多く行われています。その場で配布される資料が参加者に提供されなかったり、配布された資料がホームページで公開されない審議会等があります。
 こうした情報の公開基準は「小平市審議会等の会議の公開に関する事務取扱要領」に基づいています。この要領の第12条には「会議を公開した場合は、会議の要旨及び審議資料等を原則として当該開催日の20日後までに小平市ホームページ等により公表する。」と書かれていますが、このことが周知・徹底されていません。
1.この要領の対象範囲を市民が参加するすべての会議に拡大できないか
2.会議の要旨及び審議資料の公表の現状について、市の見解は
3.審議資料等の公表について、職員へ周知・徹底できるか


イベント

6月の雨のち晴れ

2

14日、トップなどを変更
 あなたは 人目の訪問者です。  メールアイコン ホームページの感想をお寄せください 

5月の日程

3日 ごみ・環境ビジョン21
憲法集会
 8日   地方×国政策研究会
 9日  幹事長会議
 11日  築地市場視察
 12日 グローバル・グリーンズ リバプール大会 報告会 
13日 小平市議会、議会報告会
15日 幹事長会議
16日 総務委員会傍聴
17日 生活文教委員会傍聴
ごみ・環境ビジョン21
18日 厚生委員会
三多摩議員ネット
19日 環境建設委員会
市民自治をめざす三多摩議員ネット
 20日 井戸の会、総会 
21日 緑の党都本部街宣
料理教室
幻燈会
24日 6月議会、議案説明
 25日  緑の党、都本部運営委員会
 27日 市長選挙、反省会 
28日  いたわりの会、総会
だれもが共にネット、総会
緑の党こだいら、議会報告会
29日 幹事長会議
6月の日程
4日 武蔵病院問題を考える会、学習会
6日 6月議会初日
9日 橋本、一般質問
13日 共謀罪意見書、審査
15日 厚生委員会
17日 まちづくり市民こだいら
18日 タリの会、懇親会
斎藤あつし集会
 20日  都市基盤整備調査特別委員会
 23日  都議選告示
 25日  貧困問題学習会
 28日   小平障害者団体連絡会、意見交換会
 29日 6月議会最終日 

緑の党こだいら
橋本久雄 事務所

 小平市学園西町1-22-15 サントピア並木101   
(西武多摩湖線 一橋学園駅南口徒歩5分、一橋大学大学正門前通り)
 
&Fax042-348-1127 携帯電話 090-1849-9305
 郵貯銀行口座番号  緑の党こだいら